• ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    11 | 2018/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 韓国問題(12/02)
  • 長女の七回忌(11/25)
  • 母の一家(11/24)
  • みなとみらいの(11/21)
  • 母方の叔父(2)(11/19)

  • RECENT COMMENTS
  • 池田俊二 (12/10)
  • 黒ユリ (12/10)
  • 池田俊二 (12/09)
  • 黒ユリ (12/09)
  • 池田俊二 (12/09)
  • 奥様 (12/08)
  • 黒ユリ (12/08)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2018年12月 (1)
  • 2018年11月 (7)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年09月 (6)
  • 2018年08月 (14)
  • 2018年07月 (8)
  • 2018年06月 (6)
  • 2018年05月 (8)
  • 2018年04月 (5)
  • 2018年03月 (7)
  • 2018年02月 (7)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (675)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (131)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (55)
  • 読書からの連想 (78)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    ゴミを処分するということ
    たまたま見ていたテレビで、
    物を捨てられない女の子がいて、
    どうやったら整理できるか・・・という内容だった。

    思い出というものがくせもので、
    思い出と言ってしまえば、
    友達からもらったお菓子の空き袋でさえ大事なものになってしまう。
    捨てられなくなってしまう。
    思い出としてどうしても残しておきたいなら、
    写真にとって、小型化して?残しておけって。

    専門家はそれでもまだ迷う場合、こう言っていた。

    必要か不必要か・・・・そして、
    必要だと判断したとして、それを何時使うか?を考えなくてはならないのだそうだ。
    何時・・・が、限りなく遠ければ今はいらないということ。


    うちの三女は割合几帳面な性格で、
    中学校の頃からの教科書、ノートはもちろん、
    手紙類・・・・なんでも保存してある。
    お嫁に行くときに、整理して欲しかったのだが、
    取って置いてといわれるままに、ダンボールが幾つも幾つもわが家にあった。

    泊りに来ていたので時間はある。
    赤ん坊が産まれる前に、整理すると言ってくれて、
    一昨日から処分をし始めた。
    彼女はひとしきり、昔の作文を読んだり、
    古い手紙を読んだりしながら、
    過去の印を捨てていった。

    それでもどうしても捨てたくないものが、
    ダンボールで三つ。

    整理しながら、思うことは、
    人生は意外に短く、
    だけど、思い出を全部残すことは不可能だってこと。


    明日から、ちょっとずつ、ゴミを出していくつもり。


    追伸:西尾先生はちょっとお仕事が忙しくなっていた模様~
    スポンサーサイト

    【2010/02/21 15:18】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)
    この記事に対するコメント

     …懸命に考えた果てのコメントです(↓)。
    ★「高砂や 女に捨てられ 四苦八苦」
     …ゴミの身になって考えると(藪蛇になりそうだから以下自粛)

    (「日録」雑感)
     「毟る」という単語が面白い、とのくだりを読んで思い出したのが映画の「寅さん」。実母に会いに行った寅さんが悪態をつく場面で、出産を「ひり出す」と表現していたのには驚いたし、これがまた申し訳ないくらい面白かった。…この表現を借用する時に困るのが別の言葉の遣い方。ウッカリ前置きに使いたくなるけど、使ったら最後「それを言っちゃあオシマイよ」となりかねない(↓)。
    (例)「尾籠な話で恐縮ですが、寅さん映画で…」
     あと、必殺シリーズの中村主水の台詞「女の皮かぶったバケモノ二匹も飼ってらァ」も面白かったなあ。もっと悪態が素直に表現できる様、苹も見習いたい。

    (余談)
     ところでドイツのネタと云えば、ふと気になったのが高橋靖夫『金本位制復活!』(東洋経済)P.237~238の記述。こんな事が書いてある(↓)。
    --------------------------------------------------------------------------------
    > 2008年秋にヨーロッパでは「金貨ブーム」に火がつき金と金地金がよく売れた。もともとヨーロッパ人と金といえば真っ先に「フランス人の金選好」が話題になっておかしくない。筆者はかつて「フランス人の金選好は不治の病だ」と言われたことがある。だが2009年に入って、フランスではなく、ドイツとスイスで集中的な金の大ブームが継続しているというのだ。
    > 2008年秋の「金貨ブーム」では、筆者はドイツとスイスの金融の実情を知りうるインサイダーが、ドイツ金融界・スイス金融界のかかえた「潜在的なリスク」に保険をかける意味で匿名性の高い「金貨購入」に走ったのでは、という推理をした。スイスの場合、ある程度リスクは表面化している。問題はドイツである。先にも述べたが、ドイツの金融機関は制度上情報開示が少ない。ということは今後「巨額の不良債権」が表面化するリスクが高いということになる。ドイツの「2009年に入ってからの金ブーム」はこのリスクを予知した上での確信犯的な「金購入」ではなかろうか、と思われる。
    --------------------------------------------------------------------------------
     …で、そこから話は「離米のフランスと親露のドイツ」の可能性へと向かう。
     アメリカについては、P.131の記述が非常に興味深い(↓)。
    --------------------------------------------------------------------------------
    >「IMFなどの公的機関が発表する統計は参考になるが、完全ではない。(中略)例えば、多くの国では『非金融目的』の金の準備高をIMFに報告していない。このような金の準備高がほとんど公開されていないことは言うまでもない」(『ゴールド サーベイ 2000年 日本語版』55頁、日本語版発行者:田中貴金属株式会社、2000年7月発行)。
    --------------------------------------------------------------------------------
    http://www.austrianmint-jp.com/about/index.html
     つまりアメリカの公的金保有を現在8135トンレベル(参考資料↑)とするIMF統計は大ウソで、著者は統計外の「商品との認識での金購入」が2万トンくらい、一般予算ではないオフバジェットの「社会保障基金関連予算」などに隠されているのではないかと疑っている。(苹に云わせりゃ、差し詰め「アメリカの埋蔵金」って所か。)
     上記リンクにある通り、ドイツの公的金保有もそれなりの量がある模様。しかしIMF統計に関する記述に「多くの国では」云々とあるからには、ドイツのみならず中国でも同様の対策を採っている可能性がある点にも警戒して置く必要があろう。
     ところで日本に、この意味での埋蔵金はあるのだろうか。それまでもが他国の情報管理下にあるとしたら、「有るにしろ無いにしろ」情報の意味合いは同じ事になる。
    【2010/02/25 22:16】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    前にも書いたかもしれないけれど、アメリカに住む親戚の叔父さんは、金を庭に掘って埋めるとか、埋めたとか・・・・・・。

    田中貴金属が、金を買えって話なのか???
    【2010/02/25 23:06】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     田中貴金属の方は、売りたくてもブツがなかったりして(こんな感じ↓)。
    http://gold.tanaka.co.jp/topics/topics_detail.php?id=108
     そもそも高値で売れる方が異常。また田舎で「金プラ買います」の看板が目立つのは、安く買って高く売る際の利ザヤが凄いからみたい(グラム二千円で買って三千円で売るとか)。ニセモノ地金対策の溶解費用はグラムあたり六十円もしない(↓)。
    http://gold.tanaka.co.jp/topics/topics_detail.php?id=110
     グラム千円(オンス250ドル)時代にゴッソリ金備蓄すれば、今ならグラム三千円(オンス千ドル)水準で売れる。しかし売ればそれだけ手元のブツが減る。ところが公的金保有の場合はニューヨーク連銀内で各国のブースを移動するだけだから、結局ブツはアメリカ国外に出ない。どうやら個人の金貯蓄とは「所有」の意味も機能も桁違いのレベルにあるみたい。
    【2010/02/26 06:59】 URL | 苹 #SFo5/nok [ 編集]


    > 苹さん
    アメリカは政権がどう変わろうと、そこいらへんの考え方がずっと継続しているんでしょうね。

    日本はどうなんだ?
    【2010/02/26 09:42】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     補記。~昨夜の稿でリンクしたオーストリア造幣局(ウィーン金貨)サイトの資料には、中国の公的金保有が600トンとある。以下は高橋本P.178の記述。
    --------------------------------------------------------------------------------
    > 2009年4月24日、中国は5年ぶりに金の保有量が1054トンに増加したと公表した。したたかな中国のことだ、増加量の454トンは金価格が安かった5年前ないし4年前に購入してあった金を、あたかも2008年に購入したように演出しているようだ。「中国版の安値金国家備蓄増強戦略」の発動と言える。この時点で日本の765トンの金備蓄は抜き去られた。
    --------------------------------------------------------------------------------
     昨夜は、これに加えて別の金備蓄がある可能性を疑った。因みにドイツの金は、2005年末資料の3428トンから少し減っている。~以下、同書P.153より。
    --------------------------------------------------------------------------------
    > 第2次大戦終結時には、日本も西ドイツも公的金保有高はゼロであった。2008年のドイツの公的保有金は3413トンであるのに、日本は765トンである。この差はどこから生じたのであろうか。第2章で「ニクソン・ショック」への受け止め方にヨーロッパと日本の違いが顕著であったことはすでに指摘した。日本の金融当局は、「自国通貨の価値は何で担保されるのか」という通貨の本質的問題の議論を避けてきたと言えよう。
    > 1980年の西ドイツの公的金保有は2960トンであり、その後453トンの積み増しを行っている。1980年の日本の公的金保有は754トンであり現在の765トンと比べてわずか11トンの増加でしかないのだ。
    --------------------------------------------------------------------------------
     先年ゴチャゴチャ浅井本から転載した折、日本の買い増しに絡む記念金貨発行の話題が出てきた。あの時は金貨の民間保有の話だった。~此度の高橋本P.163によると、日本の金輸入自由化(対米貿易黒字解消の一手段)の翌1974年当時、田中貴金属の個人向け金販売量は月20キロ前後だったとの事。暫くして豊田商事が社会問題となり、報道陣の前で刺殺事件が起こる。最高値の後の長期下落で金の印象は低迷。そんな経緯を思い起こすと尚更、高橋案(P.165~166↓)への驚きが増していく。
    --------------------------------------------------------------------------------
    > 将来、政府が金の民間備蓄を活用する方法としては、政府が金価格に50パーセントのプレミアムをつけて買い上げ、譲渡所得税は無税とする案、あるいは国民に所有する金を日銀に預託させ、この預かり証分の金は相続税を免除する案などいろいろ考えられるであろう。
    > いずれにしても国民が金を正しく理解して、より多くの国民が金の保有量を増やすことが前提となる。
    --------------------------------------------------------------------------------
     そんでもって今朝の稿。~売れば手元の金(ゴールド)がなくなる。ボッタクリに遭う人も多数(「高価買取」宣伝中)。それが中国かどこかに流れていくと思うと癪に障る。買いたい人は店がブツ不足だから買えない。買えるのはデッカイ地金だけ。そして貧乏人は専ら売るだけ(ブツがあればの話)。民間転売業者が吸い上げ尽くしてから政府が乗り出しても、その時にゃブツ残ってないってば。…ともかくどんな形であれ、政府の金備蓄が硬直状態にあるのは事実らしい。
     アメリカが金本位制に復帰すればドル覇権は維持されるのかも知れない。ただ、そうなった場合の中国が気になる。ここでの視点は米中間よりも日中間。中国の公的金保有は既に日本を上回っている。なお、高橋本では「新生ドル」と「新生ユーロ」に言及した後こう述べる(P.230↓)。
    --------------------------------------------------------------------------------
    > それ以外の通貨は、現状の「変動相場制」に置き去りにされることになる。資源国通貨は資源価格の乱高下により極端な「資源国通貨買い」と「資源国通貨売り」に翻弄されるであろう。また極端に金保有の少ない「円」は通貨投機の対象とされ「資源国通貨」とともにもみくちゃにされることだろう。
    --------------------------------------------------------------------------------
     この予想は、二つのシナリオの一つに属する。もう一つのシナリオでは、中国の存在感がいっそう大きい。いづれにしろ、日本の出方は印象が今一つ…。

    (以下、外野からの興味)
     ところで、次回の坦々塾って何やる予定なのかなあ。ブログに載ってたかしら。その次の回の宿題なら記憶にあるけど、最近の連載で頭クラクラしてるせいか当方ボケ気味。
    【2010/02/26 21:20】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    最近、メールの整理までやって、やりすぎて、
    坦々塾案内まで削除してしまいました。
    ・・・・だから、分りません。
    【2010/02/28 17:14】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2010/03/01 22:24】 | # [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/882-bdd90a37