FC2ブログ
奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    08 | 2019/09 | 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • ジェンダーギャップ指数(09/06)
  • 映画『主戦場』に対する藤岡信勝氏の文章①(09/02)
  • 杉田水脈さん(09/02)
  • 骨折(08/28)
  • 川遊び(08/26)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (09/15)
  • 奥様 (09/12)
  • あきんど (09/10)
  • あきんど (09/10)
  • あきんど (09/10)
  • あきんど (09/04)
  • 奥様 (09/02)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2019年09月 (3)
  • 2019年08月 (6)
  • 2019年07月 (5)
  • 2019年06月 (6)
  • 2019年05月 (13)
  • 2019年04月 (11)
  • 2019年03月 (6)
  • 2019年02月 (6)
  • 2019年01月 (6)
  • 2018年12月 (5)
  • 2018年11月 (7)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年09月 (6)
  • 2018年08月 (14)
  • 2018年07月 (8)
  • 2018年06月 (6)
  • 2018年05月 (8)
  • 2018年04月 (5)
  • 2018年03月 (7)
  • 2018年02月 (7)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (736)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (131)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (359)
  • 日録裏話 (55)
  • 読書からの連想 (80)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (10)
  • 娘のこと (35)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 真正保守政党準備会の公式ブログ

  • SEARCH

    立花孝志さん
    NHKをぶっ壊す・・・・と、
    受信料不払い運動をしていた方が、
    参議院選挙に当選した。
    衆議院選挙も見据えて、
    政党要件を満たすために、37名くらい立候補させて、
    なんだかどんどん世の中に訴える力をつけている。

    人間、本気でやる気になれば、たった一人からでも、
    できる。
    なにしろ、ユーチューブなどで、
    自前の放送局を持てる時代だから面白い。
    スポンサーサイト




    【2019/07/22 20:34】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(31)
    この記事に対するコメント

    >奥様
    今回の選挙、北海道は圧倒的に前知事高橋はるみ氏が人気で、他はいったいこの人だれ?みたいな候補ばかり。
    いったい誰に入れたらいいの・・・とぼやいていた人も多いはずです。

    私もその一人で、かなり悩んだのは事実です。
    よっぽど棄権しようかなとも思ったくらいに、無関心な選挙でした。

    ただはっきりしていたのは、絶対自民党だけは今回は選びたくなかったのはr確かで、なにせ消費税アップだけは阻みたかった。
    世界が混乱する堂本は何かというと、悲しいかなその国の懐次第だとあきんどは思うわけで、金の問題はあらゆる問題につながり、理屈抜きの感情を生んでしまうものだと思うわけで、消費税というのはドメスティックな問題ではないと踏み切った。

    社会保障云々、年金云々というが、その前に大切なことがあるんであって、後先逆だろうといつも思う。
    人参ぶら下げられた馬の立場に置かれた国民そのものが、あほずらついてそこに問題点を集中してしまったら、人間の倫理観というものがもう通用しない社会になってしまっていると思うしかない。


    今までだってそうだったように、社会保障制度というのは、国民に安心感を感じさせたためしがない。危ないですよ・・・の連呼ではないか。そんなに危ないのなら、やめますかと言いたいのですが、残念ながら誰もそれだけは言い出せない。

    100歳まで生きたいと思っている人が、実際どれくらいいるんだろう。生きたとしてもそれはたまたまそうなっただけで、けして望んでそうなったわけではないと思うのですがいかほどに。私はオヤジが生きた80歳が目標で、ずばりあと20年です。それまでは大好きなお酒をたらふく飲ませてもらうし、言いたいこともたくさん言わせてもらうし、泣いたり笑ったり怒ったり悲しんだり、自由に生きたいです。

    でも皮肉なことに、そういうことって逆に健康的で、案外長生きしちゃったりして・・・。
    西尾先生は生きる上で一番大切なのは「怒り」だと『人生の深淵』でたしか語られていたはず。生きるパワーの源は「怒り」だと。

    実は最近会社で私は怒りまくった。
    どうにもならない社員に対して、怒りをぶちまけたんです。
    すると今まで抱えていたモンモン感が一掃したんです。
    そして驚くことに、他の社員からも私の行動に賛同する方が大勢現れて、それによって今までにない新しい空気が生まれたんです。

    すごいですね、本当にすごいことです。
    西尾先生の言葉というのは、現実と直結しているんですよ。
    別に私は西尾先生が言うとおりにやったわけではありませんが、結果的には西尾先生の哲学が正しかったと言うことですね。

    そんな感じですから、もう選挙なんか二の次でしたが、「NHKをぶっ壊す・・・」という党があることに気づき、思想信念も確かめずに両方その党に入れました。
    残念なのは名前も覚えていないというこの軽薄さ。
    ありゃりゃの世界です。
    【2019/07/24 05:43】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    私、消費税が社会保障に16%しか使われていないことを知りませんでした。
    ほぼすべてが大企業のほうに回されていたんですねえ。トホホです。

    N国の候補のかた、去年だったか、いくつか動画を見たのですが
    自分の不倫体験を赤裸々に語ったり、ありゃりゃ~でした(笑)でもNHKとしては
    政見放送流さないわけにはいかず。。。
    北朝鮮よりマシなのかな、まだ。
    【2019/07/24 08:03】 URL | kei #- [ 編集]


    >あきんどさん
    消費税・・・・・やっちゃうんでしょうねぇ~~~~
    早速スクランブル放送は無理だってNHKが言っています。

    > kei #-さま
    そうそう、「NHKをぶっ壊す」って、何度も何度も繰り返す
    立花さんの放送をNHKが流して、
    流さざるを得ないってところが日本的。
    それがYouTubeで拡散されたんだそうですね。
    自分一人の動画から始めて、
    ここまで来たのはえらいと思います。
    【2019/07/24 16:28】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >kei #-様
    >奥様

    N国党・・・段々ブレイクしていきそうな気配です。
    例の北方領土発言で維新の会を出た丸山穂高氏が、N国党代表立花氏と面談するかも・・・というニュースが今朝入りました。
    【2019/07/25 04:54】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    そうそう、人数が増えると面白いですよね。

    北方領土発言の人も、責められすぎでしたから、
    ここで、変り者?がくっつくと、刺激的ですね。
    【2019/07/27 21:43】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >奥様
    おそらくそんなに大きな影響力はないのかもしれませんが、じわじわっとこの党の存在が広がっていくのかもしれません。
    今回の選挙は本当に誰もが悩んだ選挙だったようで、その根底には消費税反対論が共通認識で、では誰に一票を入れたらいいのと問われても、ふさわしい人物が見当たらないという選挙でした。
    下手をすると消費税反対党という露骨な名前の党が、将来誕生する可能性すらあります。
    もしかするとN国党が将来そのように改名する可能性もあるでしょう。

    今回の選挙だけでなくいつも思うのは、国民はいざとなったら大胆な選択をする習性があって、親しい候補がいたら決断が早く、それがいないと簡単に鞍替えするということ。

    恐ろしいほどその日の気分で選挙は行われているという実態。それが選挙の大方を占めているという事実。
    その一方で組織票という古い手段で票固めを行っている党も実際あり、その代表的な党が公明党です。
    私はこの党はユダヤ人が仕組んだ党なのではないかと、時々思ったりするんです。

    表面上は日蓮宗教を掲げていますが、実際はユダヤ教が大本なのではないかと。
    あくまでも予測ですが。


    【2019/07/28 05:01】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    つづき
    景教いうのがありますよね。
    この流れの宗教がなんだか怪しくて、どなたかこの辺の詳しい方ご投稿いただけるとありがたいです。
    公明党の本当の宗教はキリスト教なのではないかというのが、私の勝手な思い込みの持論なんです。その更に上をいく形で、総本部はユダヤ教に軸足があるんじゃないかと思うんです。

    日本の宗教で唯一改宗を強要できるのは、日蓮宗のみです。
    この手段を巧みに利用しているのが、創価学会なのではないかと・・・。

    本来キリスト教に一番近いのは浄土真宗です。穢れを避けない日本の仏教の中で唯一の宗教で、焼き場から帰ってきてもお清めがないのは浄土真宗だけです。
    ところがキリスト教の改宗という行為は何故か日本では日蓮宗のみ行われ、その土壌に乗っかったのが公明党なのではないかと思うんです。

    ここまでは個人がかかわる話ですから、他人が介入できない話になるんですが、一番問題なのは、公明党の大本が、宗教を利用して根本的な宗教を信者に伝えていない事実だと思うんです。

    あまり深く考えたことがない日本人にとっては仏教というのは、ものすご危険が隣り合わせな宗教であるという認識を、私はお勧めします。
    【2019/07/28 07:21】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    お久しぶりです。

    今回の選挙、投票する者としては、本当にどうしていいか分からない心境でした。あきんどさんの気持ちもよく分かりますよ。N国が議席を獲得したのは、NHKに対して怒っている人が多いということです。山本太郎もあれほど票を獲得して・・・
    これって、「ゆりこグリーン」と言っていた都知事選を思い出しますね。開票と同時に、当確がきまった、あの選挙です。
    あの人も、都有地を韓国人学校に貸与するという舛添氏に反対したから、人気を得たんですよね、確実に。それが豊洲がどうの、という問題が前面にでてから、尻すぼみ・・・

    だから庶民(全部ではないでしょうが)は案外、正常な感覚を持っている訳です。韓国、朝鮮問題も、NHKの問題も、MMTも、チャンネル桜を中心として、いわゆる保守の人たちが広めてきたんですよね。だから、これらの問題が浸透したのは、明らかに、保守の勢力の功績です。
    でも今回の選挙で、とんでもない勢力が議席を取ったということは、保守側が、お株を奪われたということですよね。比較的冷静な人たちは、仕方なく自民に投票したかもしれないが、心情的には、N国やれいわ新撰組を横目で見ていたのは確実です。

    もう一つのポイントがあります。山本太郎を検索していた時、面白い記事がありました。「反エリート」ということです。これもヒトラーそっくりです。昔本で読んだんですが、エリートでもない、また本当の下層でもない、中間層が一番ヒトラーを支持した、と。
    つまり現状維持の自民は、官僚の言いなり、大企業の味方、つまりエリート側にいると見られている訳です。保守層も、そう見られている可能性があることを忘れてはいけません。

    だから多くの人々の心の琴線に触れるには、その辺を突くこと・・・それを山本太郎がやったわけです。確固たる政治信条を持っている訳ではない大量の人員を動員できる、となると、日本を乗っ取ってやろうと思っている外国勢力には、格好の人材ですよ。これが山本太郎の危険な面です。彼自身は、それほど見識のある人物とは思えないけど、政治家はとにかく声のデカさと、「実行力」ですしね。

    今回の選挙で、あきんどさんが書かれたように、香港級のデモなんてできない草食系の日本人も、熱狂しない訳ではないことが分かりますね。もちろんマスコミも山本を取り上げたことも無視できません。消費増税に対して反対もしなかったマスコミが、です。

    ともかく、本当に日本を変えたいと思っている人にとっては、N国と山本太郎が教訓だったということです。小池百合子みたいに、急速に支持を失っていくかどうか分かりませんが、私もそれほど侮れないと思っています。

    【2019/07/28 07:39】 URL | 黒ユリ #- [ 編集]


    >黒ユリさん
    ありがとうございます。
    着眼点が本当に同じなので、ものすごくためになる話でした。
    令和新鮮組山本太郎氏は、なかなかの勉強熱心な方で、よくぞホマラカ系の俳優がここまで自信の立場を厳しい場所に追い込めるものだな、と感心しきりな方です。

    ただし彼の行動力があまりにも時代に合い過ぎていて、それがかえって有権者には馴染めないイメージがあります。誰も言い出していない所からの行動力なら信認を得ますが、誰かに聞いてそれをヒントにただ行動力に任せてしまうのは、「無謀」という烙印も押されてしまうのが世の常で、もっと自燃(じねん)期間を増やして、時を狙って鋭く切り込む方が、本当の信認を得る近道なんじゃないかと思うのですがいかがなものでしょう。

    ただこれだけは言えるのかもしれません。
    まともな思想哲学が、今まさにこの政治の際では大切な瞬間で、本当にまともな人間で、資金力もあって、へこたれない人間なら、世界を牛耳ることも可能だということ。
    まさにそれがトランプさんだったということ。
    私は正直彼をそれほど信じていませんが、ただこういう方向からの政治はどんどんこれから増えていくと思います。第一地方議員を経てから国政に出るなんて、あまりにもハードルが高いのは事実で、その間に候補者自信が何かに染まるのは確実で、多数派議員の一人になるだけのための選挙でしかないわけで、そんなことの繰り返しが戦後の政治を変えられない最大の問題点であるのは事実でしょう。

    いったい誰のための選挙なんだ・・・という疑問は、今沸いた話ではなく、昭和の時代から良く囁かれてきた問題点です。
    N国党そのものが色んな問題点を抱えているのは知っていますが、じゃあ自民党に入れるの?立憲民主党なの?共産党なの?・・・と、誰かに問われた時、はっきりと「NO」を」言える党はどこかというと、N国党以外なかったというのが、北海道の現状でした。
    たかが消費税ですが、税金は侮れない論点だと思います。
    特に参議院選では。
    【2019/07/28 10:35】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    「かなり悩んだ」「よっぽど棄権しようかなとも思った」(あきんど樣)、「ほんとうにどうしたらいいか分らない心境」(黒ユリ樣)と、私も同樣です。安倍神輿を擔ぐ賣國勢力を利したくないと思ふとほとんど絶望的です。どこもかしこも、ぼやけた安倍提燈ばかりですね。

    今の所に引つ越した直後に、同じやうな氣持で「選擧にはゆかないつもりです」と西尾先生にこぼしたら、「あなたの所には次世代がゐるぢやないか」と言はれ、調べてみると、かなりいい候補がゐて、自分のいい加減さに呆れ、恥入りました。この時、(引つ越す以前は、先生と私は杉竝區の同じ選擧區)先生が「こちらもどうも・・・。石原伸晃はイヤだし」とおつしやつたのを覺えてゐます。ずゐぶん下世話な話もしたものです。

    憲法で最も切實な9條2項が放つたらかしにされてゐるのですから、そんなことなら、NHKなどの身近かに具體的に感じられるものに目を向けたくなりますね。

    「NHKに国民が激怒した証拠(鈴木傾城) 」を送つてくれた、坦々塾の仲間に次のやうなメールを出しました。

    ○○ 親分

    暑中お見舞ひ申上げます。

    10數年前、西尾先生から「あなたはまだ拂つてゐるの!」と馬鹿にされて、憤然とNHKの受信料について決斷しました。

    「NHKが受信契約を拒否する人に対して訴訟を起こし、NHKの勝訴判決が確定した時点で契約が成立する」「NHKはその人が受信装置を設置した時点に遡って受信料を徴収できる」という、最高裁判決が出て3年9ヵ月經ちますか。あれからNHK強氣になりましたね。

    今年の4月にNHKから高飛車な文書が屆いたので、返信葉書(受信契約書=必
    要事項を記入、押印の上、5月13日までに投函せよとの指示あり)に紙を貼付けて、契約の代りに、下記を細字で書き込んで送りつけました。
    もちろん返事はなく、その後もう一度同一の文書が來ましたから、蛙の面に水なのでせう。


    ーー「重要」「すぐにご開封・・・」「○月○日までにご返送を」などと表面に印刷された、宛名なしのA4の封筒が郵便受けに投げ込まれてゐました。如何にも貴協會らしい高飛車なや り方だと感心しました。御指示に從ふ義務はありませんが、同封の葉書を返送します。

    ①放送法第64條1項については、かねてより十分承知してゐるつもりです。

    ②一方、同法第四條の「二、政治的に公平であること。三、報道は事實をま
    げないこと。四、意見が對立している問題については、できるだけ多くの角度
    から論點を明らかにすること」などの貴協會の義務が、現状では全く果されて
    ゐないのみ か、その根本精神が踏みにじられてゐると思料致します。

    もしも、この點を改められ、放送法を遵守されるのであれば、當方も即日受信
    機を購 入、受信契約に應じます。

    以上の點は、NHKを名乘つて拙宅に來る人に縷々申上げ、當方の意向を責任者に傳へるやう頼みましたが、一度もお答を頂いてゐません。次に來られた 人は、前囘の當方の申し分を御存じなく、毎囘同じことを申すことになります。
    あの人たちはNHKの職員ではなく、下請けなのでせうか。直近に來た人には「最高裁の判決が出てから、NHKは強氣のやうだね」と言ひましたが、意味が
    分つたのか否か、無反應でした。

    (追伸)12年前の「JAPANデビュー」が第四條を蹂躙し、國家國民をあざ笑ふものであるとして、廣報室?その他と何度かやりとりをしましたが、納得できず、契約を解除せざるを得ませんでした。雙方の最後の言葉は「また、早いうちに御契約を」「そちらが改めて下さるのなら、すぐにでも」でした。
                                   (以下略)

    「受信装置を設置した時点に遡って」には少々怯えてゐますが、まあ地獄行きの切符を配給されてゐるのですから・・・呵呵

    お元氣で。
    【2019/07/28 13:39】 URL | ひっそりさん #- [ 編集]


    すみません。前の投稿に記名を忘れました。匿名を望んだわけではありません。お詫びします。
    【2019/07/28 15:32】 URL | 池田 俊二 #- [ 編集]


    >池田俊二様

    お久しぶりです。
    NHKの問題、今から15年くらい前に沸騰した記憶があります。
    我が家は、面倒くさいので自動引き落としで払っています。
    私の家のような行動が、最終的には国民を敵に回す結果となっている理屈だけは理解しているんですが、どうしても田舎ではこういうことに単独で抵抗できない空気があって、情けない反面仕方がないという思いも同時にあります。

    それはそれとして、N国党ですが、詳しいことはまだわかっていません。ただ、これほどインパクトのある名前を掲げるという勇気に一票を入れました・・・、あっいや二票だった。
    女房には「今回だけは消費税を絶対阻止したいから、自民党にだけは入れたくないよね・・・」とくぎを指しておいたら、なんと立憲民主党に入れたと聞いてあきれてしまいました。
    よりによってあんなところに入れるとは思わなかった。
    政治に無関心な一般的な主婦の判断なんてこんなもんですよ。

    【2019/07/29 07:02】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    おそらく今回もそうなんでしょうが、仕方がないので自民党を選んだ・・・という有権者がかなり多いのではないかと思います。
    結局、今の時点国民には、好ましい政党が存在していないという悲劇が起こっているんです。

    これが最も重大な問題なのです。
    政治家を信用できない状況で、どうやって日本が発展できるというのか。
    嘘でもいいから、「私に任せてください」と言い切れる総理が欲しい。

    安部さんが二階さんを幹事長から外すと言われています。
    正しい決断なんでしょうが、党内管理を継げる人物がいるのかどうか。
    というか二階さんをこれほどまでに幹事長にとどまらせた理由は言ったい何なのだろう。

    安部さんは間違いなく小泉ジュニアを将来の総裁候補として根回ししているに違いないと推測します。とにかく彼への目線の配り方が尋常でないほど温かく、あぁこれは間違いなく溺愛しているなと感じたビデオを、ユーチューブで見たことがあります。

    小泉氏が40歳になるまでは安倍さんは案外頑張っちゃうか、中継ぎで三にスガさんなってもらうかの二者選択なんじゃないかと思うんです。

    それともう一つは、北海道知事だった高橋はるみ氏がダークホースであり得る話です。

    スガさんはたぶんない話だと思います。高橋さんがどのような決断をするか、そこが見どころでしょう。なにしろ女性党首や首相が大流行なんで。
    【2019/07/29 11:08】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    党内の思惑はおそらく安部さんがどこまで総裁を賄うのかという一点ですが、そうであるならば次なる動きがあってもいいだろうになかなかそこらへんが見当たらないようです。
    なさけないほど現首相と次の候補の実力が乖離しているというこの現状。

    話を少し身近にしてそのことを考えたいと思います。
    昔はどの学校にも、ジャイアンみたいなタイプの男の子がいて、彼のもとに子供たちが群れるという現象がありました。
    そこには子供たちが自身で感じているヒエラルヒーが存在していて、その序列はそのまま社会に出ても通用するモラルで、社会もそれを半ば期待していた節があって、年功序列の社会を維持するうえでは、そうした序列はしっかり守られた社会慣習だった。

    ところがその時点から何かが歯車の中で不足し始め、気が付くと独身者が多くはびこる社会になっていた。当然子供が少なくなる現象が生まれ、同時に老後の孤立がどんどん加速した。人口密度は都市型に集中し、地方の過疎化は急速に拡大した。
    それによって自治体は合併が余儀なくされ、地方の集約化が進み、過疎地域はより過疎化が進むという皮肉な現象を生んだ。
    同時に旧政治体制に不満がはびこり、新しい政治が要求され始めた。特に顕著だったのは消費税導入を問う参議院選挙での自民党の大敗が記憶に残っている。社会党は過去最高の議席数を確保し、勝利宣言までした。土井たか子氏は声高々に「やるっきゃない」を連呼した。隣の子猫でも社会党の看板さえあれば当選すると揶揄され、「なめんなよ」の標語はたしかこの時代に流行ったはず。
    しかし消費税は静かに始まり、そこで一躍人気になったのは「一円玉」だった。
    私が呉服卸業者に入社してたしか2年目あたりの社会現象だった。
    それまでは輸入高級品には15%の物品税というものが末端販売価格に追加されていて、消費税に替わることよってその差額を武器に、一気に宝石や毛皮などの売り上げが伸び、前年度の150%アップを数年維持する現状だった。

    私は世代的にも高度経済成長期のスタート地点に生まれ、社会に出たときはそうした社会環境にも恵まれて、すべてが順調な兆しであった。
    更にはプラザ合意によるドルの相場が急速に下降し、当時200円台だった円相場が一気に150円まで値上がりすることになった。
    当時輸入品に関わる業者はどこも鼻息が荒かった。
    金さえあればどんどん輸入して国内相場に投資し、物品の回転率を上げる作戦のみが優先された。
    当時私は入社三年目で年末のボーナスを80万円頂いた。年収も一気に400万円に近づく額となり、独身者としては満足できる額であった。
    そうした時期が数年続き、北方領土が返還されるかもしれないというムードが高まった。
    これからは北海道の時代になるかもしれないと当時の私は決断した。

    そんな時代に父親から出張先にわざわざ電話が入り、「池田に帰ってこい」という内容だった。東京で骨をうずめる覚悟だった私には、予想もしていなかった父親からの勧誘だった。「池田がお前を必要としている」その言葉を真に受けて北海道に戻って私。同時に新婚時代がそこからスタートし、環境は完全に変化した時だった。


    しかし私の頭の中には東京時代の思い出がびっしり詰まっていて、女房と出会ったのも東京だったせいか、夫婦でいれば住んでいるのは北海道でも、気持ちは東京みたいな気分が正直なところあったんでしょうね。
    今ではもうどこを切り刻んでも北海道のいなかっぺおやじですが、ここに至るには色々ありましたよ。


    おそらくこの頃の政治の動きもとても重要な時期だったんだろうと思います。
    とにかく消費税導入による社会変化は想像以上の現象でした。間違いなく日本が変わった瞬間だった記憶があります。皮肉なことにバブルも同時に発生していた時代でした。
    1985年の冬の景気は、今も私の記憶の中には印象強く残っています。
    【2019/07/29 15:20】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    地方に行くとよくこう言われました。
    「もうお客さんには売る着物がないんですよ。訪問着だってもう何着も買ってもらって、タンスの肥やしをまた売りつけるのかいと、皮肉たっぷりに言われるんですよ」と。

    そこで活躍したのが宝石部門と毛皮部門でした。
    私は入社からずっと毛皮部門で働いていました。入社当時は狭い部屋にわずかしかなかった在庫が、私が退社するときには倉庫に収まりきらないくらいの在庫がありました。
    そうした毛皮部門に所属しながら、私は爬虫類のバッグにも興味がわいて、その担当を入社二年目から始めました。
    私が退社するまで誰も協力してくれなかったこのアイテムが、私の退社と同時に注目が集まり、退社して数年後には、毛皮部の在庫はほとんどが爬虫類のバッグに代わっていました。

    もうそのころには私は池田から受け継いだ新しい会社のオーナーを任されてました。
    もう時効なので名前を明かしますね。
    「自遊館」という名前を私がつけました。
    「じゆうかん」と呼びます。11年間頑張りましたが、残念ながら今から14年ほど前に解散しました。

    正直なところ今も当時の夢を見るんです。時々ですが。
    八ッとなって目が覚めて、あぁ夢だったか・・・と思ったことしばしばあります。

    それとパラレルに奥様や西尾先生とお知り合いになるんです。
    まったく前情報のない私に、奥様が一言「どうやってここを訪れるきっかけを得られたんですか」という質問が一番最初のそれでした。
    この言葉は奥様(当時は年上の長谷川様)がかならず新参者に駆けられていた言葉でした、こういう分け隔てのない行動こそが、私は奥様の中の一番魅力的なところで、それを貫いておられる姿に、あらためて感無量です。

    今私は59歳になる歳を迎えています。
    日録に初参加したのは2002年の冬です。
    当時あきんどだった私は今はもう普通のサラリーマンです。

    こんな田舎でしこしこ頑張っています。
    だからですが、しがらみもなくなんでも言える気持ちいっぱいです。

    あぁNHKの受信料さえ払わなくてもいい環境が整えば最高なんだが。

    【2019/07/29 16:01】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    あきんど 樣

    NHKとの受信契約解除、御承知でせうが、少しも面倒ではありません。「受
    信契約及び口座引き落し契約解除」を葉書で通知すれば終りです(理由など
    記す必要はありません)。念のために、當該金融機關に「NHK受信料の引
    き落し停止」を通告しておけば間違ひないでせう。

    いいレクレーションになります。運動ではないのですから、「田舍」でも東京
    でも、「單獨」で行へます。誰かと連體することもありません。

    あとで電話がかかつてきますが、これまたいいレクで、適當に、然るべく、
    言ひたい放題を言へます。天下のNHKが普段私のやうな下々の言ふこと
    に耳を傾けることはありません。その意味で、チャンスなので、「NHKこそ
    放送法に違反してゐる」等々の主張を、crazy claimerと思はれないやう に、 丁寧な言葉で、紳士風に、穩やかに語ることを樂しみました。ただし、當然のことながら、その場だけのことで、NHKを反省せしめたり、世を動
    かすことなどなく、虚しい感じが殘りました。

    奧樣の判斷、立派ではないですか。憲法について、立憲民主黨は「9條死
    守。絶對に手をつけるな」といふ主張でせう。筋が通つてゐます。筋はとて
    も大切です。自民黨よりずつと立派です。

    自民(安倍さん)は「2項はそのまま。3項を設けて、自衞隊の存在を明記
    する」といふのでせう。「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国
    の交戦権は、これを認めない」ままで、戰力でない自衞隊に、交戰權に亙
    らない如何なる活動ができるのかーー考へる必要はありません。インチキ
    に決まつてゐます。

    これほど馬鹿にされながら、怒ることもしない日本國民。西尾先生が地獄
    に墮ちると斷ぜざるを得ない道理です。

    今日の産經1面には横田めぐみちやん3歳の寫眞が載つてゐます。安倍
    さんは「拉致を政治的に最大限に利用した擧句、權力を得ると知らん顏」
    「のみならず、拉致問題を風化させた」「西岡力氏はすべて安倍總理に任
    しておけばいいのですと言つてゐた」(西尾先生)。

    産經「正論」で、9條3項について、「ここまで來たかと心が踊つた」と宣うた
    のも西岡力さん。

    保守派論客・救ふ會會長などとして、憲法でも拉致でも日韓でも、なんでも
    商賣にしてしまふ西岡さんに、その力の源泉たる安倍ブレーン上席といふ
    地位を與へてゐる人・・・。それを胡散臭いとも感じない日本國民・・・。

    前囘披露したメールを送つた○○親分から返信がきました。以下はその一
    部です。

    ーー仔細 承知しました。 12年前のJAPANデビュー 酷かったですね。・・・
    トランプが世界をかき回しています。他人ごとながら 世界の擾乱を心待ち
    にしています(笑)(他人ごとではないけど、地獄行きの切符は手配済みな
    のでなんら 気になりません(笑×2)
    とは言え可愛い孫をみていると 不憫に思えてくるのは 少し勉強過多?の
    せいかもしれません。
    だってですよ。 私のまわりはほとんど 「お花畑」ですから 。安倍政権は最
    悪などと言おうものなら 冷やかな視線が。
    この手合いが地獄への道を、それとも知らずに、安倍提灯を提げて行進
    しているのはちゃんちゃらおかしくも、哀れです。
    でも、こちらまで道連れにされるとは迷惑至極。
    でも、我々は西尾先生御下賜の特別切符を持っているのだから、地獄で
    スペシャルサ-ビスを受けられるかもしれない。
    ガタガタ言わずに、潔く同行しましょう。ーー

    坦々塾で、○○親分とは別の會員が「地獄墮ち」は困ると泣きついて、西尾
    先生から「あなたは私よりは若いが、大して違はない。もうすぐだ。諦めよ」
    と諭されました。 呵呵
    【2019/07/29 16:36】 URL | 池田 俊二 #- [ 編集]


    >池田俊二様

    そうですか、わが女房の判断は、まだ自民党に入れる輩よりも立派な判断でしたか。
    すごく納得です。

    実をいうと私は今回投票所で「棄権」と書こうかなと思ったくらいなんです。
    「なめんなよ国民を」という思いでガチガチでした。
    あぁ、なめねこ懐かしい・・・。

    このままもしも消費税がアップしたら・・・安部さんは桜田門で暗殺されるかもしれませんね。
    歴史は繰り返されると言いますから。


    【2019/07/29 18:12】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    あきんど 樣

    「すごく納得」との仰せ、欣快至極です。
    私自身、自由民主黨か立憲民主黨かの二者擇一を迫られたら、躊躇なく後者を
    取ることでせう。

    筋・首尾一貫が everythingではないにしても、それによつて大抵は眞贋の判斷がつきます。

    政治にインチキ・ゴマカシはつきものでせうが、9條3項はゴマカさうとする動機があまりにも不純で、見え透いてしまひます。國民を舐めきつてゐます。

    「『なめんなよ国民を』という思い」は貴重で、最敬禮したくなりますが、その思ひを共有する日本國民は多いのでせうか。政權が、ずゐぶん多い! と感じるほどでせうか。さうでないからこそ、支持率ファーストの政權が國民をナメるのでせう。

    左翼が跋扈した50~60年前なら、これを征伐するための保守は大切な(しか
    し世間からは嫌はれる)存在でした。今は猫も杓子も名乘る、それさへあれば
    世を渡ることを許される鑑札みたいなものになり果てました。

    皆がそれを自分で自分に與へてゐる。今どき、保守を名乘つて、日本を守る!
    などと叫んでゐる者は、かなりがインチキであると考へるべきでせう。昔の左翼
    に代つて、今は”保守”が賣國を專らにしてゐます。

    小池百合子さんが希望の黨結成の際、ポツリと「保守・・・」と附け加へたのが
    印象的でした。「”保守”は最近よく聞く言葉だ。大分流行つてゐるやうだ。黨の
    理念に入れてもいいだらう」と咄嗟に考へついたたのだらう、と感じました(かく申しても、小池さんをそれほど輕蔑してゐるわけではありません。少くとも、安倍さんよりはマシだと思つてゐます)。

    御婦人や御老體には、”保守”をアクセッサリー・レクレイションとして樂しんで
    ゐる人が多いですね。それはそれで結構なことです。

    消費税アップは、私のやうな年金生活者にはありがたくありませんが、國家の
    今後に對してどのやうな作用をするのか分らないので、贊否は決められませ
    ん。ただ安倍さんも、私同樣にほとんど分つてゐないことは、その口調、表情
    から明かです。

    「櫻田門外で暗殺」! 日本國民にそれほどの氣概のある者がゐませうか。
    ゐれば、9條3項などと譫言を言つた途端に、切り殺されたのではないかと
    いふ氣がしますが、如何でせう。三島由紀夫が「暗殺がなくなつて、政治家
    の顏が崩れた(?)」と言ひましたが、安倍さんのあのふやけた・・・

    不愉快になるばかりなので、打ち切りますが、御所感に敬意を表します。
    【2019/07/29 20:55】 URL | 池田 俊二 #- [ 編集]


    >黒ユリさま
    ひさしぶりのコメントありがとうございます。

    とうとう、丸山議員がN国党に参加するそうです。
    渡辺喜美さんも誘うそうです。

    >あきんどさん
    夢って不思議ですよね。
    時々、あれは夢だったのか、本当だったのか
    わからなくなることがあります。
    あきんどさんの波乱万丈の人生は、
    いつかのように小説にすればいいんじゃないですか?

    >池田俊二さん
    私の周りもみんな提灯もっています。
    しょうがないなぁ~~~
    消費税は結局決定なんですよね。
    地獄は私たちではなく、
    孫や子供が現実の地獄になるんじゃなかったですか?
    【2019/07/29 21:47】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >消費税を6%⇒0%にしたマレーシアでは、個人消費や民間投資が旺盛で、今年の経済成長率予測を4・3~4・8%と発表

    やはり、消費税はゼロにしないとですね。
    【2019/07/30 12:17】 URL | kei #aYDccP8M [ 編集]


    奧樣

    西尾先生の御託宣は「こんな國は地獄に墮ちるだらう」で、「私たち」か「孫や子供」かについては觸れられませんでした。

    支那による我が國の侵掠・統治ーーこれが最も分りやすい地獄ですが、今でも十分地獄だといふ考へもありませう(私のやうに安酒がなんとか飮めるだけで、まだ地獄を實感しないのはオメデタイのかもしれません)。

    60年安保騷動當時、私は日本を地獄と觀じてゐました。
    何故ワッショイワッショイをやるのか。今のままなら、安保條約は(アメリカが止めたと言はない限り)永久につづく。それに期限をつけて、日本の意志で止められることにするのだから、條約がない方がいいといふ立場からしても、プラスぢやないかーーそんな異議を申立てようとしましたが、一顧だに與へられず、毆り殺されさうになりました。孤立して前途もなくなり、ほとんどの友人を失ひました。

    一方、我が國土に米軍が駐留してゐることは實に鬱陶しく、心を暗くし、苛つかせました。明かに、實質的な占領の繼續です。米國は己が戰略に基いて、日本國内に自由に基地を設けて、己が安全のために勝手に行動する。そのささやかな代償として、(アメリカ以外の)敵が日本を攻めて來たら、ある程度守つてるーーといふことに、今度の改訂でやつとなるのだ。

    米軍は基地を使ひ放題、日本を守る義務なしといふ現行(改訂前)條約よりはマシだが、それにしても、「守つてもらふ」とはなんたる屈辱!米軍基地には、STARS and STRIPESが翻つてゐる。ああ、地獄だと髮を掻きむしりたい思ひでした。

    しかし、もう一度アメリカと戰爭をするわけにはゆくまい。

    この上は、アメさんをダマしダマし、軍備を整へることに專念し、何年後になるか分らないが、然るべき時に「アメリカ樣、永年御苦勞樣でした。さぞお疲れになつたことでせう。今後東亞のことは日本が責任をもつて引き受けさせていただきます。決して勝手は致しません。すべて貴國の御意向をうかがひ、それに從ふことを誓ひます。御安心の上、この邊で一服、引き揚げられては如何でせう」とかなんとか持ちかけしかないーーそんなことを考へました。

    この地獄を拔け出るのは大變だが、そのうちなんとかなるのだらう、どんなに遲くとも、自分が世を去る時は、日本はまともな獨立國になつてゐるだらうと思つてゐました。

    その地獄に依然として留まつてゐることを、最近私は忘れてゐました。そして、そこを脱出するどころか、次なる地獄墮ちの心配をしてゐるのです。なんたる馬鹿さ加減!

    「私の周りもみんな提灯もっています。しょうがないなぁ~~~」ーーさう
    でせうね。

    なにしろ、”保守”がこれほど流行り、安倍さんは(戰後民主主義の申し子でありながら)、”保守”的ないしは、右翼的アクセッサリーをちらつかせながら登場したのですから、「みんな提灯もって」當然です(かく申す私自身、當初そのアクセサリーに目を奪はれ、心も奪はれました)。

    提燈を持つ人たちは、御主人樣の神話を好みます。
    水島  総 「安倍さんは世界中の要人と亙り合へる」
    西尾 幹二「世界の要人から馬鹿にされきつてゐるよ」
    安倍さんは外遊が大好きなやうで、表情が明るいですね。よほど樂しいのでせう。ただ、握手・會食・乾杯・記念撮影以外にどんな實績があるのか、私は知りません。

    坦々塾にも「提燈を持つ」向きは多いですね。先生御自身は保守が惡の權化だつた時からの保守ですが、すつかり「いい子」になつてからの「保守」に惹かれて入會した人・安倍シンパが大宗を占めるのは、御時勢からして當然です。

    このことを直近の坦々塾の懇親會で、足立誠之さんと伊藤悠可さんに質したところ、どちらも笑ひながら、「最近は少し減つたのでは」とのことでした。

    會員による、先生の全快祝ひの席(奧樣も御出席でした)で、私は「(安倍シンパは)ここにもゐますよ」と申しました。その夜、先生から電話をいただき、シンパ、”保守”などが話題になつた後、「過激な發言を愼しむやう」御注意を賜りました。

    「つくる會」も似たやうなもの、といふより、社會運動・多數派工作なのですから、その傾向は數倍強く、内部にはドロドロしたものが滿ち溢れたことでせう。

    執行部にも會員にも、いろいろな人々が蝟集するのは當然です。世間で爪彈きされてゐた時代の保守は、その分筋金が這入つてゐましたが、その看板で商賣が成立つとなれば人種も生態も一變します。然る後に、つくる會になだれこんで來た人々!百鬼夜行だつたことでせう。

    あの騷動や、最近のことを、外から見聞きして、なるほどと感じ、西尾先生の御苦勞を思ふことしきりです。

    私は生意氣にも、つくる會のことはほどほどにされてはなどと、恐る恐る、小さな聲で先生に申上げました(聞えたかどうか)。自分では、さして間違つてゐなかつたつもりでしたが、全集第17卷を通讀して先生の志・覺悟がそんな生易しいものではないことを知り、恥ぢ入りました。己の小さき器を以て他を計る愚!

    奧樣のことですから、御自身で提燈を持たれたことがなくても、「提燈を持つ周り」を冷然と見て、せせら笑ふことはできないでせうね。正しい道を示し、なんとかそこに戻るやう精一杯努力されてゐるのでせう。御苦勞をお察しします。
    【2019/07/31 00:29】 URL | 池田 俊二 #- [ 編集]


    >池田俊二さま
    いえいえ、私は人を説得するのは苦手です。
    だから、せせらわらうことも、善導?することもしません。

    > kei さま
    直接税と間接税の配分?の問題なのでしょうが、
    外国と同じくらいに高くしなくちゃならない・・・・って、
    頑固に思っている「誰か」がいるのでしょうね。

    【2019/07/31 23:19】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >奥様
    >夢って不思議ですよね。
    時々、あれは夢だったのか、本当だったのか
    わからなくなることがあります。
    あきんどさんの波乱万丈の人生は、
    いつかのように小説にすればいいんじゃないですか?<

    こんな恥かき話題を世に発信するほど、私にはその勇気がありません。
    そう言いながらここに書いちゃいましたが。

    >池田俊二様
    いやーぁっ、そんなに褒められても逆に困るんですが、でも池田様にそこまで言われると気分は上々です・・・あはは単純な私です。

    令和新鮮組もなんだか人気があるようですね。
    ここまでど素人の人間がど真剣に語りだすと、かえって親近感が沸くんだと思います。

    二か月前に彼がチャンネル桜によく出ている三橋さんでしたか、経済の仕組みについて教わっているビデをを見ました。お金の仕組みとか、インフレデフレの本当の意味だとかいろいろ。けっこう突っ込んだ話をしても、一応理解力はありましたよ。
    でも彼の年齢ならすでに知っていてもおかしくないことを、知らなかったと本気で言っている場面もありました。


    でもすごいですよね。フェイスブックだったかで4億円も集めちゃうんですから。

    こういうものがこれからどんどん増えて、あと10年後にはどうにもならないくらいにこの方面の力が本物になっていくんでしょうね。

    自民党なんて、元々組織票が強いようで弱い政党なんじゃないかと思うんです。ここ最近の人気は、近隣諸国との様々な問題に向き合える政党を、国民は単純に選択してきただけで、必ずやそれが政党の実力そのものではなかったということの化けの皮が、そろそろはがれる時期なのかなと思います。

    日米安保に関してだって、トランプ氏がわざわざこの前「我々が攻められたときに日本は守る義務がないこの条約が本当に正しい条約なのだろうか」と言葉を振ってきたのにもかかわらず、まったく日本の誰もそれを勿怪の幸いだと思わない節で、私は「阿保、間抜け、つんぼ!」と叫びましたよ。
    こんなチャンスはないとどうして誰も言わないのか。

    外交で「もちろん喜んで一緒に御国を守る決意です、それが日米安保の望むべき将来像です」と言えば済むだけの話ですよ。

    実際反トランプ氏の発言の数日後には、竹島上空をロシアの戦闘機が威嚇飛行しているし、そこには中国がかかわっていると、あのNHKでさえ報道しているんですから。

    もう完全に日本のマスコミも国民もどうにかなっちゃってます。
    【2019/08/01 00:29】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    今度は防衛費を五倍払え・・・・ですからね。

    アメリカの態度は歴然としているのに、
    煮え切らない日本です。
    【2019/08/01 14:59】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    奧樣

    何をおつしやいますか。

    廣島女學院に出張、頑冥なる校長に面會・説得に努められたではありませんか。

    以前、日録からここに轉寫したことがありますが、西尾先生の奧樣に對する稱讚・感謝の言葉!

    よこしまなる勢力との戰ひに、奧樣ほど力を發揮される人は滅多にゐません。

    その奧樣が行列の連中に對して「この道は地獄への道である。提燈を捨てよ。歩みを止めよ。世には、地獄墮ちは覺悟したなどとうそぶきながら、その實、青ざめ顫へてゐるトンチキもゐる。彼等を怯えから解放してやれ」とでも、説得して下されば、千 人力です。

    ○○親分や私は安心し、やがて安らかに成佛できさうです。何分の盡力を切に願ひ
    上げます。

    私にとつて最大の惡夢は、奧樣があの行列に加はられることです。


    あきんど 樣

    「勿怪の幸い」なのに、「阿保、間抜け、つんぼ!」ーー完全に同感です。チャンスを逸しましたね。もちろん政治家もをかしいが、大本は國民でせう。如何なる國民も自分たちのレベル以上の政治家をもつことはできません。政治家は我等愚民に忠實にレベルを合せます。

    あきんどさん作の科白に、敢て私の冗語を加へてみます。
    「仰せのとほり、アメリカに、限定的とはいへ、日本を守る義務があるのに、日本にアメリカを守る義務がないとは甚しき片手落ちである。

    金勘定の問題はあるが、まづは協議の上、雙方に同じ義務があることに改めたし。

    日本國内における貴國の基地は、貴國自身の安全の爲に、戰時に限らず、平時も
    他の國々(日本を含む)に對する牽制上、無限の效果あり。これを金錢で算へるなら、(基地の設置・使用料は)、貴國國防豫算の大宗を占むる額なるべし。

    ただし、貴國御下賜の憲法その他の障礙により、我が防衞力は未だ十分ならず、
    現状では貴國軍の力を借るるを避けられぬ場合もあり。當然その爲の經費は、基地使用料から差し引くべし。結果、ロハは無理なるも、友好・同盟のため、貴國に有利になるやう、最大限の配慮を致す所存。

    未だ占領憲法を破棄し得ず屡々醜態を演ずるは、偏に當方の責任にて、貴國の
    與り知らぬことであるから、最善を盡すことを明言する。

    かかる貴國の負擔を減ずべく、我が軍備の整備を急ぎ、可及的速かに貴軍にお
    引き揚げ頂く所存。その曉には、基地使用料など貴國の負擔は當然ゼロに。

    なほその先、我が國内に基地なくなりしために、貴國防衞上、不安あらば、協議
    の上、我が國として、誠實に最大限の配慮をする用意あり」
    といつたところでせうか。呵呵

    國内にこれほど基地を持たれ、抑へ込まれてゐては、眞珠灣など金輪際不可能。
    その(米國にとつての)安心料だけでも莫大な筈。そこを逆に、駐留經費をこちらが負擔するとは!まあ、一度負けると、こんなものなのでせうね。

    私は、國内に外國軍の基地などない、完全獨立國家の時代を5年ばかり生き、
    かすかに覺えてゐます(西尾先生は10年間)。あきんどさんは、一生屬國の民
    ですね。どちらがしあはせでせうか。同じやうなものですか。
    【2019/08/01 20:44】 URL | 池田 俊二 #- [ 編集]


    >池田俊二さま
    そうそう、わが母校の話がありましたね。
    だって、あれ・・・・・私がしなければ誰もしないから
    仕方なくやったのです。

    さて、来年は採択の年ですが、
    広島女学院以外に、広大付属中学校がターゲットらしいです。

    早速電話いれました。
    こういううわさが流れているが、
    孫が受験するので心配になって聞いた・・・とかなんとか・・・・

    これが「電凸」。
    これくらいは簡単ですがね。
    【2019/08/03 22:18】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    【2019/08/04 14:07】 URL | kei #aYDccP8M [ 編集]


    >keiさま
    怖いですか?
    そうですね、なにしろご自分は命をかけているとおっしゃっているから、
    本気だから、もろ刃の剣、真剣ってことでしょう。

    確かに立花さんが言っていた直接民主主義がいい・・・っていうのは、
    それはどうかと思いますが、
    NHKの集金人に平気で暴力団まがいの人を
    差し向けるっていうほうが、私は怖いです。
    【2019/08/05 22:42】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >池田俊二様

    >私は、國内に外國軍の基地などない、完全獨立國家の時代を5年ばかり生き、
    かすかに覺えてゐます(西尾先生は10年間)。あきんどさんは、一生屬國の民
    ですね。どちらがしあはせでせうか。同じやうなものですか。<

    それはおそらく永遠のテーマなのではないでしょうか。
    難しい話は全て省いて語ってみます。

    私は1960年生まれです。
    日米安保や高度経済成長やら、時代が確実に変化する年に、偶然生まれました。
    「すでに戦後ではない」とこの年だったのかどうかはわかりませんが、そういう言葉もあったはずです。
    昭和の20年代がどんな時代だったのか、詳しくはわかりませんが、そういう年代に生まれた方々を先輩と煽って、我々の世代は社会人の仲間入りをしました。
    つまりベビーブームという時代の方々ですね。団塊の世代・・・なんていう言葉は、、昔はありませんでしたよね。

    西尾先生が色んな場所でよく語られているフレーズに、「たくさん死んでしまう場所には、その後たくさん生まれる現象が必ずある」とありますよね。
    日本はまさしく先進国でありながらそれを体験している国なんですよね。
    それは、よくよく考えてみると、稀有な体験なのではないでしょうか。

    ヨーロッパやアメリカなどが抱えている問題と日本の事情が、本当は全然違うということに気づかなければならなかったと、今更ながら思い詰めるのです。

    日本はこてんぱんにやられた国です。ヨーロッパは単に民族の争いの延長戦を描いただけです。日本はこてんぱんいやられましたが、でもそれが長年の歴史から生み出されたものなのかというと、そこまで言い詰めることができるんだろうかと思うんです。

    確かに西尾先生はマルコポーロンjの時代から、日本が脅かされる時代が始まったんだと語られています。確かにそうでしょう。私もそれに関しては異論は全くありません。
    しかしそれが通用する理念が、1945年でプッツンしちゃったのが我が国日本なわけですよ。
    本当は今もマルコポーロの時代あとほぼ変わらない現象が起きていますが。アニメという金に替わるツールがそれを証明しています。アニメだけではありませんが・・・。

    今の若者がどんなことを考えながら生きているかが、本当は一番大切な問題なんだと思います。私はそれを毎日体験しています。
    彼らは完全に、アニメ世代です。もうこれを除外できないのです。

    「刀剣乱舞」をご存じでしょうか。
    名前だけは私も知っています。が、内容は全く知りません。
    昨年の紅白でこの演武があって、それを視聴した世代が、視聴率に大きく貢献したようですよ。
    時代は本当に変化しています。変わらない時代も同時に存在しているのかもしれませんが、それを若者がどれだけ理解しているのかが、これからの問題解決のポイントなのかなと思います。

    長々と語ってしまいましたが、私はこんな時代になっても大切なものがあって、それは「人情」なんです。

    【2019/08/09 04:23】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    あきんど 様

    仰せ、むづかしいですね。

    趣旨が、私には全く理解できません。

    「難しい話は全て省」かれると、私にはかへつて難しくなるのでせう。

    すみません。
    【2019/08/09 11:19】 URL | 池田 俊二 #- [ 編集]


    >池田俊二さま
    NHKは受信装置がたとえスマホでも、
    持っていれば、NHKを受信できるとして
    受信契約をしなくてはならないそうです。
    法律で決まっている・・・・でも、
    受信料を払う義務があるとは書いてないのだそうです。

    【2019/08/12 11:34】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/2260-1495a614