奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES
  • 関東という都会(06/26)
  • 病気(06/21)
  • ひさしぶりの水泳(06/19)
  • 次のはがき(06/14)
  • 田舎の(06/12)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年06月 (9)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (537)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    お盆が終わりました
    父方の祖父母は原爆で8月に亡くなり、
    父と母はそのあとにお見合いで結婚した。
    母方の祖母は私が3歳の頃に病気で亡くなった。
    ベッドに伏せていた姿をなんとなく覚えている。
    母方の祖父は私が小学校の2年生の頃に亡くなった。
    その祖父の記憶だけかろうじて残っている。

    だから祖父母の思い出はないに等しい。

    だから、どちらの家からも、語りつがれた家訓とか、
    しきたりとかがない。
    母は原爆投下後から、神や仏は信じないと言い続けてきたが、
    それでも仏壇を一か月に一度は開いてお坊さんにお経をあげてもらっていたし、
    お墓の守りもしていた。

    母からお盆の時の仏壇の飾り方など聞いていない。
    義母も新品の仏壇を用意していたが、
    その前で手を合わせていたことは一度もない。
    義父が亡くなり、義母が亡くなり、
    長女も亡くなり、
    今や我が家に移された仏壇には三人の写真が飾ってある。

    灯篭は義母と義父の葬儀の時に葬儀代に含まれていたのか、
    2対あり、単体のも一つある。
    今日、全部の灯篭を箱にしまった。

    でも長女に言っておいた。
    ずっと居ていいんだからね・・・・と。
    あっちに帰らなくていいんだからね・・・・と。
    スポンサーサイト

    【2015/08/17 21:18】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    この記事に対するコメント

    お盆も過ぎて、また普通の毎日となりましたね。

    >奥様

    ご長女のご冥福をあらためてお祈りいたします。
    このお盆という言葉の本当の意味は、どうやら皮肉にも、無くなられた方もそのご遺族も、「普通の生活状態になれる」ことを意味するようです。
    しかし、どんなに月日が流れようと、無くなられた方を思う人の心は、他人が図れるものではないことは当たり前なことで、そっとしておいてほしいという心と、どうか故人を忘れないでほしいという思いが複雑に絡んで、遺族の思いの中に存在しているというのが本当のところかと思います。

    その意味でいうと、このお盆という儀式は、遺族にとっては近しい故人との貴重な再開を許される大切な儀式であり、形式化されながらも失われてほしくない日本の風習として、残していきたいものだとつくづく思います。
    そういう私も仕事の忙しさにかまけていたら、女房が「お父さんお参りに行かないと・・・」と私のケツをたたいてくれて、お寺に向かいました。
    少しお酒も入っていたのが原因ですが、なぜか亡き親父の前に立つと涙が止まらなくなり、骨箱にすがりながらお線香をあげる状態となってしまいました。

    いろいろその事情は個人的に理由があるわけですが、どうやら女房もそんな私の突然な状態にも理解が及んだようで、帰りの車のなかでも二人は無言でしたが、思う気持ちは同じだったような感じがします。

    おそらく私はあの世に行くことになったら、真っ先におやじを探すでしょう。
    あの世でどんな再会ができるのかわかりませんが、もしも以前と変わらないおやじに出会えたら、また昔のように酒を酌み交わして懐かしい話に花を咲かしたい思いでいっぱいです。

    毎年続けていた仏壇の「お磨き」は、今年は家の大掛かりな修復のため、かないませんでした。しかし、お盆が終わって間もなくようやく家の中も落ち着き、いま、色んな意味でほっとしている我が家です。
    【2015/08/18 05:55】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    家の修復、大変だったですね。

    私はビフォア―アフターという、家をリフォームする番組が好きですが、
    一から建て替えた方がいいんじゃない?と思うケースがたくさんあります。

    でも、やっぱり補修の方が安上がりなのでしょう。

    あの世はありますよ、絶対に。
    【2015/08/21 10:16】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    たった一人で迎えお盆様
    奥様
    やっとお盆様のあれこれを終えて家に帰りました。

    拝読して、私は父方、母方両方の祖父母に可愛がってもらえた
    当たり前に思っていたけれど、、違うのですねぇぇ
    母が施設が楽しくて、お盆様は文子さんにお任せするわ、と。
    初めなんですよ、全部母がやっていましたから
    大変でした。送り盆の時には、次男家族が全員できてくれましたが
    一人でお盆様をあれこれやるのは大変で。
    それを母は93歳までやり遂げたのだから、尊敬しちゃいましたね。

    送りお盆様してもまだ家に居るようで、帰れませんでした
    やはり、生まれ故郷はこんなにもいいものなのかと思いましたねぇぇ
    東京を引き上げて、一人でここに住んでもいいなぁぁと
    母が居なくなれば空き家にするか、更地にして売ってしまうか、、、
    そうすると私の故郷が消滅だし、、、
    人生年をとると色々考えなくてはならないことが、、ですねぇぇ
    【2015/08/24 20:37】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    お盆様・・・・っていうんですね。

    いろいろ伝統的なしきたりがあるって、
    本当に素晴らしいことだと思います。
    なかなかきっちり正式にできなくても、
    それをみなさんの前で守っていくことができて良かったですね。

    お母様も施設に慣れられて、安心ですね。
    【2015/08/26 22:40】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1808-c09b8201