奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES
  • ドナーの会(11/20)
  • 今日このごろ(11/08)
  • 大銀杏(11/05)
  • 劇「めぐみへの誓い―奪還―」(10/31)
  • 自動車の品質管理(10/30)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (11/18)
  • あきんど (11/16)
  • あきんど (11/16)
  • あきんど (11/16)
  • 奥様 (11/15)
  • あきんど (11/15)
  • あきんど (11/14)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (578)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    父のこと15
    父にとって、11月1日に日本医師会から表彰されることが、
    本当にうれしいみたいで、
    同行する私と打ち合わせがどうしてもしたいということで、
    一昨日、我が家に来ました。

    ・・・・・・兄嫁が同行して来てくれました。

    JRを使ってきたのですが、
    駅から我が家まで二度休憩したそうです。

    父の手にはステッキ、
    兄嫁の手にはステッキ型の折り畳み式椅子?。
    長距離が続けて歩けなくなったそうです。
    そして、JRに一人で乗って来れなくなりました。
    残念~~~

    それに、この前は何やら夢遊病のように、
    夜中に病院に行く支度をして(パジャマの上に上着を着て)
    診察券を持って、
    外出しようとしたところを、
    兄たちがあわてて止めたそうです。
    ……夜中の2時だったとか・・・・・・
    たまたま起きていて、
    ドアのバタンという音で気が付いたとか・・・・。

    なんとしても、
    11月の東京行きを成功させなくっちゃ。
    川崎にいる妹も合流してくれるので、
    姉妹で父をサポートできます。
    楽しい思い出を作れますように。
    スポンサーサイト

    【2014/09/28 21:17】 介護 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    この記事に対するコメント

    少しだけお久しぶりです。

    >奥様
    シンガポールでの旅の出来事、楽しく読ませていただきました。
    私も今から30年前にシンガポールに少しだけお邪魔したことがあります。
    トランジット的な訪れ方でしたが、なにしろあの「ムッ」とした暑さには参りましたね。
    空港でトイレに行ったら、とりあえずしゃがみ式だったんですが、日本ではお馴染みの前駆込みが無い便器で、はたしてこの便器はどちらが前で後ろなのかで悩んだ記憶があります。
    しかも外国のトイレは扉が半分しかなく、これじゃぁ出せるものも出せないという気分で用をたした記憶があります。

    そんな空港がアジアでは最大のハブ空港であり、交通の要であるのはまちがいないわけですが、なにやら思えるのは、この国こそそうした立地条件を最大に生かした国も珍しいのではないかと思う次第です。

    それにくらべ日本は世界地図の端っこで、東を見れば呆れるほどの大海原。
    シンガポールもほとんどその範囲だと見える我々日本人の認識が、どうやら大きな間違いであることは、西尾先生のGHQ解体の講座からも認識させられます。

    実は、以前取引をしていた友人(取引先の社長)が、今マレーシアに永住しています。
    会社を畳んで、奥さんと二人で悠々自適な暮らしをしているようです。
    以前その友人に、日録を閲覧することを薦めたんです。そうしますと私の書き込みを読んで「池田さんずいぶんご活躍されていますね」とちゃかされました。

    マレーシアに移り住んだ直後は、とにかく言葉の壁に苦労したようです。それまで社会では徒手空拳の徒であった友人には、外国での生活がこれほど困難なものであるとは、想像もしていなかったようで、例えば年末年始などはほとんどのお店がお休み状態で、食べるものさえ手に入らない状態だったようです。
    そんな不便な中、やっぱりこの国のおおらかさが現れる瞬間は、食事の場のようです。
    日本の食材も今ではかなり多く紹介されているようですが、とにかく物価が「安い」そうです。

    あらあらスレッドがご尊父の話題だったのに、段違い平行棒してしまいました。

    私の大好きなご尊父。奥様、どうかご尊父のなされることをご心配なされるよう、ご平静をお守りください。
    いろいろ問題が生じてこそ、「お年寄り」なのではないでしょうか。
    私も今おふくろと同居していますが、(御年80歳)、いつも喧嘩ばかりしています。
    母は、「やれおまえの何が何だからそこが気に食わない」・・・とやら、まるで中学三年生が高校進学の時に味わう心境が、この歳になってもうっすら感じるような親子の会話が飛び交います。
    そうかとおもうと私がいつも出勤前に準備しておく荷物の傍に、タバコをそっと置いていたりして、つくづく母親というのは親バカなものかと、偉そうに翻って毎朝5時前に出勤しています。

    そんな「我ママ」も、少しづつボケてきています。
    「我ママ」の老いを感じるその瞬間が、一番息子にとって辛い時です。
    耳は遠し、目は諸ぼろ、言葉は支離滅裂ではあれど、「我ママ」は私にとっては心の鏡です。

    とにかく喧嘩が絶えなかった私の両親。
    「我ママ」がオヤジと喧嘩して家を飛び出して、子供達四人を置き去りにして実家に帰ってしまったことがあった。

    そんな思い出も、今となったら本当に微笑ましいかぎり。
    しかし「我ママ」にとっては、誰よりも現実的な「現実」である。
    そこが生々しい。
    その生々しい思い出を、どうやら今も色濃く抱いているのは「我ママ」で、当時の思い出は彼女の「悔しさ」に全てが起因していることを、最近妹から聞かされた。
    なるほどなぁと思った次第。
    そんな「我ママ」は今亡き夫を一番愛している様子で、その半動が私に及び、当時言えなかった夫への不満を私に降り注いでいる。

    そこで一句。

    「できるなら、柿喰う父に、言ってくれ」

    お粗末・・・。
    【2014/09/29 08:31】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1694-13e9bda1