奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • 旅行(08/18)
  • あべのハルカス(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (08/19)
  • あきんど (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    田母神氏の力(6)
    私には軍事的な階級の上下や、
    地位の凄さというものが実感としてないのだが、
    国際的な標準からいって、
    田母神氏のポストはとても高いものだったことが分る。

    本来なら昨年の八月には、
    もうひとつ上のポスト統合幕僚長にまで上り詰めるはずだったという。

    戦後民主主義教育の中で、
    なんでもかんでも平等と習ってきたが、
    やはり人間にはその仕事の位置によって、
    肩書きの持つ地位というものが付加される。
    つまり全ての人が同等であるということではない。

    その立場にまで上りつめるためには、
    それなりの努力、力量が必要だから、
    だからこそ、人はそういった立場の人を尊敬もするのだ。

    田母神氏の本を読んでいると、
    あるべき上司、あるべきリーダーの姿が浮かんでくる。
    こういう上司の下で働く部下は幸せだろうな・・・と思える。

    本当なら、大勢の人に、
    お見送りされて当然である人なのに、
    今日は私一人がホームでお送りしてきた。

    私は民間の女で、軍隊の経験もないけれど、
    田母神閣下に最後の挨拶をするとき、
    本当は気をつけして、敬礼がしたいくらいだった。


    今、敬礼!

    これから先も日本のリーダーでいてください。
    (ここのブログの話をしたけど、見てくださるだろうか???)
    スポンサーサイト

    【2009/06/21 11:07】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
    この記事に対するコメント

    はじめまして。
    昨日の講演会、私も参加させていただきました。
    このような貴重な機会を設けていただき。企画運営の皆様に感謝申し上げます。

    閣下には、本当に心から敬服いたします。
    私は男ですが、憧れであります。切磋琢磨して少しでも閣下のように・・・難しいけど
    頑張ろうというパワーは持ち続けたいと思います。

    >今日は私一人がホームでお送りしてきた
    羨ましいです。

    >田母神氏の本を読んでいると、
    >あるべき上司、あるべきリーダーの姿が浮かんでくる。
    >こういう上司の下で働く部下は幸せだろうな・・・と思える。
    同感です。私自信は年齢的に無理ですが、ゆるされることならば、
    閣下がその身を呈してこられた防人の道に、将来我が息子の命を
    お預けしても構わないとさえ思います。

    【2009/06/21 13:37】 URL | ouma #- [ 編集]

    父は全く評価しないですね
    (今回から、HNが少し変わりました、リンク先も変わっています、環境問題に興味のある方は覗いてみて下さい)

     同じ言葉の繰り返しだけれど、とにかく、「パイロット経験のない」人間が幕僚長になっていること自体、あり得ないということだそうです(アメリカ人の知人がそう言っているらしい)

     それと、田母神論文ですが、内容がちょっと古いとのこと。

     うーん、全て正しいとは言わないが、軍人としての矜持というものが感じられないのだろうか。
    【2009/06/21 15:03】 URL | 緑の保守派の尊野ジョーイ #r8.gCnUU [ 編集]


    >oumaさま
    書き込み有難うございました。
    そうですか、参加くださってのですか。
    有難うございます。

    はい、田母神閣下と秘書の方を独り占めしてしまったのであります~~

    >尊野ジョーイさん(長いから今までどおり書きますね)
    お父さんは強敵ですね。
    内容が古い?どこがかな?

    アメリカの知人がなんて言おうと、「そんなの、かんけいねぇ」ですね。
    【2009/06/21 16:58】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    奥様、こんにちは。
    講演会、本当にお疲れ様でした。おひとりでお見送りとは本当に羨ましい!
    私は東京在住ですが、昨年12月、田母神氏の講演会に参加しました。
    田母神氏は毅然とした中に、ユーモア精神を忘れない実に魅力的な方ですよね。
    田母神氏の著書をいくつか読みましたが、とにかく日本の国を愛する気持ちが半端じゃない。
    今の政治家ってほとんどが国賊じゃないですか(衆議員も参議院もクラスター爆弾廃棄に全会一致で承認しているところで、全員国賊認定です!)
    ああ、田母神氏のような方にこそ日本の総理大臣(少なくとも国防大臣)になっていただきたいと心から思ってしまいます。
    【2009/06/22 01:39】 URL | のん #- [ 編集]


    >のんさま
    コメント有難うございました。

    日本には本当のリーダーが不在であるとおっしゃられていました。
    中国にも毅然と物を言う。
    アメリカにも毅然と物を言う。
    実行してきた田母神氏しかいないではありませんか!

    本当の勇気がある人が必要ですね。
    【2009/06/22 08:59】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     田母神総理ってのは困るなあ。身動きが取れなくなって、「保守が保守を殺す」形になり、気運も萎む…てな意味の事を何年か前に云ってたのは誰でしたっけ。あと、もう一つのモデルが東条閣下(つまり戦犯モデル)。本人がどうであれ、たぶん周囲は重ねて見る(そうなる様に印象操作する)。政権運営に成功すればクーデター扱いだろうし、失敗すれば政権交代の起爆剤として逆手に取る。閣下達にケチをつける気はないけど、軍事的かつ戦略的な発想を国内に向けねばならぬだろうから…。
     毅然とした態度でギクシャクするのを恐れず…と書けば坦々塾ブログの受け売りになっちまうのか(汗)。そう云や『レコード芸術』七月号P.87に「82年のザビーネ・マイヤー問題でベルリン・フィルとの関係はぎくしゃくしましたが」云々と書いてあったっけ(カラヤンの話題…ちょっとしたキーワードに目が向くとついつい脱線)。

     ところで、坦々塾関係者の何割くらいが東京都在住なんだろ?~以下余談。三日前に届いた新聞から抜き出して、広島と東京を比較してみる。
    【専任/兼任/臨時/非常勤】→広島24/8/0/30、東京1/1/0/120
     言い換えるなら、広島では県立高校の書道教員62名中、非正規雇用が30名。そして東京では都立高校の書道教員122名中、非正規雇用が120名だそうな。因みに(青森と同じなら)臨時講師は正規雇用と同じフルタイム勤務で、非常勤講師は授業のある時だけ学校に来る筈。あとは部活動(サービス残業?)か。
     都教委方式を経済界が見習って本格導入したらどうなるかしら。一日に三、四時間働いて、その後二時間程度サービス残業するの。非常勤だから月給は十万円以下か(田舎なら五万円前後か)。んでもって、要免許労働者の九割以上がそうなるの。
    【2009/06/23 21:46】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    ケチつけてるっていうよりも、妄想ですなぁ~

    で、苹@泥酔さんは今は学校では教えていないのですか?

    保育園の保育士さんもパートだか、非常勤だかわからないけれど、超細切れの勤務体系ですよ。常勤を雇っていたら、赤字になるのでしょうね。
    【2009/06/23 22:06】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     妄想かあ~。そりゃそうですね。レッテルは普通そーゆーものでしょうから。「田母神は軍部を扇動し、戦争のできる国にしようとした未来の戦犯である」くらいの宣伝は立候補の時点ですぐに出回るでしょう。それを乗り越えて閣僚になるとしたら、それは日本国民の多くが惑わされて軍国主義を支持したからだ。そんな危ない国民は再占領で教育し直すのがよかろう。幸い日本の教育界には、英語中心主義の民主的かつ進歩的な教員が多い。教育界が日本の悪しき風潮を建て直すのだ…ってんで生徒の洗脳に取り組む訳だ。そう云や以前、職員室で同僚から「××さんに投票してくれ」と云われた事があったなあ。

     お尋ねの件は「然り」ですぅ。「基礎指導するな」と管理職から指導されたにもかかわらず基礎指導を強行してたら、次年度の高教研発表予定者に決まった半年後にはクビになっちまった。そこでこちとら、今は畑を移す事に。教育関連の話はネット上でしか展開して居りません。なんなら誰か、試しに無料で書道方面の添削とかしてみる?(これなら一発で言行不一致の程度が分かるよw)
     非常勤中心主義の体制を受け入れる場合、正規教員てぇのは身分を安全保障「しない」科目から「する」科目に下るか否かの「踏み絵」に合格した事を意味するんですな。だから例えば国語の採用試験を廃止しても他の教科~仮に英語で合格すれば、英語教員として採用された上で国語を担当する事ができる。なぜなら「国語教員は人材不足だから」。
     それと同じ事で、書道を他教科の観点から事実上「否定」して初めて書教育を担当する事ができる様になる。歴史教育もそう。青森の場合は高校の日本史と世界史の採試を統合しましたから、優先傾向をブラックボックス化した上で教員採用基準を内々に定める事ができる。そのブラックボックスが世界史側を基準とするなら、世界史の視点で日本史を見ない教員は採試段階で淘汰しても構わない(もちろん逆になる可能性もある)。つまり採用システムが中庸なら、その枠組みの中で思想的に偏向採用しても採用システム上の中庸性は保たれる。と云うのは、そもそも試験内容に判断材料が含まれていないからだ。
     非常勤で構わないって事は通常、採試自体がないって事です。筆記試験も実技試験もない。試験がないから「人材不足になる」ので、他教科の採試合格者の中から免許保持者を探すか、もしくは臨時免許を交付して人材の流動性を高める。これが全国的な傾向らしい(東京の場合はどうかな?)。
     誰だって無免許の保育士に自分の子供を預けたいとは思わないでしょう。でも学校の場合は畑違いの教員に他教科の免許を交付できますのでねぇ。~一つ想像してみてちょ。役所でずーっと経理担当してきた独身男が免許を交付されて保育士に転属させられるさまを。教育界は全国規模で、それと大差なきレッテル貼り=採試を続けているのでやんす。
    【2009/06/24 07:03】 URL | 苹 #SFo5/nok [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/768-cfb4ae41