• ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    11 | 2018/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 日本の地形(12/12)
  • 韓国問題(12/02)
  • 長女の七回忌(11/25)
  • 母の一家(11/24)
  • みなとみらいの(11/21)

  • RECENT COMMENTS
  • bunn (12/15)
  • 奥様 (12/14)
  • 池田俊二 (12/14)
  • 黒ユリ (12/14)
  • 池田俊二 (12/14)
  • 苹@泥酔 (12/14)
  • bunn (12/13)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (7)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年09月 (6)
  • 2018年08月 (14)
  • 2018年07月 (8)
  • 2018年06月 (6)
  • 2018年05月 (8)
  • 2018年04月 (5)
  • 2018年03月 (7)
  • 2018年02月 (7)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (676)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (131)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (55)
  • 読書からの連想 (78)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    スイミング再開
    去年休会していて、また再開したのに、
    なんとなくおっくうで、
    ジムに通わない日々が続いていた。

    それでももったいないし、
    もうちょっと泳げるようになりたいので、
    寒い夜に、ジムに出かけるようになった。
    午前中は人が多すぎるので、
    自然夜になる。

    クロールの息継ぎが本当に苦手!
    でも、平泳ぎはキックがとても上手い?らしく、
    長く水泳をしている人をぐんぐん引き離す。
    息継ぎも顔をあげられるので、
    安心してできる。

    平泳ぎだけだ・・・・・

    何往復もクロールをしている人を見ると、
    どうやって息をしているのか、
    体力をどう維持しているのか、
    不思議でしょうがない。

    いつの日か、できるようになるだろうか・・・・


    スポンサーサイト

    【2018/01/30 22:52】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    この記事に対するコメント
    今日は、2000泳ぎましたよ〜
    奥様
    マスターズで1200、その後200泳ぎ、フォームを見ていただく講習でバタフライを習って、クロールの初心者クラスに入って基礎を復習。全て終わってから自主練習を300
    トータル、2000メートルは超えたかも。
    水泳始めて15年以上、泳ぎながら不思議だなぁ〜って
    奥様と同じでしたから、
    余裕が出て来たので、卓球🏓を一昨年から始めました。水泳🏊‍♀️より、上達が速いです。
    個人レッスン受けていますから、水泳は、全く個人レッスン受けてないので、マスターするのに時間がかかりました。
    平泳ぎが一番苦手、奥様が羨ましいです
    【2018/01/31 19:12】 URL | bunn #- [ 編集]


    以前書いたかどうか忘れましたが、息子が小学生のころスイミングスクールに通っていて、地元のプールには通い詰めました。
    私は泳げますが速くはないです。
    いつだったか、息子と温泉宿のプールで一緒に泳いだ時、完全におちょくられる感じでした。私は必死に泳いでいるのに、息子は私のペースに合わせて泳ぐという、まぁ親として初めて息子がたくましく思えた瞬間だったわけですが・・・。

    その息子がスイミングスクールに通っているとき、このスクールは先生方のボランティアで成り立っている関係で、一つの組織みたいな仕組みでして、毎年それをまとめる意味で、参加している家族の親が代わる代わる組織の長を任されるんです。
    私も一度それを経験しました。
    そんな時、ある問題が起きました。
    一人の講師が依怙贔屓(えこひいき)して指導しているという言葉が、お母さん方から出たんです。そしてその問題に関連して、子供たちの間でもそれに対して不満があり、ある問題が起きてしまいました。
    それを解決するために当時会長だった私が仕切る形で色々話し合いがありました。

    先生もボランティアですが、会長という立場もボランティアです。
    いったい誰に責任を押し付けていいのやら、組織的にか弱さを露呈した形になってしまったのは事実です。

    この時は当事者の子供もこの問題の舞台に参加しなければならない事態になってしまいました。本当はそれは避けたかったんですが、悩んでいる家族のご両親が子供から話を聞いたところ具体的な名前が出てきてしまい、どうしても両者が立ち会わなければならなくなってしまったのです。

    どちらにも言いたいことがあるというこの問題を、私はさんざん聞かされて対処しました。でもその時日録で得た論争の解決のための様々な経験が、けっこう役に立ったんです。
    やっぱり、どんな問題でも、隠さずちゃんと真正面から向き合えば、けして間違った方向には行かないわけです。あの時私が面倒くさそうな面持ちでこれに対処していたら、たぶん解決しなかったと思うんです。一番大切なのは、子供同士が誤解を解消するということ。
    この問題点を一番大切にして、あとは親たちがそれに真摯に向き合えれば、子供たちもおそらくわかってくれると考えました。おそらく終わったばかりのころは子供たちはお互いにまだ不満が残っていたでしょう。でも親たちがちゃんと向き合ってくれたことには納得していたと思います。普段大人しそうな子が、目をむき出して相手をにらんでいる姿を見たときは、さすがに私もこれは大変な事態だなと思いました。たまたまこの時は女の子でしたが、もしかすると、男の子にはこの年齢では例が少ないのかなとも思いました。
    こんな経験から、女の子を養う場合は、小学校4年生頃が一番大切な時期の入り口なんだなと感じました。

    大切なことは、子供が伸び伸びとスポーツに励むこと。これを一番にしました。しかし、同時に問題を隠さないこと。お互いがちゃんと向き合って言いたいことを言いましょうという方法で臨みました。

    この問題が終わりに近づいたころ、数名の参加者から電話をいただき、ご苦労様でしたという言葉をいただきました。そのあとしばらく経って開いた年度末の講師と組織長の飲み会でも、いろいろお言葉をいただきました。
    「来年も池田さんにお願いしたい」と言われましたが、私ははっきりと「毎年この役目を色んな方々が担うことで、こういう問題もお互いが共有できると私は思います」と言いました。

    こんなことが毎年起きるかどうかはわかりませんが、一年もやれば十分です。
    唯一勉強になったのは、泳ぎ方の指導というのは、かなり個人によって違いがあるということ。それからもう一つ。
    泳ぐ前は食べ過ぎにご注意ください。吐いちゃうこともあるそうで、プールはそれが一番厄介だとか。

    野球とかサッカーだとか、人気のスポーツは意外と施設費がかかりませんが、水泳だとかあとスケートなんかもけっこう施設費がかかります。
    スイミングスクールに所属するとなると、毎月何万もかかります。
    このあたりをどうにかしてほしいという現場の意見はかなりのものでした。
    【2018/02/01 06:40】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >bunnさま
    尊敬!の一語に尽きます!!!
    その体力!その呼吸力?!素晴らしいです。

    >あきんどさん
    その話は前に聴いた覚え、ありません。
    そう、特に寒い冬など、
    これだけの膨大な量の水を温めるって、本当に経費がかかるだろうなぁ~~~
    ということ。

    あ、それから私がいつも思うのは、
    寒い時期の寒い地方の夜の露天風呂。

    経費かかるだろうなぁ~~と、
    これもいつもいつも思います。
    【2018/02/01 10:17】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >あ、それから私がいつも思うのは、
    寒い時期の寒い地方の夜の露天風呂。

    経費かかるだろうなぁ~~と、
    これもいつもいつも思います。<

    >奥様

    かかるみたいですよ・・・かなり。
    もちろん温泉ですから、お湯はただで湧いてきます。
    でもほとんどの温泉宿の場合、源泉保有者から分けてもらっているのが現実で、独自で温泉を掘り当てた方とそうでない場合の差は歴然です。

    洞爺湖温泉の場合は、源泉がたまたま町の管理地に沸いているため、それを共有しています。その温泉が湧いてから102年目になります。
    ブラタモリでも昨年紹介されていましたので、詳しいことはそのビデオでご確認ください。
    そこで映された足湯の宿に私は勤務しています。

    私の勤める宿もそうなんですが、最上階にお風呂を施しています。
    これは実はかなりの経費がかかります。
    温泉の通る管を途中で温めないと、温度が保たれないのです。
    本当は地上に設置されていれば理想的なんでしょうが、なにしろ地上9階から眺める景色が何とも言えない解放感を味わう世界なので、お風呂は高いところに設置しております。

    一度だけ私も昼間にこの風呂を体験しましたが、まぁ何といいましょうか・・・こんな贅沢を味わっていいのかなという瞬間でした。
    目の前には洞爺湖とその中心に浮かぶ中島が映り、そのわきに羊蹄山という円錐形の山があり、こんな贅沢な風景を風呂に入りながら眺めることができるという、この上ない贅沢は、極楽極楽・・・。

    おっとっと、ついついコマーシャルしてしまいました。
    でも、機会があったら洞爺湖の宿、おすすめですよ・・・。
    【2018/02/01 15:14】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    行きたいです~~~~

    ぜったい、ぜったい、行きたいです!!!
    【2018/02/01 20:46】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/2120-357b2926