奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    02 | 2017/03 | 03
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    RECENT ENTRIES
  • 父のこと33(03/24)
  • 父のこと32(03/21)
  • もうすぐ春(03/20)
  • 絶望と希望(03/15)
  • 面接(03/11)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (03/22)
  • あきんど (03/21)
  • 奥様 (03/21)
  • bunn (03/21)
  • あきんど@泥酔 (03/21)
  • あきんど (03/20)
  • 池田俊二 (03/20)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年03月 (7)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (508)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (412)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    単身赴任10日目
    毎日のように百円ショップに通っている。

    最初は必要最小限度の中で、
    それでも足りないものを買いに行っていた。
    代用はできるが、あればやはり便利なものがいっぱいある。
    これがあるといいな・・・・と思うものをメモすると、
    次の日はまたほかの必要なものを思いつく。

    模造紙を買ってきて、カレンダーを作った。
    リモコンを入れる箱、
    バインダー、
    コットン、
    プラスチックケース・・・・・

    明日は
    鍋敷きとワンディッシュを買いたい。

    自宅にいれば全部あるものを、
    せっせと買ってくる。
    きっとまたあさってはまた違うものをほしくなるだろう。

    これが欲というものだろうか。




    スポンサーサイト

    【2016/09/05 20:04】 単身赴任 | TRACKBACK(0) | COMMENT(9)
    この記事に対するコメント

    「100円ショップは正しい商売なのだろうか・・・あきんどの疑問」

    この業態が世の中に出てきて、どのくらいの年月になるのか調べたこともないが、たぶんこういう業態の走りは何かというと、「無印良品」ではないかと推測します。
    たしか西武系列で最初契約して走りだした業態だったと記憶します。
    この業態、完全オリジナルパッケージで商品化し、なかなか真面目な会社です。
    中身はどこかの商品とリンクしていても、パッケージだけは絶対自社製品っぽくアレンジして、安さと品ぞろえの良さを武器に、百貨店展開した稀有なブランドです。

    百貨店に行っても高くて買えない顧客に、購買欲を沸かせるコーナーが生まれた瞬間でした。
    おそらく「100円ショップ」のヒントはここにあったんじゃないかというのがあきんどの勝手な推測です。
    無印良品の弱点は、おそらく推測ですがそのパッケージのコストではないかと。
    そのコストを省くことによって、更なるコストダウンが実現できるのではないかという発想だろうと思います。

    とにかく今や全国に散らばっている「100円ショップ」。
    その一角を牛耳っている大創は、どんな会社なのか調べたこともありませんが、フランチャイズ展開の路線もあるようですよ。
    大手の店舗には直営店が入っているでしょうが、地方の店舗はフランチャイズのはずです。

    さて話は変わりますが、このフランチャイズというのは、簡単に言えば「暖簾別け」という意味です。これを最初に手掛けた会社はどこかご存知ですかみなさん・・・?

    実は「養老乃瀧」なんですよ。
    安い旨い・・・のキャッチフレーズで創業した会社です。
    この会社とは少しだけですが、東京時代に勤めていた会社で縁がありまして、すこーしですが中身を聞くことがありました。
    この会社の創業者の信念は「365日毎日必要なものだけ仕入れる」です。
    養老乃瀧の信念はここにあるそうです。ですから在庫は年365回転するそうです。
    そして画期的だったのは、ビールの製造元に「養老ビール」専用のビール釜を設置させたこと。居酒屋が差別化できる一番の決め手は、「酒」だそうで、酒が安けりゃ客は離れないというのが社訓だそうです。
    日本で最初にビールという飲み物を製造したサッポロビールの工場に「養老ビール」専用の釜を設置しました。

    フランチャイズの利点は、小さな店舗でも安く売れる組織が成り立っていること。仕入れが集中仕入れなので、束になれば大型店と同じパワーが展開できるところが最大の武器です。
    しかも地域密着型の商売ができる利点もあり、急速に発展しました。
    いまのコンビニの原点はここにあるわけです。
    そのかわり、大元が倒産すれば一瞬に壊滅する危険は常にあります。
    実際その例も少なくありません。
    とくにそれが顕著なのは家電業界で、薄利な商売が根本的に経営を圧迫しています。
    ましてや最近は製造元が色々問題があるようで、西尾先生がよくおっしゃっている「以前の創業者には気概があったが、最近はそれが失われてきたことに懸念を示す」と語るように、間違いなく日本の大手の会社に、西尾先生の懸念がずっぽしはまっているという現実がぬぐえませんね。

    おっと、なんでしたっけ、そうそう「100円ショップ」でしたね。
    この会社の意外な点は、けして同業他社を食いつぶさないという稀有な面がある点です。
    もちろん100円ショップの隣で似たような店舗展開をしていれば別ですが、この業態は完全に「客寄せパンダ」的存在なんですね。
    この心理別の角度から考えると、例えば「あそこにユニクロがあるからあそこのビルに行ってみようか」の心理なんです。
    せっかく出かけたんだから、何か買い物しようという誘いが必要で、そのキーポイントになる存在として100円ショップがあるという仕組みですね。

    しかしこうした構造を狙ってすべてが当たるという保証はありません。
    ほとんどが経費に打ちひしがれるというのが現状です。つまり客が集まる場所は、当然場所代も高いわけです。
    景気が良くなると必ずと言っていいほど土地が最初に値上がりします。
    土地の持ち主は当然狙っていたかのように高く表示します。
    ここからが物価上昇の分岐点になるんですよ。
    単純に物流だけならそんなに値上がりはしませんよ。生鮮食品は別ですが、他の商品の値上がりの理由は、単純に土地代が原因です。
    それを打破する作戦が「暖簾別けだった」というのが、結局は言いたかったわけです。
    【2016/09/07 02:08】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    つづき

    100円ショップが一等地に堂々と営業しているケースがありますが、そのほとんどは、いわゆるアンテナショップというもので、おそらく利益を度外視して出店しているケースがほとんどではないでしょうか。アンテナショップの存在は、地方の店舗の洗脳の役目もあって、品ぞろえを怠らないように理想を追い求めさせる役割もあります。
    もちろん消費動向を図るという狙いもありますが。

    コンビニショップが相次いで店舗閉鎖していく時代が、しばらく続いた時期がありました。
    その理由は千差万別ですが、おもに人口対比の過剰出店が大きな原因です。
    でももっと大きい理由があります。それは絶対経費です。
    都会では水道代が安いのに、田舎に行くとやたら高いということをご存知ですか。
    コンビニはまだ水道代が小さな経費内ですが、それでも顧客が公衆トイレのように利用するコンビニですから、一店舗にとっては大きな経費になります。つまり馬鹿にできない経費なんです。
    そしてなんといっても一番大きな経費は電気代です。冷蔵庫の電気消費量は、おそらく一般家庭の10倍は楽に超えているでしょう。
    普通の家庭の冷蔵庫はだいたい2000円前後です。最新の冷蔵庫はかなり省エネだそうですが・・・。コンビニは10倍どころで済まないですな、たぶん。
    1店舗50坪の店で、一か月の電気代が20万は下らないでしょう。つまり、雇用保険+社会保険の費用と同等の経費がかかると思えばいいです。年間にすると250万から300万が電気代で飛んでいくんです。
    これは店舗効率から考えると、かなりの高コストとなります。

    24時間営業という条件がはたして本当に必要なのか、根本的に考え直す時代が必ず訪れるだろうと私は思っています。
    それは、一般市民がこういうところの事情を認識すれば少しづつ変わるはずなんです。
    夜中に買い物がどうして必要なのか。夜の世界のモラルという点からも、コンビニはもう少し制限されるべき対象店舗なのではないか。
    とにかく問題を揚げだしたら、出てくる出てくる。
    一番の悪因は10代の若者たちの夜中の行動を誘因する点です。
    見ていると彼らの行動はやりたい放題ですよ。
    店の近くでカップラーメンをほおばりながら、大声をあげて怒鳴り散らす現象から始まり、その次の現象は、飲酒運転の横行でした。
    最悪なのは駐車場での乱痴気騒ぎです。
    コンビニはこういう問題にどう対応しているのかわかりませんが、おそらく「見過ごし」かせいぜいが「本部連絡」でしょう。ですから毎日がそのルーティーンなわけです。

    たしかに我々には必要不可欠な存在となったコンビニですが、いまさらこれをどうしようとしてもどうしようもない現状です。

    そんなこともふくめて、とりあえずコンビニの概要を認識しておいた方がよろしいのかも・・・という思いでこれを書きました。

    ちなみに我が家のお隣はコンビニです。
    【2016/09/07 18:09】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    なるほど~~~

    商売に正しい正しくないがあるのかどうか、わかりませんが、
    どこかで新陳代謝じゃないですが、
    入れ替わり、だめなものは撤退していく・・・・・
    本当に望まれるものは細々とでも続いていく・・・・・
    ある程度の人口があればとは思うのですが。

    とりあえず・・・・というとき、100円だと買っちゃいますねぇ~~

    【2016/09/07 19:09】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    私も
    奥様
    こんばんわ
    私も100円ショップ
    近頃頻繁に利用するようになりました。
    今年初めて家庭菜園を始めて、必要品を。
    それとお近くの小和田さんからバラの枝をいただき、挿し木、土、植木鉢、全部100円ショップ,バラほとんど花を咲かせています
    小和田さんから誉められましたよ〜
    挿し木の天才なーんて
    【2016/09/07 21:32】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    うわぁ~~~

    私は植木など、本当にだめです。

    特にバラは難しいらしいですよね。

    【2016/09/08 09:19】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    私でも、簡単にできましたので
    えぇー
    奥様にも苦手なもがぁ〜
    写真でお見せしたいですね〜
    小和田家の元木の花と共に
    【2016/09/08 17:02】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    いっぱいありますよ。
    苦手なもの。

    欠点多すぎなんですが、
    ブログでは見えないから・・・たは
    【2016/09/09 21:07】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    薔薇が咲き始めました
    奥様
    今朝今までと違う薔薇が咲き始めとても上品な香りがして幸せ気分
    主人が単身赴任先の館林に来てくれると、
    ちゃんと努めを果たしてないので一人電車で館林に
    着きましたが、ここからローカル線に乗り換えるのに1時間待ち
    其れにしても奥様にも、私のように色々あることがわかってひと安心
    来年古希なのに、遣り残したことばかり、知らないことばかり、苦手なことばかり、なーんておちこんじゃいましたが、、
    まーいいかぁと
    館林のお友達が、ちょとだけでも立ち寄って、って。
    友達という財産ができたから案外いい人生かも?
    【2016/09/10 10:43】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    なんでも良い方向で結論?づけるしかないですよ。

    不幸?を嘆いても何にもなりませんよね。

    薔薇の花の香、文面からもかおるようです。
    お互い、旦那様、大切にしましょうね。
    【2016/09/11 09:41】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1941-855fd9f6