奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES
  • 今日このごろ(11/08)
  • 大銀杏(11/05)
  • 劇「めぐみへの誓い―奪還―」(10/31)
  • 自動車の品質管理(10/30)
  • 地域の文化祭(10/29)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (11/18)
  • あきんど (11/16)
  • あきんど (11/16)
  • あきんど (11/16)
  • 奥様 (11/15)
  • あきんど (11/15)
  • あきんど (11/14)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (577)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    倉敷



    一年半前に倉敷には訪れていたので、
    今回、あまり一生懸命に見ることはないと思っていた。
    前回は大原美術館が主、
    今回は人力車に乗って、
    全体を見ることができた。

    大原さんという、資産家が
    空襲で燃えなかったこの街を、
    大切に残したいと私財を投じて守ったから、
    今ではとても素敵な美観地区となっている。

    夫の同期会で一年に一度集まるのが、
    今回の倉敷。

    金沢、倉敷・・・・・・江戸時代の町並みは美しいのに、
    なぜ、現代の町並みは美しくないのだろう。
    自由すぎるからだろうか。
    スポンサーサイト

    【2017/10/08 15:30】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    この記事に対するコメント

    北海道がその象徴です。
    せっかく恵まれた環境にありながら、誰も美しく街並みを残そうという意識が、まったくありません。
    西尾先生はこの現象を、「日本は個人の家が一つの世界を生む」家づくりを築き上げてきた。
    ヨーロッパは個人の負担を極力減らう代わりに、街並みを揃えることで社会性を統一してきたと語っていました。

    ヨーロッパは一歩外に出たら社会が待っているが、日本は一歩どころか数歩あるかないと外の世界に届かない文化を築き上げてきたと。
    街並みが揃わないのはその部分が何か起因しているとときます。

    さてほんとうにそうでしょうか。
    倉敷の街並みや、京都の街並みは、何が何してこうなっているんだろうか。

    それぞれ事情があるかとは思います。特に京都はなにかがありそう。
    (ウナギに寝床・・・とか評して、京都の家並みはあまり理想的な形では評価されていないイメージがあります)

    それはともかく、私が知る範囲では山形県(特に庄内地域)が、立派な家づくりの多いところだと思います。
    今から30年前は、山形県は預金保有高が全国一位だと教えられました。
    その反面、消費高は全国ワースト一位なんだそうで。
    そんな町に、私は若いころ訪問販売をしました。呉服問屋に勤めていた時です。

    山形市内の呉服屋さんの案内で訪問し、商品を販売する作業です。
    呉服屋さんの特権というのがありまして、普通商品を売る人は、勝手口のみ許される場所ですが、呉服屋だけは表玄関から訪問できる風習が全国的に共通した習いになっています。

    その日も私は表玄関からお邪魔して、商品を紹介しました。
    とにかく訪問させてもらった家々は、そのほとんどが大変立派な家ばかりです。
    おそらくこれは楽に商売が成立すると思いきや、どこの家に訪問しても、全く商売につながりません。
    しかも商談中はにこやかに会話が弾み、お茶はどんどん出てくる出てくる・・・。

    そんな機を狙って、いよいよ商売に話が許される時間かなと思って、私からやんわりと品物を紹介しようとするのですが、その瞬間に「そんなのいんねぇ」と断られ、その後も延々とお茶を飲まされながら話に付き合うわけで、おそらく一軒での滞在時間は平均して二時間でしたね。

    こんな修行を問屋時代は何度も経験しました。

    訪問販売という特殊な販売方法が許された日本の風土。
    幸せの象徴です。
    なにしろ、向こうの方から売りに来てくれるんですから。
    豆腐屋の音色、おでん屋の灯り、ラーメン屋の夜泣き、牛乳屋さんのカチャカチャ、新聞屋さんのしたたかな通し、そしてサラリーマンんの眠気半分の朝支度。

    どれもが日本ですが、多分これらほとんどが、戦後の風景。
    唯一伝統的なのが、呉服屋の訪問販売。

    本来、訪問販売は、選ばれし家のみ為された行為
    それは勲章に値するわけで、持っていく方もかなり緊張しなくてはならないのが普通。

    ちなみに私は訪問販売が大得意でした。
    あまり売る気持ちを表に出さないのがコツで、お客さんは買う気がなくても商品を見ると買う気が起きる気持ちが自然と生まれるのが普通で、そういう雰囲気を作り上げながら商品を紹介することを心がけました。

    呉服屋という社会性を大いに利用させてもらった時代でした。

    今はこれが消滅に近い状態なのかもしれません。

    ついこの間までやっていた仕事だというのに・・・・。

    【2017/10/10 21:33】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    デパートの外商などが、今でもその商法をやっていますね。

    ミキモトのパールとか、結構値の張るものをさりげなく持ってきます。

    呉服屋さんからダイヤのネックレスを買ったこともあります。

    そう、あとは人間関係ですよね。
    三越の外商で、夫に取り入った人は、
    だいっきらいでしたが・・・・・。
    【2017/10/12 20:15】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >デパートの外商などが、今でもその商法をやっていますね。

    >ミキモトのパールとか、結構値の張るものをさりげなく持ってきます。

    >奥様

    さすがお医者様のお宅ですね。
    三越の外商が来てくれるだけでも、勲章ものです・・・(売る方の立場から見た高びーな目線ですが)

    最近はこうした現象が相当減っていると想像します。
    ある意味売る方も買う方もなんだかギクシャクしちゃう感じなのかなと思います。

    私が子供の頃は、番頭さんがこんなことをよく言ってました。
    「商売は訪問販売が一番理想的だ」と。
    なぜなら値札が必要ないからだそうで、本当の呉服屋には値札なんかないというんです。

    そんな風習を打ち破ったのが、奥様が気に食わない三越の本家「越後屋」です。
    江戸時代に店頭販売を本格化したのもこのお店です。
    画期的だったのは、すべての商品に「値札」を表示しました。
    その由来で、以後値札のことを、呉服業界では「越後札」と称します。

    実はこの話、昔の日録でも一度書きました。
    【2017/10/14 00:13】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/2083-573853ef