奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • 旅行(08/18)
  • あべのハルカス(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (08/19)
  • あきんど (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    ネットサーフィン
    西尾先生がネットサーフィンなんていう言葉、使われるとは思わなかった。

    おそらく人から紹介されて、
    ご自分の書いた記事についての論評がネット上にあることを知り、
    アドレスを辿って、見に行かれたのだろう。

    私は二三日前から、朝からもやもや、ぷりぷりしていた。

    というのは、西尾先生への批判文を
    否応無く目にさせられたからだ。

    私は普通そういうのは、絶対に読みたくない。
    だから、あえて2チャンネルのそういった西尾批判のスレッドや、
    西尾批判をしているだろうと思われるサイトには近づかない。

    「マンセー」だって言われたっていい、批判は読みたくない。

    まるで、自分への攻撃にように感じるから気分が悪くなるのだ。
    (こういうのをダチョウの平和っていうのかな・・・と思うけど)

    つくづく、評論家という商売は大変だなと思う。
    人を批評したり、物事を論評したりするから、
    自ずとそれに反対する意見の人からは逆に批評される。
    いつもぶつかり合い。
    人が文句の言えない領域のことにだけかまっていればいいようなものの、
    西尾先生は敢えて摩擦を呼ぶような論文をお書きになるから、
    誰かにいつも批判されたししている。

    まぁ、ご自分が選んだ仕事なんだから、しょうがないか。

    それにしても、今や床屋談議そのものが、
    玄人の評論家の目にまで届き、
    蠅たたき?のように、それらにまで気持ちを揺らされるなんて時代。


    スポンサーサイト

    【2009/03/11 15:27】 日録裏話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(13)
    この記事に対するコメント


    「批判」と「悪口」はまったく違うんですね。いつのまにかそうなってしまったんですが、日本の言論界にあるのは「悪口」ばかりで、「悪口」というのは、その時点でそれ自体が結論的出口で、もうそこから先に進まないんですね。

      比べて「批判」というのは、相手の言葉の世界に対する愛情その他の相互承認が前提になっている対話の世界ですね。西尾先生のニーチェ論にもありますが、愛情のない批判なんか、いくらやっても言葉の浪費にしかすぎない。これはどんな世界でも同じだと思います。戦後教育はとにかく「結論を急ぐ」ということで、実は「悪口」を助長し、粘り強い批判や対話を破壊してきましたからね。

     遅ればせながら、数日前にようやく「諸君!」の西尾・秦論争を読んでみました。お二人はすごく対立しているように読めるし、実際、そうなんですが、しかし両者とも対話に必要な相互承認というものがあって、とても有益な批判の応酬になっているんですね。西尾先生はインターネット日録で秦さんのことを、保阪正康さんや半藤一利さんたちよりずっと認めている、といわれていましたが、本当にそうだと感じました。

     ただ、そういうことを中立的に私が言っているだけでは、読者としてやはり欺瞞的なことで、はっきりいいますと、私はやはり秦さんの立場は採用できないですね。

     お二人が一番鮮明にその対立点を明確にしているのは、西尾先生が、「史実を確認することはまだ歴史じゃない」「厳密には史実の認定なんてできない」といい、歴史の本質というものは物語であり神話である、と言われたことに対して、秦さんが猛然と反撃して、「私達専門家の領域を侵犯しないでください」というところ、やはりここになったなあ、と思いました。

      「認識される対象の意味が固定的でない」こと、つまり事実というものの意味が絶えず変化する、ということは、(とりわけ近代以降の)哲学理論や社会思想史ではある意味普遍的な前提で、ニーチェはもちろんのこと、メルロ・ポンティのような社会的には左翼的立場を採用した哲学者も繰り返しいっているし、読み手と文字の間の間に絶えず「意味のズレ」が生じていくことが「意味」である、といってポストモダニズム思潮の旗手だったデリダも、こういう思考を前提としています。こうした事実認識は歴史的問題にもまったく同じだ、というのが西尾先生の立場だと思われます。

     たとえば、コロンブスの北米大陸到着も、ジンギスカンの大陸制覇も、当時そのものの状況に近づけば近づくほど、個人や民族のエゴイズムに無限に近づいていきます。コロンブスなんてただの山師だったと思います。しかし今では、両者の行為は東西文明の出会いという「別な意味」を与えられている。こういうふうに「史実は絶えず変化する」のです。同じことは日本と中国やアメリカの戦争についてもあてはまるはずなのです。しかし秦さんはそれをまったく認めようとしない。秦さんは徹底徹尾、「事実」の意味を単一なものの方向性へと固定し、その「事実」そのもの集積の先に見出せる大きなものがある、というある意味で非常に古典的な(といっても「近代古典的」な)観方に固定するという職業意識から故意に離れないんですね。

     だから、西尾先生のいろんな「事実の読みかえ」の可能性の指摘、つまりコロンブスやジンギスカンの例のようなことの指摘が、「正しい意味」をもっていると信じている秦さんからすると全部、陰謀史観にみえてしまうのです。そして、暗に、西尾先生に対して、「それはヨーロッパ哲学の専門家の西尾先生の意見でしょう」といいたげです。昭和史の歴史的事実の解釈については、お二人の応酬にあるように、それぞれいろんな捉え方ができるでしょうし、秦さんの事実認定のすべてがおかしいわけではないし、西尾先生の事実認定に対しても反論の余地がありうると思います。しかし、そんなことは本当はどうでもいいのではないでしょうか。もっとも大切なことは「歴史に対しての態度」ということで、その根源に触れあったとき、秦さんは「専門家」という「籠城戦」に後退し、西尾先生の攻勢の継続で対談は終わっている、といえます。

      しかし、この「歴史に対しての態度」という根源の触れあいに至っただけでも、他の悪口の言い合いだけの凡庸な対談とまったく違う、強い有意義があったと考えるべきでしょう。それは西尾先生と秦さんが、お互いに和して同ぜずの相互承認で認めあっているからこそ可能だったもの、と思います。

     西尾先生も言われていますけど、こういう秦さんのスタイルだからこそ可能だった秦さんの業績や存在感というものもあるということは公平にみなければならないと思います。最近も秦さんの旧制高校についての著作を読みましたが、秦さんらしく、本当によく調べて書かれた貴重な研究書でした。しかしそういう秦さんらしさが発揮されるのは、この旧制高校の書にあるように、資料と著者の関係が「安定」している場合に限られれるわけですね。

     長文失礼いたしました(汗)
    【2009/03/11 19:04】 URL | N.W(うさねこ)  #- [ 編集]


     グーグルの画面中央に「西尾幹二」と入力。下に出てくる候補一覧を閉じ、画面左上の「その他」をクリックすると出てくるメニューから「ブログ」を選択。~あたしゃ最近そうして居まして、これで初めて青木直人ブログの存在を知りますた。
     たまにゴチャゴチャ非表示コメントしてる苹でござんす。時には失礼な事も書いてますけど(汗)、その手のは予め奥様フィルターで弾かれてるのかしら。「マンセー人格」は奥様の価値判断だから自由だけど、月並みの「イエスマン人格」の方は上司にマイナス情報を上げなくなるからなあ…。
     今日の「日録」を私なりに言い換えると、冒頭の指摘にある無難路線は「マスコミのイエスマン化」と隣接する筈。別の言い回しなら八方美人か。そう云や今日は潮先生が一つ書いてましたっけ(↓)。
    http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090311/acd0903110808002-n1.htm
     『諸君!』四月号P.90下段を念頭に置きながら産経記事(↓)を読むとまた別の感慨が。間接的には秦先生への駁論になりそうでもあり、勉強になりました。
    http://sankei.jp.msn.com/life/education/090308/edc0903080334000-n1.htm

    (追記)
     うさねこ様が読んだのは秦郁彦『旧制高校物語』(文春新書)かしら。この本、私にとっては必携書の一つです。もっと詳しいのが出てるなら読んでみたいなあ。ちょうど佐藤道信『〈日本美術〉誕生』(講談社選書メチエ)と同『明治国家と近代美術』(吉川弘文館)の関係みたいに。
    【2009/03/11 19:49】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >うさねこさん
    そうそう、悪口だけのものが多くって、いやになっちゃいます。

    あれは批判じゃなくて、悪口ですよね。
    いじわるですよね。

    >苹@泥酔さん
    本当に西尾先生に届けたい文章なら、非表示にしないでね。
    【2009/03/11 21:33】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >芋@泥酔さん

     そうですね、「旧制高校物語」(文春新書)です。本当によくこれだけの資料と情報を集められたものだなあ、と感心しました。秦さんはやはり資料・情報ということのプロフェショナルなんですね。

     でも資料と情報だけでは、「歴史」そのもののダイナミズムに決して近づくことはできないし、やはり秦さん自身の「歴史家」としての専門家意識というのは勘違いがあるんじゃないでしょうかね。

     


    【2009/03/11 22:03】 URL | N.W(うさねこ)  #- [ 編集]

    応援団
    もやもや、ぷりぷりしていた。

    奥様らしくないですよ、、、、
    でも、その気持ちわかります。

    私だって、そういう状況に置かれたら怒り狂いますもの

    でも、いずれ本物はどちらかが判明しますよ
    今の時代、本物しか生き残れないのではありませんか??

    私の知り合いは、皆さん西尾さんを応援しておられますから、、
    【2009/03/11 23:14】 URL | bunn #HfMzn2gY [ 編集]


     なんか奥様は非表示にして欲しくない様だけど、こんな長文をそのまま出してもいいのかなあ…(↓)。これまでは「長文では傍迷惑かも知れないから非表示」って感覚でござんした。なんなら西尾先生に届けられるレベルになるのを目指して推敲と追記を繰り返し、結果的にはもっと長くなってもいい?(諒解が取れ次第そうしまっせ♪)
    http://otd2.jbbs.livedoor.jp/231124/bbs_tree?base=7325&range=1

     うさねこ様のは…やはりそうでしたか。今回の件に関する私の感想は上記リンク板に転載して置きました(何かと便利な掲示板なんで…汗)。コメント欄へのカキコとしては長過ぎると思うけど、傍目にはどう映るのかなあ。
     あと、私のHNは「芋」でなく「草冠に平」でやんす。「萍」から三水を抜いた形。
    【2009/03/11 23:41】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


     >苹@泥酔さん 

     あわわ、失礼しました。寝呆けていて、ものすごい失礼な間違い(汗)以後注意いたします。
    【2009/03/12 00:30】 URL | N.W(うさねこ) #- [ 編集]


    >bunnさま
    はい、そうでしたね。ぷりぷりしちゃだめですね。

    bunnさまの知り合いは西尾先生応援と聞いて、ほっとしました。

    >苹@泥酔さん
    長文になってもいいですよぉ~

    【2009/03/12 09:20】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     西尾先生、ネット、のぞいてるんですね。ぼくと同じで老眼鏡をかけているのかなあ。日録の更新、ご苦労様です。
    【2009/03/12 12:22】 URL | つき指の読書日記by大月清司 #- [ 編集]


    >つき指の読書日記さま
    私は老眼鏡は持っていませんよ。へへ
    【2009/03/12 16:31】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     「芋」を失礼と思った事は一度もありません。念のため前例(↓)。
    http://otd2.jbbs.livedoor.jp/231124/bbs_plain?base=3291&range=1
    (久々に読み返すと懐かしい…てな訳で以下余談)
     …そう云や、移転前の「日録」ではコメント欄が賑わってましたなあ。あの頃の方々は今どうしてるんだろ。コメントの際に書き込まれたメアドが活用されてたのなら、「日録」コメント欄の寂れてる理由が納得できるんだけど(現に本文で紹介されてる読者感想は電子メールのが多い様だし)。
     基本は掲示板やコメント欄が公開で、電子メールが非公開。その中間が非表示。そして此処は奥様ブログ。嘗ては奥様がせっせと「日録」コメント欄を手入れしてましたっけ。本来あっちに書くべきなのは分かってるけど、先生側にしてみれば一方的に感想を押し付けられるのも困る筈。それが今では「バチが当る」とまでお書きになる。これって、もしかしたら驚くべき事なのかも?(日録感想板時代と比べれば別人みたい?)
     ところで当方、昨年は支援板にて社中と稽古の関係、人材派遣業の教育界参入などに言及してましたが、今年は組合活動と社中の共通点について考えとかないと。この点を詰めないと日教組批判に関する見解がブレるし、そもそも私に何か云えるかどうか自体が怪しいし。「なんとなく批判」の危うさは教育委員経験者の奥様がよく御存知の筈ですからね。そうした意味でも奥様ブログは好都合な筈なんだけど…ま、いいか。
     どっちみち拙稿は長文になります。ただ、四年を経ても殆ど深化していないのが痛い。組合活動の排他性に土着的伝統の影を感じると、益々『江戸のダイナミズム』続刊が待たれる。~多くの人が社中という近代的方便を無視して流派意識に還元するのも「無知ゆえ」ではない筈。日本では支那の「幇」に匹敵する社会維持システムが江戸時代に発達していた様だし、後はそれを西洋の型に見立ててイデオロギーを組み込むか、もしくは型自体を西洋のイデオロギーに見立てて文化障壁の変質を目論むか、或いはそれ以外か。…この点に深入りすると「日本人のタブー」に抵触する様な気がする。
     加藤茶の「チョットだけよ♪」は、日本民族が歴史的に培った深層意識をくすぐる名文句かも(寅さん映画の「それを云っちゃあオシマイよ」に匹敵?)。

    (追記)
     今日の「日録」を読んだ。「食人」ネタは岡田英弘『中国意外史』(新書館)が面白かった。この本を買ったのは「つくる会」の存在を知る前。「路の会」のはインターネット放送もあるそうだけど、あたしゃISDN環境だからなあ…orz
    【2009/03/13 00:05】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    お久しぶりです。
    介護の時間が…ロスタイムも終了したのでネットに復帰しました。

    さてさて、いま引き出しを開けたらこんなエピソードが入ってました。
    脚本家の伊丹万作(伊丹十三のお父さん)が病床に臥せっていたとき、弟子の橋本忍が見舞いに来て、いま観てきたばかりの映画の話をしたそうです。
    「あの場面はセリフがダメです」「あそこはカメラアングルが…」「ストーリーも下手くそで…」。
    すると、黙って聞いていた伊丹万作がポツリとひとこと。

    『人間、批評する力は創作する力の100倍はある。そのことを忘れるな』

    他人の書いたものを肴にあれこれ言い合うとき、私はちょっぴりこの言葉を思い出します。
    自戒を込めて。。。
    【2009/03/13 19:55】 URL | セロー #- [ 編集]


    >セローさん
    お帰りなさい。

    お疲れさまでしたね。

    批評について、いい引き出しの中身、見せてもらいました。
    【2009/03/15 20:11】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/710-2978ea9c