奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES
  • 病気(06/21)
  • ひさしぶりの水泳(06/19)
  • 次のはがき(06/14)
  • 田舎の(06/12)
  • うまく言えないけれど(06/08)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (06/24)
  • あきんど (06/24)
  • 奥様 (06/22)
  • 苹@泥酔 (06/22)
  • あきんど (06/22)
  • Kei (06/22)
  • 奥様 (06/22)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年06月 (8)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (536)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    ものごとの重大さ
    siomura.png
    独身女性の都議会議員が野次を飛ばされたとかで、
    なにやら大事になっているようだけれど、
    こんなに「些細」なことがまるで重大なニュースになるなんて、
    日本はなんて平和ボケしているのだろうか。

    言論の自由の国ではないか。
    人権侵害?差別発言?と言ったって、
    ぜんぜんたいしたことじゃない。
    この程度の言葉が言えなくなるなんて、
    日本は社会主義の言論統制の国か・・・・と言いたい。

    法的に言ってはいけないことは、
    明らかな名誉棄損だけれど、
    「結婚したら」なんて、ぜんぜん名誉棄損でもなんでもない。

    世の中の女性はこんなことで、名誉が汚されたと本当に思うだろうか。
    そんなやわじゃないはずだ。

    この都議会議員には、
    子供ができたと嘘を言って、慰謝料を1500万円とったという。
    スポンサーサイト

    【2014/06/25 19:23】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(10)
    この記事に対するコメント

    世の中には「美人」というお方がたくさんいます。
    歴代から数え上げればキリがありません。
    そしてどうやら、その「ご美人さん」の方々は何故か「お高い」イメージが多く、そして何故か「キリッ」としていてどこか近寄りがたいのです。

    でもやっぱり「美人」は「美人」に違いありません。
    ただ、本当の美人は「子供を産んでから」だと、今の私は思います。
    抜群のスタイルが理想なのは大方の意見でしょう。
    しかしですね、そういう方といざダンスをしても不思議なことに「男本能」がそれほど感じなくなるんです。
    以前ちょっとだけ社交ダンスを習った時期がありまして、そこで接する女性の年齢層は、ご想像の通りかなり年配者が多いのです。
    そんな中でインストラクターであり、しかも道内の大会で社交ダンス大会を連覇されている女性とも組ませていただきましたが、正直言いまして、あんな筋肉質な女性とダンスをしても、まったく気持ちよくないです。
    なにせ足は長い、腕は長い、しかも体全体が引き締まっていて、ふっくら感がまったくないのです。
    ですから、見た目が良い女性が必ずしも抱き心地が良いとは言い切れませんよ。

    今日も実は会社で出来ちゃった婚をした女性社員(現在7ヶ月)と立ち話をしたんですが、その子は数ヶ月前まで一緒に働いていたんですが、子供を宿している女性というのは本当に可愛いし、発する言葉にも重みがあります。
    実は彼女上司ともめて、職場を移動したんです。そんな子が、今はその上司を気遣う意見を言うんです。
    自分の今の状況と当時の自分をどう捉えているのか、具体的なことは言いませんが、ただ一言、元上司の今の状況がかわいそうに見えると言うんです。

    どうなんでしょうこの心境の変化は。
    私は男性なのでわかりませんが、ただ子を持つ親としては、この子がこんなに考え方が変わるその現実に驚かされました。そして彼女の言葉に感動もしました。

    彼女は最後にこんなことも私に言ってくれました。
    「あきんどさんの言うことって、全部あたるんですよ。それが本当にすごいと思う」と。
    そのあと私とその上司が荷物運びをしている間もじっと彼女は見届け、最後まで私たちにちゃんと挨拶をしようとするのです。

    女性というのはやっぱり子供を産めるという凄いことを為せる立場なんですね。
    世の中に一つの命を産むんですから。しかも自分の身体を犠牲にして。
    凄いことです。全人類の男どもには想像できない一つの現実ですね。

    おそらくその子は頭がいいですから、色んな思いの中で自分の迷いを払拭する事柄を選別できるようになったんだと思います。
    つまり「何が大事で何が無駄か」を。
    一番大切な事への近道を、必死で探しているうちに、何が自分に足りなかったのか、何が自分に大事だったのかが見えるようになったのでしょう。
    なにしろまだ20歳という若さですし、色んな不安を抱えて決断したのでしょうから、それはもう本当に大変なわけです。

    でも先程も言いましたが、不思議なくらいに今の彼女が輝いているんです。色んな不安を抱えているのだろうに、金銭面やこれからの将来のことなど、不安を言いだしたらキリがないでしょう。でも、弱音を履かずに前向きに生きようとしているその姿に、私は久々に感動しました。そして今までなにも感じなかったその子の女性フェロモンを初めて感じたんですよ。
    これには参りましたね。すごいと思いました。

    どうなんでしょう、私はどちらかというと妊婦さんを見ると、嬉しくなっちゃう変なおじさんなのかもしれませんが、女性から、男性には絶対できない姿を見せつけられた時に脱帽する、一種の母性愛関連の心理に弱い自分がいるのかもしれませんが、でもこれに共鳴していただける男性は、けっこういらっしゃるのではないかと思っているんですが、どうなのでしょう。

    ちなみにこの都議会議員の女性。この美貌なら妊娠されると益々美しくなられること間違いなしでしょう。ぜひ世の中にひとりでも多く、議員のような美しいお子さんをお産みになられることを切に願います。
    【2014/06/26 01:04】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]

    性格美人
    あきんどさんの仰ることわかりますが、最後のほうの議員のような美しいお子さんを、、のくだりは、、ちょっと???
    子供は産み育てるもの、美人である前に、人間としての人格が備わっているかどうか、妊娠したからと1500万円を相手から、、なんて人前で平気で話す、それも電波を使っての場で、それって女を売り物にしているとしか、、
    誰でも「おかあさん」になれるけれど、母親になるのは極わずかだと思います。
    子育ては、並大抵ではなくて、ましてや子供を産む苦しみは。
    それにもまして、子供が出来ないご夫婦の苦しみ、子供が欲しくても女性にはその年齢もありますし、産める間に良いご縁に恵まれれば、、、と。
    男の人は、美人に弱いけれど、美人というだけの人は結構居ますしね。
    性格美人でありたいと思う私です。
    【2014/06/26 07:14】 URL | bunn #- [ 編集]


    >あきんどさん
    おっしゃりたいこと、良くわかります。

    妊娠は女性の特権?ですが、それを逆手にとった彼女は、
    言ってはいけない冗談?を言ったと思います。
    最終的に嘘と言えず、1500万円もらったというのですから、驚きですね。

    妊娠中の女性は、
    男性でなくてもやはり神々しいものがあります。

    >bunnさま
    あの議員は顔は整っているかもしれませんが、
    心が美しくないことがはっきりしましたね。

    でも本当に美人に男性は弱い!
    普段の都議会議員同士で、おそらく彼女は女の武器をフル活用していたのではないでしょうか。野次を飛ばした議員はそれに翻弄されていたのでしょうね。

    まったくレベルの低い話なのに、
    大げさなことになって不愉快でしたね。
    【2014/06/26 20:23】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    奥様
    以前、三島由紀夫さんの奥様が
    「男って、主人も含めて、どうしょうもない、」というような事を仰られましたが私もそう思います。
    美人さんにはメロメロ、それは歳をとっても治らない
    「バカは死ななきゃ治らない」と一緒にしたいくらい、周りの男性諸氏を見ていて情けなくなりますね。
    「割烹着が似合うbunnちゃん」といわれる私は誰一人メロメロには
    はっははは、長男に「僕の子供(男性)に初めて愛されたね」って。
    議員になる人のレベルの低さに、驚かされ、嘆いているばかりではこの国の将来は?ここは、一つ男性に見る目を養っていただくしか、、ですね。
    【2014/06/26 22:29】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま

    >子供は産み育てるもの、美人である前に、人間としての人格が備わっているかどうか、妊娠したからと1500万円を相手から、、なんて人前で平気で話す、それも電波を使っての場で、それって女を売り物にしているとしか、、 <

    恐れ入りました。やはり私のような単細胞な男には、身にしみるお言葉であります。

    ここからは雑感。異論はあるでしょうがまずはお聞きいただければ・・・。
    男の本能・・・という言葉がありますが、これって男の健康のバロメーターみたいなイメージがあります。が、でもそんなに男も周りに気遣い無くそんなことを考えているのではなく、誰か一人の女性だけを特別扱いすると、他の女性たちが、一応ヤキモチを焼く場合があるという経験を何度か味わったことがありまして、こちらは別にそんなつもりで起こした行動ではないのに、そうした大雑把なやりかたが女性の細やかな心理を無視しているという感じで、私の知らないところで噂が広まったこともありました。
    こんな時、けっこう男はつらいんですよ。
    どっちを庇うべきなのか、次なる出方が問われる場面なわけです。

    その頃からでしょうか、あまり特定の女性と話し込まないように心がけたのは。
    結局色々気遣って、自分も少々疲れ果て、ホトホト懲りたこの経験はたしかに今も心のどこかにあります。

    そんな心境がいまだに根強かった私だったのかもしれません。
    つまり「どんな状況だろうと、女性は平等に扱わなければならない」という意固地なわたしのトラウマが。

    女性にきびしくなれない自分は、おそらくそれが私の最大の弱みなのかもしれません。



    【2014/06/27 23:52】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    ごめんなさい。
    上の発言はけしてネット上のことではなく、私の身の回りのことですので、誤解なきようご認識ください。
    【2014/06/28 05:13】 URL | あきんど #- [ 編集]

    女と男と、
    あきんど様
    仰りたいこと良くわかります。
    トラウマと仰るけれど、そんな事気になさらずもっと、広いお気持ちで女性と仲良くして欲しいとおもいます。
    奥様や、私のように男に媚びることなく、そして同性につまらぬ嫉妬心も抱かず、ましてや女を売り物に男の人を利用するようなやわな下心も持たずに、女の人生一直線
    本来男の人の方が心がきめ細やか、優しい、
    女はある面雑ですよ。
    長年、男社会で働いてきましたから判ります。
    「気が弱い」のは、男性だとおもいます。
    女は、強いですよ。強いからいつも自分が勝者でないと気がすまない
    それが、男の方からみたら嫉妬に見えるかもしれませんが。
    女稼業やっていて、呆れるのは「自分ほど良い女は居ない」
    と、多くの同性が自惚れているのをみるとトホホホです。
    今の時代の男性は気の毒だなぁぁと、はっははは、夫や息子三人を観ていて
    我家だけかしら???
    【2014/06/28 07:18】 URL | bunn #- [ 編集]


    >あきんどさん
    やさしいんですねぇ・・・・・
    男はつらいよ・・・・ですね。

    >bunnさま
    女は強い!まさにその通りですね。

    bunnさまと私は案外女性の中では例外かもしれませんね。
    【2014/06/28 21:21】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    とてもとても
    奥様
    なるほど、例外
    そうですねぇぇ。私たちのタイプ珍しいですものね。

    三島研のシンポジウムで、西村幸佑さんとお目にかかり
    長谷川さんの話題を出しましたら「知性的な方ですよね。」
    いいなぁぁそんな風に見ていただける奥様は私なんぞ「女寅さん」
    誰からも三枚目に。
    奥様は、ある面男性的、理論的で、合理的物事の処理が、
    とても、奥様と一緒には、語れません。私は知性なんて全くないから
    西村さんに「奥様を尊敬しています。」と、私
    【2014/06/28 22:10】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    いやぁ~~~わたしは直感的人間です。

    理論?にはめっぽう弱い。

    でも、直観力には優れていると思います。
    なんだかあやしいなぁ~~~と、
    ぷーんとにおうんです。

    それが後から、理屈にあっていることが多い。

    bunnさまもきっとそういうタイプですよ。
    なんだか変!って、いつも思いますよね。

    集団的自衛権にしても、
    戦争をできる国になることこそ、
    自国民を戦争から守ることができるのに、
    反対する人たちは「なんだか変!」ですよね。

    強いことが優しいこと、
    強いことしか優しくなれないこと、
    分かってない人が多いですね。
    【2014/06/29 09:23】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1657-1ea912e4