奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 日本が中国になってしまう~~(07/20)
  • 海水浴(07/17)
  • 父のこと36(07/15)
  • 河添恵子さん(07/11)
  • またまた自由社新刊本(07/07)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (07/26)
  • あきんど (07/26)
  • bunn (07/26)
  • 奥様 (07/26)
  • あきんど (07/26)
  • あきんど (07/26)
  • あきんど (07/26)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年07月 (6)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (544)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    いとこ会
    23日の土曜日、「いとこ会」が開かれた。

    父の系列のいとこたちが、年に一回集まることにしていて、
    今年で5回目くらいだったかな。
    遠くからはるばる参加する人もいるし、
    夫婦連れで来るひともいる。

    父が七人兄弟の末っ子だから、
    そして、父が94歳だから、
    私の妹が最年少?で、
    みんな初老?の人間のあつまりだ。

    その中に戦後70年で、70歳のいとこが二人いる。
    つまり、おなかの中にいて敗戦を迎え、
    同時に父親の顔を知らない子として生まれた。
    彼らにとって、自分の父親を知っている人に、
    父親のことを聞くことはとても大切なことのようで、
    いろいろなつてを必死で探したようだ。

    一人はひょんなことから父親の知人の息子に出会い、
    古いアルバムの中から写真までみつけたらしい。

    父はこの日を楽しみに楽しみに日々を暮していたが、
    もう終わってしまったから、
    今度は何を目標にして生きるのだろう。
    来年も出席できるだろうか。

    スポンサーサイト

    【2015/05/25 21:29】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    この記事に対するコメント

    実は私のところも、来月27日と28日に「池田会」を行います。
    すでに過去3回行われていて、今回で4回目となります。
    私の祖母キヨの27回忌にあたるこの催し。
    子供たちもすでに80歳を過ぎた方が多く、今回の法要をもって、祖母の永年法要とする意向のようです。

    そのあと、私が勤めるホテルで「池田会」を行う予定です。
    全国に散らばる親戚の数々。
    私の池田家の従兄弟だけで34人いますが、当日都合がつくのは20名ほどとなりました。

    伯父伯母叔父叔母プラス従兄弟に従姉妹。もしもそこにまともに子供や孫が集まるといったい何人くらい集まるのか、数えたことがありませんが、これひとえにキヨ婆さんの産物であります。

    以前日録のおちょくり熟でキヨ婆さんの物語を書かせていただきましたが、私にとってはキヨ婆さんは池田家の象徴です。

    子供の頃からキヨ婆さんの話を聞くのが大好きで、特に祖父と一緒に全国を渡り歩いた話は大好きでした。
    なにしろ日本全国行ったことのない土地がないというくらい、二人で渡り歩いたというのだから、この夫婦の行動力の凄さに驚きです。

    私も今年ようやく末娘が高校を卒業し、夫婦で好き勝手に自由な旅を体験できる立場となりました。先日も夫婦で釧路に行ってきましたが、往復800キロの旅は、単純ですがとてもくつろげる旅でした。北海道はいろんな空間を提供してくれる土地柄ですので、車さえあれば手軽な旅が気ままにできます。
    最近はホテルの価格も格安で、夫婦二人で宿泊しても5000円で泊まれるシティーホテルも多数存在します。ガソリン代や諸経費を含めても、二人で20000円もあれば、一泊二日の旅が楽しめます。

    私たちの今のこの瞬間を、このような旅で過ごすことが、新しい夫婦の楽しみになっています。朝おにぎりを握って昼食をそれですませ、夕食を現地の美味しいもので満腹し、お土産は極力買わないように気遣えば、20000円の旅は可能です。ガソリンも4000円程度で往復できます。
    昨年は稚内に行きました。ホテルを予約なしで行きましたから、なんと一人の宿泊代が15000円もかかりました。
    これを教訓とし、次回からは絶対ネット予約をすることにしました。

    車中いつも女房と話すことは「今こうして子供の子育てから手が離れ、俺たちがいまようやく夫婦の関係を見つめ直す時間をもてるようになった。お互いに存在の重要性を再確認することができる時間を過ごせるわけだ。だから今こそ色んな旅をしよう。」

    どうやらこの意見には女房もふかく納得したようです。
    【2015/05/27 23:26】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    二人で気ままにドライブ旅行、いいですねぇ~~~

    北海道は本当にいろいろな景色があるし、
    おいしいものもいっぱいだから、
    うらやましいです。
    日本が本当は一番!ですよね。
    【2015/05/27 23:32】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >奥様
    >北海道は本当にいろいろな景色があるし、
    >おいしいものもいっぱいだから、
    >うらやましいです。
    >日本が本当は一番!ですよね。

    ご尊父はちなみにどんな食べ物がお好きですか?
    お年寄りは、普段は食べ物に執着しませんが、なにかのきっかけで子供の頃に食べたものを、懐かしがると聞いたことがあります。
    自分ではもう全てを食べ尽くしたような言葉を発しても、本当はそれは本心ではなくて、思い切り昔大好きだったものを食べてみたい、心の根っこにこびりついて離れない本心を、浸隠す心理なのかもしれないと思ったりします。

    たとえば私の場合ですが、私も段々と食べ物に執着しなくなってきていることを感じるような歳になりかかってきました。でも子供の頃にたらふく食べていたものが、最近はまったく出来得ないものがあったりします。
    たとえば・・・こちらでは鯨のベーコンと呼んでいるものがあるんですが、本州ではどうなんでしょうか。イメージ湧きますかね。鯨肉の燻製なんですが、これを昔はたらふく食ってました。細かく刻んだ鯨ベーコンに、ネギと醤油をぶっかけるだけの単純な食べ物。
    ご飯の上にめいいっぱい盛って、ハフハフいいながらたいらげるんです。

    今はその贅沢が許されないわけで、おそらくこのままいくとその夢も叶わずに終わってしまうでしょう。(スーパーに行くと、売ってはいますが、高すぎてとても買う気になれません)

    ところで、北海道はたしかに魚介類などが多く産地として君臨していますが、聞く所によると北海道を代表する「カニ」の水揚げ量なんですが、実は島根県が日本一だと聞きます。
    北海道周辺で水揚げされるカニのトップは毛蟹ですが、島根県のズワイガニには遠く及ばないそうです。タラバガニに至ってはそのほとんどがロシア産で、とても国内消費量をカバーできる水揚げは不可能だそうです。

    最近では、イカの水揚げもかなり激減し、イカ・・・イコール・・・安いという概念は、そろそろ通用しなくなってきているようです。ただし、イカだけはまだ天然ものですから、ある意味私たちの食する海産物の中では、イカは重要な役割を占めています。それ以外は養殖が今後ますます主流になるでしょう。
    鮭だってそうですよ。一応北海道の河口には戻りますが、それは卵となるイクラだけが高値を付けますが、魚肉の方は加熱処理を強要されるか、もしくは加工化される方向に軸足が向かっています。
    塩漬けされた鮭の切り身も一応売られてはいますが、生では売れませんから、ほとんどが加工食品に流れます。皆さんがよく食べている鮭のお寿司は、ノルエー産かチリ産の鮭です。北海道でとれた生鮭はよっぽどのルートでないと食することができません。
    トラウトサーモンというのがありますが、これは養鱒場で飼育された鮭です。厳密には鱒の肉です。この魚は生で食せます。

    時鮭(ときしらず)はこれからがシーズンです。本来はアラスカあたりを回遊しているはずの鮭が、その何割かがまちがって北海道周辺でウロチョロしている鮭で、なぜか今頃の季節に北海道に近寄ってくるんですよ。
    その中でも一際大きな鮭がいて、鱒の介というのが正しい名だそうですが、私たち道南地方ではその鮭を「大助」と呼びます。英語名ではキングサーモンに当てはまる種類だそうです。
    この鮭は身厚で脂ものっていますから、冷凍処理を徹底すれば、生でも食べられます。
    一本の価格はおよそ30000円程度です。サイズは6キロを超えないと大助とは呼びたくないイメージの魚です。
    でも、鮭はあまり生では食べないほうがいいですよ。完全な無菌状態というのは、天然では無理がありますから。基本は焼いて食べるぼが一番安全です。
    最近は生食がはやりすぎていて、検査の甘い鮭が出回っていると聞きます。
    せめて燻製にした鮭を食べるようご注意ください。もしくは養殖ものに限るかです。
    この話を疑う方は、一度ご自身で生鮭の被害状況を取り上げている情報を調べてみてください。ノルエー産と偽り、かなり危険な漁場で水揚げされた鮭が出回っているという情報を、以前読んだことがありますので。

    【2015/05/30 00:03】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    最近のすしネタにはサーモン・・・・が本当に多いですよ。
    孫たちも大好きです。
    なんだか、心配になってきました。

    北方領土さえ日本に帰れば、ロシア産のカニを買わなくてもすむのにね。

    うちの父は小食です。
    でも、甘いものが大好きです。
    量はたべないけれど、意外になんでも食べますよ。
    【2015/06/02 22:48】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >最近のすしネタにはサーモン・・・・が本当に多いですよ。
    孫たちも大好きです。
    なんだか、心配になってきました。>

    >奥様

    そうなんです。
    私の勤めるホテルでも、生寿司を提供しておりますが、ダントツで鮭が大人気です。
    格安旅館運営なものですから、価格訴求するために、本来なら一番人気であるマグロの質は落とさざるを得ません。その点、鮭は比較的見た目も消費者受けする食材のため、いまや寿司社会の王道になっています。
    実際食べてみても安いマグロを食べるくらいなら、鮭の方が旨さの点では上を行くという意見も多いわけです。
    それが証拠に、子供たちは概ねマグロよりも鮭を好んで食べます。
    つまりそれを紐解くと、それだけ普段から鮭のお寿司が人気を博している証拠だと言えるでしょう。
    高いマグロに劣らない生魚として、鮭がいまや生寿司の王様になろうとしているのです。

    しかし、生鮭を食するということは、それだけリスクを覚悟しなければならないということを、私はここで警鐘を鳴らします。
    鮭は本来川魚であるという、ここがポイントなんです。
    元々川の中で生まれた魚は、海の環境には適さないわけですが、色々な環境が川魚を海へと導くようになりました。鮭は生まれ故郷を知っているから、生まれた川にもどるというのはよく知られたことですが、生まれた環境に戻ろうとする現象は、けして鮭だけに限られたことではなく、いろんな動物がそういう現象を表しています。
    変な話、人間だって、初産の時は母親のいるところで産みたいと思う女性が多いのではないですか?これって別に不自然なことでも、珍しいことでもなく、自然なことだと思いませんか。
    生き物のふるさとへの思いは、どんなに時代が過ぎ去ったとしても、絶対絶やすことのない当たり前な現象なんだろうとおもいます。

    鮭もその生き物の法則に則って、ただ生まれた川に戻ろうとしているのだろうと、私は確信しています。
    ただし、鮭の場合はその産卵に至るまでが間近で見届けることが可能なあまり、自然界で起きる感動の瞬間の象徴となっているのでしょう。ましてやあの魚体が間近で見れるわけですから、なおさら感動するわけですね。
    彼らがふるさとに戻ってくるという現象が、いつしか我々人間の幸せの象徴のような感覚となって、鮭の存在が我々の食生活環境はもちろん、社会性にもどこか影響を及ぼしているんだろうと思います。そして実際食べれば美味しいです。いろんな魚がこの世にありますが、鮭を嫌いだという人が少ないことも予測できます。大概の人が鮭は食べることができる。これも大変大きな結果を生みます。
    そんな鮭が凍らさなくても生で食べることができるという食生活環境は、実は最近の現象なんですよ。いや、実際は水揚げされてから市場に届くまでは、半分凍った状態で来るわけですが、昔みたいにマイナス40度まで凍らせるような環境ではありません。
    それともう一つ、皮肉な現象なんですが、北洋漁業が昔ほど過酷ではなくなっているという事実も絡んできます。
    いわゆる地球温暖化ですね。
    地球規模で言えば、生鮭が食せる範囲は、北洋・・・つまり北極海周辺の海水が無菌状態であるところだけが、理想とされていますが、その北洋がこのところの海水温の上昇で、以前のような環境が保てなくなってきていると言われています。
    そして乱獲が進んでいる。捕れやすくなってきているんでしょう。
    そうなると当然需要に応えるには、捕る範囲を広めていかなければならない。そこで次なる手段は南洋漁業なわけですよ。ところが南洋の地理環境を見ますと、北洋のような土地に囲まれたような場所はほとんどなく、ただ海水温が低いというだけの補償です。よって、漁獲シーズンが外れた時期の鮭は、あまり良い魚肉とは言えません。元々良くない環境の魚ですから、美味しくないのです。
    北洋のように、天然のいけすになっているところと比べると、格段の差があるわけです。

    つまり鮭は、海水の濁った場所で育つと、どんどん海魚に生まれ変わろうとするんだろうと思うんです。そこに魚肉の変化が生じて、海水の中に潜んでいる様々な細菌にももちこたえる魚体が出来上がるんだろうと想像します。
    ところが元々は川魚ですから、やっぱり細菌や寄生虫には弱い性質があって、他の海魚のような魚体はまだ出来上がっていないのだろうと思うんです。

    その証拠に、鮭は身が赤いですね。これはまだ海魚となるための発展途上の段階だと聞いたことがあります。完全な回遊魚になるためには、もっと身が黒づかないと本当の回遊魚にはなれないという話ですよ。

    ある意味彼らが、海の中で産卵できるようになれば、一人前だということなんでしょうね。
    そういう発展途上状態な魚を、生で食することの大きな意味合いを、どうか閲覧者の方々には、ふかく理解していただきたいのです。
    ですから、産地にまずこだわっていただきたいです。そして身の色ですね。あくまでも生で食する際の話ですから、誤解の無いようお願いいたします。

    焼いて食べたら、こったら旨い魚、ほかにアリマっかいなぁ・・・あれ?なんで最後だけ関西弁なの?
    あっ、そっか。
    私もルーツは京都でおまんがな、ではよろしゅう頼みやす。さいなら・・・。
    【2015/06/05 01:19】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1787-cb4885da