• ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    11 | 2018/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 日本の地形(12/12)
  • 韓国問題(12/02)
  • 長女の七回忌(11/25)
  • 母の一家(11/24)
  • みなとみらいの(11/21)

  • RECENT COMMENTS
  • bunn (12/15)
  • 奥様 (12/14)
  • 池田俊二 (12/14)
  • 黒ユリ (12/14)
  • 池田俊二 (12/14)
  • 苹@泥酔 (12/14)
  • bunn (12/13)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (7)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年09月 (6)
  • 2018年08月 (14)
  • 2018年07月 (8)
  • 2018年06月 (6)
  • 2018年05月 (8)
  • 2018年04月 (5)
  • 2018年03月 (7)
  • 2018年02月 (7)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (676)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (131)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (55)
  • 読書からの連想 (78)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    父のこと37
    先日上京したおり、
    母方の叔父のお見舞いに行った。
    御年90歳。
    私の母の妹つまり、叔父の妻は60代で亡くなり、
    その後叔父は一人息子の長男と二人暮らし。
    その後のその後・・・・息子が結婚し家を出、
    男寡一人暮らしとなった。

    ものすごく気の強い叔父は、
    人に甘えることを良しとしないので、
    訪問介護も最小限度で暮らしていた。
    一昨年、家に訪ねて行ったときには、
    大きなテレビをつけっぱなしにして、
    お風呂にもあまり入っていない様子だった。

    去年の年末、急に具合が悪くなったとかで、
    入院している、と従兄弟(つまり叔父の長男)から連絡があった。
    極度の脱水、衰弱・・・・。

    認知症が始まっていると聞いたが、
    見まいに行ったときは、話す内容はしっかりしていて、
    うちの今年4月で97歳になる父と比べても、
    雲泥の差。
    父とはもう会話ができない。

    だけど、叔父は入れ歯を使っていないせいか、
    柔らかいものしか食べられないとかで、
    うどんしか食べていないという。
    おかずはぜんぜん食べられない・・・・。
    うちの父は、食べる食べる!
    自分の手をかじりそうになるくらい、
    食欲がある。
    今日もフルーツ、ショートケーキ、
    いかせんべい、ピーナッツの入ったお菓子、
    コーヒー、
    出されたおやつを全部食べた。

    食い力だ!

    叔父がもっと食べてくれさえすれば、
    もう少し元気になれるのに、
    今では病室のテレビも全く見ないという。

    私はこの叔父が大好きで、
    あと三口くらい余分に羊羹を食べさせてあげればよかったと思う。
    頑張る!と別れ際に、叔父は言った。
    頑張って、食べて欲しい。
    スポンサーサイト

    【2018/01/18 21:19】 介護 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    この記事に対するコメント
    母が入院、退院
    奥様
    お偉いわね〜、母の介護でジタバタしている私とは大違い。
    お父様と違って入院して、モルヒネを投与されたからか、すっかり痩せて、食欲もなくなって、可哀想で、みてられなくて、
    奥様は、しっかりした女性ですよね〜
    私は駄目な娘で、
    【2018/01/21 21:39】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    いえいえ、私はしっかりはしていませんよ。
    ただ、能天気?なだけ。

    物事を深刻に考えないタイプ?なんでしょう・・・・・

    おかあさま、心配ですね。
    食欲がないなんて、本当に一番、力がでなくなりますから、
    なんとか、少しでも食べて欲しいですね。
    【2018/01/21 21:46】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    突然ですが、西部進氏が自殺したそうです。
    多摩川に入水自殺だそうです。

    ご冥福をお祈りします。

    実はチャンネル桜でも自殺をほのめかしていました。
    持病が悪化していたようですが、その真意はよくわかりません。
    【2018/01/21 23:18】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    西部氏は、皆さんご存知の通り、長年西尾先生と論陣を張った、云わばライバルでもありある意味同朋でもあり、しかし突き詰めたところでは常に意見を異にしていた存在として、私にとっては西部氏がどのように西尾先生に歯向かうかが、興味のポイントでもありました。

    西尾先生が彼をどのように受け止めていたのかはわかりませんが、私の立場から言わせていただくと、反米主義を貫き通す立場をもちながら、実はどんな日本の姿も彼にとっては許容範囲なんじゃないかと思うことがしばしばあったのは事実で、まさか自殺をするとは思いも寄りませんでした。かれはもっと柔軟な人間だと思っていましたが、思いのほかストイックな方だったということなんでしょうか。
    しかし先日19日にチャンネル桜で中山京子さんと対談されているんです。収録はそれよりももっと前でしょうが、その中で彼は中山さんに対して人間的な賛美をコメントしています。そういう意味からはストイックという言葉も的外れであり、なかなか彼の本当のところを知ることは難しいというのが私の感想の総体です。
    が、彼の著書でこの部分だけはとても感銘を受けたところがあって、それを述べたいと思います。

    要約ですのでご了承ください。
    「人間の出会いは偶然の連続である。その偶然の連続の中で本気で向き合える出会いがあれば、そしてそれが異性であったならば結婚という意識が生まれる」と。

    私はこの言葉だけは本当に今も座右の銘でして、おそらく彼もその通りに結婚され家庭を築かれたんだと思います。
    でもその最愛の妻を失いご自身も手足のしびれがおこり、生きる価値観の半分を失いかけていたと感じる部分はこの言葉から察することができます。
    そうしたナルシスト的な部分が彼には大きく存在していたとみるべきなのか、それともそれを自然な人間の感情だと受け止めるべきなのか、いったい彼は世の中からどう評価されたかったのかがわからない人物だったというのが、もっとも的を外さない考え方なのかと思います。
    【2018/01/22 12:07】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    そうそう、中山恭子さんとの対談、
    私も見ました。

    奥様を亡くされ、
    本当につらかったのでしょうね。
    16歳の時に出逢ったと何かに書いてありました。
    【2018/01/24 21:18】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/2117-3c02828c