奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 定点観測?(10/12)
  • 倉敷(10/08)
  • 祭り2(10/08)
  • 祭り(10/08)
  • 写真は(10/02)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (10/14)
  • 奥様 (10/12)
  • あきんど (10/10)
  • 奥様 (10/10)
  • あきんど (10/10)
  • 奥様 (10/06)
  • あきんど (10/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (5)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (569)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    腹黒い私
    他人の不幸は蜜の味

    競争に勝とうとする遺伝子の宿命のせいなのか、
    他人が自分より不幸であることは、
    自分にとって好都合なのかもしれない。

    私にも、ここには書く気になれない悩みが実はあるけれど、
    今日、二人の従妹の話を妹から聞いて、
    なんだかすごく心が休まる?感じになって、
    遺伝子のしもべであることを実感している。

    私には23人従兄妹がいる。
    その中で同じ学年の同性の従姉妹が二人いる。
    一人は西洋風の顔立ちの勝気で押しの強い女性、
    もう一人は日本風の顔立ちで、芯のしっかりした女性。
    私は・・・・・・負けず嫌いのちびだった。

    子供のころから同い年の従妹達に対し、
    無意識の競争意識が働いていたが、
    今日知ったことだが、
    西洋風の方の長男のお嫁さんが逃げてしまい、
    もう一人方の次女はDV夫に悩まされ、現在離婚訴訟中だという。

    悩みは私ひとりじゃない・・・・・・と思うと、
    なんだかすごく楽になって、

    いけないなぁ~
    私って、、、、、
    スポンサーサイト

    【2015/02/12 22:29】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    この記事に対するコメント

    ・・・人間の奥底にある本当の自分を、知っているつもりでいるだけで、実のところは誰も本当の自分を誰も知り得ていない。
    いや知りたいという思いすら起こらない。もしも、本当の自分を知ってしまったら、たちまち人間はそれまでの自分らしさを失い、本当の自分どころの話ではなくなる。
    つまるところ人間は本当の自分と向き合えず、真実は闇の中。・・・

    こんな感じの文章を西尾先生の本で以前読んだ記憶があります。
    この本は、人間の「真実」には及ばないけど、その周辺までには近づくことが可能だということも教えてくれた。そしてそれを知り得るのは当の本人ではなく、その周りの人間たちが知り得ていて、その真実の周辺の情報は、本人には知らされないまま、時には誇張され、時には捻じ曲げられ、いずれにせよ何らかの飾りをまとったものに出会うことはあるが、その「真実の周辺」すら出会えないまま時を過ごすのが人生というもだそうです。

    人間はそれでもなんとなく「自分らしさ」を保ちながら生きていきます。
    そして他人がささやく様々な「噂」に出会います。
    時に他人が自分のことを大げさに誇張して褒めてくれても、あまりに程遠いそのお褒めは、白々過ぎて実感が得ず、逆に同様の意味で蔑められても、あまり腹が立たないのだという。
    ところが自分でイメージしている自分らしさから程よい距離で褒められれば、人間は心から喜びを感じ、逆にそれの近いところでご指摘を受けると、かなりのショックを感じてしまうそうです。
    教師として教育を司る立場の人間がそのことを把握しているか否かで、生徒たちの受ける思いはかなりの「差」となってしまうという教訓です。
    この事は教師のみならず、親も会社の上司も心得ていなければならないものだと感じます。

    人は誰も他人を裁くことはできない・・・と言われることがありますが、あらがちその意見も間違いではないのかもしれません。
    しかし、時に人間は「自分の真実」を知りたがります。
    しかも程よい心地さを得ながらそれを望みます。
    それを可能にしてきたものがある種「宗教」であり、もしかすると「宗教」というものは、そうした人間社会の隙間に何かを埋めさせ、歴史を培ってきたものなのかもしれないと考えたりします。

    そういったことから、「人間の真実」というものは「個」に留まらず「公共性」を求められながら持続しているものではないかと考えることができます。
    多くの人間の「心」は、一つの「真実」を共有しながら形成されてきたというものなのかもしれません。
    そうした宗教の公共性とはパラレルに、人間は「個」の形成も要求しがちで、その要求を満たす手段として「修行」という行為がなされるのではないか。
    様々な宗教に「修行」が伴うのはそのためで、「修行」を要求しないキリスト教や浄土真宗などの例外もありますが、概ねそのようなことが実態なのでしょう。
    キリスト教と浄土真宗にとっての「修行」に代わるものは「人間社会」そのものであり、特に浄土真宗の教えではほかの宗教との違いをそこに表すわけですが、それを突き詰めていくと「穢れ」に対しての考え方の違いも出てきます。
    普通火葬場から戻ってくると多くの宗教は「穢れ」を嫌うため塩を撒きますが、浄土真宗の門徒はその行為を行いません。人間社会そのものが「穢れ」ているからだという教えからその理論がなります。

    しかし、本来の宗教の意味からすれば、この問題はあくまでも個人的問題であり、問われるべきは「公共性」ではないかと私は思うわけです。
    つまり「穢れ」の価値観は個々の価値観の領域にあり、それは「羞恥心」と交わるところにあるのかもしれないと思うわけです。
    西尾先生が「他人の羞恥心」には誰も足を踏み入れることができないとおっしゃるのは、そのことからも認識できるのではないかと私は思うわけです。

    ですので・・・

    >奥様
    >悩みは私ひとりじゃない・・・・・・と思うと、
    なんだかすごく楽になって、

    とおっしゃることに、私は違和感を感じませんよ。
    【2015/02/13 08:32】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]

    孤独が悩みを深める
     私は重度の精神障害者であるというお墨付きをもらっている(?)ので、弱音とか愚痴とかを専門に聞いてくれる無料のサービス機関を確保しています。

     そこで一番に重要なことは、悩みを自分1人で抱え込まないということです。

     ちょっとした愚痴や悩みを聴いてもらえるだけでも、精神的に随分と楽になるのですね。

     また、月に1度、同じ障害を持った当事者同士が集まって、色々と悩みや愚痴を話し合うという集まりもあります。

     これはやはり、同じ立場にいる者同士でなければ分からないことがあるので、とても貴重な集まりになっています。

     精神障害者というのは、何も特別な人間というわけではなく、日常の生活に支障が出るほどに精神的に問題がある人というだけで、健常者には精神的な問題が全くないというわけではありません。

     そんな健常者にも心のケアが必要な場合だって、あって当然なのです。

     とりあえず、悩んでいるのは自分1人ではないと知って、心が少し楽になったということは、精神衛生上、とても良いことだと思いますよ。
    【2015/02/13 14:08】 URL | 大共和派-緑の保守派の尊野ジョーイ #r8.gCnUU [ 編集]


    >あきんどさん
    西尾先生の本のその部分、憶えています。

    違和感感じないとおっしゃっていただいて、少し気が楽になりました。

    >ジョーイさん
    なるほど
    なるほど・・・・・・・健常者にも精神的な問題がいくつもあって、
    それがまぁまぁ社会的日常を送れる範囲ってことですね。

    心療内科も繁盛しているし、
    本当のところ、健常って何?という問いを
    中学生の頃に発したことを思い出します。

    コメント、慰められました。ありがとう。
    【2015/02/14 09:14】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    私も同じですよ
    奥様
    母の介護で田舎に行っていました。
    ショートスティしてもらって、帰京、孫がインフルエンザに
    娘やったり、お祖母ちゃんになったり、

    皆同じですよ
    腹黒くなんかないですよ。人間だもの。
    泣いて笑って、、自然で良いのですよね。
    【2015/02/15 08:01】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    お母様、ショートステイできるんですね。
    父にも、そういう場所を作った方がいいかなぁと思ったりしています。

    少し遠いと、行ったり来たりが大変ですね。
    面倒みれるうちが花ですから、
    頑張りましょうね。
    【2015/02/19 21:22】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1757-ebf1df74