奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • 旅行(08/18)
  • あべのハルカス(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (08/19)
  • あきんど (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    何か変
    沖縄検定問題についてです。

    おとといの中国新聞では、「軍命令」容認・・・とかなんとか、だったのに、今日は以下のような情報がある。
    こういう浪漫人日記というブログもあるし・・・・。

    ■検定審議会が訂正申請内容修正を伝達

     本日早朝のNHKニュースによれば、例の沖縄戦集団自決を巡る訂正申請で「軍命令による沖縄住民に対する自決の強制」が教科書記述になる可能性があったのが、既に教科書検定審議会から文科省を通じて各教科書会社に対して、軍命令を示す資料は一つも見当たらなかったとして、訂正申請の内容を修正する旨の伝達をしていることが明らかとなったという。




    本当はどっち?
    スポンサーサイト

    【2007/12/07 21:42】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    この記事に対するコメント


      先日、左翼的気風の知己から「沖縄の軍命令のこと、おまえはどうしてそんなに日本軍の肩をもつのだ?そんなに軍隊が好きなのか?」と電話がかかってきました。
     ああ、まだこんな幼児的な見解が世に蔓延っている・・・別に「肩をもつ」とかどうとかということが問題ではないんですよね。私のようなノロマでグウタラは、たぶん軍に入隊したらあんまりいいことはなかったでしょう。だけど「歴史」を客観的に議論するということは、そんな個人的な感情を乗り越えたことでなければならないんですよね。
     私は単純な親米派ではありません。けれど、ブッシュ元大統領(父親の方)が、戦時中、フィリピンで日本軍の捕虜になったとき、相当ひどい目に遭わされた。しかしブッシュ氏の歴史認識や政治論に個人的体験が幼稚に反映していたとは思えません。当たり前のことで、自分の経験、あるいは経験する可能性をその場だけで絶対化したら、背後のことが少しも見えてこない。まして歴史なんかわかならないし政治もおこなえない。「謝って済むなら警察はいらない」という俗語をもじっていえば「好き嫌いで済むなら歴史や政治はいらない」なんていう俗語もいえると思います。韓国や中国の歴史認識や政治性がアメリカに比べて果てしなく幼児的なのは、ブッシュ氏のようなスタイルがぜんぜん確立していないから、といえるでしょう。
      沖縄戦で陸軍がところどころで立派といえない行動をしたのは事実ですが、そのことと自決「命令」を出すということまで低落していたかどうかはぜんぜん別の問題です。曽野綾子さんはじめ命令否定説の方が陸軍の実態を卒直に認めていて「好き嫌い」の感情論から距離を置いている。一方の大江健三郎氏をはじめとする命令説の情緒性はどうもおかしい。歴史に向き合っているとはいえないと思います。これだけのことでも命令否定説の方が妥当性をもっているといえるでしょう。
      大体、「命令」にこだわるのなら、沖縄戦終了後、捕虜収容所の待遇が極めて悪く、多くの民間人が病死したことや、また沖縄戦開始前に本土への民間人疎開船を撃沈した連合軍の不法行為に連合軍内部でどんな「命令」があったかどうかは問題にならないのでしょうか?
    【2007/12/08 17:18】 URL | うさねこ #- [ 編集]


    >うさねこさん
    うんうん、そうですよねぇ~
    歴史は事実の積み重ねですよね。

    それでも、細かい部分にばかり焦点をあてていると、全体の色合い?が見えてこないので、積み重ね方に感情を交えないことも大切。

    部分部分は事実でも、大きな事実をわざと無視して、小さい事実だけを大きく扱うとこれまた変なことになります。


    東中野先生も確かそういう、感情をおいておいて、事実をこつこつと丁寧に拾いあげた研究をされていますね。

    ところで、友人にはなんて返事したのですか?

    【2007/12/08 22:22】 URL | 奥様 #- [ 編集]


      
       「貴方こそ、どっかの肩をもっているんだったら、それをはっきり言ってから、私を非難するお話をはじめてくださいね」と言ったら、黙りこんでしまいました。そこで「アジア」とか「平和憲法」とか言わないだけ、まだしも困った人物ではないんです。
        私の周囲の交友は左右いろんな思想の人間が入り乱れていて、私が議論をしてやりこめては、後日また私にやってくる、なんていうことを楽しんでいます(笑)私の人間のタイプは論壇的でなくて文壇的なのかもしれませんね(笑)
        東中野先生は本当に学究肌な方ですよね。東中野先生はもともと東欧旧共産圏の秘密警察制度の研究で学者の地位を築かれたのですから、南京問題には関係がなかったわけです。だからこそ客観的な疑問と探求心をもっているといえるでしょう。誰の「肩をもつ」こともしないことが、東中野先生の南京問題の出発点です。だから中国政府から弾劾され入国禁止にされてもビクともしない。本物の学者肌というのはそういうものだと私は思います。
    【2007/12/09 00:04】 URL | うさねこ #- [ 編集]


    そうですか・・・・・うさねこさんは、多くのことをご存知だから、強いんでしょうね。
    【2007/12/09 22:18】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/482-c2df4af2