FC2ブログ
奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    12 | 2020/01 | 02
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    RECENT ENTRIES
  • ひろしまトリエンナーレ問題(01/24)
  • 泣きっ面に蜂(01/19)
  • 寄付をつのる(01/14)
  • うつ状態(01/09)
  • (12/31)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (01/25)
  • あきんど (01/24)
  • 苹@泥酔 (01/24)
  • 黒ユリ (01/22)
  • あきんど (01/19)
  • 苹@泥酔 (01/17)
  • 侍政の尊野ジョーイ (01/16)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2020年01月 (4)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (5)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年09月 (6)
  • 2019年08月 (6)
  • 2019年07月 (5)
  • 2019年06月 (6)
  • 2019年05月 (13)
  • 2019年04月 (11)
  • 2019年03月 (6)
  • 2019年02月 (6)
  • 2019年01月 (6)
  • 2018年12月 (5)
  • 2018年11月 (7)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年09月 (6)
  • 2018年08月 (14)
  • 2018年07月 (8)
  • 2018年06月 (6)
  • 2018年05月 (8)
  • 2018年04月 (5)
  • 2018年03月 (7)
  • 2018年02月 (7)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (758)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (131)
  • 硬めな話題 (415)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (361)
  • 日録裏話 (56)
  • 読書からの連想 (81)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (10)
  • 娘のこと (35)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 真正保守政党準備会の公式ブログ

  • SEARCH

    言葉について
    日本語については、ここにいつもコメントを書いてくれる苹さんが詳しい。
    詳しいというより、専門家・・・・?

    その日本語を今孫は学習している。

    意識して学習するわけではないが、
    赤ちゃんの時の音の発声ですら、日本語の音であるとさえ言われているように、
    日本人に産まれたら、日本語を日々聞いて育ち、
    そのうち発音を真似し、
    名詞を覚え、言葉を重ねて文章を語るようになる。

    最近では「んごく」という・・・・・
    よくよく聞いていると「動く」という意味で、
    おもちゃの「ぶーぶーんごく」・・・というような使い方をする。

    うちにやってきて「きたよ~」という時もあれば
    「おかえり」と言って入ってくることもあるけれど、
    確実に日本語が身に着いてきている。

    「ママ、ちぇみ、きらいの」=「ママは蝉が嫌いだね」
    「かぱやー」・・・・これはパトカーのこと。


    乳幼児は語学の天才である。。。
    新幹線の名前「こまち」も「あさま」も見分けて言うところなんぞ、
    うちの孫は本当に天才かも・・・・と、ばぁばばか。

    頭の中で、どんどんものの名前が蓄積され、
    動詞が整理され、形容詞まで理解する。

    「ばぁばちゃん、おいでおいで」と言われたら、行くしかないよね
    スポンサーサイト




    【2009/08/11 23:53】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(10)
    この記事に対するコメント

     今日は明日の雷雨予報を避けて一家で墓参。その後、西尾先生の新刊を買ってきますた。そしたら冒頭は例のアレだった…(ホレ、あの、奥様も此処で書いてた「日録」ネタの…と書いてわざと以下省略)。
     …てな余談はともかく、念のため一言。
     そもそも専門家は、苹みたいに奔放杜撰な事を軽率に書き散らしたりしません。その証拠に、どの本にも書いてなさそうな事ばっか妄想してるっしょ(苦笑)。勝手にゴチャゴチャ考えた事を、碌に調べもせずにカキコ(たまには調べるけど、載ってないor見つけられないのが多い)。
     例えば「なぜ私は字が読めるのか」てぇのは前々から抱いてる疑問だけど、何を調べたらよいのかサッパリ分からん。おまけに、勝手に考えた内容を三歩で忘れ、次の日にはまるで反対の事を考えてたりする。甚だしきはドゥルーズやクリステヴァやチョムスキー等々のタームを気儘に継ぎ接ぎする。漢字とも仮名とも無縁な外人の本を、専ら邦訳で書道ネタにこじつける手合いはフツー、専門家に見えませんてば。
     専門家はもっと堅実で思慮深い。例えば「江戸時代の識字率は高かった」と云う。でも「どんなふうに読めたか」には言及するかしら。我々の読み方と古人の読み方が同一である証拠はない。だから慎重に脈絡を切断し、不明な点はブラックボックスに留保する。分かる事と分からない事を峻別する。それでも時には「私なら斯う読む」との仮説くらいは出すだろう。多分、なるべくなら多数者の賛意が得られそうなのを。そこに「学会の空気」が入り込む。(…と書いてて気付いたけど、オレ相当に欲求不満が溜まってるなw)

     更に愚痴。
    http://otd2.jbbs.livedoor.jp/231124/bbs_tree?base=6785&range=1
     ここんとこ坦々塾ブログでは産経ネタが萩野先生追悼カキコを喚び起こしてるけど、実のところ『舊漢字』はビミョーな印象の本としか…。歪曲とまでは云わないが、どう見ても結果的には歴史切断本としての効果を発揮してしまう(活字についての啓蒙本・入門書として効果的な点は評価してるけど)。活字の規範に書字を誘導するとこなんか全力でツッコミを入れたくなる(天バカ板で実際やらかした↑…No.6788、7036、7045、7052参照)。でも時節柄あちらに割り込むのは不適切だろうと思うし、文部省批判等々に拡大すれば話がクドくなり、更にゴッソリ参考文献を持ち出せば明らかに雰囲気ぶち壊し(orz)。
     私は書字の立場を優先する場合、活字の旧字体も新字体も全面的には支持しません。ただし活字の立場を優先するなら、当然ながら旧字体を支持するでしょう。しかしそれがどうだと云うのか。書字を滅ぼして何の活字か。そこに生活はない。ただ記録があるだけである。生活なき所に教育はない。ならば記録は何の為にあるのか。新字体の一部は旧字体の硬直性を緩和した。
     そう云や奥様の管理してた日録感想板(?)で、西尾先生が『江戸のダイナミズム』当該箇所についてカキコした頃も、あたしゃゴチャゴチャ書いてたっけ。…面識があるのとないのとでは大違いになりやすい(因みに私は、奥様や西尾先生を含む誰とも面識はない)。気分次第でニヤニヤしながら「こいつ、こんなの書いてらァ」と読んでくれるなら、それだけで総てが言葉通りに有難い。遠慮なき無心の誠実(押し売り?)はとかく壊れやすい。無遠慮から学問が抜け落ちると屡々そうなる。と云うよりは、むしろ学問の押し売りの方が傍迷惑なのかも。例えば右にとっては左、左にとっては右の。それと似通った何かを坦々塾ブログ発足時に予感した。あちらへの初カキコで、その点に触れた。もし裏サイトか何かが(天バカ板で桜子様の削除稿から教わったけど、メーリングリストって云うのか?)ガス抜きになるなら、それもまた別の意味で有難い。

    (附記)
     上記リンク中のNo.7046末尾に挙げた漢詩を久々に見た。当時の人々に思いを致す上で、説得力のある内容だと感銘を新たにした。同様の作例は巷間にゴマンとあるだろう。体験の差異が一時を同じうした死者と生者の交わる季節に重修の機(横浜~♪)を言祝ぎつつ、謹んで合掌する。
    【2009/08/12 23:11】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    > 苹さん

    「専門家」に喰いついてきましたね。
    だって、私から見たら、妄想であろうがなかろうが、やはり 苹さんの日本語・書字に対する知識は半端じゃないですよ。

    恐らく専門家の、カチンカチンの頭脳より、ずっと柔らかくて上等だと思いますよ。

    【2009/08/13 09:00】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >「専門家」に喰いついてきましたね
     へへへ…たぶん「西尾病」に罹患してるからなんでしょ(笑)。現に秦先生との討論を思い出しながら書いてたし。それに本当は専門家が羨ましいんだ。だからと云って、ヤッカミ半分で書いてた訳でもないけど。私は意志が弱いから、きっと学会の論調に流されてしまう。論争になれば確実に私が負けるぜ。相手の主張を相手の思考経路に沿って理解しようとすれば、納得できないものほど時間がかかってしまう。だから私は黙る。それを見た相手は、「きっと奴は論駁できないんだ」と思う。
     あと、もう一つの「西尾病」も再発しました。例の所謂「無関心」の話ですね。まるで相手が今も生きているかの様に振る舞えば、「あれから×年かあ」「素晴らしい人でしたね」「懐かしいなあ」の堂々巡りで済ます事なんか出来やしない。…書物の墓から古人を叩き起こすみたいに、私も萩野先生を叩き起こせば「オマエ誰だ?」と却って不愉快になるのかな。私の言い分については前稿で叩き起こしてみましたから、後は坦々塾で生きてる人達の様子を見てみましょ(たぶん見えないんだろうけど…と死人の様に書いてみる)。

    (そんでもって余談)
     天バカ板では昨今、別のネタをあれこれ考え始めてたところです(佐々木敦『ニッポンの思想』)。それが奥様管理の板に書いた事と関わる。…オピニオン板のを保存しとけばよかった。多分あそこに書いた筈だ。
     …あ、そうだ。「日録」の感想も短く書いとこう。新刊を読む前に、『「狂気の首相」で日本は大丈夫か』を再読しました。新刊の手の届きにくい場所に、あの本が佇んでいる様な気がしたからです。…内憂から向かう本と、外患から向かう本。二冊が揃って初めて、皇室の価値がいっそう浮かび上がるかの様な印象でした。

    (どーでもいい余談)
     十数年前に読んだ漫画で、こんな台詞があったのを思い出した。…貧乏なテニス天才少女がアパートを追い出され、コート脇の小屋(コーチの命令で自作させられた)に野宿しようとしたところ誰か先客が寝ている。幼い弟や妹が「怪物がいる!」と恐がり出した瞬間、その怪物が「ウガァァ」と鼾。少女も恐くなって悲鳴を上げながらラケットで殴打。その場面で怪物が一言。
    「ミーは叩き起こされるのがいちばん嫌いねーっ!」
     そこに寝ていたのはコーチだった(普段はオカマと同棲、教え子の女子選手に欲情した咎でテニス界追放との噂あり)。~漫画の作者は「YAWARA」を描いた人(田村亮子選手の渾名「ヤワラちゃん」で有名)。ただしタイトル失念、細部うろ覚え(汗)。
    【2009/08/13 22:18】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


     本日、こちらも先生の新刊買ってまいりました。まだ序文のところまでしか読んでいませんが、以前、新聞でも拝読した例の話がでてくる。「あれ?イスラエルがイラク爆撃を決行し、なおかつ成功したのはすでにその時点で自身に〈核の裏付け〉があったからでは?」と思いながら頁をめくると、「朝鮮半島=イスラエル、日本=イラク」となる危険性の指摘。これで前の頁で暗示されていた「北=イラク、日本=イスラエル」の図式がいとも簡単にひっくり返される。うーん、相変わらず文章がうまいなあ…。しかし、このままだとイラクどころかではすまず、我が国自体が「パレスチナ化」されかねない。海外からのボランティアさえ相手しない「パレスチナ」に。
     閑話休題。やはり気になっているのは「専門家」のことです。あれは平成が始まってまだそんなに月日が経っていない頃だったか…(遠い目)、学部の恩師に連れられて某国立大学院に入院願いに伺った時(大学院というより、むしろ私塾にでも入門するような心持ちでしたが)、院の先生(つまり、小生の最大の恩師)から、「私はプロフェッショナルの養成はしない!」と開口一番おっしゃられてすっかり感激した覚えがあります。それ以来、今日に至るまで自分を何かの「専門家」だと思いなすことだけは極力戒めている――ひょっとすると恩師の言葉の意味を取り違えたまま突っ走っているのかも知れませんが、もう遅い(笑)。それに、主に手掛けている地域の学問自体が元々、専門細分化を忌む種類のものということもありますし。田母神さんの件については――色々意見はありますが、ともかく素人の常識で判断するのみと感じております。
     あっ、苹さんが最後に挙げておられた漫画、家内から聞いたところ、『HAPPY!』というそうです。勿論、別に家内も小生も漫画の「専門家」というわけでもありませんが(笑)。
    【2009/08/14 23:40】 URL | キルドンム #m7FpRJaE [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    『「狂気の宰相」で日本は大丈夫か」・・・・あの頃、保守層でも、小泉批判はしない人が多かった。今ではワースト10の中に入っている。西尾先生は人より周回早くものごとを判断されますねぇ。

    専門家・・・って、悪い意味で使ったんじゃないよ。

    >キルドンムさま
    そうかぁ~~~
    全体を見渡すことが出来る常識人の学者さんになってくださいね。
    キルドンムさまが、「家内が」なんておっしゃると、嬉しくなってしまう。
    結婚は忍耐ですぞ。。。
    【2009/08/15 09:35】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     …私は今NHKの討論番組をぼんやり聞き逃しながら、別の事で真剣に悩んでいる。核兵器ネタに関する、こちら奥様ブログへの近稿を天バカ板に転載しようと。場所もタイトルも今朝の時点で決めてある。場所は「×交天皇」稿の後。続けるタイトルは「ビキニでモッコリ」。…ツリー表示で見れば「いかにも」である。そこまでふざけてよいものか。
     くだらん話で何を悩むのかと呆れる人が居るかも知れないが、あたしゃ実は生まれてこのかた「一度も悩んだ事がない」のだ。これが「悩みの初体験」にならない様にしたいものである。これからそのための処理をする(とどのつまりは意識の歪曲だってばw)。~てな訳で改題するなら、この際「ビキニでモッコリ核」にしようかと。
     しかしそれでは当初の諧謔(?)を裏切る事になる。どう見ても誠実ではない(たぶん)。諧謔は諧謔のまま、正々堂々と呆けるべきではないのか。…夕方以降、そう思う様になった。別に終日その事について考えていた訳ではないのだが、男心も秋の空。分かるものかと諦めた(「人生劇場」by村田英雄)。…それより問題なのは、転載稿の後付けだ。実は何を付け足すか(多分そこそこ長文になる筈)、まだ内容を、なーんにも考えていない!

    (本題)
    >奥様宛
     あの時と似通った現象の雛型が、このままでは今度の選挙で再現されるのかも知れませんねぇ。政党に寄せる固定的印象は違えども、流動する現実には未だ隠されてる要素が多々ある様だし。…でもねぇ。時には面妖な思いが過ぎったりもするんですよ。
     もし民主党が勝つのなら(不本意)、いっそ圧倒的得票差の単独政権になって貰って「内側から崩す余地」を確保してもいいんじゃないかと。他の野党が入ると、自民党ですら社会党や公明党に日和る。その結果の最たるものが村山談話。この辺で迷ったりもするんですよねぇ(「迷い」と「悩み」は別物)。

    >『HAPPY!』
     あっ、それでした。キルドンム様と御令閨様、有難う御座います。(ところで…書簡における「宛→様or殿」の変換様式に見立てると、ご年輩の女性に令閨とか閨室など「閨」の字を含む表現を用いるのは…ヤッパ高齢化社会では失礼にあたるのかしら?…何か適切な表現、ないかなあ。)

    (…と投稿しようとしたら「禁止キーワードが含まれています」との事。色々と伏字を試してみる。)
    【2009/08/15 22:49】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


     「禁止キーワードが含まれています」の表示が出て投稿できない。なんでだろう?
    【2009/08/17 23:02】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    私もこの前、カチンこちんに・・・と両方ひらがなで書いたら、禁止キーワードだって。

    どこかに、繋げるとそういう文字になるのがあるのでは?
    【2009/08/17 23:15】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     あ、出た。…もしかしたら、このどれかなのかな?→奥様。マニフェスト。民主党。
    【2009/08/17 23:17】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2009/08/17 23:28】 | # [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/794-50587848