奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • あべのハルカス(08/14)
  • あべよはるかす(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)
  • 碧野海子 (08/13)
  • あきんど (08/10)
  • あきんど (08/09)
  • 苹@泥酔 (08/09)
  • 奥様 (08/09)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    西村眞悟の時事通信転載(2)
    大事なことがいっぱい書かれていると思うので、転載します。
    全国区の比例代表に誰を書こうかと迷っていましたが・・・・・決まりです。

    臨戦状況の中の選挙
                             西村眞吾
                             平成28年7月3日(日)

     本稿を「臨戦状況の中の選挙」と題するが、
     正確には、「臨戦状況の中の臨戦体制なき選挙」と題するべきであろう。

    (一)
     昨日七月二日の堺における昼の講演会で、
     一九七七年(昭和五十二年)九月の
     日本赤軍による日航機ダッカハイジャック事件に際し、
     福田赳夫首相が執ったいわゆる「超法規的措置」について説明した。
     その説明の目的は、
     危機は「憲法改正」を待ってくれない、
     危機に遭遇してから
     「憲法改正」をしてから危機に対処するなどできるはずもない、
     従って、その時は、
     総理大臣が、自らに与えられた権限を行使して
     危機に対処する決断をし、かつそれを実行することになる。
     福田赳夫総理は、その「決断」をした総理大臣である(内容はともかく!)。
     その権限とは何か。
     それは「行政権は内閣に属する」
     そして「自衛隊の最高指揮官」
     この二つである。
     
     即ち、現在、憲法改正、憲法改正、または、護憲、護憲、九条を守れ、
     という掛け声の中で、太平楽な選挙をしているが、
     我が国家が突如危機に直面すれば、
     「改正」も「護憲」も「9条」も「蜂の頭」もない。
     その時の総理大臣は、
     総理大臣の権限に基づいて、
     総力を挙げて危機克服の決断をしなければならない。
     その克服の成否は、一にかかって総理の力量に委ねられる。
     だから、「馬鹿な大将(総理大臣)、敵より恐い」、という。
     阪神淡路大震災の村山富市、東日本大震災の菅直人を思い出されよ。
     此の問題意識と観点から、この参議院選挙において、
     こともあろうに共産党と組んだ徒党に、絶対に騙されてはならない、
     同時に、連立与党内の、容共(中国共産党)集団を見抜き
     それを排除しなければならない。

     以上を語ってから夕方に夕刊を観れば、
     「ダッカで邦人人質か」との大見出しが目に飛び込み、
     今朝は、「テロ 7邦人死亡」の大見出しの下に 
     「バングラ 死者20人」、「実行犯6人射殺」、「IS犯行声明」が並んでいた。
     痛恨の思いである。
     だが、日本人に犠牲者はいなかったが、
     直前の六月二十九日未明にも、
     イスタンブールのアタチュルク国際空港で、IS系の自爆テロが行われ三十六人が死亡し百四十七人が負傷していた。
     テロは、何時、何処で行われるか分からない。
     まさに我が国も、テロに囲まれているのである。
     
     中東のISの本部に、
     「憲法九条」をアラビヤ語で書いて送っておけば
     安全だと思っている馬鹿は、まさかいないだろう。
     いや、いるかも知れない。なさけない哉。

    (二)
     この参議院選挙における最大の課題は何か。
     それは、「国防」と
     「北朝鮮による拉致被害者の救出」であると、
     街頭で会場で語り続けてきた。
     
     海洋国家である我が国の存立の為の生命線は、
     南シナ海と東シナ海のシーレーンである。
     中共は、現在、着々とこの海域における「制海権」と「制空権」を奪い、
     我が国を存立の危機に陥れようとしている。
     
     しかるに、与野党とも、申し合わせたように、
     この課題にフタをして見ぬ振りをしている。
     その理由は、憲法改正と言う方も、九条守れと言う方も、
     ともに仲良く「戦後体制の中」に安住していたいからである。
     
     つまり、国防はもちろん、
     北朝鮮による拉致被害者救出を、
     まさに実現する為には、
     自衛隊を軍隊に再編したうえでの軍備の増強が必要となる。
     従って、与党は、これに触れて「騒がれる」よりも、
     フタをしておいた方が選挙に有利だという、
     国民を馬鹿にした判断をしているのだ。
     野党も、火事の中でも平和、平和、九条と言う方が票になると思っている。
     これ、与野党とも、
     反国家的痴呆を発症しているのだ。

     しかし、中共に感謝すべきなのか、
     丁度、この参議院選挙を目がけたようにやってくれている。
     
     まず、南シナ海の要塞化工事をほぼ完成させた中国海軍軍艦が、
     北の東シナ海の我が領海を窺い犯し始め、
     同時に上空でも、中国空軍機が、我が領空を窺い始めたのだ。
     
     已むに已まれぬ憂国の思いからであろう、
     六月二十八日、
     元航空自衛隊航空支援集団司令官の織田邦男空将が、ネットで、
     東シナ海上空で我が領空に接近した中国軍戦闘機が
     スクランブル発進した我が空自戦闘機に
     「攻撃行動を仕掛け、空自機がミサイル攻撃を回避しつつ戦域から離脱した」
     と公表してくれた。
     織田空将は、
     「常識を度外視して中国軍機が尖閣上空まで接近してきている。
     これが常態化すれば領空の安定は守れなくなる」
     と強調した(以上、産経新聞六月二十九日朝刊)。
     これ、
     民主党の菅直人内閣の時、
     同政権がひた隠しにしていた
     尖閣領海内に侵入した中国の「漁船」の我が巡視船への「攻撃」を、
     一色正春が影像で公表したのと同じである。
     
     自公の現政権も、菅直人と同様に、
     中国軍機の「攻撃」を国民に隠しておきたいのだ。
     この点、現政権も、戦後体制下の菅直人と「同類」である。
     そして、三十日、
     自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長は、
     本年四月~六月の中国軍機に対する航空自衛隊機のスクランブル発進が、
     過去最高だった昨年を一・七倍も上回る約二百回に跳ね上がっていると発表したのだ。
     一日に二~三回の頻度で、中国軍戦闘機が我が国の領空に向けて飛来しているのだ!
     この統合幕僚長の発表は、まさに、織田空将の
     「領空の安定を守れなくなる」
     という痛切な警告を裏付けるものである。

     さて、この「領空の安定」は、我が国の存立に関わることである。
     従って、「妥協」すべき領域にある事態ではない。
     以下は、この選挙において、
     街頭および集会で、連日私が述べていることである。

    1、総理大臣は、
     最高指揮官として航空自衛隊と海上自衛隊を激励し、
     我が生命線である領空と領海の安定を断固として守るという決意を披瀝すべきである。
    2、スクランブル発進をして遙かな東シナ海の上空で中国軍機と相見えた
     空自戦闘機のパイロットは、
     「戦域から離脱」してはならない。
     臆することなく敵機の攻撃行動に応じて、
     一挙に敵機の燃料を消尽させて大陸基地に帰還できなくせよ。
     そして、中共のパイロットに、
     あの日本の空域には接近したくないという恐怖心を叩き込め。
    3、こちらが先に「戦域から離脱」すると、
     かならず敵機はそのまま我が領空深く侵犯してくるようになる。
     従って、警告を無視して侵入してくる中国軍戦闘機を撃墜することを躊躇うな。
    4、私は、平成九年五月、尖閣諸島魚釣島に上陸視察して、
     そこにヘリポートがあるのを現に観てきた。
     従って、我が国は、そのヘリポートを利用して一夜にして魚釣島に
     陸上自衛隊の地対空、地対艦のミサイル基地を設置すべきである。
     そして、領海と領空を侵略する艦船と飛行機を、撃沈し撃墜する体制を整えよ。

    スポンサーサイト

    【2016/07/04 11:04】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    この記事に対するコメント

    >奥様

    少し過激な文章を書かせていただきますのでご了承ください。

    私は西村眞悟さんは嫌いではないですが、言葉が過激な割には案外大人しい発言に収まるイメージがあり、逆に物足りない時があるんです。

    「拉致被害者を奪い返すためには、戦争をしてでも奪い返す覚悟が必要だということ」

    これが私の基本なんです。犠牲はあるでしょう、でも理屈の上では正しい戦争です。
    昔の政府が拉致被害者を救わなかったのは、ある種その覚悟が試されることを嫌がったからですが、しかし、戦争を体験してきた世代ですから、その意味でリアルなんでしょう。
    しかし、我々は戦後生まれですから、リアリティがありません。
    そんな世代の人間がどうやって本質的な人間性というものを考えるかというと、歴史や神話が本当に大事になってきます。

    西村氏が語る前半部分は、まさに問答無用の戦争体制です。
    過去を遡れば、3500年前の「イリアス」です。
    ところが後半部分は、少し現状を「踏まえすぎ」なくらいに、専守防衛ではないだろうかと感じてしまいました。

    私は戦争というものに、結論はないと思っています。

    立ち上がるか退くか、この二つしか存在しないものだと思っています。
    経済がまずある・・・とか、なるほどそうかもしれませんが、その献立はそれとして、理屈で一々語る時間がないことを考えると、こうした問題に対処するには人間性しか残らないのではないか。
    つまり、戦う意識があるかないかという、基本的な姿勢です。

    元々、些細な問題ですよ。それを教訓とする意味でも、「イリアス」は語っているじゃないですか。でもその些細なことが、実は本当に大事なんですよ。
    というより、こういう神話が存在するその意味合いというものを考えていくと、自分という人間がいったいどっちの人間なのかを問われていることなんだと思うんです。

    ですから西村氏には、もっともっと攻撃的であってほしい。彼はそういう役回りだと思う。
    乃木将軍だってこの神話の通りに決断されたと思っていますし、理屈なんか戦争には通らない理不尽さが存在すること。ここを誰が言い出せるかが、これからの日本人の課題じゃないですか。
    安部氏に期待していた部分はこれだったわけで、これが為せるか為せないかによって、認識者の考え方は違ってくるわけです。
    取り戻すには新たな犠牲は不可欠です。でもそれが為しえないことの屈辱はもっと深刻です。

    バングラディッシュで犠牲者が多数出ました。日本も結果的に被害を受けました。だからこそ無差別テロに戦う意思を公言すべきなんです。日本の法人や経済人が多数存在する場所には、現地の保安管理局と連携して、武装部隊を配備する意思を告げるべきです。

    神話はどちらの側にも問いかけをしています。戦って犠牲を出すことを厭わないか、戦わずしてその後の悲劇を続けるか。

    どちらも覚悟が必要です。




    【2016/07/05 00:10】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]

    講演会に
    ○中山成彬候補

    7月5日(火)18:30 品川区立総合区民会館(きゅりあん)小ホール
    出演:藤岡信勝氏、小山常実氏、藤井厳喜氏 他
    に参加するべく移動中
    【2016/07/05 15:01】 URL | bunn #- [ 編集]


    >あきんどさん
    なかなか厳しいことを言われるのですねぇ。

    もっと攻撃的に・・・・ですね。

    >bunnさま
    どんな会だったですか?
    いいですねぇ~いつも。
    広島ではそういうシンポジウムはほとんどありません。
    【2016/07/10 21:40】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    私の本質はたぶんかなり過激かもしれません。
    どうやら、実生活でもそれが顕著にあるようです。
    でも、自分から仕掛けることは一切ないのです。相手が理不尽な時に、食って掛かることはしばしばありますが。

    西尾先生がある番組で、「私より左側にいる方は、今後論壇では生き残れないだろう」とご発言されたことがありました。「たかじん」の番組でしたかね。
    それを見ていた方々はどう感じたのか。
    極右とイメージされている西尾先生ですが、その判断は全くの誤りで、先生は極右でも極左でもない。ごく普通の日本人です。
    しかし、世の中が理不尽な動きを示すときは、その反対側に立ち、「あなたたちは今自分が立っている場所の反対側の意識を持っているのか」と警鐘を鳴らします。
    私はたぶん、先生のその点に一番惚れている部分だと思っています。

    例え方は適切ではないかもしれませんが、「ドン・キホーテ」的な要素を、先生は充分備えていらっしゃると思います。
    そしてかくいう私にも、その要素が元来あって、そこが共鳴していることで、私は西尾イズムに傾注したのだろうと思います。

    そういった意味で今回の参院選を語ります。
    今回は、与党が大勝の結果ですが、これは始まる前から予測がついたことで、何のおどろきもありません。ただ、気になっているのは18歳から選挙権があるという点。はたしてその若年層がどれだけ投票に向かったのか、そこが一番の関心事です。

    まだそのところの開票結果は出ていませんが、本来の私の持論は25歳以上の国民に、投票権を与えるべきだと訴えておりました。その理由は、現代の若者には経験が無さすぎる傾向があるからです。
    私の勤めている会社には、毎年高卒の方々が大勢入社します。その大半は本当に「子供」で、まるで昨日までランドセルを背負っていたような若者ばかりなんです。
    そしてその彼らの社会性を見ると、他人の立場に立って物事を考える意識が薄弱で、いわゆる「自己中」な人間ばかりです。さらには「自分」さえも失っているような者もたまにはいます。
    こんな若年層になぜ選挙権を与えなければならないのか、本質が問われてしかるべきだと思います。中身は省きますが、例えば我々大人たちでさえも、自分が年相応の人間的知識人かを問われれば、それを否定する方々は多いのではないかと思うのです。
    間違いなく言えるのは、自分の年齢よりも10歳若い辺りが、自分の実年齢だろうと思っている日本人が大半なのではないか。
    つまり、今の日本人の大半は、無駄に10歳年を取っていると言えます。
    戦前生まれの方々でも、戦場に行った経験のない方は、5歳くらい若いと認識されてもおかしくない。
    これが戦後70年の代償だと思っていいと思います。
    簡単に言えば苦しみが無いのです。公共的な苦しみが欠乏した代償が、これを生んでしまっている。その苦しみが欠乏した結果、決断が予想以上に失われていったということではないか。

    安部氏が今回選挙で一切憲法に触れなかった点、色々批判されていますが、彼が総理在任中にもしも改憲を議題に上げなかったとしたら、彼は本当の信頼を失うでっしょう。
    為しえるかどうかは別として、その問題を国会の場で決議する意思を示せば、私は最低限彼を認める立場です。
    ポピュリズムが本当に正しいことなのかどうか、それも議題化できればさらに良い結果だと認識します。

    憲法の定義を改正する選挙・・・まずはここから始めるべきでしょう。
    憲法改正が過半数を確保できる場合に施行される制度を論議する。
    ど真剣にそれを国会で論議してほしい。
    【2016/07/11 09:36】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1919-5c3219cd