奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 核兵器について(10/18)
  • 昨日の料理(10/18)
  • 定点観測?(10/12)
  • 倉敷(10/08)
  • 祭り2(10/08)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (10/22)
  • あきんど (10/21)
  • 奥様 (10/20)
  • 奥様 (10/20)
  • あきんど (10/20)
  • 苹@泥酔 (10/20)
  • あきんど (10/14)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (7)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (571)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    子育ては終わったはずだった~
    子育てプリンシプル子育てプリンシプル
    (2009/05/12)
    奥田健次

    商品詳細を見る

    上の本を書いた奥田さんのブログは前から読んでいて、
    注目していたが、このたびきちんと本を買って読んでみた。

    二月からこっち、
    次女一家がわが家のすぐ近く、
    以前義理の母が暮らしていた家に引っ越してきてから・・・・・
    育児の責任が若い夫婦だけのものではない・・・と、感じるようになった。

    一日の半分くらい、時間を共有している。

    二歳の誕生日を前にして、
    孫の知的発達は目を見張るものがあり、
    単語の増加、文章っぽい言葉、
    自分を押し通そうとする自我の芽生え、
    喜怒哀楽が激しくなってきた。
    そろそろ「しつけ」をきちんとしなくては、
    大人がなめられるな~・・・と感じていたところだった。

    子供は親が野球チームの監督であるとすると、
    入ったばかりの二軍の選手であると奥田氏は語る。
    二軍の選手には一流の選手のような権利はない。
    二軍の選手が監督を指図するということもない。
    しかし、最近の家庭では二軍の選手が一番威張っている。

    昨今「子供の権利条例」などというものを、
    愚かにも地方自治体が成立させようと躍起になっているが、
    (秋葉広島市も現在必死です)
    子供に最初から自由奔放にする権利を与えてしまって、
    本当に教育が成立すると思っているのだろうか。
    ついこの「子供の権利条例」が頭の中をよぎった。

    子供には、「我慢する」つまり、自分本位に動こうとするエネルギーを
    制御する力をつけてやらなければならない。
    ハンドルであり、ブレーキである。
    ・・・・そうこの本にも書いてある。

    ジェット機並みのエンジンを持つ子には、
    それなりの制御装置を取り付けて訓練してやらなければならない。
    ブレーキばかりかける臆病な子には、
    もうすこし前に進むエンジンを強化してやらなければならない。

    不登校の子供や、多動性の子供を指導してきたこの先生の、
    実践・・・・結果・・・・が、
    今までの教育評論家の嘘を暴く。

    戦後、日本の家庭から、厳格な父がいなくなり、
    友達目線?同等な権利?家庭民主主義?がはびこり、
    子供たちは制御装置の訓練をされないままに社会にでている。


    関東で五年遅れの学生生活をしている息子に、
    ちょっとなめられているかなぁ~と感じる母であります。。。
    スポンサーサイト

    【2009/07/06 17:41】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)
    この記事に対するコメント

    http://otd2.jbbs.livedoor.jp/231124/bbs_tree?base=5417&range=1
     以前、天バカ板に「東亰アナル」稿を書きますた(こんな遣り取りしてたっけ↑…奥様は「天バカ嫌い」だから読まないらしいが)。…で、その中で言及した小木新造『東亰時代』(講談社学術文庫)のP.147~148に、こんな記述がありますた(↓)。
    --------------------------------------------------------------------------------
    >柳田国男は、「婚姻を一種の教育手段として、新たに環境と適応して行く修養が、楽々と進められたらし」(『底本柳田國男集』)く、これがひろく日本全国の民俗慣行として行なわれていたことが早婚のひとつの原因とみている。そして早婚は日本婦人の個性を無くする根源とみるより、「学問と感化の余地を携へて、嫁いで来たといふことは大体に於て幸福であつた」とも評価しているのである。
    --------------------------------------------------------------------------------
     「教育手段」って箇所にビビビ。…ふと思ったんですけど、生家の親ばかりでなく「婚家の親が」配偶者の教育に「共同参画」すればどうなるものかと(汗)。つまり教育を方便に、一種の「準‐大家族制」を晩婚化の抑止と絡める訳ですな。その上「ばあば」が孫の教育にも関わるなら、直ちに「子育て終了」とはいかなくなる。
     晩婚が核家族制を固定化するのは分かり切ってますから、逝去後に誕生した「祖父母を知らない子供達」の家族感覚は当然もろに影響を受けるでしょう。もしくは後々、親が祖父母の役割をも兼任する事になるとか。そうした先送り型の晩婚化が更に進めば、やがては独身のまま「おひとりさま」の老後を迎えるのが普通になっていく。

     今日は『正論』八月号を買ってきますた。その中の連載「リベラルな俗物たち」にざっと目を通したせいかしら、上記の様な妄想が湧いてくる(苦笑)。
     あと、同P.44の八木秀次「戦後教育とソビエト教育学」にはビックリ。デューイ流の「子ども中心主義」の背景にソビエトの教育理論があろうとは気が付かなんだ。
     撃論ムックのNHK本は「売り切れましたので注文になります」だとさ(orz)。
    【2009/07/06 21:43】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2009/07/06 22:31】 | # [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    う~~~ん、おっしゃる意味が半分も理解できません。

    ばぁばが生き延びている意味は、孫の育児の補助のためであります。
    【2009/07/07 20:23】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >う~~~ん、おっしゃる意味が半分も理解できません。
     実は私自身、「なぜそう思い付いたのか」をまだハッキリ腑分けしてません。

     先ず、晩婚化が進む(←今ここ)。子供アラフォー、親は古稀。そこから更に二十年ほど生き長らえるかも知れないが、昔「六十の手習い」だったのが今「八十の子守り」…てぇのはちと考えにくい。それよりは老老介護に直行するか、もしくは結婚を諦めて「おひとりさま」路線まっしぐらか。こんなケースが増えれば少子化の進行はほぼ決まった様なものでしょう。なにしろ「アラフォー」自体が初産の土俵際だし。
     初婚や初産の年齢が下がらない理由には色々あるのでしょうな。教育費の負担が増大する頃にはリストラされているかも知れない。「孫の育児の補助」をしてくれる世代が奥様の様に若々しくない場合は云うまでもない(或いは既に墓の中とか)。つまり家族による生活保険機能が弱体化した場合、相対的には子供や老人の存在そのものがリスクとなる(価値の問題ではなく負担の問題ね)。
     そこで嘗ての早婚時代を振り返ってみたくなった訳です。昔の人はなぜ子沢山だったのか。子供三人は少ない方でしょう。こちらでは五人か七人程度が当たり前で、つい先日逝去した「うちの本家の婆様」は長男の嫁でした(享年九十五…だったかな)。その前の世代となると平均寿命は五十歳未満だから子供の数は似たり寄ったり(もしくは稍や少ない程度)なのでしょうが、それでも今よりは多い。かと云って「早婚環境を維持したままの長寿命化」にも若干の無理はある。二十年前なら三十路で初婚は「明らかに遅い」口でしたが、少子化の波は当時から教育現場を直撃しつつありました。

     初めから「子供は学校にやらない」と覚悟していれば話は別なんだろうけど、今は「学校に行くのが当たり前」だからなあ。しかも都会では学校と塾・予備校との多重教育が負担感の増大に繋がってる様だし、そこんとこのリスクを減らそうとする地域では、学校教育のムダ(!)を減らそうと未履修に踏み切るケースが少なくなかった。するとますます学校と予備校との差異が同じ競争原理に収斂し、多重教育のムダを排除する方向に行く。その結節点が今は差し当たって大学入試や高校入試に相当するのだろうかと。平たく云えば「非受験科目に価値はない」。
     こうした感覚は私立校の少ないこちらでも昔からありました。何年か前に言及した「基礎指導放棄の義務」は多分「ゆとり教育」の前段階だったのでしょう。基礎指導放棄は歪曲教育の母。教員は初めから「受験に出る基礎」以外を放擲する義務を負っているのだから、受験システムを支配した「指導内容」だけが歪曲教育を正当化できる。そうした意味では奥が深いと思ってます。教員に課せられた「歪曲教育の義務」は、正当化されるがゆえに「歪曲教育でなくなる」。そこにワークシェアを持ち込んだ途端、学校と塾の共存関係が避けられなくなったのではないかと。
     学校と塾が相補関係にある様に、一家族と親戚筋の相補関係もまた何らかのフラクタル関係にありそうな。それは或る意味、細胞の減数分裂の様にも見える。家族を親戚筋が吸収するかの様に振る舞えばどうなるか。もし家族が「親戚からの独立」(従来の「分家」よりも過激な意味ね)を本義とするなら、その家族は晩婚化と少子化の波をもろに被って弱体化する事になる筈。
     そんな事を考えながら、昨夜の稿を書きました。しかしこの程度では、まだ腑分けレベルとは云えなさそう。きっと別の不気味な何かがある筈。それに気付きかけてる筈なのに、正体がなかなか見えない。そこんとこが自分でも歯痒いんですな(orz)。
    【2009/07/08 02:34】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔
    子供の数の多い少ないは、その国が発達途上か、成熟しきっているかの違いではないでしょうか。

    子供には確かに教育など、お金がかかりますね。

    世の中の動きはある傾向に行き着いたら、必ず反動が出るのでは?学習効果はゆっくり表れる。で、破滅の方向にではなく、繁栄の方向へかならず舵を切ることになると、ちょっと甘いけど、私は思っています。

    よい結果が残るものは、いつかは人が真似るし、逆はいずれ淘汰されるのでは?
    【2009/07/08 09:11】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     なるほど、発達途上もしくは成熟か…。
     今日は山本夏彦『誰か「戦前」を知らないか』(文春新書)を読み直して初めて気付いたんですけど(つまり記憶に残ってなかった…汗)、核家族の歴史を大正デモクラシーの頃から数えるとぼちぼち百年になるんですなあ。
     考えてみりゃ、ソリャそうだ。子沢山で本家から続々と分家していったのが核家族化するんだもんね。ところが(反動で?)少子化段階に至ると分家のしようがなくなり、本家や分家各々との交流が孫の世代にどれだけ維持できるか覚束なくなってくる。すると唐突に思い至るのがレヴィ=ストロース。世に「いとこ同士は密の味」と云うらしいが、所謂「家」の維持効果から見てもそれなりの説得力はある訳で…。(云うなれば家族単位の減数分裂?~日本の先例ではご皇室と貴族と武家と地方の名家と…汗)
     ところで、教育絡みの件では産経に塾のネタが載ったそうですなあ(新東京支部板を見て知った)。「学校で教えられないなら塾で自虐指導だ」てな流れは淘汰に向かって欲しいけど、文部科学省とは管轄が違う様だし。
     とにかく予算削減の時節柄、今後ますます「学校で非常勤講師やった後に塾で自虐教育」ってパターンが増えていくんでしょうなあ。底意地悪く言い換えるなら、「塾で自虐教育のノウハウを身に付けた人材が学校をゲリラ的に乗っ取る構図」とも云える。小・中・高の書写・書道教育では半世紀以上前にゃ既にそうなってたから(今も継続中)、いったん流れが出来上がっちまったら歴史教育もきっと同じ轍を踏むぞ(orz)。
     …てな具合に、もう少し時間をかけて考えてみまっす。奥様の場合は十年くらい後に本領発揮するのかな。お孫さんがすくすくと育ちます様に(祈念)。

    (余談)
     撃論ムックのNHK本、通算六軒目でやっと実物を見つけました。どの書店にも『日本人の歴史教科書』は並んでるのになあ。
    【2009/07/09 01:02】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    あっちでかおりんさんに返事してくれて、有難うございました。

    撃論ムックはなかなかおいてありませんね。私はアマゾンで買いました。
    【2009/07/10 23:35】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/776-2f47413b