奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 日本が中国になってしまう~~(07/20)
  • 海水浴(07/17)
  • 父のこと36(07/15)
  • 河添恵子さん(07/11)
  • またまた自由社新刊本(07/07)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (07/26)
  • あきんど (07/26)
  • bunn (07/26)
  • 奥様 (07/26)
  • あきんど (07/26)
  • あきんど (07/26)
  • あきんど (07/26)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年07月 (6)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (544)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    長女の三回忌
    土曜日、ちょうど娘の誕生日にあたる日、
    近しい身内とあっちゃん(長女の婚約者)だけを呼んで三回忌の法要をした。
    三回忌のために川崎から私の妹とその娘が来てくれていたが、
    先ほど帰って行った。
    同じ年の約一か月前に母が亡くなったので、
    法事が同じようにあるから、
    妹も10月と、11月と、二回も広島に帰ってきた。

    三回忌とは、丸二年が経ったということ。
    今日24日は長女が交通事故にあった日。

    娘が使っていた車の車検をするために、
    ちょうどうちの近くの修理工場に出していたところだった。
    私がもう少し早く車検の期限に気が付いていれば、
    その日に娘の車がない・・・・という状態は避けられたはずだ。

    そうして、だから、あの時娘は
    待ち合わせの場所まで徒歩で行かなくてはならなかった。
    徒歩で横断歩道を渡らなければならなかった。

    その日、夕方6時ごろ、車検が終わり、車を届けると電話があった。
    そのあと30分後だっただろうか・・・・・
    手巻きずしを三女一家と一緒に食べようとしていたとき、
    再び電話がなった。

    救急隊からだった。

    私が「ひどいのですか?」と聞いたら、
    まだ意識があるということで、
    それほど深刻にならず、
    まぁ、あちこち骨折しているだろうことは覚悟しながら大学病院に向かった。


    私は、今でも車検が必要なことを早めに連絡しなかったことを後悔し、
    あっちゃんは待ち合わせの場所を自分のお店にしたことを後悔している。


    スポンサーサイト

    【2014/11/24 14:48】 娘のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
    この記事に対するコメント

    娘さまがお亡くなりになってもう二年たちますか。早いものですね。あらためてご冥福お祈りいたします。肉親であられる奥様の哀しみのお気持ちには何百分の一にしか及びませんが、娘さまの事故をブログで知ったときの衝撃は、今でも忘れることできません。

     哀しみは尽きませんが、「その人を憶えている人がこの世にいる限り、その人は死んでいない」(ウイリアム・ブレイク)ということが生き残った人間に課せられる倫理を示す言葉と思います。私は20代のころは、このブレイクの言葉を、「なんてつまらないことをいうんだろう」と軽視していました。けれど、周囲で一人また一人と親戚や知人が世を去るにつれ、この言葉の深い意味が実感できるようになりました。古人の賢人の言葉は、やはり偉いものなんですね。

    【2014/11/25 19:12】 URL | N.W(うさねこ) #- [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2014/11/26 01:59】 | # [ 編集]


    >うさねこさん
    そうですね、娘のことを憶えて、思い出してくれる人がいる限り
    彼女は死んでいない・・・・・。

    誕生日にカップケーキを焼いて持ってきてくれたひとがいました。
    石の像を刻んでくれている人がいるそうです。
    お墓の前にはビールがいっぱい置いてありました。
    ・・・・・そんなに酒飲みだったのかなぁ・・・・・
    【2014/11/26 23:13】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >奥様

     コメント返信ありがとうざいます。石の像刻んでくださる方とはすばらしいですね。
     私の方も、昨晩、母方の祖母が96歳で他界しました。私にとって最後の祖父祖母でしたが、小さいときから何かと面倒をみてもらいました。数分前でしたが、何とか臨終に間に合いましてそれが本当に幸いでした。明日、葬儀ですが、お礼とお別れをきちんとしたいと思っています。
      
     女子大のとき、期末試験が二・二六事件で中止になって銀座へ遊びにそのまま行ったのが自慢な元御嬢さんのおばあちゃんでした(笑)
    【2014/11/30 10:25】 URL | N.W(うさねこ) #- [ 編集]


    >お墓の前にはビールがいっぱい置いてありました。
    >・・・・・そんなに酒飲みだったのかなぁ・・・・・
     ビールは「飲むパン」、なんぼなんでも「酒飲み」疑惑はないでっしゃろ(←感情移入?…多分あれは酒のうちに入らない)。本場ドイツの修道院では中世、断食期間中の一日許容量が5リットルだったそうな。多いとは思えないのだが、はてさて。
     それにしても、墓前にビールてんこ盛りとは…いいセンスだ…(ボソッ)。

     以下は「日録」コメント欄の話(by西尾幹二↓)。
    http://www.nishiokanji.jp/blog/?p=1493#comments
    >私は筑波大学、慶応大学、成城大学から教授ポストで招聘されました。
     前身の東京教育大学じゃなくて、筑波大学の時代に入ってましたか…。あそこの書道は今井凌雪だったし、昔は西川寧や伏見冲敬も関与してたと記憶。そこんとこが少し残念かも。と云うのは交流の機会あらば、『江戸のダイナミズム』が十数年は早く出た気がせぬでもないから。尤も、その辺はタイミングと配合の妙かとも。東京大学だって、東洋文化研究所には碩学や猛者が(スパイも?)今なおワンサカ揃っている筈だし。
     他方、内心では書きにくい思いもある。例えば「書家を相手にしても得るものは少ない」と書けば反感を買うだろう。文人的と云うよりは職人/工人的なイメージに虐げられる悲哀(?)など、書家の抱えるものは少なくない。無理解な外野(西洋かぶれ等々)への警戒心から、過度に自己防衛的な態度を示す場合もある。腕一本で勝負してきた書家が就中「正直に話したがらない」。知識の古さや杜撰さがバレるのを恐れる。ならば大学の書道専攻はどうか(修士課程まで…博士課程はない筈)。若手は老人/先輩の嫉妬が恐い。心が丸ごと全方位レーダーと化し、学術よりも処世術の方が重要になる。
     そう考えると筑波であれ何処であれ、どのみち「交流の機会」自体が得難かった可能性は高い。仮に接触を試みたところで独文科の出、それも博士と聞くや逃げ回ったかも知れない。まともな二流以下の書家なら普通そうするだろう。因みに苹は非常識な変態。書家ではないから、他人事の様に書いても何一つ失うものはない(←虚勢かもよ?)。

     締め括りのネタは全集十四巻「人生論集」P.571。西尾先生かく語りき。「ただ、ビールがどうもたくさん飲めないのと同様に、マーラーとブルックナーは好きではない。」
    http://www.youtube.com/watch?v=2X2bbusaOzI
     あ、酒飲みだ。チェリビダッケ指揮のブルックナーsym.7あげまぁす(↑)。うさねこ様と奥様には第二楽章をば。上記動画では26:00以降。
    【2014/12/02 06:40】 URL | 苹 #SFo5/nok [ 編集]


    >うさねこさん
    素敵なおばあさまだったのですねぇ。

    ご冥福をお祈りいたします。

    先日孫娘が、どうしてばぁばはじぃじと結婚したの?
    と聞いたので、
    それはSちゃんが生まれるためなんだよ・・・・と答えました。

    その素敵なおばあさまがいらっしゃらなければ、
    うさねこさんもいないのですから・・・・
    ご冥福をお祈りいたします。

    >苹さん
    ビールは単な飲み物ってことなんですね。

    あのお墓に供えられたビール・・・・
    廃棄処分するしかないですよね。
    飲む?
    それともお墓にかける?

    筑波大からの展開、面白かったです。
    【2014/12/02 08:49】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1721-7c1c3c0c