奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 定点観測?(10/12)
  • 倉敷(10/08)
  • 祭り2(10/08)
  • 祭り(10/08)
  • 写真は(10/02)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (10/14)
  • 奥様 (10/12)
  • あきんど (10/10)
  • 奥様 (10/10)
  • あきんど (10/10)
  • 奥様 (10/06)
  • あきんど (10/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (5)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (569)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    文章を書くということ
    ここに来られる人はもうとっくにご存じだとは思うが、
    西尾先生の文章力は半端じゃない。

    今回の正論の文章ももちろんそうだが、
    単純な話を書くのではなく、
    大きな歴史を見直して、
    視点を高く高くして、
    日本のこと、世界のことをとらえられる。
    それは、高校のころに習った世界史の枠を大きく超えている。

    そういう文章を、
    毎回続けて書きながら、
    全体の目的地へと読者を導く。

    ブログなどは、短文で、
    何も考えないくらい簡単に文字を並べて、
    それで文章を気取っているけれど、
    本当の文章はそれとは違う。

    つくづくそれを感じたのは、
    極東ロシア旅行のブログを書いた後、
    ある場所に紀行文を書いてほしいといわれ、
    ブログの文章をつないだり、
    ひっくり返したりしながら一つの文章を書いたのだけれど、
    いやぁ・・・・・・苦労しました。

    旅行記という毒にも薬にもならない文章でも、
    これだけ苦労するのに、
    歴史観にかかわる壮大な論文には、
    どれほどの知力が必要だろうかと思う。

    本当に、本当に、西尾先生の筆力はすごい!と、
    日々感じるのでありました。
    スポンサーサイト

    【2015/11/01 20:42】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    この記事に対するコメント

    >奥様

    以前先生が「私はいつでも書けます・・・書けますよ。書こうと思ったらいつでも書けるんです。それでなきゃ本物ではない。」
    こんなコメントを書いていた記憶があります。5年位前だったでしょうか。

    私も私のレベル並みであれば、書いちゃう方です。
    先生のような濃密な文章は描けませんが、一つのイメージが浮かぶと、どんどん書いちゃう方です。誤字脱字は覚悟の上、「感性」だけはそのひらめきを頼りに一気に書いちゃう方です。所詮素人ですから多少滅茶苦茶になってもかまわないと開き直りながら書きます。
    その点だけは西尾先生と肩を並べているつもりです(汗)。

    どんなにすばらしい資料があっても、書けない人は書けないんだと思います。逆に私なんかはあまり色んなことを知りすぎると書けなくなっちゃうタイプです。私はかなり思い込みが強い方なので、自分の世界に入り込まないように注意しているんですが、ついつい入り込んじゃうタイプです。
    それは重々承知の助ですから、いつも注意していることは、どうやったら私のこの思い込みが、読み手に伝わるかに・・・これでも一応気を使っているつもりなんです。

    しかし最近は、パソコンがあるおかげで、逆に私の切れ味はボロボロだと思います。
    あまりに情報が多すぎて、逆に私が混乱しています。内面を表すとこんな感じです。
    「あーっ、やっぱりこれも先こされちゃってたかぁ。じゃぁこっちはどうだ・・・こっちもだめかぁ。いったいどこから行ったらいいんだぁ。」こんな心理です。

    完全に自分のイメージが創造できない状態です。他人の意見や考え方に振り回されている状態です。これじゃあ書けませんよね。だから私はあまり深くネットに関わらないようにしています。ところが、ついつい見ちゃうのがUチューブ。これが本当に禍の原点です。

    映像化されたものを見ちゃうと、完璧にその「映像」に固執しちゃうんです。これが良くない。
    例えば・・・桜の季節に桜の映像を見ちゃうと、その映像の中の桜しか頭に浮かばなくなっちゃう、そんな感じです。ところが何も見ないまま、例えば子供のころに見た桜のイメージを心に描きながら桜を語ると、案外反応が良い場合が多いです。たぶんオリジナリティが伝わるんでしょうね。映像がきっかけ程度なら問題はないのですが、映像を題材にしちゃうともうだめです。面白くない文章に終わっちゃいます。
    不思議なもので、自分で書いていて「面白い」と思えるものはやっぱり反応が良いです。たぶん素直に描けているんだと思います。その反面、見た映像をうまく説明しようとする文章は、後で読み返すと全然面白くありません。
    読んでいて「面白い」か「面白くないか」はとても大切な要素だと思います。
    私が西尾先生の文章に惚れているのは、「面白い」からです。とても畏まった文章の中に「面白さ」が存在しているからだと思います。

    おそらく主婦の方々ならわかると思うんですが、似たような規模のスーパーでも、つい買っちゃうタイプの店と、たくさん商品はあるんだけど、買う気が起きない店とか・・・ありませんか。いったい何が決め手なんだろうと、買う側も不思議に思うことってありますよね。
    実はですね、整理整頓が行き届いた堆く(うずたかく)積まれている商品ほど、買う気を失う要素が高いものはないと言われているんですよ。逆に、少々乱雑でもいいから、わざと商品を「乱す」置き方の方が、案外買う気を呼ぶと言われているんです。あまりに乱れすぎるのは良くないですが、こんなケースなら許される例としてあげると、特売品がプロパー商品(定価価格販売)の中にまばらに置かれていると、つい買う気を起こすそうです。
    特売品とプロパーを混在することによって、奥様方に「お得感」を生ませるんですね。
    もしそれが、ここからは定価販売、ここからは特売品・・・というような区分けをきっちりしちゃうと、売り場の魅力が全くなくなっちゃうと言われています。
    そういう区分けをするなら、本当に投げ売りする価格で攻めないと魅力が生まれないそうです。
    魅力のある売り場をどう手作りするかが、商売人の腕の見せ所です。
    「あの店はいつ行ってもなにか得をする気分になる」と思わせるような売り場づくりを心がけること、これに尽きますね。
    そして、スーパーと言えど、売り場に率先して管理者が立ち、顧客の購買を目で確かめること。更には顧客にお得な情報を短い言葉で伝える努力。
    「奥さん今日はサンマが安くてうまいよ」これだけで大方の主婦は献立がしやすくなります。

    呉善花さんとの対談本が出されたのを知り、私はさすが西尾先生だとその時思いました。
    韓国の話題そのものがほとんどなされない状態に入り込もうとしていたこの時、先生はあえて韓国と日本の本当の比較をなされました。
    私は「これだ、西尾先生の本当の魅力はここにある」と改めて思いました。
    ドイツの研究などあまりメジャーでない時代にドイツに渡り、「世界の東側」をまずご自分の目で確かめ、さらに時代がグローバル化していく中で、日本の一番の敵はアメリカであることを論ずるための研究を頂点として、様々な世界的歴史観を認識され、アメリカと言う国を我々はどう考えるべきかというテーマを人生の柱とされました。
    その研究の中で、日本にとってはアメリカは原爆を落とされた意味からも、最大の敵国ではあるが、当のアメリカが実は本当の敵国は日本ではなくイギリスであるんだと認識し、その意味で日本がアメリカを憎むことは許されても、アメリカの敵国が日本ではなくイギリスであることから、日本が完全にアメリカを見離したり関係を決裂することは、何よりも危険な外交のあらわれであるということ。更には、そのことから、アメリカに近づきすぎる外交理念も、いわば本当に信愛できる中ではない者同士が、片思いのようにひれ伏すのは、国家として適切ではないと言う論。そのことから日本はどうしてもアメリカと関わっていかなければならないわけで、その意味で親米でも反米でもない遠米もしくは厭米と表現すべきなんだと言います。
    簡単に言うと「日本がアメリカに本気で喧嘩してもなんの意味もないよ。だってアメリカが本当に憎いのは日本ではなくイギリスなんだから」
    この認識がわかればおおよその判断がしやすくなります。この観点だと思うんです。
    つまり、先生は殿上人にはならず、常に現場で論ずる方です。声の届かない場所から言葉を発しない。ですから常に現場にいます。だから書けるんでしょう。
    この「厭米」という認識、どこにもありません。商売でいえば完全オリジナルブランドです。
    でもそれを先生は武器にしません。もちろん言葉の戦いは演じますが、武器にはしていません。それを言う根拠は、もしも先生が「厭米」を武器にしたら「親米」と「反米」すべてを敵にするからです。先生はそれを望んではいないと私は思っています。親米派からも反米派からも批判はあっても、それはある種仕方がないことだと認識しているのだと思います。気づけば分かることで、気づけないなら仕方がないと思っているのではないでしょうか。
    「親米」「反米」といういわば論壇のプロパー理論の中に「厭米」を置くその手法。
    まさにそれが「売れる手法」です。

    「奥さんアメリカはね、日本をそんなに嫌っていないんですよ、本当はアメリカはイギリスが大嫌いなんだって、知ってました?」

    西尾理論を夕方の五時ごろスーパーで奥様方にお伝えしたいくらいです。
    【2015/11/05 00:51】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]

    Re: タイトルなし

    >
    > 「奥さんアメリカはね、日本をそんなに嫌っていないんですよ、本当はアメリカはイギリスが大嫌いなんだって、知ってました?」
    >
    > 西尾理論を夕方の五時ごろスーパーで奥様方にお伝えしたいくらいです。
    あきんどさん。

    わかるわかる。
    イギリスコンプレックスもあるかも。
    【2015/11/05 20:22】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1834-e1a22a5c