奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • あべのハルカス(08/14)
  • あべよはるかす(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)
  • 碧野海子 (08/13)
  • あきんど (08/10)
  • あきんど (08/09)
  • 苹@泥酔 (08/09)
  • 奥様 (08/09)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    ちょっとだけメモ
    皇太子が中国に利用され、
    天皇陛下も利用されるんだそうだ。

    こんな大切なことをいったい誰が決定しているのか?

    宮内庁は後者には批判的だから、宮内庁ではない。
    では、鳩山総理か?
    いや、おそらく今中国に行って、
    満面の微笑みを浮かべているあいつだろう。

    自分は田中角栄の子分として、
    日中を良好な関係にしたいと考えているのか。



    まったく~~~
    スポンサーサイト

    【2009/12/11 23:11】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(12)
    この記事に対するコメント

    先日の岡田外相の「お言葉」発言もそうですが、まさに

    「詔勅(「お言葉」を以って弾丸となし、玉座を持って胸壁となす」

    という状況に等しいです。
    同じ「ゆきお」なのに、大きな違いです。
    【2009/12/11 23:45】 URL | キラーカーン #nQ9qoiCQ [ 編集]


    鳩山総理は政治利用ではないと言ってますが、政治利用ですね。WiLL今月号のの石平氏が書いた次の国家主席の権力闘争の側面もあるんでしょうが。
    今回の坦々塾は侃々諤々になりそうですね。「保守の怒り」は一度読んで、また、読みかえしてます。内容が濃すぎるので考えに整理がつかない。しかし平田文昭氏は活動家に違いはないかもしれませんが活動家というイメージがなくなりました。
    【2009/12/11 23:56】 URL | 真面目に変わっている人 #- [ 編集]


    >キラーカーンさん
    やはり日本にとって、一番付き合い方を考えなければならないのが、中国ですね。

    聖徳太子の時代から、先の大戦も含め、付き合い方が難しい隣人です。
    近づきすぎると大火傷するって教訓・・・・・・生きてないですね。

    >真面目に変わっている人さん
    いやぁ、あの本は付箋だらけになっちゃいました。
    言論って、危険を承知で発表するものなんでしょうね。
    私はハラハラドキドキです。
    【2009/12/12 09:26】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    「乱心」の・・・
     「解放の戦い」とか言って,「人民解放軍」の大虐殺を絶賛し,中共にゴマすりをしている国賊・売国奴・小沢一郎氏の陰謀でしょう。小沢氏はずっと「乱心」していますから,もう治療は不可能です。支那人になってしまえば良いのですが,ならないので困ります。
    【2009/12/12 10:44】 URL | 高椙春風! #EHqjpR0. [ 編集]

    雅子妃46歳(1)皇室を誤らせる「"雅子さま"∈皇族>社会規範」主義者たち;東宮は皇室の民主党
    管理人様ご無沙汰しております。
    最近の主なエントリについてご紹介させてください。
    よろしくお願いいたします。

    雅子妃46歳(1)皇室を誤らせる「"雅子さま"∈皇族>社会規範」主義者たち;東宮は皇室の民主党

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/1360443/

    秋篠宮文仁親王殿下44歳のお誕生日を謹んでお祝い申し上げます/近況報告

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/1346221/

    小和田雅子の旧悪の1つ:許しがたい盗み食い/活動を再開していた創価主婦diary_daily 追記

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/1225259/
    (最後のが既出かもしれません。その節はお許しください)
    【2009/12/12 16:00】 URL | ブルーフォックス@管理人様ご無沙汰しております。 #- [ 編集]


    >高椙春風さま
    韓国では外国人参政権付与法案を約束してきているようです。

    いまや日本の最高権力者となっていますね。どうしたものでしょうか。

    >ブルーフォックスさま
    いつまで経っても、雅子様擁護の論調は消えませんね。
    皇后になってしまえば、しめたもの・・・・と思っているとしたら、恐いです。
    【2009/12/12 17:23】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     私は気が弱いのか判断力に欠陥があるのか、「小沢ヒトラーの何が悪いのか」が実は今一つよく分からない(これが自民党ならどうだ?…古巣だぞ?)。恰も自分で判断したかの様に見栄を張って付和雷同するのは簡単だが、分からぬものを分からぬと言うのが無責任なら、結局あたしゃ双方向の無責任ベクトルの「逆に向かう間」をぴょんぴょんワープしている事になる訳だ(喩えるなら旧バージョンの「宇宙戦艦ヤマト」みたいなもんだ)。おまけにそんな言葉の綾から脱線すれば、自民も民主も共に一種の「大艦巨砲主義」政党であるかの様に見えてくるのだから、コリャまた余計に始末が悪いのでござる。二つの巨大政党であれ第三の選択肢であれ、そこに「間を埋める通路」があるかの様に錯覚するのも、考えてみればそれなりに支離滅裂ではある。
     「宇宙戦艦ヤマト」は八十年代前半を代表するアニメであった。どことなく核兵器に匹敵する以上のイメージがある波動砲は、一回使うとエネルギー充填に時間がかかってたけど、どうやら最新バージョンの映画はそうでもないらしい。お手軽にぶっ放しても次がある。連射可能になったそうだがテレビのロードショーに出るのは来年か再来年か。映画館で見るには何千円かのカネがかかる。「時は金なり」とはよく云ったものだ。

     ~米軍もカネと時を惜しむ。日本が判断を先送りすればそれだけ沖縄の負担が増す。準備が総て八つ場ダムみたいに無駄となる。所謂「仕分け」が妄想めいた予測データを基準にしているかの様に見えるのも、それまでの現実を否定するかどうか判断したい欲望の裏返しではあるだろう。その場に居るのは実務家であって歴史家ではない。こちらは「仕分け」などの諸々を波動砲に見立てたくなるけど、何はともあれ「連射する分のカネがあればいいよね」。…小沢がヒトラーなら、民主党はガンダムかもよ。今年BSで初めて見たら、いくつものガンダムがあって頭が混乱してくる。いきなり十数年分がごっちゃになると、出来損ないの歴史家になった気分になる。
     そんなのを仕分けする身にもなってみろと、政治家の身になれば或いは愚痴をこぼしたくなるかも知れない(核兵器の持ち込み密約などの件を含む)。もちろん同情はするが、だからと云って支持できるとは限らない。~中国カードが米国への牽制になる可能性はある。そこに天皇を巻き込んでまでやる覚悟があるのなら、民主党には国民をも人質に取る覚悟があって当然だろう。でもまさか「国父と国母は神だから晒し首にしても死なない」とたかをくくっているんじゃなかろーな(赤子たる国民の方はそこそこ死んでるのだが)。苹は中国首脳の面前で「天皇よ、叩頭せよ」となる可能性を危惧するし、もしそうなった場合は陛下に拒絶という政治決断を願いたくもなる。極端なリスクが伴う場を設けること自体、政府には避けていただきたい。
     …尤も、「土壇場での急病」という政治的決断(或いは歴史的偶然)もないではない。ご高齢にご心労を重ねる真似はなさいなさんな。あたしゃ小泉政権時代の御懐妊という歴史的偶然に畏怖を覚える口だが、それとは別の意味で、偶然ほど怖いものはない。~必ずしも中国側の出方や日本政府の姿勢を問題にしているのではない。偶然の怖ろしさと、意思の恐ろしさについて、様々な歴史的有様を足りないオツムで回想しているだけなのだ。

     苹は歴史家でないから、細かい事は分からない。国民ではあるけれど、政治家の事は分からない。任せる側がどれだけ不安になっているかを汲み取る上では、時に「拒絶の覚悟」も要るのだろう。ポピュリズムの自己矛盾くらい、今をときめく小沢氏ならよくご承知の筈だ。しかし余りに寡黙では、度を過ぎれば過ぎるほど所詮はどう転んでも寝技に長けた「東北人」なのである。少なくともマスコミ露出に於てはそう見える。そこで読み直したくなるのが小沢メルマガ…なのだが、あたしゃパソコン内の「仕分け」対象に総てのメルマガを加えているので、その作業を怠けている九月以降の分(つまりパソコン買い換え後の着信全部)を除けば、過去十年近くの着信は総て消しちまってる(余談になるが、私が宮崎正弘メルマガを購読しないのは「着信を消したくないから」なのである)。
     ぼちぼち月に一度か二度のメール着信閲読と毎回百件単位の削除=「仕分け」をする頃合いだから、取り敢えず読んでみる事にしよう。~因みに2009.12.14現在、パソコン内に残ってる削除予定メルマガの最新号は民主党のが427号(2009.11.19)で、小沢のが184号(2009.11.16)、自民党のが431号(2009.11.13)。このところ自民党メルマガの党史お勉強コーナーなどが捨てがたい内容だけど、碌に読まぬまま捨てちまってるのが申し訳なくてねえ…。
     ここで2ch的に天の声。「メール見ろ、話はそれからだ。」…で、いくつか取り敢えず読んでみたら、小沢メルマガが図抜けて一等つまらなかった。それに比べりゃ自民党のは政権交代で反省したのか、内容が学究肌になったね。
     それと些か対照的ではあるが…「仕分け」に追われて肝腎なのを読み落とす民主党の気持ち、なんとなく時には姑息で「分かるなあ」(誹謗じゃないよ、同情だよ)。
    【2009/12/14 05:43】 URL | 苹 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹 さん
    小沢ヒットラーでもかまわないの?

    私は中国に媚を売って、笑顔を余りしないくせに、中国の要人の前ではへらへら笑っているのが、気持ち悪いし、許せない気分ですよ。

    【2009/12/14 22:52】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     へらへらしたヒトラーなんて、嘗て第三帝国総統に居たのかなあ…。そんなの、私が勝手にイメージしてるヒトラーじゃないやい(苦笑)。そうした意味で云うなら、今の小沢は「ヒトラー失格」と云えるのかも。
     でも~そう云や昔、ムッソリーニの前でへらへらしてたヒトラーが「実は影武者だった」って真偽不明ネタを読んだ事がありましたっけ。今はそんなの通用しないんだろうけど、当時は影武者の活用もインテリジェンスの一環だったのかな、と。(ただし将来ならどうなるものやら…例えばSF的発想でクローン影武者もアリ?)
     「小沢ヒトラー」って表現は、果たして小沢に失礼なのか、それともヒトラーに失礼なのか。~そんなこんなを含めて、ああ書いてみた訳です。
     …あたしゃ心の何処かで思考や判断を端折って居るのではないか。常識らしさ満点の効果的な宣伝に囚われて居るのではないか。そうした危険への自戒を含めて、証明不能な先入観とは相応の距離を置きたくなってくる次第。なにしろ私はヒトラーや小沢の実像を知らないのですから。そこにあるのはメディア経由の伝聞情報のみ。
     しかも皮肉な事に、実像を伝聞が征服するプロセスの全体を、我々は十把一絡げに認めざるを得なくなるかのごとき社会的方法で「歴史」と呼ぶ事ができる。…この辺、なんかビミョーな気分。
    【2009/12/15 00:55】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    なるほど

    苹@泥酔さんは常に、多数派にはまぎれたくないという気持ちがありますよね。
    あまのじゃく?というか・・・。でも、確かに空気に流されるのはいやだというのは、信念の一つです。

    証明不能な私の感覚は、小沢嫌い!であります。
    【2009/12/15 09:05】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     …実は私、多数派になりたいんですけどね。そう見えるのかなあ。
     それにしても今回は、小沢会見が見物でした。まさかテレビカメラの前で、あんなふうに言質を取られるなんて。…それを待っていた。小沢メルマガに期待した事を、電波に乗せて大っぴらにやってくれた。本当は親切な人なのかな?
     以下を口ずさむ際は西城秀樹のブーメラン…じゃなくて、沢田研二のド派手な衣装を想像してちょ(首から上はすげ替えて妄想すること)。
    由紀夫♪
    由紀夫が疑惑を抱いたまま♪
    由紀夫♪
    小沢がボロを出す♪
    【2009/12/16 07:18】 URL | 苹 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹さん
    そう、私、あの記者会見のとき、ジムに行っていて、
    ジムの機械に備え付けてあるテレビで見ました。

    あんなに高飛車じゃあ、誰でも不快になりますね。
    日本人には、謙譲の美徳?っていう道徳心がかなり強いですから、
    あんなに尊大だと、遺伝子レベルで反発したくなる。
    (証明不能ですが・・・・・・)
    【2009/12/16 10:03】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/843-9eda8d52