奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES
  • 今日このごろ(11/08)
  • 大銀杏(11/05)
  • 劇「めぐみへの誓い―奪還―」(10/31)
  • 自動車の品質管理(10/30)
  • 地域の文化祭(10/29)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (11/18)
  • あきんど (11/16)
  • あきんど (11/16)
  • あきんど (11/16)
  • 奥様 (11/15)
  • あきんど (11/15)
  • あきんど (11/14)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (577)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    次のはがき
    moblog_76111588.jpg

    これ、読みにくいですよね。

    解読できたら、うれしいです。

    つくる会系の仲間でも、
    今回の安倍総理の憲法改正案を良しとする人も多いようです。
    自衛隊の中でも賛成の人もいれば、
    元自衛隊の人で大反対の人もいる。

    憲法の成り立ちを日本国民の半分以上が、
    つまり本当の一般人が知り、
    それが常識になったうえでの改正じゃないとだめなんじゃないかな?


    スポンサーサイト

    【2017/06/14 15:18】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(12)
    この記事に対するコメント

     ざっと読んで右、左、上の順。
    --------------------------------------------------------------------------------
    先日(一日)君の学校へ参り翌日は雨天の為人も少なくゆるりと
    拝見いたし君のも九枚とも拝見しました就中試験を手にせる
    (絵を挟んで左から下)
    人のは小生(采?閑?)に縁近けれは今に心に残り折り候
    此絵葉書は京都よりの到来の(只に?につき?)(居?折?)(被候?迄?)
    此絵葉書は先週の今日書きたるものを失念しをりました
    (上の書き込み)
    御兄上には/澁谷の/病院に/まだい/らつ/しやい/ますか
    明(低?)り君/教会へ/行かるゝ/ならん/僕は行/きます
    --------------------------------------------------------------------------------
     左側のは「到来のにつき折被候」だと無理がありそう。
     憲法改正の件では西尾先生のが「日録」掲載後、桜井女史も本来は第二項が本命らしい旨、「矛盾」との表現で暗示していた様子(2017.6.11↓)。本音かフェイントか皆目不明。
    ●【憲法改正・交詢社オープンフォーラム(上)】櫻井よしこ氏「議論が活性化、老獪な男(安倍晋三首相)の老獪な目的は達成されたのだろうと思っている」 長島昭久衆院議員「9条2項を外し、自衛隊を位置づけるのが正論だ」
    http://www.sankei.com/premium/news/170611/prm1706110027-n1.html
    【2017/06/14 20:20】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    早速ありがとうございます。
    祖父がキリスト教に関係していたこと、
    確実になりました。


    【2017/06/15 10:01】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    さすが苹@泥酔さん、あっぱれです。
    先日台湾のワーホリ派遣社員が入ってきて、色々話を聞くと、台湾は難しい漢字をまだ使い続けているそうです。はたしてどれくらい難しい漢字を使っているのかはわかりませんが、少なくとも中国よりははるかにレベルが上なんだとか。

    実際中国人研修生に日本の標準的な漢字を見せると、時々判読できないときもあります。

    話は変わりますが、日本語って実に過去形の話し言葉が多いなぁと、彼らと会話していると感じます。
    「何々さん、あれやったかい?」とか・・・
    「何々さん、もう終わったの?」とか。

    それに対し彼らは「はい、やります」と答えるんですが、その場合は「はい、やりました」の意味で、どうやら彼らは日本語の過去形を使いこなせないようです。

    そこで私は「日本語は過去形で会話することが結構多いので、過去形を勉強しようね」とアドバイスします。
    こじつけるわけではありませんが、現在形で会話が成り立つ中国語と(実際には過去形はふんだんに存在するんでしょうが)、過去形を多用しないと成り立たない日本語との差が、なんとなくですが、過去にこだわらない中国と、過去にこだわる日本との差が、会話という根本的なところに起因しているのかなと思った次第。素人が感じるイメージですので、そこんところはご配慮ください。
    【2017/06/16 22:48】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    過去を重視する言葉ってほかの言語にはあるんでしょうか・
    私は文学者でも言語学者でもないので、思い切って持論をぶちまけるしかないのですが、その前に中学二年生の時英語で「完了形」というのを英語で習いました。
    「I have ・・・」というあの厄介な文法です。
    あのころから私は英語が苦手になり、テストの成績はがた落ちでした。

    あとでよくよく考えてみると、「完了形」とか、まじで堅苦しい文法を、会話もできない中学生に教え込む日本の英語教育自体が、本当にナンセンスです。

    実益を一番考えると、日本の言語教育というのは、何だったんでしょうか。

    話が少し反れますが、私が勤めているホテルでは、毎月ジェイラボ(元日航のアテンダントさんが作った会社)という会社の基礎講習が行われるんです。前回そこで初めて英語の先生が来て、けっこうためになる話を教わりました。

    例えば、「バイキング」というのはほとんど他国では使われず「ビュッフェ」が主流ですが、この「ビュッフェ」といういい方は他国ではほとんど通じず「バッフェ」ぐらいな音のイメージで言わないと他国人には通じませんよとか習うわけです。

    他にもいろいろ教わってかなり面白かったんですが、2020年に向けて一番大切なのは、英語を話すことを勉強するのではなく、知っている英語単語を少しでも語る意識が一番大切で、文法が苦手ならばそれはもう度外視していい。一番大切なのは話しかけられて何もしゃべらないことですと教わりました。日本語をどんどん使ってくださいとその先生は言うのです。
    海外の方々は、みんな日本人が英語が苦手なことは知ってます。それよりも彼らが望んでいるのは、きれいな日本語をしゃべる日本人なんだそうです。
    きれいな本場の日本語を聞きたくてやってくる方々が大勢いるんですよ・・・とその先生は教えてくれました。

    だから無言だけは絶対ダメですよ。日本語をどんどん使って会話だけはしようと意識してくださいとのこと。

    なんだかずいぶんためになる話でしたよ。
    【2017/06/17 12:21】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    日本人って、けっこう黙ってしまいますよね。

    新婚旅行に行ったとき、その頃は今よりずっと若いから、
    英語の知識も豊富だったはずなのに、
    ぜんぜん英語が喋れませんでした。
    でも、先日アメリカに行ったとき、
    おばさんになってからなのか、
    恥ずかしくないので、なんだかすらすら?話せるのです。

    文法に縛られ過ぎるとしゃべれませんよね。

    でも、日本人は文法をちゃんと習っているから、
    本はちゃんと理解できるとも言います・・・・ね。

    【2017/06/19 23:34】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >でも、日本人は文法をちゃんと習っているから、
    本はちゃんと理解できるとも言います・・・・ね。<

    >奥様
    そうですね、たぶんそっち方面は案外得意な方がおおぜいいるでしょう。
    でも、いざ外国人と面したときに、スラスラ言える人は1000人に1人くらいしかいないんじゃないでしょうか。第一学校の英語の先生が会話できないんだからどうしようもありません。

    私はオーストラリア人の友人がいたので、面食らうことは少ない方かもしれませんが、でもヒアリングは一般的な日本人程度ですし、めちゃくちゃな英語の使い手としては自信がありますよ・・・(;^_^A

    例えば日本語の文法のような感じでしゃべると、私の場合は単語が出てくるんです。
    目的語を最初に言ってその後動詞をくっつける・・・みたいに。
    だから、例えば「お盆とお箸はあちらです」などを「トレイ アンド チョップスティックス オーバーゼアー」みたいな感じで・・・。
    するとその英語の先生はそれで大丈夫です、心配いらないですと言いました。
    他にも「こちらへどうぞ」とかけっこう必要になるときが多いんです。
    その場合は「ディス ウェイ プリーズ」だそうです。ただし、プリーズはプリ~~~~~ズと伸ばしてくださいとのこと。
    あと、日本人が大好きな「OK」という英単語。これは「オーゥケ~~~~イ」なら許されるそうです。間違っても「オーケーオーケー」はダメですとのこと。馬鹿にされているように聞こえるんだそうです。

    中学で3年間、高校で3年間、浪人で1年間、大学で4年間・・・しかもその間にオーストラリア人と知り合いに成れたというのに・・・人生で一番勉強した科目が英語かもしれないのに、この先生の英語の授業(1時間15分)が一番タメになったのは間違いありません。
    【2017/06/20 11:02】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    多分池田俊二さんがこれをお読みなら笑っちゃうと思うんですが、英語の過去完了というのがありますよね。ネイティブな英語圏国の方々はこの文法を使いこなしているんでしょうか。
    文章化されたものを読解することくらいは容易いでしょうが、それを本人たちが実際に使いこなせているんだろうかという疑問があるんですよ。

    英語にもかなり文法的でない、いい加減なものが存在しますよね。
    アメリカ英語ってやつです。そんなものが横行していると、本来の正しい英語がどんどん失われていることになるんでしょうが、果たして彼らはそれをどう受け止めているんでしょうか。

    外国の方々は日本人が話す美しい日本語を聞きたくて日本にいらっしゃっているんですよ・・・と教えてくれた英語の先生の言葉をヒントにすると、もしかすると私たち日本人はアメリカやイギリスに行って美しい英語を期待して今日まで来たんじゃないか・・・と思ったりするわけです。
    習ってきた英語がほとんど現実では存在しなくて、まさに簡略化した現実的な英会話しか通用しない世界だったというのが、本当は正しい受け止め方なのかもしれないと考えるのです。

    そこで思い出すのが「江戸のダイナミズム」にあった先生の文章です。
    日本が中国以上に儒教を学んでいるうちに、漢字発生国以上に漢字を保護化する形になった云々・・・。たしかこんな内容だったはず。

    もしかするとその意味で、日本は今後あり得ないかもしれませんが、正しい英語を話せる世界でもまれな国として存在することを意味しているのかもしれませんよ。
    日本という国の根本的なところを紐解いていくと、そんな過去はいくらでもあるわけですから、もしかしてもしかすると案外的を得てしまうことにもなりかねません。

    ただ、キリスト教をこれまでも根っこでは拒み続けてきたように、やっぱり英語だけは受け入れなかった・・・という結果になることも十分考えられる話ではあるんですが。
    【2017/06/20 23:43】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


     …ふと思い出した。
     教員時代、カナダ人のヒルデブラント氏が英語教育を手助けして呉れて居た(盛岡在住の友人は「ドイツ系かぁ」と)。…で、彼が「パフ」と云って煙草を所望してきた事がある。その際「煙草が私を吸う」と言ったつもりで英語を試したのであるが、あれは奇矯な言い回しに聞こえたらしい。あたしゃ最も日本的な言い回しをしたつもりなのになあ。
    【2017/06/21 02:44】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >あきんどさん
    私が英語で一番わかりにくかったのは、
    肯定と否定です。
    「・・・・・・・・・・・は好きではありませんか?」
    「はい、好きではありません」
    それを「いいえ、すきではありません」と答えなければならない。
    イギリス英語とアメリカ英語も違いますよね。

    東南アジアでしゃべられる英語も、分りにくいらしい・・・・。

    言葉はどんどん変化していくものですねぇ。

    >苹@泥酔さん
    もうすこし詳しく説明してください。
    良く意味が呑み込めない~~~
    【2017/06/21 22:01】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >もうすこし詳しく説明
    >良く意味が呑み込めない
     彼はスモークでなくパフと云った。英語の苦手な身には意味こそ察せられたものの、細かいニュアンスまでは分からない。まさか変態じみた風貌(?)に期待して、煙草でなく大麻を求めてきた訳でもあるまいに。因みに苹のは紙巻で、葉巻でも刻み(パイプ↓)でもない。
    http://d.hatena.ne.jp/shunterai/20130806/1375799168
    http://huukyou.hatenablog.com/entry/2017/05/05/054054
     ところで普通、大麻や阿片の吸引方法はどうするのだろうか。煙草とは違うのかな…そう云や噛み嗅ぎの他、水煙草や電子煙草もあるとやら。これはこれで奥が深い。紙巻と葉巻以外は試した事がない。葉巻の所要時間には驚いた。吸い口を切るのもあれば、そのまま吸えるのもある。刑事ドラマ「相棒」(亀山時代)で杉下右京が葉巻を嗜むシーンがあったけれど、あんな本格的なのは却って面倒臭そうだ。西尾先生はやらない様だが、存じ寄りの喫煙者達はどんな具合だろうか。私はパイプを試してみたい(煙管はチョット…)。いつもの紙巻を燻らしながら今、久々に思った。「これはパイプではない…」と。
     少し詳しく脱線してみたけど、こんな具合で、どう?
     「煙草が私を吸う」は禅僧の言いそうな中身ではなかったが、「大麻が私を滅ぼす」みたいな感じでもない。ただヒョッコリそんな言い回しをしたくなった次第。彼はALTと云うのかどうか知らないが、若かった。日本語は殆ど出来なかった模様。

    (雑感)
    https://ssl.nishiokanji.jp/blog/?p=2184
     「日録」を見た(↑)。まさか友人Y氏から、「手書きの字が読めない」と文句が来たのではあるまいな…。同世代なら真逆ねぇ。でも苹の場合、師匠に出した巻紙が読みにくいと文句を付けられた事がある…(草書変体仮名交じり)。
    【2017/06/22 20:22】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    ええ~~~師匠に、読みにくいって言われたんですか?

    苹@泥酔さんって、人の考えの三周先くらいを考えているみたいですね。
    【2017/06/22 21:38】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >苹@泥酔さん

    私は今も愛煙家ですが、葉巻だけは未だに吸ったことがないです。葉巻タイプで簡素なパイプが付いたものは吸ったことがありますが。
    大麻はオーストラリアに行った際、現地に永住する日本人が作り方や吸うところまでを詳しく教えてくれたことがあります。私は一度だけ吸いましたが、その季節は真夏日で、大麻にとっては香が弱い時期なんだそうです。ですから、吸い込んでも別にこれといって気持ちのいいものにはなりませんでした。
    大麻は本当は薬として扱ってもいいものだと聞いたことがあります。つまり病んでいる人たちにとっては、即効性のある緩和剤という意味で。

    ミニ情報としては、大麻はそれ自体は燃えにくい葉っぱなので、たばこと合わせて紙に巻き吸うのが経済的だそうです。タバコは本来吸い込まない時は、消える性質の葉っぱでつくられているそうですが、それでは愛煙家にとって扱いにくいため、常に燃える状態を保つ物質が含まれているそうで、実はその物体の方がはるかに体にはよくないという説明もそこで聞きました。
    天然の大麻の効能は、実はかなりの効果があると彼らは言います。
    オーストラリアのゴールドコースト近辺では5月頃に収穫する大麻が逸品なんだそうです。
    おそらく、その時期の大麻が咲いているエリアにどんな素人でも立ち入ると、気持ちが良くなって、ひざまずくだろうと言ってました。

    ちょっと危ない話でしたけど、でも以前チャンネル桜でも大麻の話をされていたことがありました。水島社長も、大麻の正しい扱われ方を本当は望んでいると語っていました。
    大麻愛煙家はたばこよりずっと体にはいい結果をもたらすと信じています。
    ただ、社会性がいま現実的にはそれを受け入れないことも十分わかると言ってました。
    精神的には大麻が薬となる反面、これをきっかけに他の薬物に手を出しやすくなる傾向も実際あるようです。

    さて、ではどうしてお酒は合法なんでしょうか。
    お酒だって誰が飲んでも酔っぱらいます。でも誰もそれを咎めません。
    お酒だってエスカレートすればどんどん強い酒に行っちゃいます。
    大麻=悪の代表・・・のレッテルが貼られている以上、その正当性をいくら草の根で訴えても、なかなか認知されないのは明らかでしょう。

    たしか葉巻も頻繁に吸い込まないと、消える場合があるという話を、どこかで聞いた記憶があるような無いような・・・。そして葉巻やパイプたばこの場合は、肺には吸い込まないのが正式なすいかただというのも、どこかで知りました。
    つまり、誰かが葉巻やパイプに火をともし、煙を吐き、その煙を吸い込むことで癒されるというのが、本当のたばこの楽しみ方なのかもしれません。
    信じられない話かもしれませんが、実際にパイプたばこにチョコレートの香りが多いのも事実なことから、この理論けして間違った話でもないのかなと、思ったりします。

    タバコ・・・と聞いただけで身の毛がよだつ方には、ちょっと聞き苦しかったかもしれません。
    【2017/06/24 00:45】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/2046-5dd08d4c