奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES
  • カープ(09/18)
  • ライン(09/13)
  • NHKってやっぱり・・・・(09/07)
  • えんだんじさんの新刊本!(09/05)
  • 週刊ポスト(08/31)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (09/19)
  • kaykay (09/16)
  • 奥様 (09/15)
  • 苹@泥酔 (09/14)
  • 奥様 (09/13)
  • あきんど (09/12)
  • あきんど (09/12)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年09月 (4)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (562)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    広島女学院に行ってきました
    あ~~~~~疲れた~~~~

    広島女学院が「学び舎」の教科書を採択していると聞いて、
    気がちょっぴり重かったけれど、今日校長先生に会いに行ってきた。
    最初に校長先生に面談の了解を得る時に、
    私は一人でも行こうと思ってはいたが、
    何人か、一緒に行ってくれる人を探していた。
    で、前日にやっと人数が集まり、私をいれて6人で行くことになった。

    遠方から来てくれる人もいる。

    一応、学校側にも人数を伝えておこうと朝電話をいれたら、
    すぐに校長から折り返し電話がかかり、
    私一人にしか会うつもりはない・・・・という。
    同窓生であるから、会うことにした・・・・。

    困った!
    遠方からの人は、もう家を出発していた。
    仕方がないので、
    とりあえず、校長室の前までは全員で行きますと
    また学校に電話で伝えた。

    事務室の窓口で、
    ここまで来たので、なんとかもう一人でも入れてもらえないか・・・と言ったのだが、
    校長がどうしても、私一人にしか会わないという。

    事務室の入り口に机と、椅子が4脚あったので、
    仕方がないので、同行してくれた人たちにはそこで待っていてもらうことにした。
    私がお誘いしたのに、本当に申し訳ないことだ。

    仕方なく、私一人が応接室に入って行った。

    広島女学院が「学び舎」の教科書を使うことを聞き、
    インターネットで調べ、女学院の教育に不安を抱き、来た旨を力説する。
    なんだか、私の独演会?のようになり、
    とにかく「学び舎」の教科書のマイナスの特異性を説明した。

    「学び舎」のみにみられる特徴

    1、検定調査審議会の歴史小委員長上山氏に、学習指導要領の枠に沿っていないと指摘された

    2、信頼性のない元「慰安婦」の証言の記述がある

    3、明治維新期における防衛の観点の欠如

    4、縄文、弥生文化の記載の欠如

    5、縄文土器が本文中にない

    6、時代の始まり、終わりが分からない

    7、太平洋戦争時に日本軍が東南アジアに歓迎された事実が書かれていない。

    8、朝鮮人徴用を「強制連行」70万人と記述

    9、三光作戦など、虚偽の記載



    歴史小委員長?と聞かれたので、
    はい、検定審議調査会のなかの歴史の委員長です。
    この件は朝日新聞にのりましたね・・・・と説明する。

    社会科の先生から
              近現代が詳しく書かれている
              暗記式ではないところがよい
              重要な語句を濃くしていないところがよい
    という理由で採択したと聞いているという。

    社会科の先生にこれにする・・・と言われたら、
    校長はよくわからなくても承諾するしかないのだろう。
    それにしても、あまりに歴史教科書問題に無知過ぎると思う。
    なにしろ「学び舎」がどんな人が集まって作った教科書か知らなかった。
    共産党系の元教師が集まって作ったのですよと、教えてあげた。

    副教材などを使い、教科書一辺倒ではないし、
    政治的に偏らないように気をつけていると、再三言っていた。

    以下の資料を基に
    教える必要性のない名前を見せ、このように偏っていることを伝える。

    三、特異な歴史上の人物(本文数行以上、ミニコラム以上で扱われた人物)
    (1)阿只抜都(ルビはアキバツ)・・・倭寇(p76)
    (2)金忠善(もとの和名 沙也可)・・・・朝鮮側に投降した武士(p105)
    (3)オランプ=ド=グージュ・・・・フランス革命の女性闘士(p148~149)
    (4)トゥサン=ルベルチュール・・・ハイチ独立革命の指導者(p149)
    (5)楠瀬喜多・・・・・国会開設署名運動(p183)
    (6)深沢権八・・・・・憲法研究・学芸講談会(p184)
    (7)全琫準・・・・・・東学の指導者(p194~195)
    (8)柳寛順・・・・・・三・一独立運動(p212)
    (9)平塚らいてう/市川房枝・・新婦人協会(p216、219)
    (10)曺仁承(ルビはチョインスン)・・関東大震災朝鮮人虐殺目撃者(p217)
    (11)山本宣治・・・・治安維持法反対国会議員(p220~221)
    (12)夏淑琴・・・・・南京事件被害者(p235)
    (13)森田忠信・・・・一般召集兵士(p242)
    (14)金城重明・・・・沖縄集団自決(p249)
    (15)山口シズエ・・・戦後初の女性反戦衆議院議員(p258)
    (16)鈴木安蔵・・・・憲法研究会(p260~261)
    (17)金学順・・・・・韓国人慰安婦(p281)
    (18)河野洋平・・・・慰安婦問題官房長官談話(p281)



    校長に対し、敵対的な物言いをするのではなく、
    なるべくやんわりと、女性教育が大切であること、
    日本に誇りを持ち、文化伝統を重要視することが必要であることなど、伝える。
    女学院に期待する・・・・など・・・・・・

    終り頃に、社会科の先生との面談を求めたが、
    教科書の責任はすべて校長にあるので、不可能との答えだった。

    そして、帰る間際に、用意していた資料を置いて、
    是非読んで下さいと言ったら、
    要りません・・・・と言うので、
    置いて帰りますから不要だったら捨てて下さいと言っておいた。

    校長は応接室から少しだけ出て見送ってくれたが、
    すぐそこで待っていた同行の女性たちには、
    中に入れてあげられなくて申し訳ありませんでした・・・・の一言もなかった。

    「学び舎」の教科書ついて、
    自信がなかったからこその態度だったのかもしれない。
    今回の面談が、校長の心に、なかなか取れない「とげ」のように
    ちくりと刺さったものになったのなら、私としては大成功。
    どちらにしても、
    今更「学び舎」を止めることはしないだろうし、
    社会の先生に文句を言うこともしないだろう。

    一緒について来てくれた人たちに本当に申し訳なかったけれど、
    おそらく校長にとってはジワリとした圧力になったことだろう。

    今日が終わって、ホッとした。

    スポンサーサイト

    【2016/03/14 16:11】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(14)
    この記事に対するコメント
    日本を憂う一女性の叫び
    本当にお疲れ様でした。

    すぐに成果は見えなくても、きっと何かは変わっていると信じましょう。

    本来なら、ツイッターで、「名門の広島女学院で「学び舎」の歴史教科書が採択された 日本終わった」とつぶやいたら、大反響になって、マスコミでも大騒ぎとなり、野党の中の保守系の議員が国会で取り上げて質問しなくてはならない重要な案件なのですけどね。

    西村慎吾さんならやってくれるかもしれないな。

    (ポスト安倍の最右翼、自民党きっての理論派と言われる石破茂さんのブログをリンクしてみました。非常に理路整然として読みやすい!その文章全体から滲み出ているのは、本当に謙虚な姿勢)
    【2016/03/15 04:25】 URL | 侍政の尊野ジョーイ #r8.gCnUU [ 編集]


    ご苦労様でした。いずれこのブログを私のブログにも使わせてください。
    【2016/03/15 07:56】 URL | えんだんじ #- [ 編集]


    >尊野ジョーイさん
    世の中、すべてリンクしているので、
    ほんのすこしの蝶々の羽ばたきと同じように、
    いつかどこかで何かが動くと信じます。

    >えんだんじさん
    どうぞ、お使いください。
    同窓生にしか会わないとは、おかしいですよね。
    【2016/03/15 08:42】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    大変にお疲れさまでしたー。
    セレブ奥様ならではの大変素晴らしいお仕事をなさって
    来られたのですね。
    惜しみない拍手と美味しいお疲れさまの差し入れをしたい気持ちです。

    校長、社会科の教諭を守っていますね。セレブ奥様以外とは会わないというのも
    失礼だし、チキンな話しですね。

    ホント、だれかつぶやいてくれないかなー。
    【2016/03/15 09:53】 URL | 紀子様大好き #- [ 編集]


    お疲れさまでした。大健闘でしたね。

    物語の緊迫した場面のやうに、一気に読みました。そして、2度読み返しました。
    会ふ、会はないを決める権限が向うにあるといふ状況では、考へられる最大の成果だつたのではないでせうか。

    「学び舎」の特徴9項目、特異な人物18名、よくぞ調べ勉強されましたね。しかも、その結果をもつて相手をぺちやんこに叩きのめすことが目的ではないのですから、肩が凝りますね。
    校長には敵対的でなく、「やんはりと」「女学院に期待する」--大切なポイントですね。
    この校長、さう素直ではなささうですが、「歴史小委員長?」と聞き返し、奥様の説明をきいたのですから、100%意地つぱりの、知つたかぶり野郎でもないやうですね。共産党系の元教師が作つたと教へられても、「そんなこと知つてゐる」などと嘘を言はなかつたのですね。内心、これはまづいと思つたかもしれませんね。

    この面会が、校長の心に残り、将来につながる可能性はあるし、さうなることを切に祈ります。

    国民の一人として、御尽力に感謝します。
    【2016/03/15 12:46】 URL | 池田俊二 #- [ 編集]


    >紀子様大好きさん
    コメントありがとうございます。

    そうそう、それです!校長先生、「チキン」です!
    私もそう思いました!

    >池田俊二様
    最初のまとめは、小山先生からの資料をちょっとまとめたものです。

    で、二つ目は「空花」さんのまとめを利用させてもらいました。

    「学び舎」の教科書は手に入りません。
    展示会の時期しか見ることができないのです。
    アマゾンでももうずっと品切れ状態なんですよ。
    おそらく市販されて中身のひどさを知られるとやばいので、
    もう増刷しないのではないかと思います。
    【2016/03/15 22:59】 URL | 奥様 #- [ 編集]


            奥さま へ

    御苦労について、申し上げたいことは山ほどありますが、一つだけ。件の教科書、手に入れることさへむづかしいとは、驚きました。そこから始まるのですね。

    ただ、連中が「中身のひどさを知られるとやばい」といふ自覚を持つてゐるとすると、まだ見込みがありさうだとも思ひました。
    嘗て西尾幹二先生と出した 『自由と宿命・西尾幹二との対話』といふ本で、先生の「他人の目を瞞すことは、ときには生産的でさえありますが、自分で自分を瞞すことには救いはありません」といふお言葉に対して、私はプラトンの「知つてゐてつく嘘の方が知らないで言ふ嘘よりはましだ」といふことばを以て応じましたが、これは、私としては日常の経験から得た、動かしがたい座右銘です。
    実際、本気ほど怖いものはなく、WGIPによる刷り込みをほんたうに信じてゐる人を説得して翻意させるのに成功したことは一度もありません。これに反して、たとへば南京虐殺なんて多分でたらめだらうが、今は、あつたと言つておいた方が通りがよいからといふ理由で嘘をつく連中には、いかやうにも対することができます。

    教科書の問題にしても、あの「ひどさ」をひどいと気づかず、いいと思ひ込んでゐる輩が圧倒的多数だからこそ、むづかしいのでせうね。

    また、色々と教へて下さい。
    【2016/03/16 07:25】 URL | 池田俊二 #- [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2016/03/16 09:22】 | # [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2016/03/16 09:24】 | # [ 編集]

    もしかして....!
    社会科の教諭と「学び舎」は結託していて、教諭に口きき料か賄賂が流れているのではありませんか?
    その教科書を採択することに何らやましさがなければ、堂々と社会科教諭がセレブ奥様に会って、その教科書が他の教科書より優っている点をPRするチャンスだったのにね??
    出て来ないなんてヘンだわ。選んだことに誇りや責任はないの??ヘンよ、ヘンだわ!

    社会科の教諭が選んだ教科書が問題視されていることが父兄にも広く認知され、
    4月以降に父兄からもその内容について議論がわきあがることを期待しております。


    【2016/03/16 16:56】 URL | 紀子様大好き #- [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2016/03/16 19:32】 | # [ 編集]


    >紀子様大好きさん
    4月に同窓会があります。
    いつもは行かないのですが、今回は出席することにしました。
    それとなく、周りの人たちに話してみるつもりです。

    父兄は子供が人質だから、余り期待できないような気もします。

    こういうときこそ、モンスターペアレントの出現を期待したいのですが、
    なにしろ、子供の歴史の教科書が「学び舎」で、
    それがどんなにひどいのかってことに、
    ほとんどの人が気が付かないと思うのです~~~
    【2016/03/16 21:08】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    奥様、その行動力が素敵!
    同窓会への出席でOGからの問題提起ができたら素晴らしいですわ。
    学校側も同窓会という組織にはある程度の敬意を示していますしね。
    同窓会からも「この教科書は内容が随分偏っていますが、どういう経緯で導入したのですか?」という声があがったら、学校側としてはビビッて涙目になると思います。

    「学び舎」で調べたら偏差値の高い高校でけっこう採択されているのですね。
    優秀な生徒たちの立場からしたら、偏ったヘンな価値観を押し付けられ、
    日教組のおバカな教員たちにうんざり、迷惑しているのではありませんか?
    近ごろの優秀な若い子はネットで覚醒していますわよ。

    4月のご活躍とご報告、楽しみにしております~~~。

    【2016/03/16 23:01】 URL | 紀子様大好き #- [ 編集]


    >紀子様大好きさま
    先日、産経新聞で「学び舎」についての記事が出ていましたね。

    エリート校というのは、結局歴史学界を牛耳っている教師がたくさんいるのでしょう。

    エリートたちが、教科書のあぶなっかしさを見抜けるといいのですが・・・・。
    【2016/03/20 08:44】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1882-53ab09b7