FC2ブログ
奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2019/08 | 09
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    RECENT ENTRIES
  • 今年のお盆(08/17)
  • 夏は(08/13)
  • 表現の不自由?(08/08)
  • 夏の怪談?(08/02)
  • 立花孝志さん(07/22)

  • RECENT COMMENTS
  • 黒ユリ (08/21)
  • あきんど (08/21)
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)
  • あきんど (08/15)
  • 奥様 (08/13)
  • 奥様 (08/12)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2019年08月 (4)
  • 2019年07月 (5)
  • 2019年06月 (6)
  • 2019年05月 (13)
  • 2019年04月 (11)
  • 2019年03月 (6)
  • 2019年02月 (6)
  • 2019年01月 (6)
  • 2018年12月 (5)
  • 2018年11月 (7)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年09月 (6)
  • 2018年08月 (14)
  • 2018年07月 (8)
  • 2018年06月 (6)
  • 2018年05月 (8)
  • 2018年04月 (5)
  • 2018年03月 (7)
  • 2018年02月 (7)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (732)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (131)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (55)
  • 読書からの連想 (80)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (10)
  • 娘のこと (35)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 真正保守政党準備会の公式ブログ

  • SEARCH

    ヘイトスピーチ法案について
    拡散依頼によって、ここに転記いたします。
    以下は私の文章ではありません。

    4月8日に自公両党が参議院に提出した「ヘイトスピーチ規制法案」(正式名称=本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律案)について、「新しい歴史教科書をつくる会」は、週明けに緊急声明を出すことになった。もちろん、法案に絶対反対の立場の表明である。

     法案は、不当に日本人を差別し、「法のもとの平等」を侵害する憲法違反の法律である。また、人種差別撤廃条約の定義にも合致しない。とんでもない悪法である。

     ところが、政権党は5月10日にも参議院を通過させると言っているようで、事態は風雲急を告げている。

     憲法学が専門の小山常実同会理事が、法案を詳しく検討した。その成果を借りて、改めて何が問題なのかを書いてみたい。長文になるが、おつきあいいただければありがたい。

    ■民主党案の5つの問題点

     まず、今回の自公案は、昨年民主党が提出した法案(正式名称=人種等を理由とする差別の撤廃のための施策の推進に関する法律案)の修正案である。そこで、民主党案の検討から始めなければならないが、これについてはすでに、『正論』の昨年10月号に八木秀次氏が「『人権擁護』『男女共同』以上だ! 『ヘイト』規制法案の危険な正体」で批判している。

     ここで、八木氏は5つの問題点を指摘した。

     第1の問題は、「人種等を理由とする差別」とは何なのか、定義がなされておらず、従って関係者が差別と感じれば差別となるという、恐ろしいことになっている点だ。以下に第1条を引用しておく。
     <第1条 この法律は、人種等を理由とする差別の撤廃(あらゆる分野において人種等を理由とする差別をなくし、人種等を異にする者が相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現することをいう。以下この条において同じ。)が重要な課題であることに鑑み、日本国憲法及びあらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約の理念に基づき、人種等を理由とする差別の禁止等の基本原則を定めるとともに、人種等を理由とする差別の防止に関し国及び地方公共団体の責務、基本的施策その他の基本となる事項を定めることにより、人種等を理由とする差別の撤廃のための施策を総合的かつ一体的に推進することを目的とする。>

     第2の問題は、法案第19条で差別防止の施策を立てるに際して「関係者」の意見を反映させるとしたことである。「関係者」が恣意的に差別と感じれば、それを禁じる施策に発言権が生じるというのである。19条は次のように規定されている。
     <第19条 国及び地方公共団体は、人種等を理由とする差別の防止に関する施策の策定及び実施に当たっては、人種等を理由とする差別において権利利益を侵害され又はその有する人種等の属性が不当な差別的言動の理由とされた者その他の関係者の意見を当該施策に反映させるために必要な措置を講ずるものとする。

     第3の問題は、内閣府に「人種等差別防止政策審議会」を置くとしていることだ。この審議会は、男女共同参画会議と同じく「省庁を横串で刺す極めて強い権限を持つものである」が、この審議会にヘイトスピーチを受ける外国人や彼らを支援する学者や弁護士などが入れば外国人が「人種等を理由とする差別の撤廃」政策を決定していくことになる危険性がある。

     第4の問題は、地方公共団体が過激化していく危険性である。地方公共団体の責務が多数定められている。第6条、10条から13条、15条から17条といった条文では、「国及び地方公共団体は……」と記して、地方公共団体がしなければならないことを規定している。
     こうしたことから、朝鮮学校への適正な政策や、ごく当たり前の歴史教育、公民教育まで「ヘイトスピーチ」として禁止される可能性がある。保守派の団体による公共施設の利用も制限されることになるだろう。

     第5の問題は、民間団体への支援が規定されていることだ。次の条文を見よ。
     <第17条 国及び地方公共団体は、人種等を理由とする差別の防止に関する自主的な活動を行う民間の団体等が果たしている役割の重要性に留意し、これらの民間の団体等の活動を支援するために必要な措置を講ずるものとする。>
     これはヘイトスピーチを受ける立場の外国人や彼らを支援する団体への財政支援の根拠規定だ。外国勢力に税金が流れる仕組みである。

     5点の問題点をもう一度要約すると、次のようになる。
     ①定義がなく、「差別と感じれば差別となる」こと。
     ②「差別と感じた」関係者が施策に発言権を持つこと。
     ③内閣府の審議会に外国人が入り、施策の決定者になること。
     ④地方自治体の施策の過激化を促進すること。
     ⑤民間団体への支援が規定されていること。

    ■自公案でも残る3つの問題点

     今回の自公案では、民主党案に比べてどのような「改善」が見られるだろうか。結論から言えば、自公案で消えたのは、上記の5点のうち、③と⑤だけである。残りの3点は、自公案でも厳然と残っているのである。特に最大の問題である定義不在の問題が全く解消されていない。

     ①の定義不在の問題点について自公案を見ると、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動」(第2条)とは何なのか、よく分からない。「不当な差別的言動」が定義されておらす、そもそも「本邦外出身者」からしてよく分からない。在日韓国・朝鮮人を中心にしているらしいことだけは分かるが、それ以外にどこまで広がるのか。このような定義不在によって、民主党案と同じく、恣意的解釈を許す法案だと言えよう。

     ②差別と感じた「関係者」の意見を反映させるという仕組みもなくなっていない。自公案の第5条は不気味な規定である。
     <(相談体制の整備)第五条 国は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動に関する相談に的確に応ずるとともに、これに関する紛争の防止又は解決を図ることができるよう、必要な体制を整備するものとする。
     2 地方公共団体は、国との適切な役割分担を踏まえて、当該地域の実情に応じ、本邦外出身者に対する不当な差別的言動に関する相談に的確に応ずるとともに、これに関する紛争の防止又は解決を図ることができるよう、必要な体制を整備するよう努めるものとする。>

     「本邦外出身者に対する不当な差別的言動に関する相談」とあるわけだから、必然的に、在日韓国・朝鮮人等の意見が強く反映され、彼らが差別と言えば差別だということになっていくだろう。
     しかも、 第6条では、次のように教育のことまで規定している。

     <(教育の充実等)第六条 国は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動を解消するための教育活動を実施するとともに、そのために必要な取組を行うものとする。
     2 地方公共団体は、国との適切な役割分担を踏まえて、当該地域の実情に応じ、本邦外出身者に対する不当な差別的言動を解消するための教育活動を実施するとともに、そのために必要な取組を行うよう努めるものとする。

     5条、6条を併せ読めば、ごく当たり前の歴史教育、公民教育まで「ヘイトスピーチ」として禁止される事態が発生するだろう。6条の2項に注目すれば、先ずは在日韓国・朝鮮人の多く住む地域でそうなっていくのではないか。「つくる会」などの教科書改善運動は息の根を止められる。

     ④の地方自治体の先取り的暴走の危険も、全くなくなっていない。第4条で(国及び地方公共団体の責務)が規定され、第5条で(相談体制の整備)が、第6条で(教育の充実等)が、第7条で(啓発活動等)が定められているが、全て1項では「国は……」と規定し、それを受けて2項では「地方公共団体は……」と規定されている。当然に、民主党案の場合と同じく、地方公共団体の暴走が始まるであろう。大阪の暴走が、国より先に始まっていることに注目すべきである。

    ■民主党案以上に悪質な日本人差別の自公案

     自公案の問題点は、上記3点につきるものではない。
     自公案は、基本理念について、次のようにいう。

     <(基本理念)第3条  国民は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消の必要性に対する理解を深めるとともに、本邦外出身者に対する不当な差別的言動のない社会の実現に寄与するよう努めなければならない。>

     この法律案は、日本国籍を持った日本国民だけに義務が課されており、在日韓国・朝鮮人その他の外国人には、義務が全く課されていないのである。だから、彼らは、日本人に対するヘイトスピーチを好きなだけできるのである。
     この、日本人に対する人種差別的な規定に比べれば、民主党案の方が理念論のレベルでははるかにましである。自公案の第3条に対応する民主党案の第3条を掲げよう。

     <第3条 何人も、次に掲げる行為その他人種等を理由とする不当な差別的行為により、他人の権利利益を侵害してはならない。
     一 特定の者に対し、その者の人種等を理由とする不当な差別的取扱いをすること。
     二 特定の者について、その者の人種等を理由とする侮辱、嫌がらせその他の不当な差別的言動をすること。
     2 何人も、人種等の共通の属性を有する不特定の者について、それらの者に著しく不安若しくは迷惑を覚えさせる目的又はそれらの者に対する当該属性を理由とする不当な差別的取扱いをすることを助長し若しくは誘発する目的で、公然と、当該属性を理由とする不当な差別的言動をしてはならない。>

     自公案は民主党案よりも日本人差別の度合いが強く、民主党案よりも愚劣な内容である。総体として両案を比較すれば、自公案は甘く見て同レベルの有害法案であり、さらに厳しく考えれば、徹底した日本人差別思想の理念を述べたものである以上、民主党案より劣悪で最悪の有害法案であると言えよう。

    ■在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチは人種差別撤廃条約の対象外

     政界におけるヘイトスピーチ規制法案論議には、重大な盲点がある。自公案にせよ、民主党案にせよ、ヘイトスピーチ規制法案が出てきたのは、人種差別撤廃条約を日本が批准し加入しているからだと言われる。しかし、人種差別撤廃条約第1条第2項は次のように規定している。

     <2 この条約は、締約国が市民と市民でない者との間に設ける区別、排除、制限又は優先については、適用しない。
    (This Convention shall not apply to distinctions, exclusions, restrictions or preferences made by a State Party to this Convention between citizens and non-citizens.)>

     外務省は「市民と市民でない者」と訳しているが、「citizens」の第一義は国民であるから、「国民と国民でない者」と訳すべきものである。従って、日本国籍を持った日本国民と、日本国籍のない外国人である在日韓国・朝鮮人の関係に、この条約は適用されない。それはそうだろう。どこの世の中に、国民と同等な権利や便宜を外国人に与えることを政府に義務づけている国があるか。あるはずがない。両者の間に、「区別、排除、制限又は優先」があるのは当然なのだ。
     だから、この条約は同一の国民のなかでのマイノリティの差別について述べているのであって、例えば、同じアメリカ国民のなかで、アフリカ系アメリカ人やヒスパニック系アメリカ人が差別をされてはいけない、と言っているのである。この条約と在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチは、何の関係もない。日本で問題となってきた在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチ問題は、人種差別撤廃条約の対象外の問題なのである。

    ■教科書改善運動も水泡に帰す危険な法案

     今年の5月は、日本歴史上一番の危機が襲っていると言えるかもしれない。奇妙なことに、これほどの悪法なのに、保守系から批判の声が全く上がっていない。不気味な沈黙が支配している。保守系の諸団体や有識者は、一堂に集められ、政権側と密約でもかわしたのか。そうとでも考えなければ理解出来ない状況が続いている。
     例えば、民主党案について、いち早く批判を加えていた八木氏は、どうして反対の声をあげないのか。これを放っておいたら、教科書改善運動も何もかも水泡に帰すだろう。
     一つのことに取り組んでいるうちに、実に重大なことが次々と起こる。安倍政権は、在日利権にからめとられたのか
    、昨年の日韓合意に引き続く、トンデモ法案を通過させようとしている。危険水域を越えている。
     参議院の次は衆議院。会期はあとわずか。是非とも廃案に追い込みたい。この記事を読まれた方は、身近な、あるいは身近でなくても、国会議員に法案に反対だと伝えていただきたい。

    【2016/05/12 10:51】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    同窓会


    私は意気地なしだなぁと思う。

    というのは、実は広島女学院のホームカミングデイ(同窓会)が今日あって、
    「学び舎」の教科書を使っていることを、
    周りの人に知らせようと、
    思っていた。

    「学び舎」の教科書から女学院を守る会発起人と裏に印字した
    名刺を作って、20枚くらいバッグに忍ばせて行った。

    だけど、
    全然配れなかった。
    一枚も配れなかった。
    話題にもできなかった。

    300名以上の出席者。
    みんな自分たちの在学していたころの思い出にふけり、
    明るく楽しいばっかりの会であった。

    先月面談してもらった校長もいたし、
    手紙を出した理事長も遠くに座っていた。

    う~~~~ん

    学院長の講演を聞いていたら、
    ジェンダーフリーっぽい。
    女性が差別から立ち上がるために、
    女子教育が大切だという話もあり、
    結局、この学校にはこういうリベラルなことが校風なのだと分かった。

    残念だけど、私は本当に勇気のない人間だとしみじみ思った。
    【2016/04/23 20:04】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    広島女学院に行ってきました
    あ~~~~~疲れた~~~~

    広島女学院が「学び舎」の教科書を採択していると聞いて、
    気がちょっぴり重かったけれど、今日校長先生に会いに行ってきた。
    最初に校長先生に面談の了解を得る時に、
    私は一人でも行こうと思ってはいたが、
    何人か、一緒に行ってくれる人を探していた。
    で、前日にやっと人数が集まり、私をいれて6人で行くことになった。

    遠方から来てくれる人もいる。

    一応、学校側にも人数を伝えておこうと朝電話をいれたら、
    すぐに校長から折り返し電話がかかり、
    私一人にしか会うつもりはない・・・・という。
    同窓生であるから、会うことにした・・・・。

    困った!
    遠方からの人は、もう家を出発していた。
    仕方がないので、
    とりあえず、校長室の前までは全員で行きますと
    また学校に電話で伝えた。

    事務室の窓口で、
    ここまで来たので、なんとかもう一人でも入れてもらえないか・・・と言ったのだが、
    校長がどうしても、私一人にしか会わないという。

    事務室の入り口に机と、椅子が4脚あったので、
    仕方がないので、同行してくれた人たちにはそこで待っていてもらうことにした。
    私がお誘いしたのに、本当に申し訳ないことだ。

    仕方なく、私一人が応接室に入って行った。

    広島女学院が「学び舎」の教科書を使うことを聞き、
    インターネットで調べ、女学院の教育に不安を抱き、来た旨を力説する。
    なんだか、私の独演会?のようになり、
    とにかく「学び舎」の教科書のマイナスの特異性を説明した。

    「学び舎」のみにみられる特徴

    1、検定調査審議会の歴史小委員長上山氏に、学習指導要領の枠に沿っていないと指摘された

    2、信頼性のない元「慰安婦」の証言の記述がある

    3、明治維新期における防衛の観点の欠如

    4、縄文、弥生文化の記載の欠如

    5、縄文土器が本文中にない

    6、時代の始まり、終わりが分からない

    7、太平洋戦争時に日本軍が東南アジアに歓迎された事実が書かれていない。

    8、朝鮮人徴用を「強制連行」70万人と記述

    9、三光作戦など、虚偽の記載



    歴史小委員長?と聞かれたので、
    はい、検定審議調査会のなかの歴史の委員長です。
    この件は朝日新聞にのりましたね・・・・と説明する。

    社会科の先生から
              近現代が詳しく書かれている
              暗記式ではないところがよい
              重要な語句を濃くしていないところがよい
    という理由で採択したと聞いているという。

    社会科の先生にこれにする・・・と言われたら、
    校長はよくわからなくても承諾するしかないのだろう。
    それにしても、あまりに歴史教科書問題に無知過ぎると思う。
    なにしろ「学び舎」がどんな人が集まって作った教科書か知らなかった。
    共産党系の元教師が集まって作ったのですよと、教えてあげた。

    副教材などを使い、教科書一辺倒ではないし、
    政治的に偏らないように気をつけていると、再三言っていた。

    以下の資料を基に
    教える必要性のない名前を見せ、このように偏っていることを伝える。

    三、特異な歴史上の人物(本文数行以上、ミニコラム以上で扱われた人物)
    (1)阿只抜都(ルビはアキバツ)・・・倭寇(p76)
    (2)金忠善(もとの和名 沙也可)・・・・朝鮮側に投降した武士(p105)
    (3)オランプ=ド=グージュ・・・・フランス革命の女性闘士(p148~149)
    (4)トゥサン=ルベルチュール・・・ハイチ独立革命の指導者(p149)
    (5)楠瀬喜多・・・・・国会開設署名運動(p183)
    (6)深沢権八・・・・・憲法研究・学芸講談会(p184)
    (7)全琫準・・・・・・東学の指導者(p194~195)
    (8)柳寛順・・・・・・三・一独立運動(p212)
    (9)平塚らいてう/市川房枝・・新婦人協会(p216、219)
    (10)曺仁承(ルビはチョインスン)・・関東大震災朝鮮人虐殺目撃者(p217)
    (11)山本宣治・・・・治安維持法反対国会議員(p220~221)
    (12)夏淑琴・・・・・南京事件被害者(p235)
    (13)森田忠信・・・・一般召集兵士(p242)
    (14)金城重明・・・・沖縄集団自決(p249)
    (15)山口シズエ・・・戦後初の女性反戦衆議院議員(p258)
    (16)鈴木安蔵・・・・憲法研究会(p260~261)
    (17)金学順・・・・・韓国人慰安婦(p281)
    (18)河野洋平・・・・慰安婦問題官房長官談話(p281)



    校長に対し、敵対的な物言いをするのではなく、
    なるべくやんわりと、女性教育が大切であること、
    日本に誇りを持ち、文化伝統を重要視することが必要であることなど、伝える。
    女学院に期待する・・・・など・・・・・・

    終り頃に、社会科の先生との面談を求めたが、
    教科書の責任はすべて校長にあるので、不可能との答えだった。

    そして、帰る間際に、用意していた資料を置いて、
    是非読んで下さいと言ったら、
    要りません・・・・と言うので、
    置いて帰りますから不要だったら捨てて下さいと言っておいた。

    校長は応接室から少しだけ出て見送ってくれたが、
    すぐそこで待っていた同行の女性たちには、
    中に入れてあげられなくて申し訳ありませんでした・・・・の一言もなかった。

    「学び舎」の教科書ついて、
    自信がなかったからこその態度だったのかもしれない。
    今回の面談が、校長の心に、なかなか取れない「とげ」のように
    ちくりと刺さったものになったのなら、私としては大成功。
    どちらにしても、
    今更「学び舎」を止めることはしないだろうし、
    社会の先生に文句を言うこともしないだろう。

    一緒について来てくれた人たちに本当に申し訳なかったけれど、
    おそらく校長にとってはジワリとした圧力になったことだろう。

    今日が終わって、ホッとした。


    【2016/03/14 16:11】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(14)
    広島女学院
    広島女学院が「学び舎」の教科書を、
    この4月から採用すると知ってから、
    なんだか憂鬱な日々が続いている。

    やっと学校に連絡して、
    校長に面談してもらえることになった。

    かなり気が重い。

    でも、やっぱり行かなくちゃという、
    使命感というか、責任感というか、
    誰がほかにやる人がいる?
    私でしょ。
    何時やる?
    今でしょ。
    ・・・・・・・・・と・・・・・・・・・

    だから、今改めて「学び舎」の教科書を調べている。
    小山先生に参考資料をいろいろもらった。
    詳しく分かればわかるほど、
    本当に残念な教科書が出来たものだと思う。
    なぜ、文部科学省はこんな教科書を合格させたのだろうか。

    採択する学校も学校だけれど、
    やはり、最大の責任は文科省にある。

    採択した学校のホームページを見て、
    住所や理事長名なども調べていると、
    立派な学校なのに、
    明るい子供たちがいっぱいいるのに、
    どうして?と悲しくもなる。

    日本の中学生に、
    そんなに反日になってもらいたいのか?
    日本の国の歴史を愛情をもって勉強してほしいのに、
    こんな教科書じゃあ、歴史嫌いになるだろう。
    【2016/03/11 22:59】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    広島女学院
    昨日、広島市内で開かれている
    「なでしこカフェ」なるものに参加してきた。

    いわゆる保守系女性?の集まり。

    以前にも保守系の女性を束ねる試みがあったけれど、
    一回の講演会で終わってしまった。
    「おばさん」は強い!
    このおばさんパワーを使わない手はない。
    おばさんパワーを利用させてもらえないかと、
    下心があって参加してきたのだ。

    というのも、
    実は、私の母校が例の「学び舎」の教科書をこの春から使うらしい。
    広島県で唯一である。
    あのスカスカの、左翼イデオロギー満載の教科書!
    なんたることだ!・・・・と今、怒りに燃えている。
    広島女学院・・・・・・地に落ちた!
    そのことを抗議したいけれど、一人じゃ心もとない。
    おばさんパワーに助っ人をしてほしいと思っている。

    他にも名だたる私立の名門中学校が採択している。

    超優秀校なら教科書に頼って学習する生徒は少ないだろうけれど、
    中途半端な広島女学院なら、
    歴史の学力がうんと落ちてしまうことだろう。
    情けない。

    文化祭?ではチマチョゴリを着て踊ったという。
    写真を見て、残念でしかたない。

    もう一度書こう。
    広島女学院・・・・・地に落ちた!!!
    なんとか救える手はないものか。
    【2016/02/11 10:24】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(10)