奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 北朝鮮問題(04/23)
  • バッテリー(04/19)
  • 庄原(04/16)
  • おせっかい?(04/12)
  • 斬首作戦!?(04/11)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (04/24)
  • あきんど (04/24)
  • 奥様 (04/23)
  • あきんど (04/21)
  • あきんど (04/20)
  • 苹@泥酔 (04/20)
  • あきんど (04/19)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年04月 (7)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (516)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (413)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    おとこやもめ
    小学校の同級生で、
    家族ごと仲良くしていた友達がいる。
    友達といっても、男性で、
    ○○ちゃん、□□君と呼び合った仲だった。
    お互いに家庭を持ち、遠くはなれていたので、
    年賀状くらいのやりとりだったけれど、
    去年、久しぶりに電話連絡が取れて
    ウン十年ぶりに再会した。

    なんと、奥様を介護のすえ、亡くしていた。
    最近やっとやもめぐらしに慣れてきたようだ。
    そしてその人と共通の友達もまた、
    奥様を先に病気で亡くしていた。

    土曜日、新横浜で三人で会った。
    二人ともまだ若い!?のに仕事はもうしていない。
    時間を持てあまし、
    大学の聴講生のような感じで勉強はしているようだけれど、
    でも、基本的に静かな会話の少ない暮らしをしている。

    病気のこと、お墓のこと、孫のこと・・・・・・
    まだ結婚が決まっていない子供のこと・・・・・・
    話はどうしてもそれらの話題にうつる。

    女性が残される分は、
    なんだか返って若々しくなったり、元気になったりするというが、
    男性が残されて一人ぼっちで生活をしているのは、
    どうにもさみしそう。
    二人とも奥様の自慢をしている。
    生前もそんなに感謝していたのかな?

    どっちが先に行くかなんて、決まりはないのだから、
    ある程度年齢がいったら、
    いや、いかなくてもかな、
    お互いに大事にしあわないといけないなぁとしみじみ感じた。
    スポンサーサイト

    【2014/05/26 22:59】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    この記事に対するコメント
    反省しなくては
    しっとりとしたご文章
    忘れかけている主人への感謝の気持ち
    母の介護で田舎に居ると幼馴染とゆっくり話す機会にも恵まれ
    「bunnちゃんのご主人優しい方よね、だからbunnちゃんが幸せなのよ感謝しなさいよ」と
    といわれても、あまり感謝しなかった私だけれど、奥様の書かれたご文章に、夫に感謝しなくてはいけないのかなぁぁと
    実母は、「bunnのような娘を嫁にしてくれて」と夫には感謝していますが。

    【2014/05/27 08:00】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    日本はこれでも外国に比べれば離婚率が低いようですね。

    永年一緒に居ると、
    当たり前のように感じることが多いですが、
    やはり伴走?してきた伴侶の大切さを感じますね。

    言葉でありがとうを伝えましょう!!!
    【2014/05/27 09:05】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    二日前大勢いる従姉妹(父方母方含めざっと40人)の一人が他界しました。
    こんなにいるのに今まで誰ひとり亡くならず、ここまできたんですが、ついにその記録もとどまってしまいました。
    もう孫がいる年齢で私とはたった5歳しか離れていないのですが、癌で逝ってしまいました。
    彼女は従姉妹の中でも「美人」の部類で、さすがに年齢を重ねてからは、昔の栄光も消え失ったのですが、それでもそのDNAは子孫に現れて、やっぱり子供たちはなかなかのイケメンなわけです。
    たしか今日がお通やのはず。東京在住なので行ってやれませんが、昔の思いでを蘇らせながら、偲んでいるところです。
    ところで40人もいますと、名前を覚えるのも容易ではなく、なんとか従姉妹従兄弟らの名前は覚えていますが、奥さんや旦那さんの名前、そして子供たちの名前まではさすがに覚えきれません。
    ねずみ算式に増えていく親戚の数。40歳を過ぎても独身でいるものもけっこういますが、それでも大半は既婚者で、子供や孫もどんどん増えています。
    こうなってくるとすでに親戚とは言え、他人様と同等の感覚にならざるを得ません。
    でも時々似たような顔つきの親戚同士が出くわす場面があったり、伯母が娘の顔を見て「うちの孫とそっくりだ」と言い出したり、この一つの家系でワンワールドな社会が出来上がってしまうわけです。
    子供の頃なんかいとこ同士が集まると、ちょっとした幼稚園みたいな世界が出来上がり、一日中事件事故が起きない日がないくらい。近くの海に泳ぎに行くのでも、車が何台も連なっていき、浜辺は当然我々の存在だけで大賑わいなわけです。
    家具屋を営んでもいましたから、砂の上に敷く布団も、簡単に用意ができ、お昼に食べるジンギスカンも、大量の肉が用意されていました。
    飲み物だけでもまるで年末の飲み会みたいな状態ですから、海の家の人たちにとっては、ちょっとしたツアー客がやって来たのと同然なわけです。
    北海道では夏の海といえば、真ツブ焼きやイカ焼き、そしてなんといっても味噌おでんが有名で、ルーツは青森だそうですが、こんにゃくと天ぷら(さつま揚げ)を割り箸に刺してお湯で温め、味噌とみりんと砂糖とだし汁で煮た濃い目の味噌だれをつけて食べる代物が子供たちにも大人気で、海に行ったら必ず食べていました。

    そんな大家族の一員があの世に逝ってしまうと、大勢いるにも関わらず、なんだか寂しいわけです。まだ50代ですし、これから何年後かには老後をしっとりと夫婦で過ごす時間だったのに、運命とはいえ少し早すぎます。
    【2014/05/27 09:38】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2014/05/27 22:17】 | # [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1645-50aec9c9