奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 雨風(10/23)
  • 核兵器について(10/18)
  • 昨日の料理(10/18)
  • 定点観測?(10/12)
  • 倉敷(10/08)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (10/24)
  • 奥様 (10/23)
  • 苹@泥酔 (10/22)
  • あきんど (10/21)
  • 奥様 (10/20)
  • 奥様 (10/20)
  • あきんど (10/20)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (8)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (572)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    パティオで

    花火。

    約四年ぶりに、四番目の長男(ひだりはじ)が帰ってきた。
    家族一同集まり、食事の後の、花火大会?

    父親に合わせる顔がないということで、
    ずっとずっと疎遠だった息子、
    やっと晴れ晴れとした顔つきで帰ってきた。

    まだこれから色々紆余曲折があるだろうが、
    最悪の事態から脱却したので、
    しばしの幸せなひと時を満喫することができた。

    ややこしい話はまたいつか・・・・・。
    スポンサーサイト

    【2017/08/06 05:59】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)
    この記事に対するコメント

    >奥様

    良かったです・・・本当に。
    【2017/08/08 01:02】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん

    共感していただき、うれしいです。

    甥っ子、姪っ子、「おじちゃん」がいっぺんに大好きになったようです。
    【2017/08/08 08:52】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >甥っ子、姪っ子、「おじちゃん」がいっぺんに大好きになったようです。

    たぶん「おじちゃん」の視線が、子供達には新鮮だったのではないかと想像します。
    子供たちはおじちゃんの本当のまなざしを素直に受け止めたんだと思います。
    【2017/08/08 09:14】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    新鮮だったでしょうねぇ~~~

    おじちゃんの気を引こうと、
    一生懸命でした。
    ハンドスピナーって知っていますか?
    一年生の甥っ子は、
    余った?それをおじちゃんにどうしてもあげるんだと言って、
    あげてました。
    お返しに?時計をもらっていました。
    おじちゃんが早々に帰ってしまったのを知って、
    半べそだったそうです。

    何がそんなにひきつけたのかなぁ~
    【2017/08/09 20:30】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    ハンドスピナーは知ってます・・・といういか、会社で見ました。
    「なにこれ?」と聞いたら、情緒が不安定にならない道具だというので、だったら駒回しの方がずっと面白いし効果的じゃないかと思った次第。

    >おじちゃんが早々に帰ってしまったのを知って、
    半べそだったそうです。

    おそらく・・・おそらくなんですが、おじちゃんは自分の家を独占していないからだと思うんです。ちゃんと子供たちに居場所を与えてくれていることが、子供達には敏感に受け止めているんだと思います。

    お嫁さんだってそうじゃないですか。居場所があれば気持ちが楽になるけど、居場所がないと誰だって居づらくなるもんです。
    子供たちはそういう居場所を案外意識して遊んでいるんです。
    それをちゃぁんとおじちゃんは確保してくれたんだと思います。
    子供たちの目線になって彼はそれを無意識に提供したんだと思います。

    多分・・・多分ですが、そうした人間性は、ご主人から受け継いでいるんじゃないかと感じます。一度もお会いしてことがないご主人の人間性に、決めつけた言い方をすることをお許しください。

    最初は奥様の人間性の中に、ご子息の人間性を形成する素質が強くあるのかなと思っていたんですが、こうして色々お伺いしていると、ご子息はご主人と本当はとても人間性が近いのではないかと感じるようになりました。

    どうしてそう感じるかと言いますと、奥様が日録管理をされていることに、ご主人がちゃんと理解を示している点だとか、旅行の計画を奥様が色々練ってそれをご主人さまは一切口出ししない点だとか、このスタンスを、ご主人がご子息で、奥様がお孫さんたちに置き換えると、お孫さんたちはおじちゃんが優しい眼差しで接してくれる立場ですし、それは奥様方ご夫婦の関係性そのものなんじゃないかと思います。

    やっぱりご子息はしっかりご主人の人間性を継承されていると私は思います。
    そうでなければ、こんなに自分を苦しめる生き方を、選択しなかったんじゃないかと思います。
    【2017/08/09 23:22】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    もう一つ」書かせてください。

    ご子息と私もおそらく少し似ていると思ってます。
    私の勝手な思い込みですが。
    自分一人が幸せになることを一度も考えたことがない・・・これって、あり得ないと思うかもしれませんが、裕福な家庭に生まれた息子は、実は単純にそんなことをいつも考えているんです。

    どんなに賢い女性であっても、やっぱり女性は自分を守る本能があって、女性社長に違和感を感じる根本的なものはそこにあると私は思います。
    男性はどうしてなのか、生きる価値観が守りとは別の世界で燃え滾る習性があるんだと思います。
    私が池田の借金を背負ったのも、そんなところに起因していると思います。

    周りが幸せになることが、自分の生き方の中心と寄り添っている。

    今の私はこれ以上の表現ができません。そう感じながら生きています。
    ご子息は間違いなくその世界にいると感じます。

    いつも困ったときには必ず存在する母親の存在は、実はこの息子にはあまり存在感がないことも想像しておいてください。
    父親がこの世からいなくなって、初めて自分は父親の息子だったんだという認識が構築されることもあるんです。
    私はまさにそのパターンです。
    母親一辺倒だった私ですが、父親の生き方を受け入れることができた瞬間から、自分は変わりました。
    【2017/08/10 03:29】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    あはは・・・・・

    そうかもしれないし、そうでないかもしれませんね。

    息子は今までずっと父親に合わせる顔がないと言って、
    帰ってきませんでした。
    僕はお父さんに殺されても仕方ないなんて、
    言っていたこともあります。

    父親を相当意識していることは間違いありません。
    父親を尊敬していると、教授に言っていたそうです。

    【2017/08/18 21:15】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/2059-d3936527