奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 核兵器について(10/18)
  • 昨日の料理(10/18)
  • 定点観測?(10/12)
  • 倉敷(10/08)
  • 祭り2(10/08)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (10/22)
  • あきんど (10/21)
  • 奥様 (10/20)
  • 奥様 (10/20)
  • あきんど (10/20)
  • 苹@泥酔 (10/20)
  • あきんど (10/14)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (7)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (571)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    冷蔵庫
    ローエル生活を支えた?冷蔵庫・・・・・

    妹から、欲しい人がいると連絡が入り、
    なんとも言えない気分になっている。

    昨年の半年は、
    思いもよらない生活で、
    雑用はあれども、
    部屋に帰れば本当に独り身だった。
    それは長年の専業主婦としては、
    まず味わうことの出来ない自由?というか、
    不思議な世界だった。

    冷蔵庫はやはり、夏場は必需品だから、
    最小限と言いながら、
    購入した。
    テレビ、ガスコンロ、照明器具・・・・・

    あと半年、部屋はキープしておこうとは思うが、
    冷蔵庫はあげてもいいと結論を出した。
    長期滞在はないと思うから。

    どんなことでも、終りがある。
    スポンサーサイト

    【2017/07/28 22:30】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    この記事に対するコメント

    電気やガソリンで動くものに、どうして人間は愛着を覚えるんだろう。

    >奥様
    短時間ではあっても自分が必要だったものが、いなくなることの人間の弱さはしみじみわかります。
    昔、池田株式会社家具店という看板を背負ったトラックが、伊達の町を右往左往する様を見て、市民からは「池田さんのトラックを見ない日がないくらい忙しそうですね」と言われたことを、親父が自慢げに語っていたことを思い出します。
    私が13歳のころの家具店の売り上げは、年商3億5千万でした。池田グループは当時5店舗あり、総売り上げ数は16億でした。
    今から43年前のことです。

    池田株式会社の主力はもちろん呉服です。
    5店舗のうち3店舗が呉服部門で、2店舗が家具部門でした。
    ところが、時代とともに、家具業がニーズになっていくのです。
    着物はニーズの世界から贅沢品に代わっていきました。

    それでもまだ当時は呉服の方が売り上げが良かったんです。
    私が日本橋の呉服問屋に勤めていた間も、まだ着物のニーズはしっかりありました。

    一反が10万円もする着物や帯が、ずらずら並べられている世界を、当たり前な感覚で見過ごせることの現実を、皆さんは想像できますでしょうか。
    中には100万円を簡単に超える商品だってあります。

    例えば大島紬というのがありますが、これを段ボールに詰め込むと、問屋の原価でも50万円が当たり前なわけで、末端小売価格にしますと、100万円くらいになっちゃうんです。
    こうした呉服業という世界にいますと、間違いなく0のけたが二つから三つはくるってきます。

    話が長くなりましたが、家具店で働いていたトラックが、長年活躍してくれて、それが廃車になるときがあります。動いていたものがおしまいになる瞬間です。

    商売が盛んな時は、そんなことは一々気にも留めないものですが、それが下火になってくると、お世話になっていた道具がいとおしくなるものです。
    特に商売をしていますと、車にも名前を付けますから、その思いはなおさらなんです。

    たぶんほとんどの方にはこの気持ち、わからないと思うんですが・・・いかがなものでしょう。
    【2017/07/31 00:18】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >たぶんほとんどの方にはこの気持ち、わからないと思うんですが・・・いかがなものでしょう。<

    この意味は、自分の名前が書いてある物体が、その仕事を終えて廃車になる時の心境です。
    これはけっこうリアルです。
    子供の頃そういうことを何度も経験した私です。

    父は大の車好きで、家具屋を任される前は、祖父を車に乗せてしょっちゅう札幌に行き、その度に車屋に寄って新車を購入していたと聞きます。
    1950年代の話ですから、当然外車ばかりです。
    6人いた男兄弟の中で免許を持っていたのは父と一歳年上の兄のみ。運転は父の方がはるかにうまかったので、祖父は父の運転する車しか乗らなかったそうです。

    そんな車好きな父の運転する車体には「池田呉服店」の文字があり、私たちはその車に乗せられて出かけるという状況でした。
    そんな父が自慢するエピソードは、ケネディー大統領が暗殺されたニュースを、父は車の中で知ったそうで、当時車にラジオをつけているのは、他にはあまりいなかったという。
    というか、その10年ほど前は車自体が誰もまだ所有できなかった時代で、テレビさえ普及していなかった時の話ですから。

    時が1950年に差し掛かるころ、店に一台のワゴン車があって、それに反物をどっさり積んで、室蘭に出張販売した父達。
    最初に上げた売り上げがなんと40万円。
    まだ千円札しかなかった時代。
    今に換算するといくらくらいになるのか、全く想像がつきません。
    しかも当時は露天で商売したそうです。

    そんな輝かしい時代に活躍した車もあれば、誰の記憶にもとどまらないような車も数多くありました。

    最後に見送った車との別れが、今も脳裏によみがえります。
    まるで生き物との別れを告げる心境でした。
    【2017/07/31 05:17】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    昭和の頃の風景が、車とともに甦るような感じですね。

    今日、妹が冷蔵庫がいると言う人と、
    部屋に見に行って、
    やはり居るということになったそうです。
    8月11日に運びだされるそうです。

    なんでしょう・・・・・たったひとつの冷蔵庫なのに・・・・
    【2017/08/02 21:36】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >何でしょう・・・・・たったひとつの冷蔵庫なのに・・・・

    >奥様
    本当に何なのでしょうね。
    そういえば、台所にある道具でも、なぜか長く使われるものがあったりします。
    例えば金属製のボール。あっちこっちが凹んで、しかも所々が変色しちゃっているのに、なぜか捨てられずに長持ちしている・・・とかありますよね。
    正直外で飼っている犬の餌箱の方がずっと立派だったりして、どうしてこんなになるまで捨てられないの・・・と思う道具は結構多いものです。

    それとはパラレルに冷蔵庫というのは、捨てられない道具の王様で、台所の主でもあります。いつ捨てられるか冷や冷やしながら存在している金属製のボールに比べ、冷蔵庫は堂々と冷や冷やし、住人を上から目線で見降ろしている観があります。
    そうした威風堂々とした姿に、案外主婦たちは、旦那さんより頼りになる気持ちがあるんじゃないかな・・・と思ったわけですが、もしかして話がちょっとずれていますか・・・奥様。(;^_^A

    臨時で買った冷蔵庫。
    ローエル奥様を支えてきた、東京時代のもう一人の主役だったということなんでしょうね。
    【2017/08/08 09:10】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    そうなんです。
    東京?川崎?時代というか、時期に、
    とっても頼りにできる存在だったのです。

    無かった時は、
    保冷剤と発泡スチロールの箱に頼っていましたが、
    あまりに不便だったので、
    とうとう買っちゃったのです。
    あれが来たときは、本当に嬉しかった・・・・

    だからなのでしょう、たったひとつの冷蔵庫に
    気持ちが揺れるのは。
    【2017/08/09 20:26】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/2057-cebf20c0