奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 北朝鮮問題(04/23)
  • バッテリー(04/19)
  • 庄原(04/16)
  • おせっかい?(04/12)
  • 斬首作戦!?(04/11)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (04/24)
  • あきんど (04/24)
  • 奥様 (04/23)
  • あきんど (04/21)
  • あきんど (04/20)
  • 苹@泥酔 (04/20)
  • あきんど (04/19)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年04月 (7)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (516)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (413)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    極東旅行(6)
    レストランはどこも重厚な感じで、
    木の梁、壁画、カーテンなど装飾がこっている。




    行ったところでの食事では、最初に必ずサラダが置かれていた。
    きゅうりの乱切りとトマトも細かく切ってあるのが主の所が多かった。
    次に必ずスープが来る。
    こちらの人の分量なのか、味はいいんだけれど、
    飲みきれないくらい大量で、しかも具だくさん。
    キノコスープの中にはマツタケも入っていた。
    サワークリームをスープに混ぜて飲むのもおいしい。



    これはパイ包みっぽいけど、生地はパンで、
    中には餃子の小さいのがたくさん入っている。
    あ~~ポン酢が欲しい・・・・と思っていたら、
    醤油らしきものも出ているテーブルもあった。
    他の店では同じような中身で、スープが入っているのもあった。
    水餃子?
    キエフ風カツレツという、うたい文句の料理は、
    鶏肉にチーズをはさみ、衣をつけて揚げたもので、
    食べやすい味。マッシュポテトがどっさりついている。

    最後にデザート。

    クレープ、アップルパイ、チーズケーキ、硬めのお饅頭のようなケーキ、
    アイスクリームの所もあった。
    食事の最後は紅茶でしめくくる。

    ツアーでの食事だから、こんなもので、どこも味は普通だった。


    スポンサーサイト

    【2015/09/23 14:27】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    この記事に対するコメント

    >キエフ風カツレツという、うたい文句の料理は、
    鶏肉にチーズをはさみ、衣をつけて揚げたもので、
    食べやすい味。マッシュポテトがどっさりついている。

    大学時代に何気なく見ていた料理番組で、これと似た料理が紹介されていたので作った記憶があります。当時はチーズではなくバターでした。
    棒状のバターをわざわざ買ってきて、それを鶏肉に巻いて何度も何度もパン粉をまぶし揚げました。こんがり揚がったその料理を、一人さびしくたいらげました。
    ナイフを入れた瞬間、中からじわーっとバターが出てきて、鶏肉に絡めて食すると、これが案外いける口でした。
    できれば日本人が好む味のきりっとしたソースが絡んでいたら、もっと美味しくいただけたんじゃないかと思いました。
    ロシア料理というと、最初にイメージするものは、こうした揚げ物ではないかと。
    ピロシキもこれに関連する料理の一つですし、どうやら大陸の東側にはそのような料理の伝統が、根強くあるのかなと思ったりします。
    例えば韓国に行くと露店でやたらと揚げパンが売られていたりします。いわゆる日本版揚げドーナッツですね。
    それを考えると、案外ドーナッツ文化はアメリカ方面からではなく、ロシア方面から伝わった食べ物なのかなと想像したりします。あくまでも想像ですが。
    【2015/09/25 16:30】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    そうかもしれないですねぇ。

    やはり寒い国なので、油の摂取が必要なのかもしれません。
    それにしても、大医学時代に、
    そういう料理を作っていたなんて~~~

    ソース味はなかったです。
    【2015/09/25 21:51】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >ソース味はなかったです。
    >奥様

    やっぱりそうなんですね。
    たしかテレビの解説でも、ソースはなかったです。

    でもチーズそのものがしょっぱい系統なら、それはそれでソースなしでも味はしっかりしているのかもしれませんね。
    日本にはバターは古くから食卓にありましたが、チーズやヨーグルトが今みたいに当たり前にあるのはここ20年くらいの文化だと思うんです。
    それ以前はチーズもヨーグルトもおやつ感覚で食べられたはず。
    せいぜいサラダにトッピングされていたくらいですよね。

    バターにも塩分が含まれたものはたくさん出回っていますが、日本人にとってはあれくらいの塩味では美味しいとは思えないはず。
    やっぱり日本人は醤油と味噌がないと、体調そのものがダメになっちゃいます。
    ここで重要な食材は「麹」です。
    この「麹」にどれだけ日本人が依存しているかが、大きな点ですね。
    「麹」はそれ自体が熟成発酵された食材ですから、味噌や醤油を使うと、料理に「コク」が生まれ、様々な食材の土台となって支え、しかもまろやかさを増します。

    野菜も魚も肉も、「麹」に支えられて様々な味を生み出します。
    和食が今世界的にブームですが、まだ「麹」の扱い方は知られていません。
    色んな和食のご紹介をテレビで見たりしますが、どこか上滑りして見えてしまうのは、そのせいなんじゃないかと思います。

    和食にかぎらず「日本」が世界でどれだけ理解されているかという問題と、どこか似たものがそこにはあるような気がします。
    ただ、われわれ日本人自体が「麹」の扱い方を知らない人が大勢いて、醤油と味噌以外はほとんど接しなくなってきました。厳密にはお酒も「麹」の恩恵をうけていますが、ここは料理に限定して述べさせていただきます。
    とにかく現代日本人そのものが、日本を知らなくなってきている。
    あと10年もすると、自宅で麹菌を使った料理を出す家庭なんて、皆無に近くなるでしょう。
    その意味でも、醤油と味噌だけは絶対食卓から無くしたくないわけです。
    自分で作ることはできなくても、せめて舌の感覚の中に「麹」の味の重要性を残していきたい。
    たぶん現代日本人の「日本人意識」はその段階にすでに入っていて、もう後戻りできないくらいに、歴史を消費してしまったのだろう。
    戦前と戦後がよく対比されますが、本当の意味でそれが表れているのは、シベリア抑留兵士が帰国してきたあたりの日本社会でしょう。
    大勢の共産主義洗脳兵士が日本各地に散らばり、「共産主義的自由」の認識を日本社会に注入しだした。
    日本が当時アメリカ社会的自由とソ連社会的自由の狭間であったことが、その後の日本社会の悲劇の始まりだったと言えるのでしょう。
    70年もの歳月が流れてもいまだその狭間の中にあるということは、本当の日本というものがもともとあることを、どこかに感じ取っているからだろうと思います。
    しかし、「リベラル」という位置がパラレルに存在していました。多くの日本人はそこを意識しました。そして抑留兵士が帰国した当時は、まだ日本はアメリカ的でもソ連的でもなかった社会が、徐々にそれら自体が双方色濃くなっていき、マスコミは大方アメリカ社会的自由に支配された。一方ソ連社会的自由は論壇を支配した。そらがいまだに続いているのがこの現代社会だと思うのです。
    つまり本来日本的でない二つの社会が、日本社会を覆い尽くそうとしていると言えます。
    日本人にとっては感覚的にはもう一つの日本社会の存在を感じているのに、それが目に見えない時代になってしまっている。
    そんな折、唯一それを呼び覚ますツールが生まれました。
    インターネットです。
    マスコミにも論壇にも「日本的社会」を訴えるものはありましたが、なかなか一般的に認識されるところまでには育たなかった。ところがインターネットによって、その認識の芽が一斉に咲き始めたわけです。
    ところがその認識に対抗する現象も徐々にこのツールによって広がり始めます。つまりアメリカ社会的自由とソ連社会的自由(今はロシア社会的自由と呼ぶ方が正しいですが)が、ネット上で再び戦いだしたということになります。そこでもやっぱり日本的社会はこの二つの社会に挟まれてしまった。
    つまり戦後日本は二度両者に挟まれてしまったと言えるのでしょう。

    私はあえてここで「日本社会」から「自由」を抜きました。「日本的社会」と書きました。
    本来なら資本主義社会と共産主義社会と表現しなければ馴染みのないものを、「アメリカ社会的自由」と「ソ連社会的自由」と書きました。
    そのことを次に語ろうとしましょう。
    少し長くなったので、ひとまずここで切ります。
    【2015/09/28 11:38】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    「アメリカ社会的自由」と「ロシア社会的自由」という呼び方は、もしかするとあまり使われてこなかったように思います。「アメリカ社会的自由」という呼び方はもしかするとどこかで使われたかもしれませんが、「ロシア社会的自由」はあまりないでしょう。先の貢ではロシアではなくソ連を使いましたから、なおさら少ないはずです。
    閲覧者の中には「えっ?ソ連に自由なんかあったのか?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょうが、ソ連だって地球上に存在している以上「自由」は存在します。ただそれがどう抑制されるかだけの問題です。
    つまり「自由」というものが、国によってどう扱われているかを表現したかったわけです。
    ではなぜ「日本的社会」に「自由」をつけないのか。それはもともと「自由」が存在している国だからです。後付せずとも元々日本社会には「自由」があるからです。
    戦後すぐに日本に上陸した両大国的「自由」は、瞬く間に日本を支配しました。
    それによって元々あった日本の「自由」は影を潜めました。何故なのか。それは日本人がその時代から「自由」というものを意識し始めたからでしょう。「自由」の真意を両大国的社会の概念で意識し始めたからでしょう。
    当時は資本主義社会と共産主義社会の対立として両国を位置づけましたが、ただそれだけでは日本を揺るがすほどのものにはならなかったでしょう。ここまで日本が戦後をひきずってしまった最大の原因は、「両国の自由の対立」に揺れ動いたからだと思います。
    そうしているうちに日本の「自由」はどこかに埋もれてしまったわけです。存在すら認識されなくなってしまったと言えるかもしれません。

    アメリカ社会はヨーロッパ社会から生み出された理想社会のシンボルとして位置づけられました。ところが年数が経つうちにアメリカもヨーロッパ的なものが不足していることに気が付きます。つまり帝国主義的社会です。現代のアメリカはその過渡期にあるという認識に立てば、今のアメリカの様々な謎は解けるのではないでしょうか。
    一方ロシアは元々帝国主義社会でしたから、革命が起きてちょうど第二次世界大戦が終わった頃、ロシア社会的自由がアメリカ社会的自由と肩を並べるようになったと思うのです。そうした時代背景の狭間の中で日本は悩み始めたのでしょう。
    全ては敗戦がきっかけでした。誰もどの自由を選ぶべきか悩み苦しんだわけです。それ以来マスコミや論壇は偏った主義のもと、それぞれに都合の良い「自由」を訴え始めました。
    そのうち双方は両方を取り入れる現象をも生み、声高にどちらかの「自由」しか叫ばなくなりました。「日本的社会」にあった「自由」は完全に忘れ去られ、日本に「自由」が存在していたことすら信じられなくなったと言えるのでしょう。
    そのうち「自由」というものは一般的には資本主義社会にしか存在しないものだという認識が根強くなっていき、まさかロシアが共産主義国から脱皮して資本主義国家の仲間入りを果たそうとするなんて、夢にも思わなかったでしょうが、ロシアにだって「自由」が存在していたからこそ、資本主義社会との接点が生まれたと言えるのでしょう。そうでなければあのような無血革命は起きません。
    こうしたことからも、「自由」は地球上のどこにも存在するものと認識するべきだと思います。
    では元々の日本の「自由」はどこに行ってしまったのでしょう。その質問は実は間違っているのかもしれません。私は日本の「自由」はどこにも行ってはいない。つまり、我々日本人の心の中にしっかり存在していると考えます。ということは、戦前から日本には日本型の「自由」があった。戦前の日本に「自由」が無かったというのは、もう論外です。もしも日本に「自由」が無かったら、両大国のそれを比べること自体が無理なことです。大きくこの両大国の「自由」が幅を利かせたのは、マスコミ論壇双方に都合が良かったからだけです。

    私たち日本人は、日本的社会の中にある「自由」を再認識しなければならない時代にあると思います。いつまでもピロシキやハンバーグばかりに意識を強くするのではなく、「麹菌」の存在に目を向けるべきなのではないか、そう思うのです。

    日本には日本の「麹菌型自由」というものが存在しているんだよということを。

    【2015/09/28 13:05】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    最近塩麹を家で使っていると、友人が言っていました。
    なんでもすごくおいしくなるそうです。

    日本人の舌はとてもこえているそうですね。
    【2015/09/29 10:10】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1824-ee5bedd3