奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 核兵器について(10/18)
  • 昨日の料理(10/18)
  • 定点観測?(10/12)
  • 倉敷(10/08)
  • 祭り2(10/08)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (10/21)
  • 奥様 (10/20)
  • 奥様 (10/20)
  • あきんど (10/20)
  • 苹@泥酔 (10/20)
  • あきんど (10/14)
  • 奥様 (10/12)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (7)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (571)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    読書
    もうずっと昔、ハーレークイーンの恋愛小説にはまって、
    一日に三冊くらい読んでいた時期があった。
    それが私の活字を読む習慣となったのかもしれない。

    今はそういうのは全然読まないが、
    読むものがないと落ち着かないことは確かだ。

    WiLLが分かれてhanadaもできて、
    諸君!がなくなったところを埋めている。
    正論は会員になっているので送ってくるが、
    WiLLとhanadaは紀伊国屋で並んでいるところを買ってくる。
    6月号はWiLLが残っていて、hanadaは売り切れていたっけ。

    WiLLの水間さんの「学び舎」研究が6月号、7月号ともに面白い。
    とてもポイントをついていて、
    今更だけれど、なんで文科省はこんなのを
    合格させたんだろうと思う。

    本を読むときは、本当はきちんと机について、線を引いたり、
    付箋紙を貼ったりしながら読むのが正統派の読み方だろうが、
    ついソファに寝っ転がって読んだりする。
    古谷さんの「日本会議」について書いた本の論評も、
    なかなかおもしろかった。
    競うということは、良い執筆者を探したり、
    獲得したりする競争でもあるから、
    新人も発掘できるし、今のところ両方ずっと買うつもり。
    スポンサーサイト

    【2016/05/30 22:02】 読書からの連想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
    この記事に対するコメント

    最近やっていないこと・・・それが読書です。
    ネットに復活してから読まなくなっちゃいました。
    だめですねぇ・・・本当に。
    西尾先生も確かこんなことを以前おっしゃっていました。
    「ネットのコメントというのは、次から次へと生まれてきます。でも残らないんですよ。でも活字はどうですか、後世まで残るでしょ。だから本は大切なんですよ。私が今研究しているGHQ焚書図書も、活字だから残っているんです。おそらくネットの世界なら残っていないでしょう。」

    確かにそうだなぁと感じます。
    本で読んだことは時間が経ってもいつか思い出せるんですが、ネットでのやり取りはかなり記憶から遠のいていくものばかりです。
    なにしろ私はパソコンで「記録」することを今もできませんから、すべて私の頭の中に納めなければならないわけですが、やはりそれには限界があります。
    でも、本なら消える心配がないので、こういう私みたいな人間にとっては、本はとても重要な存在です。
    【2016/05/30 23:59】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    ではどうやってネット上の言葉を残すことが可能なのでしょう。
    これは難題です。今の時点でこれを結論できる言葉を発せられる者は、まずいらっしゃらないと断言していいでしょう。

    ネットもここ10年間でかなり様変わりした感じがします。
    専門的な意見や個人の研究は、徐々に有料化されています。
    つまり、ネットでさえ本腰の入った無料の論文は消えつつあると言えます。

    しかし、もともと他人の意見をタダで聞こうとする行為そのものが、本来あり得ないことですから、将来はネットそのものがかなり制限された情報に落ち着くのではないかと、私は予測しています。
    また、チャンネル桜みたいなほぼ社会慈善事業的存在のチャンネルも、いずれどうなるのか、それを引き継ぐ人間が出てこない限り、自然消滅せざるをえないでしょう。

    昔わたしが一番心配したことは、社会の科学的デジタル化の進歩とともに、人間社会の身近な生活環境までがデジタル化され、極端な言い方なら、クラスメートの不幸な出来事さえ無視されるような社会が出来上がってしまうのではないだろうか、という点でした。

    ところが結果は逆でした。というより、はるかに縛られる社会になりました。
    私はほとんど使用したことがないので、詳しい現実はわからないのですが、会社の同僚に聞くと、意見交換はラインが主体で、メールは時々なんだそうです。
    その理由は金額が発生するかしないかという事情だそうです。
    しかし、ラインは仲のいい誰もが閲覧できる掲示板のようなものですから、ある意味公共の場に自分をさらけ出すことと一緒です。
    ところが、そういう場でも、かなりどぎついものが載るというのが現実なようで、かりにそうでなくても、誰かのちょっとした発言が第三者にはこころをえぐる発言だったりするようです。
    ブログなら世界の誰もが閲覧可能ですから、その意味で公共性がありますが、ラインは特定者のみ閲覧できる仕組みですから、きわどい発言が逆の意味で横行するという結果を生んでいるようです。
    その意味では、社会のデジタル化が進んでしまったと言うべきなんでしょうが、ところが現実はそのライン仲間という狭い社会が彼らの社会領域になりつつあるようで、その点での新しい社会問題が深刻なんだと聞きます。

    いつの時代でも便利な機械ができればその弊害も伴うという現実からは、なかなか逃れることができないということなのでしょう。

    それにしても家族全員がそれぞれ携帯料金に1万円ちかく支払うこのシステム、あまりにも無駄な現象だと言いたいです。その30%でもいいから、物品消費に廻すことが可能ならば、様々な物流消費に影響を及ぼすことが可能だろうと思います。
    ちなみに私は未だにガラ系です。
    これで十分です。
    【2016/05/31 16:50】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


     別のを書いてる途中だけど、気分転換に寄り道をば…。
     あたしゃ勿体ないから本に線は引かないし、折り目もなるべく付けたくない。学生時代は人並みにメモした事もあったけど、自分の字で汚した教科書はたちどころに「読む気が失せる」(苦笑)。果てはメモが憎たらしくなってくる。でも教科書だから捨てられない。…これまで沢山の教科書を捨ててきました。卒業おさらば、さっさと忘れよう…。
     ふと思う。記憶に残るのは、忘れたり読み返すのが面倒臭いからではなかろうか。音楽は脳内再生でそこそこ聴けるし、下手すりゃ夢の中で鳴り続ける。楷書で丁寧に書くのが面倒臭い時は草書が便利で、見れば深層の文字像が書体横断的に脳内再生される。…飲み会でビールかっ喰らった時は、目が据わったら体が自ずと円錐運動を始める。ツマラナイ会話などせず音楽を脳内再生、精神集中して「泥酔を楽しむ」。約二十年前の或る日は偶々、目の前に居た美女に視点を据えてみた。これは流石にマズかったらしい。相手は気にしているふうだったが、私は誰も見ていない…。
     見た事ァないが噂だと、世間には目を開けたまま眠れる人が居るらしい。脳と外界との隔絶が目玉を境に取り結ぶ、そんな視点の錯誤が他者の視線を惑わす事もあるだろう。見つめられる事に鈍感だと、見つめている事に気付かない場面が間々ある。見つめられるのと見つめるのとでは、どちらの自意識過剰が豊かに妄想めいて行きがちなのかしら。どことなく読書と似て居る様な気もするし、さりとて「読書する怠け者」が有害とは限らない。読者が書物から「見つめられている」と思ったら最後、その人がビョーキなのかさえ覚束ない。
     見つめてくれる「かの様な」ネット住人の増殖に戸惑う人は多かろう。そうこうしているうち、時代の体裁はやがて掲示板からブログへと落ち着いていった。ざっと見た範囲では、コメント欄なきブログも多いらしい。…そう云や西尾先生の場合、宮崎正弘メルマガにおける読者対応を羨ましがってたんだっけ。(2004.9.1「ネットの憂鬱(二)」↓)
    http://book.geocities.jp/nishio_nitiroku/kako62.html
    【2016/05/31 23:45】 URL | 苹@変態 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@変態さん
    あ・・・・・コピペできた!!!

    脳内で音楽が再生できるなんてすごいですねぇ。

    掲示板の時代、楽しかったけど、危険でもありましたっけ。
    【2016/06/01 08:46】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >あきんどさん
    あきんどさんも苹さんも、長いお付き合いですねぇ。

    掲示板からブログへ移行しても、
    引き続き書いて下さり感謝しています。

    妙にブログは切れ切れになりますが、
    まぁ、だいぶ慣れました。

    実際の距離は離れているのに、こうして会話しあえるのは、
    やはり科学の力です。
    良いようにも悪いようにも使えるからこそ、
    力なんですねぇ。

    かつては写真も、電話も・・・・・魂を奪う?・・・・とかなんとか。
    どこかに落ち着くまでは野蛮の時代です。
    【2016/06/01 08:51】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2016/06/11 07:46】 | # [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1908-cafbf83a