• ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    11 | 2018/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 日本の地形(12/12)
  • 韓国問題(12/02)
  • 長女の七回忌(11/25)
  • 母の一家(11/24)
  • みなとみらいの(11/21)

  • RECENT COMMENTS
  • bunn (12/15)
  • 奥様 (12/14)
  • 池田俊二 (12/14)
  • 黒ユリ (12/14)
  • 池田俊二 (12/14)
  • 苹@泥酔 (12/14)
  • bunn (12/13)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (7)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年09月 (6)
  • 2018年08月 (14)
  • 2018年07月 (8)
  • 2018年06月 (6)
  • 2018年05月 (8)
  • 2018年04月 (5)
  • 2018年03月 (7)
  • 2018年02月 (7)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (676)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (131)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (55)
  • 読書からの連想 (78)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    北朝鮮問題
    あの文大統領の満面の笑顔、
    子分って感じだったな。

    未来のことは誰にもわからない。
    予測不能なことがいろいろあるから・・・・・
    でも、推測はできる。

    北朝鮮が、核を放棄するはずがないこと。
    南北は統一の方向に行くらしい。
    アメリカは韓国から撤退するのか・・・・

    こんなに不安定なのに、
    いちばん影響のある日本人は超能天気。
    怖くないのだろうか。


    スポンサーサイト

    【2018/05/01 17:26】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    この記事に対するコメント

    最悪のシナリオというものを考えた方が良いと思う。
    想定は難しいけど、だいたい想像できると思う。
    物事は複雑であっても簡単に考えるべきで、その無駄を省いた考え方が、最後は歴史を司ると思う。そのためには長いスパンで判断しなければならない部分と、極所的に注意点を見極める判断力が求められると思う。

    どちらも重要な要素で、偏ってはいけないと思う。
    どんなことが起きようが、これで決まりだというものは絶対起きない。
    それが世の中だと思う。最終決論なんてそうそう出せるものではない。
    いつの時代でも断片的な事しか出くわさない。
    我々は今その断片的な歴史の一部と接しているだけなんだと思うべきだと思う。
    大まかに言ってしまえば、朝鮮半島が有史以来一つの国に収まったことなんかほとんどない。
    南北統一という理想論はあるのかもしれないが、その現実はほとんどなく、あったとしたら日本統治の時代しか考えられない。

    例えば半島を西側と東側で分けた場合でも、実は微妙に人間性が違うということを以前ある書物で読んだ記憶がある。当然北と南の違いは明らかで、朝鮮半島の歴史は今の日本人が考えているイメージとその現実はかなりギャップがあると思った方が良いと思う。
    その意味では、今の南北朝鮮は理想の一つなのかもしれない。
    実際ここ数十年紛争はなく、様々な問題を鑑みても、世界的な平和論からいけば、一つの要素となる。
    何が理想か・・・と考える前に、なにが妥協点かと考えることが要求され、そのもとでは問題を抱える国々の間では、プライドが先行し決着はなかなか生まれないのが現実だと思う。

    どれほどの朝鮮半島人が正式な歴史認識を持っているかということが、本当は大事な要素で、仮に今回南北が協和し、理想論を現実化したとしても、それこそドイツと同じ現実が待っていて、韓国側の不満は一気に燃え上がると予想した方が良いと思う。

    そしてそれは半島内では収まらず、必ず中国や日本にもその問題は押し寄せてくると思う。
    本当の問題はそこからだと思う。
    色々な問題が起きた後に必ず訪れる人間感情はというと、「昔の方が良かった」というもの。
    実際ロシアでも1990年あたりではそのような国民感情が高まっていたらしい。

    はたしてのほほーーんと生きている現代人が、本当に朝鮮半島問題を解決できるのか否か、高みの見物をさせていただく思いです。

    あれ、これって駄目な考え方なのかな・・・?
    【2018/05/06 03:27】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    私の女房の姉は、今韓国人と結婚してチュンチョン(春川)地方の花川(フォアチョン)という町の更に奥地で肉牛を育てながら生計を立てている。
    ここはまさに北朝鮮と国境を接する地域であり、景観も素晴らしいい金剛山に匹敵する場所だと聞く。姉夫婦がここで生計を立てると聞いてから、私は残念ながら一度も訪れたことがない。
    今年はぜひ女房と一緒に行ってみようと思っている。

    昨年も行くか行かないかで姉と話し合ったのだが、、情勢があのような状態だったので断念し、女房の実家(福島県いわき市)のお墓参りとした。

    私にとって朝鮮半島情勢は、実は現実的な問題なのだ。
    昨年の秋ごろ、姉はこんな感じで私たちに語っていた。
    「周りが言うほどこっちは危なくないよ。だからぜひいらっしゃい」と。

    そしてそれは今考えれば現実だった。

    今年はぜひ行ってみたいと思っている。多分秋ごろになると思う。
    紅葉が真っ盛りの金剛山付近の韓国の景色を、この目で一度見てこようと思っている。
    【2018/05/06 09:19】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    長い目で見た、最悪のシナリオとはいったいなんでしょうね。

    韓国には一度行ったことがあります。
    どんなところか、よく見てきてくださいね。
    私は釜山だけ行きました。
    【2018/05/07 11:38】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/2140-f179a87a