奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • 旅行(08/18)
  • あべのハルカス(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (08/20)
  • 苹@泥酔 (08/19)
  • あきんど (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • あきんど (08/15)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    組織と個人
    つくる会や、例の国民運動とやらを主催?している団体やら、
    そういった「会」について、ちょっと考えてみた。


    なんの儲けもない、ボランティアの団体に所属しているとして、
    その団体に加入すること自体まず自由であり、
    脱退することも自由である。

    だから、そういった団体がどんなに組織だからと言っても、
    その組織のトップから個人が何かを指図されることなんてありはしない。

    もちろん、その組織に良かれと思って行動することはあっても、
    邪魔立てしようと考えることはない。
    もしそうなら、会費なんて払わなければいいだけのこと。
    個人の言論や行動の自由は、
    組織に加入しているからといって、
    よほどではない限り、制限されるべきではないと思っている。

    世の中はインターネット時代で、
    どんな弱小?の個人でも、発信する手段を持ち、
    自己主張を記録することが出来る。

    もちろん、超辺鄙なところにあるブログやホームページなどは、
    どんなに発表したところで、ほとんど誰も見ていないから、
    発信しているという事実はあっても、広がりは期待できない。
    で、そういったブログでの発信も
    組織に加入していても、自由であるべきだと思っている。

    教科書の方じゃないんだけれど、
    ある会は国民運動という大それたもののようで、
    でも、なんだか、組織のための組織のような気がしはじめた。

    教科書の方なら、目的がはっきりしていて、
    それも具体的で、一つだから、
    やることも絞られてくるんだけれど、
    そうじゃない・・・・漠然とした目的の会であるなら、
    どうも、組織を継続させるためが目的のようになってしまいがちである。


    それって、健全じゃないような気がする。

    よく、組織のためには、
    戦略的に一つの統制の取れた動きをすべきだなんていわれるけれど、
    そういう誰かの意思で動くってことはごまかしで、
    じわじわと個人がその気になっていくことでしか、
    本当の行動はないと思うんだけれど。。。
    スポンサーサイト

    【2009/02/26 22:32】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    この記事に対するコメント

    自発的な国民運動的組織で注意しなければならないことは、「何かやったような気になってしまう」ことではないかな、と思います。

     かつての日本の武家集団みたいな共同体では、組織があることと個人があることが宗教的なくらい、完全に一致しています。だから組織がなくなればそれは個人の死や個人の存在の生まれ変わりを意味する。あるいは競争のはげしい政治結社や企業法人のような機能的組織では、個人も組織も完全に機能化されていて、やはり個人の存在と組織の存在は緊迫して結びついています。

     国民運動的な組織というのは、共同体的組織でも機能的組織でもないわけです。ある意味で「組織」という個人を超えたものは存在しないといえます。現実的・精神的目的をもった個人が単に「集まる」というものだけだ、と考えてよいと思います。その都度、形成されて、いったん解消され、また形成される、個人どうしの盟約関係みたいなものかもしれません。しかしそういう運動的組織は、「組織」ではないからこそ、個人の言葉や思想を遠慮なく発揮できて、高い可能性をもっているともいえるのではないでしょうか。それってとても爽快なことだと思います。比べて、共同体的組織や機能的組織では、個人を超えた組織に個人が制約されるのは当然とされまね。

      組織なき組織である運動的組織で、一見すると組織的に何かスローガン的なことをやったりするうち、「組織」が何か共同体的組織や機能的組織だというふうに勘違いするようなことが起きてしまう。ついには、集うだけで、何かやったような気になってしまうんですね。本当は個人として何をやったか、ということしかないし、本当は奥様がおっしゃるように、自発的なやる気、しか本当の行動にはならないと思います。ですから組織戦略なんて無縁に決まっているのに、そういうものを持ち込んで、なんだか組織があるような「気になってしまう」んですね。

     司馬遼太郎さんや半藤一利さんみたいなビジネス文明的知識人はよく、現代の会社を戦国武将になぞらえる通俗的な組織論を書いて売れますけど、本来、共同体組織と機能的組織は組織の意味がまったく違うんですから、こういう組織論はおかしいのですね。「組織」だからどんな組織も根本は共通だ、と勝手に思い込んでいるわけです。しかし同じ通俗性が、組織なき組織である運動組織で、組織論を言っている人達にもあてはまると思います。
    【2009/02/27 17:37】 URL | N.W(うさねこ)  #- [ 編集]


    >うさねこさん
    う~~~ん、いつも深いですねぇ。

    組織にもいろいろあるのに、つい一つだけ思い描くからおかしなことになるのかもしれませんね。

    国民運動としての組織は、おっしゃるように必要がある度に結成され、実現したら解散し・・・というのがいいかもしれませんね。

    目標が漠然としたたとえば「美しい日本をつくる」なんてものだったら、
    組織を維持するための組織に変容していってしまいます。。。
    【2009/02/27 22:42】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/703-e61d229a