奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • あべのハルカス(08/14)
  • あべよはるかす(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)
  • 碧野海子 (08/13)
  • あきんど (08/10)
  • あきんど (08/09)
  • 苹@泥酔 (08/09)
  • 奥様 (08/09)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    広島秋葉市長は?
    秋葉市長は現在はイエスマンばかりを身の回りに置いているそうです。
    つまり、誰も王様は裸だとは言ってくれない・・・・。

    なんと、今回の田母神講演会日時の移動要請には、
    市長としての公的な印鑑が押してあったそうです。
    つまり、公文書!

    ちまたでは、被爆者の心を逆撫でするとか、
    被爆者の心情に塩をすりこむようだとか、
    田母神発言の内容もしらないのに、
    8・6を自分達だけが行動してよい日だと勝手に決め、
    自分たちの思想と反する団体にはその日を外すようにせよ・・・と、
    秋葉市長を応援するコメントも散見されます。

    なんたる独善主義でしょう。

    こういう団体や、個人が全体主義を呼び込むのでしょう。

    聞くところによると、今回の8・6田母神講演の日時移動要請に対し、
    断固初期の設定を実行するようにとの支持メールが300通以上来ているそうです。
    99%が応援、賛成のもので、
    残りが反対だそうですが、
    その反対の人も、よく説明すると分ってくれたとか。

    中国新聞が煽る即核武装表明決起大会でもないし、
    真の平和へのステップの違いだけなんだし、
    誰だって、よその国に核攻撃しようと思っているわけじゃないのだからね。

    火の海にしてやる~~~なんて、誰も言っていないんだからね。


    中国新聞~~~~~
    大丈夫か~~~~~
    スポンサーサイト

    【2009/07/04 16:12】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(15)
    この記事に対するコメント

    映画「靖国」や「日教組のホテル契約破棄」のような「右からの憲法違反」ついては声高に騒ぎだてるが、今回のような

    弁護士は、こういう「左からの憲法違反」

    は黙認して「スルー」するという「イデオロギー」によるダブルスタンダードを駆使しています。本来、こういう問題こそイデオロギーとは無関係に論じるべきですが、現実にイデオロギーべったりというのが、弁護士の限界でもあります。

    【2009/07/04 20:50】 URL | キラーカーン #2CAMKetk [ 編集]


    >キラーカーンさん
    本当にそうですねぇ。
    日教組大会の場合、ホテルが宿泊者に迷惑がかかるといって、断ってきましたが、今回、ホテルは非常に協力的だとか。

    市長が言論弾圧ですから・・・・・隣の市町村に住んでいるとはいえ、
    広島県人として、なんだかためいきがでます。

    弁護士界もマスコミも、黙っていますねぇ~
    【2009/07/04 21:51】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     死にたい人は戦力にならず、生き残りたい人が死んでいく。そんな戦争の矛盾を一般市民に適用すれば、非武装の「死ぬしかない」人々は予め敗北を前提する事になる。そんなふうに自己規定すれば、たぶん広島市長のメンタリティ=市民感覚は「応分に正しい」のでしょうな。
     だって初めから勝利や睥睨を度外視してるんだもん。戦争は負けるものだと初めから決め付けて、頭の中が原爆まみれになっている。脳味噌が日頃から夜な夜な核爆発してばかり居るんじゃ、コリャ話にならんわいなあ。平和は「均衡の持続」を意味するのに、均衡を崩そうとする動きにはひたすら「何者かへの服従」で乗り切ろうとするかの様な。それともなんだい、広島って所はそのうち奴隷都市宣言でもするつもりなのかい。
     田母神氏の云わんとするのは畢竟、「我々は核の奴隷ではない」って事でしょ。それに対して「ならアンタらは核の支配者になろうとでも?」と切り返すのが連中の常だった。支配と被支配の関係しか頭にない。不平等を当たり前と思っている。平等に渡り合おうとする気概なら、北朝鮮の方が遙かに多く持ってるよ。広島市長には「もっとマルクス主義を勉強したらいいのに」って皮肉を添えたくなる。

    (余談)
     私的な領分に重ね合わせると、「日録」での追悼稿は別の意味で有難かった。そこには火の様な持続があり、持続が継承を前提するかのごとく、各々の時間へと吸い込まれていく。そして「熾火と灰燼が紙一重」な事にも言外の視線は向けられているかの様な。火と灰色の関わりをどこかで中和しようとすれば、そんなふうに見えてくる。
    【2009/07/05 00:30】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    奴隷都市宣言ねぇ~確かに!

    そう、北朝鮮も、インドもパキスタンも・・・・みなバカじゃない。。。
    【2009/07/05 22:34】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    山陰最大発行部数を誇る山陰中央新報も批判してましたよ。
    友達がいて、島根講演の告知記事書いてもらうことになってますが、この分だとどうなることやら(汗
    【2009/07/06 17:24】 URL | 帝 #- [ 編集]


    >帝さん
    え?どっちをどう批判していたのですか?

    秋葉市長を批判していた?
    それとも、8・6田母神講演を?

    大丈夫、一般の人たちの方が、ずっと良識があります。
    むしろ有名になって、そっちでもお客さんが増えるかも!?
    【2009/07/06 17:47】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    閣下を批判されてました。
    あの新聞も竹島以外はおかしな記事書きますからねぇ・・・
    【2009/07/06 20:28】 URL | 帝 #- [ 編集]


    秋葉市長は日程の変更を要請しているだけです。お願いしているのです。
    どうしてそれが言論の弾圧になるのでしょうか?
    今回の流れを別の事件に例えてみます。

    昨年、秋葉原で無差別殺傷事件がありました。この事件の凶器となったダガーナイフはこの事件をきっかけに、規制されました。
    8・6に広島で核武装を肯定する講演会を行うということは、
    秋葉原事件の合同慰霊祭を行う隣でダガーナイフ所持肯定を訴える講演会を行うということと同じです。
    殺人被害の遺族の心情を思いやれば、とてもそんなことできないと思います。
    ダガーナイフを所持するべきだと考えていても、遺族が集まる慰霊祭の横でそれを言うのはやめておこう、と考えるのが、配慮というものではないでしょうか。
    デリカシーの問題だと思いますが。
    【2009/07/10 11:06】 URL | かおりん #- [ 編集]


    >ダガーナイフ所持肯定
    >デリカシーの問題
     それは違うと思います。その喩えで云うなら、秋葉原事件は北朝鮮シンパによる日本国内テロ事件の様なものか(これは架空の話)。どこにダガーナイフを持ったテロリストが潜んでいるか分からない。だから規制した。しかしその背後には北朝鮮からのミサイル等々、純然たる兵器が控えている。
     別の例を出しましょうか。9.11テロに用いられた航空機をダガーナイフに見立てるなら、米当局が航空管制に警戒網を張り巡らせるのは当然でしょう(これは現実の話)。そしてそれとは別に、アルカイダを壊滅させるべく米軍が派兵した筋書きになる。
     ダガーナイフは、それを使う者によって使い方が変わります。かおりん様が航空機レベルの話を核兵器レベルの話に見立てているのなら、核兵器の純然たる「兵器性」については如何にお考えでしょうか。核兵器は「純然たる兵器」であるがゆえに有効なのです。ダガーナイフのレベルではないがゆえに、却って同日講演が可能になるのです。
     ダガーナイフ規制の目的は兵器利用の抑止にありますが、その影響には懸念すべき要素があります。例えば牡蠣を剥く刃物は、その特徴がダガーナイフと共通しているため、十把一絡げの規制対象となりました。これは兵器利用が目的ではありません。だからこそ秋葉原事件の当日に所持肯定を訴える必要がない訳です。
     しかし純然たる兵器レベルは違います。純然たる兵器レベル同士だからこそ、ダガーナイフ規制とは別の領分を「9.11や8.6に隔離」する事が可能になるのではないでしょうか。そうした意味では、むしろ核拡散防止の本義に適う「デリカシーに溢れた」行動だと私は思いますけどね。核兵器を「核の平和利用」から隔離する事に異存はないでしょう?
    【2009/07/10 19:15】 URL | 苹 #SFo5/nok [ 編集]


    >かおりんさま
    書き込み有難うございます。

    二度と核を落とされる危険性を排除したい・・・・それが願いです。

    同じ願いですよね。
    そのアプローチにはいろいろあると思いますので、言論の自由の国では、何時、どこで、誰が、何を言っても、法律を犯さない限り許されるのですよ。
    日時を変えてくれ・・・という希望は確かにまだ命令ではありません。

    命令となったらこわいですね。

    市長には一般人と異なった権限があります。一般人がただお願いしているのとは構図が異なります。この言論の自由を侵しかけていること、お分りになりませんか?

    >苹さん
    私もかおりんさんの例えはちょっと違うと思います。
    【2009/07/10 23:32】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    今朝の中国新聞をみてびっくりしました。
    フタバ図書が田母神氏講演のチケット販売中止!
    ってことは、その類の本も全部販売しないのですかねえ。
    言論の自由もない広島って、ほんと異常な言論空間だと思います。
    フタバ図書利用するの、もうやめようっと。
    ついでに抗議もしなくちゃ。

    (もしかして、そっち系のかたから脅しがあったのかしら?)
    【2009/07/11 09:44】 URL | モモ #VrJkxBaE [ 編集]


    >モモさん
    コメント有難うございます。
    それについて、さっきエントリーあげました。

    私もフタバ図書よく利用していましたが、ちょっと抗議しておきます。
    【2009/07/11 10:01】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    と思って、電話かけたら、土曜日でお休みでしたorz
    【2009/07/11 10:25】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     田母神講演に興味のある方々に宛てて、別の角度からネタ投下(西田幾多郎ネタ↓)。~下記ブログ主の山崎行太郎氏は先年、パーティーか何かで西尾先生から「ブログ見てますよ」と云われて恐縮した話を書いてた人でやんす。
    http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20090722
     核保有の話とは無関係だから、そっちを期待する向き(広島系?)にはそぐわないんだろうけど、他の内容を受け止める上では大いに参考となる筈です。青空文庫で読む場合はこちらを参照(↓)。上記の毒蛇ブログ記事で興味を持った人は必見。
    http://www.aozora.gr.jp/cards/000182/files/3217_16430.html
     言い回しが難しくて取っつきにくいと感じる人には、取り敢えず二冊推薦して置きます。「世界新秩序の原理」に言及してるのは小坂国継『西田幾多郎の思想』(講談社学術文庫)。現代哲学の言い回しを交えた「左翼にも分かりやすい書き方」で踏み込むなら檜垣立哉『西田幾多郎の生命哲学』(講談社現代新書)。どちらも「西田哲学との距離」への自覚があるせいか、単なる「虎の巻」とはなっておりません。
     山崎氏の危惧と田母神氏の主張を受け止めるのは他ならぬ聴衆自身。広島講演まで残すところ半月を切った。ここは井戸端会議と美容院で培った地獄耳の正念場、根掘り葉掘り存分に聴いてこい!(…と応援してみる。)
    【2009/07/24 22:20】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    はいな~
    【2009/07/25 11:33】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/775-3da4afa2