奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 核兵器について(10/18)
  • 昨日の料理(10/18)
  • 定点観測?(10/12)
  • 倉敷(10/08)
  • 祭り2(10/08)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (10/22)
  • あきんど (10/21)
  • 奥様 (10/20)
  • 奥様 (10/20)
  • あきんど (10/20)
  • 苹@泥酔 (10/20)
  • あきんど (10/14)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (7)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (571)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    最終結果
    9月5日大幅加筆修正しました。
    ************

    9月4日の産経新聞で「つくる会」の教科書の
    最終結果が発表されました。
    見出しは
    「つくる会」採択率1.67%

    以下は「つくる会」のFAX通信の見出しです。

    つくる会が採択結果について「声明」を発表
    「つくる会歴史教科書」が2万冊を突破!
    著作権訴訟は大局的見地から「控訴せず」

     

    結果、つくる会の教科書で学べる中学生は、
     2万0050人   全体の1.68%
    今までの四倍だそうです。 

    産経新聞は公平なことに、
    扶桑社版をも「つくる会」教科書とカウントしています。

    扶桑社の今までのやり方には怒りが収まりませんし、
    裁判の結果も司法への不信を募らせるばかりのものですが、
    でも、新しく扶桑社を選んだところがあることは素直に嬉しいです。

    今回のFAX通信では、再び「つくる会」は棲み分けを提案していますね。
    公に棲み分けを提案したのは2度目です。
    来年はまたまた検定のシーズン突入。
    他社が教育基本法の改正に合わせて、
    どのようなものになるのでしょうか。
    「つくる会」の影響により、自虐度が減っていくかどうかも注目の的です。
    スポンサーサイト

    【2009/09/04 22:26】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
    この記事に対するコメント

     FAX通信かあ…。やっぱ「つくる会」会員にならないと閲覧できないんだろーな。と云っても拙宅にはそもそもFAX機器がないんだけど(爆)。さりとて電子メールってぇのも困る。先月末のケースだってそうだ。二ヶ月ぶりに受信したら九百件以上が来てて、いつも通り不要なのを削除したら最後に残ったのがプロバイダからの請求額通知二件(苦笑)。平たく云えば「過剰は利便を阻害する」って訳ですな。そして何より困るのが保存の仕方(塵も積もれば云々の謂)。
     教育再生機構側のも、サポーターにならなきゃ情報は回ってこないんだろーな。両陣営とも希望者には会誌やDVDなどを頒布してる様だけど、一般人には多分そこそこ豊富な情報を垂れ流すくらいが丁度いい筈。さもなくば無関心に至るか、或いはデマに踊らされるか。~ともかく採択戦は一段落。これで更に体力がつけば国語など他方面にも進出できるんだろうけど(以前そんな話が出てたっけ)、まだ当面は無理なんでしょ。
     久々に「改善の会」のサイトを見たら、田中英道先生達も次回採択に備えて地道に頑張ってるみたいね。文化史重視ってのが泣かせる。…そう云や、例えば江戸時代の文人画は南画と呼ばれてたっけ。北宋画院画派などからの影響とは異なるし、文人の扱いも支那とは大きく違う(董其昌みたいに民草から恨まれて夜逃げする様な文人は日本に居たのかいな?)。その辺を衝くなら必然的に支那や朝鮮との比較に集中するんだろうけど、悪くすりゃアチラからの風当たりがいっそう強くなっちまうんだろーな。
     朝鮮ネタは講談社の『本』2009.9号P.25にある池内敏「漂流と近世日朝交渉史」が面白かった。これを読んで初めて選書メチエの新刊『薩摩藩士朝鮮漂流日記』に興味が湧いた(そのうち買う予定)。イエズス会の宣教師(ヴァリニャーノとかフロイスとか)に関する先行研究みたいに、阿倍仲麻呂や空海やジョン万次郎などを通した中・朝・露・米あたりの比較を試みるのも面白そう(あたしゃ怠け者だから多分やらないだろうけど…え、そんなの既にあるって?)。
    【2009/09/05 19:49】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    つくる会のホームページに行けば載っていますよ、FAX通信。

    今までのも全部乗っていますぞよ。

    あちら側は棲み分けをするつもりないってことですね。田中先生たち、頑張っておられるようですから・・・・。
    【2009/09/05 22:01】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     本部サイトの「ニュース」がそれなのね…と気付いたのは前稿を出した十数分後ですた(汗)。~「今までのも全部」とあるからには、百号とか三十号とかの頃のも閲覧できるのかしら。そのうち気が向いたら見てみよう(この点、半年ほど前に見た「日録」過去ログの記憶は見事なまでに「多い日も安心」だった)。
     あちらの意思はどうだか分かりませんが(念のため…前稿で片仮名表記した「アチラ」は中国や朝鮮半島の事ね)、これまで更新が「月に一度あるかないか」ってぇ状況を長らく不満に思ってたせいか、「改善の会」のが先月下旬から連発モードになってたのを見てついつい嬉しくなっちまった次第。それに比べりゃ再生機構のサイトはひどく不親切。創設時からそうだった。更新の多い八木先生のコーナーだって、読んでみればアリャただの宣伝じゃないか。内容に殆ど言及せぬままタイトルと誌名だけ出して「おまいら読んどけ」と云わんばかりでは、外野は誰も付いてこないってば(書誌学的情報提供って趣旨なら納得は出来るが)。これが「日録」みたいな個人サイト(松浦先生とか新田先生とか)なら本人の都合もあるんだろうけど、「会」なら寄ってたかって寄稿し合えばどうにかなる筈だろがぁ。特に雑誌の連載を持たない先生方ね。
     この事はどちらの陣営にも云える。内容に支障があるなら「本部サイトとは無関係」を厳然たる前提に、それでもなお淡々とリンクし続ければよい。そうあってこその「言論の自由」だ。たとい会の方針に反していようとも、初手から言論(の場への道)を封じる様では田母神氏を支持できよう筈もない。
     「つくる会」サイトに関して云えば、内紛中に理事サイトへのリンクを外したアレは致命的だったかも(喩えるなら「村山談話」ならぬ「種子島談話」?…そもそも閣議決定と理事会決定の違いって何?)。西尾先生の場合は退会したみたいだから仕方ないけど、藤岡サイトの場合はどうなのか(今は「会長」でしょ?)。遠藤先生は早々に「覚書」サイトを手仕舞っちまった。福田先生の「のんびりモード」はそれ自体が個性的だけど、でもリンクすらしないんじゃねぇ…。それ以外の理事がサイトを開いているかどうかを私は全く知らない。結局、本部はそんなターミナル機能を根こそぎ排除したって事だろーが。掲示板だって東京支部板や支援板へのリンクを次々に外してからは、本部サイト経由で見に行く事が殆どなくなった。それだけ双方の本部サイトは日常的インパクトを喪失してるってこった。注目されるのは声明だけ。ただの新聞ネタ提供のみ。それでいいのか?(国民運動じゃなかったのか?)
     坦々塾みたいに、理事の先生方が「ボイスリレー」のコーナーを盛り上げればいいのになあ(初回は西尾先生!…あれには感服したね)。何か事情があるんだろうとこれまで黙ってきたけど、来年から次の闘いが始まるのなら一考してもよさそうなもんだ。
     以上、朝っぱらから長年の不満をぶちまけてみますた。
    【2009/09/06 06:10】 URL | 苹 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹さん
    うん、そうだね。本当に私もそう思いますよ。

    自民党体質?だと思う。リンクはシンパ、理事、全部のっければいいのにね。

    このあたりを理解しないと、今からの大衆運動は自分で道具を放棄してちゃダメだと思う。
    【2009/09/06 09:34】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    いや~ 再開されていたんですね。
    ネットに繋いだ主なパソコンの具合が悪く、とうとう意を決して、昨日オールクリアーにしてしまいました。
    そこで、再度「お気に入り」を入れていく過程で、ここを発見。 びっくりしましたよ。

    あまり余裕がないので、頻繁にはこれないと思いますが、地道に続けてください。 期待しています。

    教科書問題では、ご存知の通り、前市長のスタッフが未だに巾を利かせていますので、直ぐに結果は出ませんが、立場上 大きなブレーキにはなっているようです。

    民主党政権になって、市の補正予算大半が凍結され、来年6月の「子供手当て」のために、今必要な学校耐震化予算が宙に浮くという矛盾に満ちた現状に、心から怒っています。

    実際には、市に入るべきお金の どこを凍結するのか具体的なものは細かく示されていませんが、「コンクリートから人へ」という位ですから、ハード面一杯の公共事業から犠牲になると考えても間違いではないでしょう。

    12万の市民が住むわが市は、1万以上の建設従事者が居ます。
    選挙中に、市の建設協会会長と話したのですが、「もし民主党政権になったら、従業員の半分は路頭に迷うことになる。そいつらの失業対策を考える頭があるなら、失業させないようにしてほしいよ。」と言われていました。

    今ある失業者にプラス五千人が加わると、この町の失業者は推定8000人をゆうに超えます。
    これって、景気がよくなる兆しなんですか?

    無駄な公共事業って、具体的に言ってほしいですよね。
    学校耐震化や、保育園整備事業も 公共事業なんですが。
    【2009/09/06 20:27】 URL | 寝るケーノ #uJJLZrR6 [ 編集]


    >寝るケーノさん
    たははは~続けていますよん。

    そう、民主党の危険性に国民は気づけなかった。
    とにかく変えてみたかった・・・・・自分たちの足元が崩れるのにも気づかないで・・・・。

    公共事業=悪という考え自体、おかしいですね。
    矛盾がどんどん出てくるでしょう。

    時々おいでくださいね。
    前市長・・・・・・・・ためいきでますね。
    【2009/09/07 08:59】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    (余談~日録感想)
     「日録」更新を見てビックリ。ちょうど前々稿を書いてた頃、もしかして坦々塾の本番では阿倍仲麻呂の名前が出てたのかしら。入唐中に日本への視線が齎すパラドックスと宗教との関係を、吉備真備を通して見事に描いている。だんだん空海の密教感覚と神道の比較にも興味が出てきたぞ…書棚に何か眠ってないか探してみようっと。
    http://celebokusama.blog17.fc2.com/blog-entry-723.html#comment
     あと、なんとなく2009.04.19 (20:35)前後の拙稿とも絡めてみたくなったりして(↑)。~あの時は「ヨーロッパ圏外への逃走」から見た新天地やフロンティア精神の牢獄性に着目したし、「新天地後遺症」としてのアメリカ理念を宗教的に捉えれば、まさしく西尾先生の仰有る宗教戦争としての輪郭がいっそう強烈に際立ってくる。こうなると『諸君!』最終号にある「闇の宗教」発言どころではない。そしてそれらを強引に拙稿側へ引き寄せると、ダーウィンもマルクスもニーチェも一切合切が宗教的前提を通した別の姿で見えてくる。ロシア正教vsマルクス主義も、ドイツ第三帝国を衝き動かしたものも、いったん宗教を軸に据えてかからないと世界規模の三教指帰(?)は日本の掌から忽ちこぼれ落ちてしまうんだろーな…。
     昨夜は『宗教から読む世界政治』(日本経済新聞社)P.179近辺を読み直してますた。西尾先生のは撃論ムック次号に載るのかしら。もしそうだとしたら、今回のが「思想の誕生」(やがて単行本化?)の本論突入部分に相当するのかも?(わくわく)

     追記。
     こちらの奥様とは大昔からの知り合いと聞く寝るケーノ議員閣下がお越しなんで、天バカ板に書いた妄想を転載してみまっす(↓)。そちらの近所の米軍基地にも、青森同様の指示が司令部から行ってるのかしら。裏が取れれば「民主党の危険」を指摘するための材料になり得るんだろうけど、たぶん所詮は「妄想どまり」なんでしょ…(orz)。
     公共事業の件を読んだら唐突に国防のを連想。自衛艦の受注が今造ってる一隻だけで、後の目処が立たないらしき記事を先日どこかのサイトで読んだっけ(産経?)。これもまた心配。
    --------------------------------------------------------------------------------
    >(妄想)
    > 前稿末尾で青森ネタを書いた。~あの後、更なる妄想が。
    > 民主党政権の出方次第では、イラクで有名な民間軍事会社あたり、先ず自衛隊駐屯地内のXバンドレーダーを「日本から守る」手だって考えられぬではないのかも。んでもって続きは日本式に対応する訳だ。「秘書がやりました」方式の効果は確認済みだし、中国には「誤射でした」が通用するから(先年は中国大使館誤爆事件があったっけ)険悪な関係にはなるまい。つまり「あれは米軍でなく民間軍事会社の仕業です」でどうにかなる。イラク規模で自衛隊員に死者が出る程度は想定の範囲内だろう。反抗したらアッサリ再占領すればよい。いつでも三沢基地から急襲できるんだし、横田からウホウホ首都制圧に向かえば事は簡単なんじゃあるまいか。そんでもって中国には沖縄から睨みをきかせる。
    > 物騒な妄想は傍迷惑かも知れない。しかし素人の私でも思い付くオプションを、あちらの専門家がいっそう洗練された仕方で考えない訳がない。鳩山外交には先ず新聞から恫喝の予兆をちらつかせ、自民党路線からの逸脱を自粛させる。屈伏が国民の反感を買えば忽ち自民党政権へと逆戻り。結局どう転んでも対米政策の安定性は保たれる。
    > 思い切って、外相には社民党の人がいいんじゃないかな。さっさと渡米させちまえ。荒療治するつもりなら、この手が一番かもよ?(ただ…そんな勇気は民主党にゃあるまい。)
    >
    >(転載)
    > 前稿末尾で三沢に触れた。~以下に関連記事を出してみる。
    > その前に民間軍事会社云々の記事を探したけど、どうやら家人が古新聞を処分しちまったらしい(2009.8.28以前数日分のどれかに載ってた)。そこで取り敢えず別の記事を「東奥日報」2009.8.29付朝刊24面から。
    >--------------------------------------------------------------------------------
    >>>基地内居住方針が発効
    >>>米軍三沢 市、見直し要請へ
    >> 米軍三沢基地のディビッド・スティルウェル司令官は28日までに、米軍人・家族の基地内居住を推進するとの方針を記した書類に署名し、同方針が正式に発効した。基地内居住の方針をめぐっては、基地外に米軍人向け住宅を所有する大家の家賃収入が激減し、地域経済に大きな打撃となる―などと三沢市は強く反発していた。
    >> 新方針は、9月1日以降、家族を伴って同基地に新たに赴任する軍人に基地内への居住を求める―との内容。基地内にある住宅の入居率を上げ、基地外に住む軍人に支払っている家賃補助費を削減するのが狙い。ただし、単身者や独身者は対象外で、現在、基地外の米軍人向け住宅に住んでいる軍人・家族に基地内への転居を求めることもしない。
    >> 三沢市基地渉外課によると、基地外の米軍人向け住宅は三沢市と周辺3町に計1500~1600戸ある。一方、米軍三沢基地内には2033戸の住宅があるが、入居率は約72%。基地内の住宅の整備には日本政府の「思いやり予算」が充当されているという。
    >> 市内の建設業者によると、基地内では約250戸の改修工事が終了したばかりで、新たに約500戸の改修工事も始まったという。基地内居住推進の方針が決まったことについて、三沢市政策財政部の澤口正義部長は「予定通り、方針見直しの要望書を基地司令官に提出する」と話した。
    >--------------------------------------------------------------------------------
    > 次は同2009.9.1付朝刊26面。
    >--------------------------------------------------------------------------------
    >>>司令官「影響最小限にする」
    >>>米軍三沢基地内居住方針 見直し要望の市側に
    >> 米軍三沢基地が米軍人・家族の基地内居住を推進する方針を決めたことについて、三沢市は31日、基地外居住を制限しないように求める要望書を同基地のディビッド・スティルウェル司令官に提出した。同司令官は、推進策は在日米軍司令部からの指示であることを説明した上で「(地域経済への)影響は最小限にとどめたい」と述べ、理解を求めた。
    >> 要望書は種市一正市長と馬場騎一議長の連名で、両者が三沢基地を訪れ、スティルウェル司令官に手渡した。同市議会基地対策特別委の小比類巻雅彦委員長も同行した。会談は非公開だった。
    >> 市基地渉外課の説明によると、市の要望に対し、スティルウェル司令官は①基地内居住推進は、日本政府から「思いやり予算」を有効に使ってほしい―との要請を受けた在日米軍司令部からの指示②基地外にある民間の米軍人向け住宅は家賃が高く、家賃補助を支出している基地の予算を圧迫している―と説明。
    >> その上で、老朽化した一部の基地内住宅を取り壊す予定があるため、いずれ基地外の米軍人向け住宅の需要が再び高まるとの見通しを示し理解を求めた。
    >> 在日米軍基地内の住宅の整備には日本政府の「思いやり予算」が充当されている。米軍側の回答について市は「軽費節減が目的ということであれば一定の配慮が必要かもしれない」(冨田哲基地渉外課長)として事態の推移を見守る構えだ。
    >> 米軍三沢の方針は、9月1日以降、家族を伴って同基地に新たに赴任する軍人に基地内への居住を求める―との内容。ただし、単身者や独身者は対象外で、現在、基地外の米軍人向け住宅に住んでいる軍人・家族に基地内への転居を求めることもしない。
    >--------------------------------------------------------------------------------
    --------------------------------------------------------------------------------
    【2009/09/10 07:40】 URL | 苹 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹さん
    >外相には社民党の人がいいんじゃないかな。さっさと渡米させちまえ。


    あははは・・・・・現実を思い知らせろ・・・って。お花畑だから、アメリカに行っても無理だったりして。
    【2009/09/10 08:48】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/805-d5d6746d