• ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    08 | 2018/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 文化祭のパネル展示(09/16)
  • 通潤橋(09/10)
  • 九月!(09/02)
  • つくる会(08/31)
  • 新宿を(08/29)

  • RECENT COMMENTS
  • 黒ユリ (09/20)
  • あきんど (09/20)
  • あきんど (09/20)
  • あきんど (09/20)
  • あきんど (09/20)
  • 奥様 (09/19)
  • 黒ユリ (09/17)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2018年09月 (3)
  • 2018年08月 (14)
  • 2018年07月 (8)
  • 2018年06月 (6)
  • 2018年05月 (8)
  • 2018年04月 (5)
  • 2018年03月 (7)
  • 2018年02月 (7)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (657)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (131)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (55)
  • 読書からの連想 (78)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    渡り鳥の

    編隊?

    運転中に何気なく空を見たら、渡り鳥がVの字隊列で、かなりの数飛んでいました。

    わき見注意!

    信号で止まった時は、隊列の最後尾。

    拡大してみてください。
    スポンサーサイト

    【2018/02/07 16:34】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
    この記事に対するコメント

    北海道で渡り鳥と言えば、白鳥が一番有名です。
    私の町のとある海辺にも毎年やってきます。
    白鳥がV字飛行をしながら飛んでいる姿を一度だけ見たことがあります。
    3月の終わりごろ、甲高い鳴き声を轟かせながら飛んでいく白鳥たちが、まるで伊達の町に別れを告げるかのような、その生々しい姿を初めて見たとき、生き物の神秘を感じました。
    遠くシベリアまでの旅を、白鳥の本能がそれを決断させる瞬間を見た思いです。

    白鳥というのは、なぜか美しいイメージが先行しますが、実際にはそんなに美しくありません。足も短いし鳴き声もうるさいし、それによく食べるし。
    白鳥の湖というバレイの演目がどうやら誤解をまき散らしていると想像します。
    確かに水面を泳いでいるときは長い首がいかにも貴婦人ぽくって奇麗ですが、いざ陸に上がると蟹股でよっこらしょ・・・てな具合の歩き方です。
    しかもGaGaうるさいし、単純にアヒルがでっかくなっただけの鳥です。

    それに比べたら、鶴の美しいことよ。
    足は長いし、飛び方も優雅だし、餌の食べ方もおちょぼ口で気品があって、言うことなしのお鳥さんです・・・はい。
    しかも鶴は渡りません。一生そこに居続けるそうです。餌が合うんでしょうね。
    南の鶴(鹿児島当たりの鶴)は渡るそうです。テレビで知りました。
    韓国や台湾辺りに飛んでいくそうです。
    でも北海道の鶴は渡りません。

    私はその鶴を、二年前に初めて見ました。
    釧路に行った時の帰り道でした。
    湿原ではなく、普通の農家の牧草地帯に飛び交う鶴でした。釧路からはるかに離れた町でそれを見ました。
    感動しました。野生の鶴を初めて見た瞬間でした。餌付けされている鶴ではなく、100%天然の鶴です。自力で生きている鶴です。
    おいおいそんな保証どこにあるんだよ・・・と言われると、正直反論はできないのですが。

    まぁ、いいじゃないですか。
    どちらでも・・・。
    【2018/02/10 00:22】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]

    今居る故郷にも
    奥様
    ファイトとは思うのですが、中々元気でません
    私の今居る邑楽町と館林市の多々沼に白鳥が沢山飛来して来ているのに、見に行く元気もありませんが、幼馴染が、食事に行ってくれたり、息子家族が母の見舞いに東京から来てくれる、
    でも、今つくづく思うのは、奥様様のファンでここを拝読させていただき、それが良かったなぁ〜と
    【2018/02/10 10:58】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま

    地図で調べたら邑楽町は、昔私が日本橋呉服問屋街に勤めた板時代に、何度も通りすがった地域の一つでした。
    「おうらまち」と呼ぶんですね。
    その街の近くにある足利市などはよく行きました。
    たしか足利市には「古銭最中」という地元の土産品があり、昔からこの地域は繊維産業も豊かで、私が呉服問屋に勤めていた時代は、取引先からその呉服業のしきたりを学んでいた地域でした。

    私はたまたま当時毛皮部にいましたので、本当の呉服業を勉強していない人間ですが、間接的にいろんなことを学んだ時代でした。
    この地域は夏になると以上に温度が上昇する地域ですよね。
    おそらく毎年厳しい暑さに耐えながらお過ごしされているんあろうなと推測します。
    どうかお身体に留意されて、これからも楽しい投稿を読ませていただければ幸いです。
    あきんどより・・・。
    【2018/02/12 13:41】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    渡り鳥って、本当に力強いですよね。
    生き物の神秘、感じます。
    おお~~~っと、声が出ました。
    今まで見かけたことなかったので、感動しました。

    >bunnさま
    元気はなかなか出ないですよね。

    心がつらいのだから・・・・。

    でも、周りに良い方たちが沢山おられて、
    良かったですね。
    【2018/02/12 21:27】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    おうらまち
    あきんど様
    良くぞお読みくださいました。
    18歳まで居ました。
    実家は母が守っていたのですが、今は空き家に。母がいた頃は家族で良くいきましたが、もう邑楽町の白鳥を見に行こうと言い出す家族もなくて、でも、先日亡くなった幼馴染が、老後は邑楽町に帰っておいでよと言ってくれたのに、と通夜、葬儀のあとの直会でクラスメートに話したら、私達が居るんだから、東京とこっちと半々に暮らしなよ〜と
    幼馴染はいいですね〜
    足利は、直ぐ隣り町、子供の頃、足利の花火大会が楽しみでした。足利の最中も美味しいですよ〜、其れにしてもあきんどさんが、我が故郷をご存知とは、、ビックリ‼️
    人情味溢れる邑楽町、大好きな故郷😍
    奥様
    と、言う訳で、辛い日を故郷の人情味溢れる友人、知人の温情でなんとか乗り切れています。
    点滴だけの母は、穏やかな顔になって、私の辛さも和らげてくれました。


    【2018/02/12 22:41】 URL | bunn #- [ 編集]


    赤城の山も今宵限りか~~~~!

    >bunn 様
    おうらまち・・・「村が楽しい町」・・・と解釈してよろしいでしょうか。
    いずれにせよ懐かしいですねぇ。
    この近辺は東京から出張するにも、けっこう大変な地域でして、公共の足は少ないし、かといって取引先側から見れば、いくらでも便宜できるだろうというイメージがあって、実はけっこう大変な思いをした地域なんです。
    その当時決まりがあって日光までは絶対日帰りが強要されていました。
    さすがに日光にちょくちょく出向くことはなかったにしろ、一応そういう決まりでした。
    ですから、その地域の担当者は大変でしたよ。

    この地域には昔から着物においてプライドが高い意識がありまして、「群呉連」という集まりがあります。栃木にはそれがなかったかもしれませんが、群馬にはあるんです。でもやっぱり近い場所なので、お互いにかなり意識していました。

    話は変わりますが、栃木の名物は多分色んなものがあるんでしょうが、私にとっては一番の思い出は「しもつかれ」です。
    魚の煮込みというか、かなり醗酵した状態で料理していた記憶があります。
    これが魚の骨ごと食べられる状態に仕込んでいて、本当に美味しいと思って食しました。
    こういう保存食を生み出す知識こそ、日本の食の豊かさの象徴だと、つくづく思います。

    北海道は昔から新鮮な食材に恵まれていたせいか、こうした発酵食品が少ないのです。
    たとえばぬか漬けを作る家庭もほとんどいません。
    寒い地域なのが理由なんでしょう。

    北海道にはあまり起こらない現象ですが、栃木なんか絶対毎年、異常気象がありますよね。
    熱帯夜の代名詞のようなところですよね。そんな暑さをしのぐのに「漬物」は本当に大切な食材だと思います。毎朝キュウリのぬか漬けを二切れか三切れ食すれば、食事の満足感が得られますし、適度な塩の補給は大切だと思います。
    この毎日の食事の習慣こそ、忘れてほしくない本当の日本食だと思います。

    ところで邑楽町もおそらくそうなんでしょうが、この地域から眺める「名月」は本当に美しいですね。
    昔、仕事帰りに佐野のインターチェンジに入る間際、満月の夜空につい見惚れてしまった記憶があります。

    赤城の山も今宵限りか・・・の有名な台詞。

    関東平野のど真ん中に位置するような、その真っ平らな大地のこの地域。
    都会に一番近い地域なのに、「田舎」を忘れない絶対の自信が根強い根性。
    そんなことを、この地域から学ばせていただきました。

    東京の本当の姿は、この地域を学んでから臨むべきなんじゃないかと、この時代になると思いますね。
    【2018/02/17 07:39】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]

    よくお分かりで
    あきんど様
    こんばんは、宮崎正弘さんの講演会に行ってきました、母が持ち直して、今日予定日より一日早く孫娘が誕生して、ホッとして、喜びいさんで聴講してきました。素晴らしい講演内容、主催者も、普段の参加者とレベルが違うなぁ〜と
    さて、邑楽町のあれこれ、よくお分かりですね〜
    仰る通りの邑楽町町民です。
    私は、ぬか漬けつけてましたよ、子供達が、いなくなってからは、東京人の夫が食べないのでやめましたが、
    善良な人が多いですね〜
    全くの田舎人
    腹に一物なんか全くなくて、人情が厚い。
    着物は、中野絣が有名で、祖母の実家は、織元
    祖父の実家は、五代将軍綱吉の城代家老を二代に渡ってやった家柄、やはり祖父の方がおっとりしていましたね〜、袴をはいてテニスをやった祖母は、私が中学に入ったら、テニスを勧めて、我が家は、田舎の方言は使わない、他人の出入りが多い家でした
    【2018/02/18 01:27】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    お孫さんのお誕生、おめでとうございます。

    ほっと少し安心されましたね。
    宮崎さんの講演会、いいですねぇ~~~
    私も去年だったら、行けたのになぁ・・・・

    ご先祖さまは、なかなか格式の高い方々のようで、
    袴でテニスなんて、素敵ですね。
    【2018/02/18 21:13】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/2123-3cd426c7