奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    RECENT ENTRIES
  • ダイエット(04/27)
  • 北朝鮮問題(04/23)
  • バッテリー(04/19)
  • 庄原(04/16)
  • おせっかい?(04/12)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (05/01)
  • 奥様 (04/28)
  • あきんど (04/28)
  • あきんど (04/28)
  • あきんど (04/28)
  • あきんど (04/27)
  • 奥様 (04/26)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (517)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (413)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    人前で話すということ
    以前、もう10年以上前になるが、
    ある場所で1時間半の講義?をしなくてはならなくなったことがある。
    人前で十分くらいの話はしたことがあったけれど、
    1時間以上の講義なんて私にはできるはずがない。

    できないのに、どうしてもしなければならい事情があって、
    結局最終的に私は大恥をかいてしまった。
    用意した話が底をついて、
    もう、何も話す内容がなくなってしまったのだ。
    その時の気まずさ・・・・・
    聴衆もどれほど私を憐れんだだろうか・・・・・

    しゃべりで一時間半というのは、
    文字数でいったいどのくらいになるのかはわからないが、
    とにかく頭の中にいっぱい引き出しがあって、
    それらを自由自在に取り出せる能力があって、
    それらを上手に組み立てる能力があって初めて、
    そのくらいの時間を人前で持たせることができるのだ。

    うすっぺらい知識しかないことを
    がつんと思い知らされた出来事だった。

    そしてこのことは文章を書く際にも言えることだ。
    つくづく、
    しみじみ、
    西尾先生はえらいなぁ・・・・と思っている。
    スポンサーサイト

    【2015/06/20 22:14】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    この記事に対するコメント
    縁の下の力持ち
    奥様
    美しいものを美しいと思えるあなたの心が美しい
    そんな色紙を部屋に飾っています。
    西尾先生を偉いと思える奥様が偉いと私は思います。

    どんなに美味しいお料理でもそれを盛り付ける器
    それ如何で、全然変りますよね。
    奥様の永年の西尾先生ご支援を私はえらいと思います。
    【2015/06/21 06:25】 URL | bunn #- [ 編集]


    私の場合も、奧樣のお書きになつてゐるやうな事態になるの
    ではないかと、事前に心配し、恐れ戰いたことは無數にあり
    ます。

    人樣に對して、1時間以上の講義・講演の類をしたことは、
    年に1~2度程度ですが、座談會・シンポなどの司會は、ず
    つと私の仕事の一部でしたので、毎月一度は否應なくやつた
    筈で、トータルが何囘になるか、算へたことはありません。

    講演と司會では少々違ひますが、事前準備、タネの仕込みは
    どちらも全力で、必死にやりました。途中で「底をつ」き、
    タネ切れになることが怖くて怖くて・・・さういふ惡夢をみ
    たことさへあります。

    しかし實際には、その逆の結果ばかりでした。つまり用意し
    たタネの何分の1しか使へず、殘念だつたといふことです。

    講演の場合は、途中で氣づけば、ある程度自ら調節でき、重
    要度の低い項目は省いて進むことも可能ですが、座談會では、
    こちらの力不足のために、出席者の發言をコントロールでき
    ず、時間切れになることが屡々でした。

    それも、量的な問題に限りません。こちらが計畫した筋書の
    一番の山場に觸れられず、企畫の趣旨が分らなくなつてしま
    ひ、後悔と無念で、その夜は一睡もしなかつたことさへあり
    ます。

    さういふ中で、自分としては割によくできたと今でも覺えて
    ゐるのは、昭和48年に、西尾幹二先生と元大もの政治家と
    の對談で務めた司會です。編輯長としての初仕事で、企畫を
    初め一切を一人でやりましたが、用意した筋書に沿ひ、タネ
    を活かすといふ點では、ほぼ滿足し、その旨、編輯後記にも
    記しました。

    この件につき、西尾先生は『西尾幹二全集第14卷』の後記
    で、「(池田は)大いに滿悦だったらしい。らしい、という
    のは、私は内容を忘れてしまっていて、氏の記録にそうある
    のである」と觸れてをられる。素つ氣ない書き方ですが、そ
    こに先生らしい優しさを感じて、私は喜びました。

    ところで、「底をつく」ことを、どうしてあれほど恐れたの
    か、今ではふしぎな氣がします。
    講演なら、「けふは簡潔に話し過ぎて、時間が餘つた。何か
    質問があれば、制限時間の範圍で受け付ける」と、座談會な
    ら、「皆さんの御協力により、スムーズに進行した。餘りの
    時間は、言ひ足りなかつたことがあれば補足して下さい」と
    でも言へば、恥をかくことにはならなかつたのではないでせ
    うか。

    どうも、純情にして眞面目すぎたと後悔してゐますが、奧樣
    いかがでせう。
    【2015/06/22 18:03】 URL | 池田俊二 #- [ 編集]


    >bunnさま
    そういっていただけて、本当にうれしいです。
    励みになります。

    >池田俊二さま
    場数を踏んでいれば、そういう機転もきくのでしょうが、
    なにしろあの時は初めてのことでしたから・・・・。

    シンポジウムなどは短いし、
    自分の言うことだけを言えばよかったから、
    大丈夫でしたが、人前で話すのは
    かなりエネルギーを使うことですね。

    14巻の後記ですね。
    【2015/06/23 22:55】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    「ごまかす」なら、
    質疑応答の時間という名目で10分から15分くらいは短くすることはできます。
    【2015/06/27 21:37】 URL | キラーカーン #2CAMKetk [ 編集]


    >キラーカーンさま
    今日も歴史比較勉強会で、
    私が一応話す会でした。

    で、やっぱり時間が余って、その手(質疑応答)を使っちゃいました。
    【2015/06/27 22:18】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1793-0240fd5d