奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • 未来はいつも未定(08/21)
  • 旅行(08/18)
  • あべのハルカス(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (08/22)
  • 奥様 (08/22)
  • あきんど (08/21)
  • 奥様 (08/20)
  • 苹@泥酔 (08/19)
  • あきんど (08/18)
  • 奥様 (08/18)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (9)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    単身赴任3日目
    日曜日だったので、
    空白の一日をなんとかすることにした。

    ネットで映画を検索すると、
    今居るところからは、二子玉川の映画館が近いらしい。
    見たい時間の映画は、満席で、
    仕方なく?土屋太鳳さん主演の「青空エール」にした。
    なんのストレスもない、青春ドラマで、
    お気楽な時間を過ごせた。

    関東は電車が複雑。

    同じ電車なのに、途中から違う路線の名前になっていたりして、
    地方から来たものには本当に訳が分からない。
    自分だけ田舎者かと思ったりするが、
    案外、都会の人も電車の乗り換えなど、
    調べないとわからない人も多いようだ。

    で、映画を見た後、時間があったので、
    大井町線というのに乗ってみた。
    山手線に乗り換えて、
    ぐるっと一周してみようかと思ったけれど、
    上野で思い立って降りてみた。

    国立西洋美術館で
    「メッケネムとドイツ初期銅版画」というのをやっていて、
    それを鑑賞した。

    mekke.jpg

    どれもかなり小さい。
    はがき大くらいの大きさ。
    その中の絵は、細い細い線や点であらわされていて、
    その緻密さに驚かされる。


    スポンサーサイト

    【2016/08/29 07:47】 単身赴任 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    この記事に対するコメント

    >奥様

    第二?第三?・・・の青春時代のごとく、都会生活でご活躍されていますね。
    「お家に事情」だとのことですが、そのご決断には感服するばかりであります。
    色々読んでいますと二子多摩川線沿線の話題が多いですね。
    私が都会に住み始めたとき、同郷の従姉妹が二子多摩川に住んでいまして、よく遊びに行きましたよ。私は当時向ケ丘遊園地駅に住んでいて、バスで二玉まで向かっていました。
    その当時「沿線地図」という金曜日夜九時から放送していたドラマがありまして、この東急系列の地下鉄が舞台でした。
    田舎で暮らしていた私にとっては、全国ネットで放送される番組が、自分の住んでいる周辺を舞台にして、話題が展開していく様に、本当にカルチャーショックを受けました。
    そんなもんですから、このドラマは最初から最後まで全部見ました。
    たしか「金妻」という呼び名ではやっていたドラマの定番番組ですね。
    その後もけっこうおもしろいドラマが報じられていましたね。とくに有名なのは「不揃いの林檎達」ですね。このドラマも出演者が当時の私と同年齢の方々ばかりで、当時就職活動をしていた私にとっては、思い出深いドラマです。

    東京周辺のターミナル駅は、当時の面影を残すところがほとんどないと聞きます。
    ですからたぶん私も上京すれば相当迷いだすだろうと想像します。
    渋谷もかなり変わったそうですし、たぶん品川当たりなんかそうとう変わったんでしょうね。

    でも、私は東京が大好きです。伊達市の次に好きな街は東京です。
    やっぱり東京は憧れの町です。

    もう18年ほど訪れていませんが・・・。
    【2016/08/29 15:29】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    コメントありがとうございます。

    ここに居ると、あまり人と会話をすることもなく、
    ネットや娘たちとのラインが会話の代わりで、
    コメントがあると、本当にうれしくなります。

    今まで、ほとんどすべて人に振り回されて生活していたのが、
    自分が考え、自分が決断しなくては、
    一分も、一時間も過ぎてくれない。
    いつの間にか経っていた時間が、
    一秒一秒、ゆっくりと過ぎていきます。

    向ヶ丘遊園・・・・とても近いです~~~

    私も縦横無尽に走っているバスを利用してます。



    【2016/08/29 20:59】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    記憶が正しければ・・・たしか寝るケーのさんも、向ヶ丘遊園にはご縁があったはず。
    たしか専修大学をご卒業されていませんか。
    私はここで2年間住んでいました。昭和54年から55年までです。
    そのあとは大学がある市川に引っ越しましたが。

    都会で一人暮らしというのは本当に寂しいですよね。
    主婦である奥様なら、広島の時と同様の生活リズムを保っていれば、ある程度は時間が過ぎていくでしょうが、男一人ですととにかく家事が大変で、おかげでスーパーの売り出し物には自然と認識が深くなっていきました。
    もしかすると、当時の方が今の自分よりしっかりした生活力が育んでいたのかもしれません。大学に通いながらバイトもしていました。通学途中の東京駅の地下レストランで朝6時から9時まで、厨房で働いていました。1年間ほど続けました。
    電車の中ではその日の授業の予習もしていました。

    今考えると真面目な学生でした。
    当時の思い出で、新宿駅で乗り換えする際、決まった人間がいつも同じ電車に乗り合わせることが多かったことを思い出します。
    乗り継ぎ時間があまりなかったため、あるおっさんは電車を出ると二段跳びで階段を降りていき、それがものすごく軽快だったこと。また別のおっさんは今でもころびそうな短い脚を必死に動かしながら階段を下っていきます。
    中央快速にようやく間に合うと、ほっとして荒くなった息を整え、まだ真っ暗な車窓を気にも留めず教科書と辞書をバッグから取り出し、英語の翻訳をするのが日課でした。

    何もかもが懐かしいです・・・本当に。
    【2016/08/30 10:27】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    まじめな学生さんだったんですねぇ。

    そういうまじめさは私には無縁でした・・・・っていうか、無理です。

    一人だと部屋ではほとんど家事などありません。

    今日は勉強会に出席してきます。
    こういうのは東京の近くにいるからこそできることですね。
    【2016/09/01 07:43】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >まじめな学生さんだったんですねぇ。

    そうなんです、・・・・が、当時の文系の学生としてはそう評価されるべきですが、総体的にはけして真面目ではなく、あたりまえか、当たり前以前のレベルです。
    文系の大学生で、勉強をしている人間は、当時逆に危ない存在で、文系のポリシーはとにかく「人間形成」が主体で、いかに自分が遊んでいるか、が問われました。
    「大学生の遊び」は「経験」の縮図でした。
    大学の勉強を真面目にしたところで、それが人間形成には直結しないことは誰の目からもわかることで、いかに自分個人の関心事を増やせることができるか、が問われていました。

    さて、今の時代の学生はどうなんでしょうか。
    当時はパソコンも携帯もありませんから、人コミュニケーションがもっとも大切なツールでした。
    そうしないと人間形成が向上しない。
    そうした条件の中で自分の向上心を言葉に表さなくても内面にそれを宿している。

    「人コミュニケーション」という大学生にとっては一番試される社会性というものが、当時のモチベーションだったと思います。
    今は逆に現実社会とネット社会の境目があいまいになり、一般的には非常に表面的な部分での人コミュニケーションしか為されていないのかもしれない。というか、ネット社会と微妙にリンクした現実社会が構築されています。

    これだけ変化した昔と今を、なかなか比較するのも難しい時代なのかなと思う部分も正直あります。
    我々の時代はテレビ社会が文化の象徴で、その文化物と無縁だった祖父母とは感覚の違いはあきらかでした。しかし「人コミュニケーション」という点においては共通概念がありました。当時戦前の人間と戦後の人間が共有できる感覚の最大公約数はこれなんだろうと思います。

    そこで浮かび上がってくる問題点は「メンツ」というものが昔も今も変わらず存在しているのかどうかです。
    たとえネット社会になったとしても、「個人のメンツ」は失われてはいないのではないか。

    そこが現代人と会話する時のキーポイントなのではないかと思うわけです。
    【2016/09/01 08:11】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1936-918f5861