奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • あべのハルカス(08/14)
  • あべよはるかす(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)
  • 碧野海子 (08/13)
  • あきんど (08/10)
  • あきんど (08/09)
  • 苹@泥酔 (08/09)
  • 奥様 (08/09)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    新型インフルエンザ
    ついに関東でも感染が確認された。

    時間の問題だとは思っていたが・・・・
    明日には中国地方や九州に拡大するだろうか。

    週末川崎の息子の学校に新幹線で行くけれど、
    自分が運び屋にならないとも限らない。

    とまぁ、いままでのインフルエンザもこんな風に、
    人から人へ感染していっているんだけれど、
    新しいやつだから足跡が・・・・たどれるような、たどれないような・・・・・

    弱毒性というところが唯一救いだけれど、
    憲法に「インフルエンザ禁止」と書いたらどうだろう・・・なんて。

    すべての人間が動かないわけにはいかないから、
    感染は広がり、そしていずれ免疫が出来る・・・という流れなんだろうか。
    スポンサーサイト

    【2009/05/20 23:57】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    この記事に対するコメント

    奥様、こんにちは。いつも拝見しています。

    憲法に「インフルエンザ禁止」と書いたらどうだろう…には笑いました。
    憲法9条信者はまさに、それを地でいく笑い者なわけですが。

    新型インフルエンザに関して、日本は騒ぎすきなんて言う人もいるわけですが、
    でも相手がわかならないだけに、とりあえず最大限の予防対策をとるのは政府として当然のこと。
    備えあれば憂いなし、というわけでしょう。

    これってまさに、国防にも同じことが言えますよね。
    最大限の予防対策をとることに、インフルエンザではこれだけ真剣に取り組むのに、
    なぜ国防となると、無防備で平気なんでしょうね。
    【2009/05/21 00:53】 URL | のん #- [ 編集]



      私はメディアが少し騒ぎすぎではないかな、と思います。
     
      メディア報道は政府にならって「水際阻止」とかなんとか、勇ましい言葉を言う割りには、もっとも肝心なことを語らないように思います。それはつまり、この病に罹患した場合の重症率、致死率はどれくらいか、ということです。

     数年前の統計ですが、たとえば結核は世界で依然として重大な伝染病で、結核による年間死者は大部分が途上国とはいえ120万人以上です。これは罹患者全体の5%以上の数字で、いくら治療薬剤があるとはいえ、罹患者の多さということ以上に、結核という病が感染すれば死に至りやすい病であるということを意味しています。この重症率・致死率の数字こそが、その病そのものの本当の怖さといえると思います。 

     あるいは数年前から実は人類は、有史以来数度目の新型コレラの流行期を迎えています。コレラの流行地域はアフリカの一地域に限定されていますが、新型コレラの死者は約3000人で、このコレラも、感染力とともに、致死率の非常に高い病です。結核といいコレラといい、人類がいまだに直面しているおそろしい伝染病で、その重症率・致死率は、今回のインフルエンザの比ではないと思います。インフルエンザでこんなに大騒ぎして、なぜメディアも政府も、結核やコレラを「過去」のものと勝手に烙印をおしているのか、私にはさっぱりわかりません。

     結核・新型コレラに比べて、新型インフルエンザの方が対策薬が不明だ、というイメージがありますけれど、副作用は強いとはいえ、タミフル・リレンザという対処薬が存在します。それに「完全に治癒する薬」ということなら、実は、インフルエンザを含めた「風邪」そのものに、究極的特効薬は科学的には存在せず、自然治癒力に頼らざるをえないというのが本当のところです。この世の風邪薬のほとんどがこの自然治癒力を高めるにすぎないものです。そんな実はおそろしい「風邪」の中で、インフルエンザに関しては、究極的とは言わないまでも、「そのもの」に効果があるタミフル・リレンザが存在する。国内にあるタミフル・リレンザの量は3000万人分から4000万人分くらいでやや不十分ですが、これも増産に努めていくことで解決できると思います。

     インフルエンザを「風邪」の概念に含めるかどうかについては争いがありますが、しかし、もし罹患した場合、自然治癒力に依存しなければならない面が大きいという面では、やはりインフルエンザも「風邪」だと私は思います。マスクなどで「感染しないようにする」ことも大切ですがしかし、もし感染した後に備えておけば、私は不安はずっと和らぐのではないか、と思います。ビタミンC、クエン酸、漢方の生姜エキス(葛根湯など)が他の風邪と同様、自然治癒力の向上維持に大きくかかわるので、これらを手元においておくことが必要だと思います。

     先週は水際作戦といったかと思うと今週はまったく違う対策を言うような政府ですから、突然明日になって「ビタミンCがいいでしょう」なんて言って、今度はマスクではなくビタミンCが売り切れ、なんていうこともありえますからね(笑)

     今度のことに関してはどうしても私はメディアも政府も信用できないので、国民がインフルエンザの本当の実体を知って対処するしかない、と思います。インフルエンザという「敵」そのものよりも、その敵に対処する私達自身の及び腰の方がはるかに「敵」ではないでしょうか。その及び腰を呼び込んでいるのはもちろん、メディアと政府に他なりません。
    【2009/05/21 01:21】 URL | N.W(うさねこ)  #- [ 編集]


    名古屋城、松山城、岩国城、旅行で立て続けに見て周り国防ならぬ
    敵の備えに様々な工夫がなされている様に感心して観てきましたが
    今の日本人にはない用心深さ、それって戦国時代だったから、、と済ませられる問題でもないですよね。
    憲法9条信者はまさに、それを地でいく笑い者なわけですが。
    とおんなじことが、井上ひさしさん、平和を愛するとか仰りながら、奥様への暴力が酷かったとか最近知りました。なんだかなぁぁ、、、
    広島、呉、音戸町、、沢山ドライブしてきましたが、音戸町の「たこめし」おいしかったぁぁ
    それと眺めが良かったですよ、ここから飛行場までのドライブも夢のようでした
    【2009/05/21 01:22】 URL | bunn #HfMzn2gY [ 編集]


    私も憲法に「インフルエンザ禁止」と書いたらどうだろうには思わずにやりと笑いました。
    すばらし表現です。少し騒ぎ過ぎの感じがします。
    それより先週土曜のNHKデモに参加した私には、1000人以上集まり、人間の鎖でNHK
    ビルを囲んでさえいるのに、全く放映されないのが本当に腹がたちます。
    【2009/05/21 08:27】 URL | えんだんじ #- [ 編集]


    >のんさま
    コメント有難うございました。

    いつも読んでくださっているそうで、嬉しいです。
    危機に対する備えという意味で、今回のことが教訓になるといいなと思います。

    >うさねこさん
    やはりうさねこさんは、そう来ましたか!
    国も結局危機なんて来ないと思っていたのではないでしょうか。でも、国民を守ることがその役割だと感じれば、一歩前進かもしれませんね。
    偶然でしょうか、私も昨日クエン酸とビタミンが入った飲み物を飲み始めましたよ。

    >bunnさま
    よいご旅行でしたか?今頃は・・・・なんて思っていました。
    山の上にある岩国城から見た錦帯橋、素晴らしかったでしょ?

    護りは生命の本能です。日本人はその本能を壊されていまに至っていますね。
    今回の件でそういったことに目覚めて欲しいものです。

    >えんだんじさま
    コメント有難うございます。
    どうでもよい記事をニュースにし、肝心なことは無視する・・・・大マスコミの罪がどんどん暴かれつつあると思います。組織が無理矢理行ったデモではなく、ある意味自然発生的に個人が集合して抗議した今回のNHKへのデモは、無視されたけれど、本当は大きなうねりの第一歩のような気がします。
    【2009/05/21 08:52】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/750-170a9718