奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • あべのハルカス(08/14)
  • あべよはるかす(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)
  • 碧野海子 (08/13)
  • あきんど (08/10)
  • あきんど (08/09)
  • 苹@泥酔 (08/09)
  • 奥様 (08/09)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    珍妙な出来事
    先週月曜日の早朝5時半電話が鳴った。

    朝の二時間、医院の掃除をお願いしている人からの電話だった。

    旦那様の具合が悪いから今日は休むとの電話。
    翌日の同じ時間、今度は辞めるとの電話。
    地獄の底からのような暗い声に加えて、
    時間が時間だけに、いやぁな気分になった。
    その日私はすぐにハローワークに求人のお願いをし、
    以前掃除をしてくれていた人に臨時をお願いした。
    なんとか了承してもらい、
    ホッとしていたら、
    やはり稼ぎがないとやっていけないから務めを続けると夕方電話。

    やれやれ

    じゃあ、頑張るんだね・・・というと、ハイ、頑張りますという。

    臨時の人に断りを入れたあと、
    また翌日は無理だから金、土と頑張りますという電話。

    そんなこんなで、結局「頑張ります」という言葉を何度か聞いたあと、
    また辞めますの電話。

    私もかなり譲歩した。
    大体、午前中2時間だけの清掃という仕事には、
    あまり応募者がいないから。
    ハローワークには断らないでそのまま募集をかけていたら、
    土曜日に応募の人から電話。
    よさそうな人なので即決した。

    日曜日の今日、

    またまた例の人から電話があり、
    やはり務めます・・・というけど、
    もう次の人を決めたよと言った。

    可哀そうだったけれど、
    仕方ない。

    今度務めるときは、約束は守らなきゃだめだよと忠告しておいた。

    スポンサーサイト

    【2014/07/13 10:27】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    この記事に対するコメント
    そのような方けっこう多いです
    私も昔ふたりの息子たちの保育園お迎えのベビーシッターに苦労したことを思い出しました。ようやく決めたら、「主人が反対するからやりません」と決めてから言い出す始末。応募する前によく相談してから応募すればいいのに。

    で、次の女性に決めたら、保育園お迎えにきょうはいけません、と夕方ぎりぎりになって頻繁に電話してくる人だった。あわてて会社に早退届をだして会社を後に。仕事がある時など、ほんとうに困った。

    で、そういう時に面接した時から取っておいたYさんに時々臨時のお迎えをお願いしていたら、自分を「メインのお迎えにしてください」と申し出てくださった。そして2番目の方にはお断りし、以来10年以上Yさんに続けてやっていただきました。

    Yさんはご都合悪い時や具合が悪い時だってあったかもしれないのに、決して休みませんでした。そういう時は高校生になっていた娘さんが放課後お迎えに行ってくださいました。

    そのような方には振りまわされますね。そう簡単に代理の方を見つけるのも大変なのだから、やはりお断りしても仕方ないと思います。

    【2014/07/13 10:55】 URL | remmikki #XyyCVK/k [ 編集]


    どんな時代でもどんな地域でもこのような事例ってありますね。

    昔、祖母が生きているときのこと。店に新しい店員さんが来たとき、たまたま祖母がその応対をしました。当時祖母はとうに現役を引退し、毎日の仕事は庭の手入れが主で、店に関することはほとんど関わっていなかったのですが、たまたまそのときは他の店員さんが出勤されていなく、祖母が応対することになってしまった。

    祖母は来たばっかりの女性に「トイレの掃除をしてもらいますね」と言い出した。
    いくらなんでもそりゃないだろうと、私は思ったのですが、祖母は続けてこういうんです。
    「すまんねぇ・・・これね、うちの決まりなんだ。悪く思わないでよ」と。

    今考えてみると、この事は奥深いものを感じる。
    当時はなんて無茶なことを言い出すんだろうと思ったが、祖母のとった行動はかなり正しい事なのかもしれない。そこには色んな意味合いがあり、一言で言い表せない「決まり」があるんだろうと思う。
    もちろんこの女性はたまたま祖母が最初に出くわしたためそうなったわけで、他の社員さんたちが皆同じことを経験しているわけではない。
    私は内心「なにも来たばっかりの方に、そんなことをさせるのはあまりにも・・・」と、祖母の言動にかなり違和感を感じていた。

    店を構えているといろんな人たちが入れ替わり入ってくる。昔は高校も出ていない方々がけっこう多く入社されて、いろんな不安を抱えながらこられたんだろうと思う。
    でも、間違いなく言えることは、当時はどんな環境にある方でも、大体はお一人で来られた。間違っても親御さんと一緒に来るということはほとんどなかった。

    今の時代、大学の入学式に親がついていく時代なせいか、入社式にも多分そんなシーンが想像される。
    あまりにも子供の人権がありそうで無さ過ぎることなのではないかと思う。
    「意識」という感情がある。誰でもなにかを「意識」する瞬間がかならずあるはずだ。
    その感情は誰にも踏み入れられないエリアだが、何故か自らそれを他人の基準に合わせる目的で、他人の「意識」を呼び込むことがある。

    おそらく子供が親の言い成りになるのは、このことが大きな理由なのではないかと想像する。つまり「意識」とは自発的なものではなく、周りの環境がそうとう関わる因子なのだろうと思える。
    であるならば、その子の意識は自分だけのものではないこととなるのだが、そこは見間違えてはならない。その子の存在にはかならず「意識」が存在する。「意識」のない人間は存在しない。人間は「意識」と併存しながら生きていく。

    すみません。これが私の哲学の一部です。

    【2014/07/14 08:02】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >remmikki さん
    コメントありがとうございます。
    読んでいてくださるのだなぁと思うと、うれしいです。

    これで外国人が単純労働者としてたくさん入ってきたら、
    いったいどうなるのだろうと思います。

    >あきんどさん
    おばあさんって、素敵なひとですね。
    人を試す?のに、一番うまい方法かもしれません。

    「意識」・・・・・

    頭の中で考えるって、不思議ですよね。
    声にださなくても言葉があり、感情がある。
    それは人には見えない。

    「意識」も、一体どういう脳の働きで、
    どこにあるんでしょう?

    【2014/07/14 09:11】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >奥様
    >「意識」・・・・・
    >頭の中で考えるって、不思議ですよね。
    >声にださなくても言葉があり、感情がある。
    >それは人には見えない。
    >「意識」も、一体どういう脳の働きで、
    >どこにあるんでしょう?

    正直わかりません。
    ただ、「意識」はおそらく積み重なる経験から生まれ蓄積されていくものだと思います。
    おそらく人間は個人の権利を「意識」しなくても主張する本能があって、そこに留まっていたら自分がそれより前に進めない現実に出くわす社会に囲まれていることを、多く経験するものだと想像します。
    そこに個人の「意識」があれば、人間は自ら打開策を探し出し、局面の転回策を見つけ出すチャンスを生むものと思います。
    意識を欠落しながらとる行動は、権利の主張が欲張り、本当の自分らしさから遠ざかる危険を含む局面も有り得るかと想像します。
    その経験が重なると、人間は欲を吐き出してしまって、逆に自分らしさから遠ざかり、可能な限りの自分をさらけ出す始末を生むかもしれません。
    簡単に言いますと、自分らしさを失うということだと認識します。
    ルサンチマンなどはそこに起因しているんじゃないかと私は想像します。

    このような現象は日常茶飯事で、身近に起こりうる人間の脆さなんだろうと思います。
    その危機管理をしっかりわきまえている上司と、その意味を全くわきまえていない上司のその差が、運命の出会いとなって繰り返される人間模様なのではないかと確信します。

    もちろん意識しなくても天然で済ませる器の持ち主も存在するのかもしれません。
    しかし、それは「無意識」という「意識」から生まれる意識である以上、やはり人間は「意識」する動物であることには違いないと思うわけですが、いかがなものでしょうか。

    「無」からは何も生まれない条件である以上、「無意識」は「意識」の領域だというのが私の理論です。
    【2014/07/14 21:25】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    私は人間のDNAに刻まれた経験が、
    学習となって次々と伝達していく中で、
    個人の持つ意識が決まっていると思います。

    それがその人の持つ性格で、
    その上にその人の学習が加わって行き、
    自分自らの意識が生まれると思います。
    無意識は深い伝達されたもの・・・・。
    【2014/07/16 17:13】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1666-29dd3f89