奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • 旅行(08/18)
  • あべのハルカス(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (08/20)
  • 苹@泥酔 (08/19)
  • あきんど (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • あきんど (08/15)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    西尾先生姫路講演会について
     以下の文章は姫路で行われた西尾先生の講演についてのまとめです。
    ご了解を得て、転載します。

    昨日、姫路で行われた西尾幹二先生の講演を聞きに参りました。自民党総裁選を翌日に控え、生々しい話をされました。

    民主党に政権を渡せば国が亡びるこれだけの理由
     
    西尾幹二氏特別講演 要旨
    『国家中枢の埋没』
     -東アジア危機・国家観のない小沢一郎・外国人参政権と移民問題
     平成20年9月21日
     イーグレ姫路3階あいめっせホール
     主催 自民党兵庫県第11選挙区支部(支部長衆議院議員 戸井田とおる)

     (アメリカ帝国の崩壊) 
     今、100年に一回の大ドラマが展開されている。サブプライム問題に関連してリーマン・ブラザースの破綻など、今、アメリカ帝国は音を立てて崩壊している。数年後は米ドルは紙切れになる。では、中国はというと、バブル経済の破綻、経済格差による民衆の暴動でこの国の崩壊も近い。
     
     日本は、強力なリーダーのもとで国民が自信を持って立ち向かえば、今、世界で一番底力のある国は日本だから、世界を救う国となる。
     
     (麻生首相は政権を投げ出すな) 
     この非常時に、麻生氏は、来年9月の任期満了まで、石にかじり付いても解散してはならない。もし、次選挙で民主党が政権をとれば、日本破滅となる。
     
     民主党小沢一郎代表の国家観、国家主権意識、領土観がない。国連至上信仰は必ず国を亡ぼす。
     
     (国家滅亡への道、民主党の危ない政策)
     ①過度な国連信仰
      テロ特措法に反対だが、国連軍なら戦闘地域に自衛隊員を派遣すると言っている。武器使用基準で縛られている隊員をアフガンなど危険な戦闘地域に派遣できるのか。
     小沢氏は、国の安全を国連に委ねると言っている。わが国の南方諸島を中国から侵攻された際、わが国が安保理に訴えても、安保理の一員の中国が拒否権を発動するのは明らかだ。
     
     ②地方議会への外国人参政権付与
     小沢氏が熱心な地方議会に対する外国人参政権付与問題は自民党内の安倍、麻生氏ら保守系議員の反対で国会上程を阻止してきたが、民主党が政権を握れば民主党が国会に上程、公明党と自民党一部の賛同で一挙に成立する。その後に起こることは、対馬への韓国人、沖縄の離島への中国人の住民票移動によって、わが国の地方自治体の一部が敵性外国人によって実質的に支配されることになる。
     
     ③外国人移民一千万人計画
     自民党元幹事長中川秀直氏らの主張する移民一千万人計画は元々は民主党松本剛明氏らの一千万人移民構想が下敷としたものだ。
     少子化による国力の衰退、労働力不足を外国人労働者によって充足しようとするもので、財界一部の支持もある。民主党が政権を取れば、外国人参政権付与問題同様、一挙に可決される危険性が高い。
     そうなると、すでに、池袋で進んでいる中国人街計画が日本中に広がり、日本の底辺で行われている、フイリッピン人、ヴェトナム人との抗争が激化し、その牙が日本人に向けられる可能性が高い。
     日本は大和の国だから、外国人も文化も容易に同化できるというデマに騙されてはいけない。人口の1割近くも外国人を入れたらどうなるか。
     移民問題で内乱頻発のオランダの過ちを繰り返してはならない。
     
     ④沖縄を中国に売り渡す民主党沖縄ビジョン
     日本からの自立独立、香港のような「一国二制度」、中国語を始めとする外国語教育、地域通貨の発行、本土との時差、東アジアのエネルギーセンター構想など正気とは思えない沖縄を中国に切り渡す民主党の文字通り売国ビジョン。
     

     以上、どうしても自民党に勝って貰わなければならない。今、勝てないならぎりぎり任期一杯政権を保持し、その間得点を挙げて国民の支持を得るべきだと語っています。

     同感です。

    スポンサーサイト

    【2008/09/22 23:51】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(12)
    この記事に対するコメント

    これは政治論から離れてしまう暢気な人間観察論といわれるかもしれませんが、小沢一郎さんという人は、本当に不思議な人だと思いますね。

      政争なり政界改変に関して、小沢さんはまったくといっていいほど成功をおさめてきませんでした。「最多敗記録」保持者といっていいのですが、しかし彼はいつもいつも必ず一定数の勢力をその都度確保する。ふつうはこんだけ失敗を続ければ、信用失墜して政治家として没落してしまうんですけどね。もちろん、田中角栄あたりから習得した巧妙な政治技術をもっているからでしょうが、でもそれとは別に、近くにいると、なぜかついていってしまう不思議な人間的魔力が小沢さんという人にはあるんではないでしょうか。

     左右の政治思想とはかかわりなく、小沢さんみたいな人こそが、人間として「革命家」のタイプなんではないか、と思います。西尾先生が言われるように、小沢さんは「ぶっこわす」ことしか目的にない人です。小沢さんの主張の魅力とは実は革命家が考える夢想的な破壊に他ならず、彼の改革は本当は「破壊」なんでしょうね。だから、彼についていく人間として、失敗そのものは関係ないわけです。レーニンなんていう人も失敗すればするほど、人間的魔力が増していって、そして支持者も離れなかったんですね。このタイプの「革命家」は日本史ではたいへん稀な存在で、ゆえに小沢さんは実に不思議な人だと私は思いますね。

     もちろん現実論として、西尾先生が言われるように、こんな「革命家」に政権を渡したら、日本が破滅的状態になってしまう、ということは言うまでもありません。
    【2008/09/23 01:39】 URL | N.W(うさねこ) #- [ 編集]


    >うさねこさん
    本当にそうですね。そういうちゃぶ台をひっくり返したい衝動は誰にでもありますし、革命の魅力もそういうものなんでしょう。人間の人をひきつける魅力って、どこからくるのでしょう。人の深層心理に呼びかける力なんでしょうか。

    壊さなくちゃ、新しく作れない・・・・といいますが、それって家を建て替えることに喩えているからそれらしく聞こえますが、そこにごまかしがあるような気がします。みんなそれに惑わされているようにも思いますね。
    【2008/09/23 09:55】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2008/09/23 21:02】 | # [ 編集]

    売国政党寄りが2名!危険分子!?
    初めまして・・・
    公儀隠密の柳生です。
     
    中国に行って胡錦濤にペコペコしてきただけの小沢民主党が政権に着けば日本が亡ぼされるのは同感ですが
    あなたがリンクされているblogにも熱烈な民主党支持者が2名居ますよ。
    ・・・と言うか
    「反自民党主義者」が・・・
    【2008/09/26 22:49】 URL | 柳生昴 #Umrgomz2 [ 編集]


    >柳生昴さま
    そうなんですか、反自民党主義者?
    リンク先をいつも丁寧に見ているわけではありませんので・・・・・。

    今日、週刊朝日を見たら、小沢さんの顔が全面に出ていました。
    あまりにあからさまですが、きっと逆効果だと思いました。
    ・・・・・・・・・怖すぎ~~~
    でも本当はぺこぺこ・・・なんですよね。

    【2008/09/27 22:47】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2008/09/28 23:56】 | # [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2008/10/01 02:37】 | # [ 編集]

    腐敗官僚は国家の寄生虫!
    奥様は穏やかな良い方なのでしょう。
    しかし私は
    「三輪のレッドアラート」の三輪耀山氏と
    「歴史と日本人」の耕さんとは
    非常に仲が悪いのです。
    特に三輪氏は日本で2番目に汚い言葉を使うbloggerです。
    奥様には似合いません。
    私は両人にコメント欄を開けていますが
    両人の方は私をアク禁にしています。
    私は公明正大ですが
    あの2人は偏屈で不公平な心の持ち主です。
     
    私が
    「税金をチョロまかした公務員を非難する記事」を書くと
    彼らは
    「公務員叩きをするな!」
    と言います。
    奥様も
    「税金泥棒を擁護」する三輪氏と耕さんとは付き合わない方が賢明ですよ。
    【2008/10/02 14:12】 URL | 柳生昴 #Umrgomz2 [ 編集]


    >柳生昴さま

    三輪さんのところ、二年くらい、見に行ったことがなかったのですが、麻生さんのことを悪く言っていたので、仰せのとおり、リンクはずしました。

    小泉反対で一時意見が一致していました。
    【2008/10/02 22:31】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    公社時代・郵便事業は年間500億円の赤字だった!
    奥様
    ありがとうございました。
    あなたも公正な方です。
     
    麻生首相は
    自派が20人しかいないので限界があります。
    100点満点はなかなか居ませんよ。
    しかし麻生首相は「大東亜戦争」と言ったり
    閣僚のほとんどが国旗に向かって礼を行っています。福田内閣のときはあきれたことに1人だけでした。
    福田や谷垣・山拓などよりは数段上ですよ。
     
    郵政民営化で小泉将軍さまが嫌いなのですか?
    しかし郵便事業・郵貯・簡保3つ全部やっているのは郵政公社時代の日本だけですよ!?
    アメリカは郵貯・簡保はやっていません。
    オランダやドイツは完全民営です。
    英国は官営ですが100%政府出資の株式会社です。
    中国は官営ですが新聞の販売所を兼ねているところもあります。
    【2008/10/03 00:04】 URL | 柳生昴 #Umrgomz2 [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2008/10/03 00:49】 | # [ 編集]


    >柳生昴さん
    はい、小泉さんは余り好きではありません。

    【2008/10/03 10:30】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/625-f0af76af