奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES
  • 「保守の真贋」の出版(09/20)
  • カープ(09/18)
  • ライン(09/13)
  • NHKってやっぱり・・・・(09/07)
  • えんだんじさんの新刊本!(09/05)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (09/22)
  • 奥様 (09/20)
  • 奥様 (09/20)
  • あきんど (09/19)
  • kaykay (09/16)
  • 奥様 (09/15)
  • 苹@泥酔 (09/14)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年09月 (5)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (562)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    老オーエル?
    私は独身の時に仕事についていたことがあるけれど、
    寿退社?でそこを辞めた。
    そして、結婚して、子供を産み育てていく中で、
    仕事についたことがない。

    もちろん、20年以上、
    診療所の雑務、経理などはしているが、
    「お勤め」としての仕事はしたことがない。
    専業主婦として生きてきた。

    ところが、こちらで、
    あるところでボランティアで働いていると以前書いたように、
    普通なら定年退職の年齢なのに、
    老?OLの生活をしている。

    PASMOを使って、電車を乗り継いで会社に向かう。
    月曜日から、急に忙しくなって、
    新米が電話をとるので、失敗ばかりしている。
    早とちりなので、やらなくてもいいことまでしている。
    それでも、
    少しでも役に立っているといいなぁ・・・・と思う。

    老OL通勤していまっす!
    スポンサーサイト

    【2016/09/27 21:41】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)
    この記事に対するコメント

    >老オーエルさま

    なんと申しましょうか、本当に奥様には「まいった」の連呼です。
    私なんか引退できるのであれば明日にでも仕事を辞めたい気持ちでいっぱいだというのに、なんともはや、奥様のその行動力と言ったら、もう誰にも止められませんね。

    でも、私には奥様の気持ちがとてもわかりますよ。
    もう知り合ってから16年も経つんですから、しかもほぼ毎日のように意見を交わしてきましたから。ある意味奥様の存在は、私の女房以上に大きいのかもしれません。
    私の良いところもダメなところも奥様にはさらけ出してきましたから、その分私も奥様の得意とする面と苦手とする面が、なんとなくですがわかっているような気がします。

    とにかく奥様が一番苦手なのは、黙っていることですよね。
    どんなに厳しい状況になろうとも、一瞬のスキさえあれば、新しい行動にチャレンジしたくなっちゃう。これですよね、ここですよ本当に。奥様の凄さは。

    私は今小説を書いています。いつ出来上がるかわからない小説を。
    やっぱり私は筆を握るのが好きなんですね。
    文章に心を託すことが一番生きがいを感じる人間なんですね。

    でも出来上がるものはすべて下手くそで、本当に進化がないなぁと、いつも嘆いているばかりです。
    そんな現実の中で、ほんのちょっぴりですが夢があるんですよ。
    私の次女が絵が大好きで、毎日しこしことパソコンに向かってやってるんです。
    昔はその姿を誰にも見せなくて、困った時期がありましたが、最近はそういう垣根がなくなり、けっこう私と二人であーでもないこーでもないばかばかしい話題で盛り上がるようになり、少しずつ娘も自分の絵を晒すようになってきました。
    その絵がまぁ実にお見事という感じで、よくもまぁこんな絵が描けるもんだと感心しきりなんです。

    そこで私から「もし物語さえあったらお前はそれを描くことは可能なのかい?」と聞いてみたところ、描けるかもしれないねと言うんです。

    ほうそうなんだ・・・。じゃあお父さん物語書いてみるよ・・・みたいな感じでいま書いている最中です。

    私は時間を自由に飛び交うテーマを過去何度も書いては破き書いては破いてきた過去があり、それをなんとか成就させたいといつも思っていました。
    今回は菅原道真を題材にしたものを書いています。
    ターゲットは1972年の日中国交です。
    田中角栄が為してしまった日中国交を、道真の子孫がそれを止めに入るというのが大方の話の流れです。
    まだまだ書き出したばかりですので、うまく描けるかわかりませんが、あとは体力と根性が維持できるかです。

    こんな風に、本来の自分の仕事とは別に、なにか真剣になれるものがあるということの価値と言うんでしょうか、本業ではないだけに、けっこう気ままにできるものがあるということの心の安寧とでも言うんでしょうか、これって案外大切なんじゃないかと私は思います。
    サラリーマンの多くはそれをギャンブルにぶつけるわけですが、私はまったくそれが苦手なので、興味の方向が奥様と少し似た方向になったということになりますね。

    でもそれも本腰入れて取り組んだわけではなく、私は単に「書く」ということが好きだったからその書く場所を得ることができたことの幸せをこの16年間感じることができたということなんです。

    でもよくよく考えてみますとね、こんな私みたいな人間に、長年我慢して付き添ってきてくれた女房にはやっぱり頭が上がりません。
    余計な話かもしれませんが、奥様もその意味では、やっぱり旦那様がいたからこその人生なのではないでしょうか。

    夫婦といえど、けっこう気遣いで疲れる場面が連続します。女房にしてみれば「お父さんがそんなことで疲れているようには思えないけど」と言われちゃいそうですが、愛する女房よ、これでもけっこう疲れているんだよ・・・と、ぶつぶつ言いながら今このコメントを書いている次第です。
    【2016/09/28 01:43】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]

    全く逆
    奥様

    33年働きづくめ、子供をお腹に抱えて通勤電車に。
    保育園へ、ベビーシッターさん宅へ、
    そんな私の後ろ姿を見て育った長男が子供は保育園育ちにしたい、て、
    嫁は抵抗があったようですがね〜
    今、毎日が日曜日、一日があっと言う間に過ぎているけど、昨日は、宮崎先生の講演会へ、

    まともな事を言っている西尾幹二さんを右翼だなんて、マスコミは言っているが、、、、

    世界情勢を語りながら、何気なく西尾幹二さんを語って居られるのが、宮崎先生の西尾幹二さんへの思いが伝わりますよね〜

    それにしても、奥様お元気ですよ〜
    ボランティアで通勤電車とは、
    真似できないなぁ〜
    【2016/09/28 18:33】 URL | bunn #- [ 編集]


    >あきんどさん
    小説楽しみにしていますよ。
    あきんどさんなら、がんがん書けると思います。
    お嬢さんの挿絵入り?

    >bunnさま
    え~~~どこであったのですか?
    知らなかったなぁ~~~

    昨日は通州事件の勉強会に行っていました。

    本当に真逆な生活をしていたんですね~
    宮崎先生はお優しいですね。
    ありがたいことです。

    こちらに孫たちがいないので、
    面倒をみたりすることができないので、
    持て余している時間を通勤!?に使っているのです。

    ばかみたい・・・・・かもしれませんが・・・・・・
    【2016/09/29 21:00】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    えっ、 通州事件の勉強会!?
    奥様、文京シビックですか。それなら、私も出てをりました。
    お互ひに気づかなかつたのでせうか。
    【2016/09/29 21:47】 URL | 池田俊二 #- [ 編集]

    Facebookを
    奥様
    池田様

    佐藤和夫さんのFacebookをご覧ください、
    昨日の様子が
    懇親会の様子が、垣間見られます。

    宮崎正弘さんの講演会は、新宿の常円寺で
    ありました。
    【2016/09/29 22:36】 URL | bunn #- [ 編集]


    奥様へ

    翌日、石原事務局長からメールで、「藤岡さんへの質問はなかなかよかつた」と褒められました。石原さんは私の藤岡嫌ひを熟知してをられる(今月初めに、柏崎原発見学の際の懇親会の席でも、二人で、藤岡論をやりました)ので、私が質問に立つた時、喧嘩をふつかけるのかと、お立場上、ぎくりとなさつたのではないでせうか。それが、案に相違して、むしろ藤岡さんに言ひたいことを言はせるためのやうな、穏かな問ひだつたので、ほつとされたのでせう。

    残念ながら、小生Facebookなるものをやつたことがありません。また、佐藤和夫さんといふ人を存じません。すみません。

    それにしても、あちらでもこちらでも、講演会だの勉強会だのが盛んですね。
    【2016/09/30 09:06】 URL | 池田俊二 #- [ 編集]


    >池田様
    存じ上げておりましたですよぉ~~~

    後ろの方で、本の販売をしておりました。
    【2016/10/01 17:30】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1949-5859d133