• ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    08 | 2018/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 新潮45休刊(09/26)
  • 言論弾圧(09/21)
  • 文化祭のパネル展示(09/16)
  • 通潤橋(09/10)
  • 九月!(09/02)

  • RECENT COMMENTS
  • 池田俊二 (09/26)
  • 奥様 (09/26)
  • あきんど (09/25)
  • 奥様 (09/24)
  • 黒ユリ (09/24)
  • キラーカーン (09/24)
  • 苹@泥酔 (09/23)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2018年09月 (5)
  • 2018年08月 (14)
  • 2018年07月 (8)
  • 2018年06月 (6)
  • 2018年05月 (8)
  • 2018年04月 (5)
  • 2018年03月 (7)
  • 2018年02月 (7)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (659)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (131)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (55)
  • 読書からの連想 (78)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    写真は

    関係ないけど。

    坦々塾という、西尾先生主催の勉強会のため、上京しました。

    宮本さんという、産経新聞の記者の爆買される日本の領土についての講義と、西尾先生の日本の政治風土?についての講義でした。四時間の長丁場で、その後懇親会。

    対馬、佐渡、北海道、、、買われてます。今に日本ではなくなるかも。

    スポンサーサイト

    【2017/10/02 09:37】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    この記事に対するコメント

    おちょくっているわけではありませんが、最近の世相を踏まえて語ります。
    しかも竹村健一風に・・・。

    「だいたいやねぇ、今の自民党はやねぇ、偉うなるにはそんじょそこらの玉ではなれんのですよ。なんせよく見渡したらわかりますやろ、あっちむいてもこっちむいても二世三世の先生方がぎょうさんおるやろ。総裁候補の順番待ちのごとくに、まるであれや・・・ほれ、田中角栄が毎日あたえておった、鯉の餌やりみたいなもんや。血統付きの鯉ばかりいけすにためとって、角栄が元気な鯉から餌をくれたるっちゅう論理や。
    ですから見てくださいよみなさん。自民党は「サラブレッド党」に改名するべきだと思いませんか?JRAならぬJRG(ジャパンレーシングガバメント)でっしゃろ。
    それに比べて「希望の党」。
    小池百合子・・・どうですか皆さん。元々彼女は私のアシスタントだったこと、覚えていらっしゃる方どれだけおりますかね。
    なんせこの方「アラビア語」をマスターしている才女ですよ。
    こんな女性ほかにおりますか?
    いっぺん彼女にですね、日本の視点を変えてもらった方が良いと思いませんか皆さん」

    東京訛りの大阪弁の竹村氏なら言いそうな語り口だと思い、書いてみました。
    別に私が↑の通りに考えているわけではありませんが・・・。
    【2017/10/04 05:23】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    西尾先生がいつも自民党には思想がない、あれは
    反共だけ考えていればよいと、GHQから委託された党だ・・・・と。

    でも、今回の選挙、どうなることやら~~~

    「立憲民主党」って、社会党そのものですね。
    【2017/10/06 22:45】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    もう一つ、別の方にご登場して頂きましょう。
    北海道の大スター「松山千春」さんです~~~。

    この後は松山千春節で語ります。
    「あのさぁ~~あ。みんなしってるとおもうけどさぁ~~あ。俺このまえさぁ~~あ。さっぽろからさぁ~~、大阪に向かうひこうきでさぁ~~あ、一時間以上待たされたわけよ。それでさぁ~~あ、こりゃあみんなひまこいてんなぁ~~~とおもったからさぁ~~~CAに無理言ってマイクをお借りしたわけよ、そしてさぁ~~~あ、こう言ったのよ『ご搭乗の皆様ただいま飛行機は一時間以上遅れておりますが、どうかもうしばらくお待ちください。』そしてさぁ~~あ、ついでにというかなぜかそうなったんだけど、『大空と大地の中で』をアカペラで歌ったのよ、そしたらさぁ~~あ、それがYOUチューブに載っちゃってさぁ~~、いま結構話題になってるっていう話なのよ。」

    こんな感じで、相変わらず呑気な北海道は、ミサイルが上空を通過しようが、我関せずな雰囲気満載です。
    なにしろ管理不行き届きな土地は、どんどん中国に買われ、それどころか完全に時代遅れとなった民進党の後追いを未だに引きずっているという話もちらほらあります。

    このまえ、こんな田舎でも民進党の車が連日叫んでいて、誰も聞く耳を持たない中、ご苦労さんです~~~みたいな雰囲気の中で、なんだか一生懸命語っていましたよ。
    せめてこういう時は聞いてあげようかなぁと思ったんですが、たまたまその宣伝カーの前を、我関せずの野良猫が通り過ぎるのを見て、「あぁ、こりゃ民進党も世の果てだな」と思った次第。

    こんな流れで、たぶん今回の自民党の票は、都心では負ける可能性はあっても、地方では多分圧勝する可能性があると予測します。
    共産党の流れは今回は弱いと予測します。

    話は元へ。
    松山千春は北海道では知らない者がいません。
    実は彼が足寄工高でバスケットをしていた時の顧問が、私の母校伊達高校に赴任しまして、日本史の授業をやってました。その授業の中で当時、松山千春の話題をふりまいていましたよ。
    私は当時「松山千春って誰?」ってな感じです。

    そのうち妹がファンになり、松山千春もテレビに出るしで、一気に彼の名声は高まるわけですが、どうしてなのか彼は鈴木宗男氏と恋仲になり、以来彼は鈴木宗男一本やりなわけです。

    元々彼の父親は独自に新聞を作り配達するという、かなり自由人に近い存在だったようで、家系は母親が工面していたのが実態のようです。
    千春さんはそうした家族の実情の中で、父親を崇拝する環境にあったということですね。
    ある意味純粋ですが、でも根っこはかなり頑固でしょう。
    多分半端ない領域でしょうね。
    父親はおそらく、反骨信が旺盛で、その血はしっかり千春が受け継いでいるというのが事実でしょう。

    彼がTBSの「ザ・ベストテン」に出なかったのは、(最後は出ましたが)簡単な理由で、テレビ局の関係だけの問題です。別に深い意味はないのです。
    そのうち、吉田拓郎とか井上陽水がテレビ出演する流れになって、その流れを待てましたと言う感じで、彼はテレビに出るようになりました。
    東京の方々は案外知らないかもしれませんが、たかじんとの共演でテレビに出ていることがしばしばあります。

    そんでもって、この松山千春という人物は、煮て良いのか焼いて良いのかよくわからない声明を放つわけです。
    わかっているんだろうけど、わかっていない・・・みたいな印象です。
    ある意味鈴木宗男そのものです。

    ただし、唯一見逃せないのがロシアとどれくらい親密かですね。
    ここはチェックです。
    【2017/10/10 07:22】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    今回鈴木親子両方が選挙に出るって聞きました。

    マスコミは悪役を決めてバッシングするのが上手ですよね。

    しばらくすると忘れるのが日本人ですが・・・・。
    【2017/10/10 09:42】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/2080-790824cd