奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • 旅行(08/18)
  • あべのハルカス(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (08/19)
  • あきんど (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    たかじん
    東京ではやっていないという「たかじんのそこまで言って委員会」

    8月8日(日曜日)に西尾幹二先生が出演された。
    広島では野球放送があったので、
    今日(土曜日)六日後に再放送があったので、やっと見た。

    確か7月30日に大阪に行かれ、録画されたということで、
    楽しみにしていたんだ。
    それも、専門家として参考意見を聞くための出演ではなく、
    コメンテーターとしての出演。
    所先生と隣同士。
    え?あれって、手を挙げて発言するの?なんて言われていた割りに、
    どんどん発言しておられた。

    一部で西尾先生のデーターが間違っていると指摘された個所。
    あれって、本当はどうにでも編集できるのに、
    ああいうふうにわざと残した映像って、ちょっといやらしい。

    でも、全体の話題の中で、教科書問題についても
    割合こちら側の意見ばかりが取り上げられていたし、
    西尾先生が中心で、周りがそれを補完するという感じでもあった。

    三宅さんは常連。
    同じ保守系の意見のぶつかり合いだったけど、
    ちょっと西尾先生にジェラシー?を感じていたんじゃないかと思えた。

    やはり歴史教科書問題は大きなテーマ。
    靖国、拉致と合わせて日本という国の主権がかかったテーマ。
    西尾先生がずっとずっと以前から主張されてきたことが、
    だんだんに世の中に浸透してきたような気がする。

    スポンサーサイト

    【2010/08/14 20:27】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
    この記事に対するコメント

    奥様の仰るとおりでしたね。
     「新しい教科書作り」での西尾先生の発言。「後藤田正晴が妨害し、それに抗議し謝罪させたこと。後藤田と中曽根の亡国的なこと。」地上波でこういう発信をして頂くと、殆どの方は知らないことですので久し振りにスカッとしました。
     また、この番組を仕切っている三宅さんも西尾先生に完全に負けており、内心プライドはズタズタだったのではと勝手に拍手喝采しました。
     
    【2010/08/16 01:18】 URL | ひっそりさん #- [ 編集]


    >ひっそりさん
    コメント有難うございました。

    あぁよかった、同じような感想を持ってくださっていて。田嶋さんが真っ向から西尾先生に反対していましたね。結構研究してきて、やっつけようと思っていたのでしょう。
    【2010/08/16 08:46】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     たかじん…見た事ないなあ。広島では野球放送で見られなかったなんて話を知ると、ザマアミロって悪態つきたくなる。ただの一週遅れなのに、みみっちい根性はコレだからなあ(半ば開き直り)。なんだかアタシ、だんだん性格が悪くなってくるみたい。
     番組内容は大体こんな感じでいい?(↓)
    http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-614.html

    (余談)
     昨日「日録」読んで今日ヒョコヒョコ書店に行ってみたら、『太平洋侵略史』は五千円のが六冊分で合計三万円もするのかよ(泣)。注文するのを躊躇してトンボ返り、ネット検索で取り敢えず目次を見たところ、どうやら通して読むのに適した構成となっているらしいのが更に泣かせると云うか困ると云うか…。因みに坦々塾では少なからぬ人が注文する気マンマンみたいね。セミナーで高額商品を売り付ける手口なんか想像すると怒られそうだけど、ウッカリ思い浮かべちまったものはしょーがない…(orz)。
    (以下妄想)
     もしも苹が買ったなら、どんな読み方になるだろか。~勿論そりゃー決まってるやんけ。幕末インパクトが書字文化に影響した面はあるのか否か。何かヒントは書かれているかしら。大体そんなところだろう。小美濃清明『坂本龍馬と竹島開拓』(新人物往来社)を見ると、土佐海援隊は出版活動にも手を出していたらしい(『和英通韻、以呂波便覧』)。また同書P.96には、こんな記述がある(↓)。
    --------------------------------------------------------------------------------
    > 当時、小笠原諸島にはアメリカ人、イギリス人、オランダ人など五〇人位が住み、人家も一五軒ほどあったが、日本人は住んでいなかった。
    > ペリー艦隊は嘉永六年(一八五三)六月、浦賀に来航する前、小笠原諸島を調査している。『ペリー提督日本遠征記』にはその調査報告が載っており、ペリーは農業植民や捕鯨基地として小笠原諸島の可能性を高く評価していた。
    > 嘉永七年三月三日、横浜で日米和親条約が締結された。翌年三月から下田、箱館の両港が開港され、薪水及び欠乏品が供与されることになった。
    > 箱館には安政二年(一八五五)三月を待ちきれず二月から早くも捕鯨船が入港してきた。その後も、箱館に寄港する船の大部分は捕鯨船で前寄港地を問うとボニン島(小笠原諸島)と申告する船が多かったという。
    --------------------------------------------------------------------------------
     書字文化に拘らずとも、読み重ねたくなる記述は数多い。今度の復刻本が通史の仕立てなら尚更だ。あと一押し。もう一声。それがあれば苹は容易く落ちるんだろーな…。
    【2010/08/16 17:24】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    そうですよねぇ、ちょっと高い!
    で、最近では新刊が出たと同時に中古の値段がでますが、なぜか新刊より高い!

    今回のも、中古本は7980円・・・・なんでだろう?
    実は私も躊躇しています。

    たかじん、仙台や秋田ではやっているそうですよ。あと一息?なのにね。
    【2010/08/16 20:33】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    (書道ネタ余談)
     検索中に偶々↓を見つけちまった。なんか思いっきり萎えた…(orz)。
    http://blog.livedoor.jp/gotagotashita/archives/50167473.html
     何と言ってるのか分からんが、もしかして日本でも流行るかな?
    http://www.youtube.com/watch?v=y6Y7STn0Ej0

    (本題)
     「日録」の続き(残暑見舞稿)に久々の「ようつべ」あり。上記動画の場合はテレビの三十分番組を見てる間に概ね閲覧準備が出来るけど、西尾先生の動画はそれ自体が三十分番組なのね…(ガクブル)。でも有難い事に、ダウンロード時間は上記動画と比べて驚くほど短く済む様な気がする。そりゃー勿論それなりの時間はかかるけど。
     そんでもって今夜、ちょいと意固地になって全部視聴してみた(受信状態不良ゆえBS生放送の《ワルキューレ》そっちのけ…orz)。ダウンロード二時間半のISDN機材は十年程度じゃ壊れない。丈夫なもんだなあ。今世紀巷間の「ソニータイマー」伝説と違って。
     開始後十分頃から焚書図書開封の話。そして十五分頃から仲小路絡みの話(どうやら書字絡みよりは、ナチス絡みの観点から読む方がよいのかな?)。~二十二分頃からは2chでも所謂「祭り」になってるNHK番組の話。あれは私も見ました。当夜NHKの番組サイトに送信した衝動的感想がコレ(打鍵の手が滑ってる箇所あるけど↓)。
    --------------------------------------------------------------------------------
    > 今の朝鮮人/韓国人は、自分達の存在が自明だと誤解している。そんな事はあり得ないとするのが、昔の日本では当然の認識だった。誰もが朝鮮半島はソ連か中国に併合されると思って居た。そのまま日本は座視していればよかったと云うのならば、有り体に謝ってもよかろう。助けようとしちゃってゴメンナサイね。謝ります。
    > でも結局、日本は余計なお世話をしちまったのね。日本はさっさと大陸/朝鮮半島を見捨てて、どこに侵略されようとも「わしゃ知らん」の姿勢を貫けばよかったのだ。日本は併合名目で朝鮮半島に投資するのではなく、もっと自前の領分で軍事力を強化すべきだったのかも知れない。しかしそこには資源の致命的欠陥があった。畢竟、日本は自国の存立を優先しただけなのであった。どのみち朝鮮半島は他国に占領か併合か植民地化されるのだから、そうした意味で朝鮮半島は日本の敵国となる運命にあった。
    > 運命に逆らったのが日本の悲劇だった。可能な限り朝鮮半島の近代化を目指して自腹を切ったのに、それで恨まれたのでは立つ瀬がない。この際、ハッキリ敵対しましょうや。北朝鮮も韓国も日本にとっては同じ敵国。それでいいんでしょ。表向きはどうであれ、あの戦争当時の話を今なお蒸し返し続けてるって事は。時代錯誤もいいかげんにしろ。
    --------------------------------------------------------------------------------
     三十分頃のを見たら、なにやら例の本の六巻目に西尾解説があるらしい。…ちと残念。僅差で先日、待ちきれずに全巻注文しちまった…(orz)。
     NHKのBSで今、例の「魔の炎の音楽」が始まった…。
    【2010/08/22 04:30】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    おお、そうなんだ。あの番組を見て、感想送ったんですね。私は見なかったんですよ。

    意気地なしなもんで~

    2ちゃんねるでは、実況で盛り上ったそうですね。

    いよ~、太っ腹!私はまだ躊躇しているのに~
    【2010/08/22 20:20】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/968-56eb661e