奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    RECENT ENTRIES
  • 新聞の力(05/24)
  • 父のこと35(05/18)
  • 携帯を失くした。(05/15)
  • 韓国大統領(05/12)
  • 息子がいた痕跡(05/07)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (05/24)
  • あきんど (05/21)
  • あきんど (05/21)
  • 苹@泥酔 (05/20)
  • 奥様 (05/15)
  • あきんど (05/15)
  • あきんど (05/15)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年05月 (8)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (524)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    子育て
    子供を育てていくことが、
    人間が育って行くことなんだと思う。

    人の親になって初めて、
    いろいろなことを経験していく。
    守らなければならないものを持つことで、
    本当の一人前の人間になるのだ。

    4月、新学期が始まり、
    幼稚園に小学校に行き始める。
    決まった時間に起こし、
    朝食をとらせ、
    学校へ、幼稚園へ、行かせる。

    規則正しい毎日が始まり、
    気ままだった日々が終わり、
    子供も親も、いろんな摩擦を乗り越えながら、
    社会の中の一員として生活し始める。



    今日は「母の日」で、
    みんなに「いつもありがとう」と言われ、
    そうか、
    私もだいぶ、大人!?になったんだなと思う。


    スポンサーサイト

    【2014/05/11 21:33】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    この記事に対するコメント

    >奥様

    子育て・・・そうですね、人間は教える立場になって初めて「人格」というものが形成される。
    「親」というものが、いわばそれを人間の当たり前な生き方の中で体現できるということですね。
    子育ても不思議なもので、少なく生むと以外に大変で、沢山生むと案外楽なんじゃないか・・・というのが、私の私見です。
    私も3人の子供に恵まれましたが、この歳になるとあと二人ぐらいいても良かったかなと思えるんですよ。
    なにしろ私の祖母は16人産みましたからね。それに比べれば3人なんか「屁の河童」ですよ。
    世代的には私たちの数年上世代から、女性の独身思想が生まれた感じがするんですが、皮肉なことにその結果男性が結婚願望を失った感じがするんです。
    やっぱり、男性に結婚願望がなかったら、何もかもが進まなくなりますよ。
    自分の弱さを社会の構造に転換する嫌いがあまりにも多すぎて、日本総国民「ぶらさがり」に陥ってしまっているんじゃないかと言いたい気分です。

    そうかと思えば、「子供は欲しいけど旦那はいらない」とか言い出す社会であるわけです。こまった問題です。悪しき自己中の典型がここにあるんでしょうね。
    夫婦という概念がどこかにいってしまっている。夫婦がなぜ脆弱してしまったのか。
    これは本当に難解です。

    いろんな見方がそこにはなせるんでしょうが、私なりに言いますと、「愛」の喪失が同時に起きてしまっているように思うんです。
    「恋」は生まれるんですよ、以外に簡単に。でも「愛」が育たない感じがするんです。
    どうなんでしょう恋は身勝手で愛は喜ばれる印象があると思うわけですが、その「愛」がどうしてこんなに窮屈なイメージになってしまったのか。
    一言で言い表すのは困難です。
    ですが、こうして意見する以上は何かを語ることが求められます。
    そこで受け売りではあるのですが、西部邁氏の哲学をご紹介させていただきます。

    「人間の出会いは全てが偶然の連続である。後に結ばれる夫婦の出会いも例外ではない。その偶然の連続の中で、自分が一つだけでもいいから真剣に向き合ってみたい出会いを、自分から意識し、ど真剣にその出会いと向き合えることの重要さを意識することも、人生の中で経験することの重要性を感じて欲しい」

    これが「結婚」を決断する哲学だと言うわけです。
    私はこの思想にかなり賛成でして、人間の出会いの偶然性をうまく表現している考え方だと思っています。よく結婚は「赤い糸で結ばれた縁」だと言われていますが、それはきれい事でしょう。もしくは「縁」の美化を強調するための、言葉のお遊びでしょう。

    現実的には、「結婚」を決断する勇気が望まれているこの社会であるわけですから、西部氏の哲学は、十分存在感があると私は思っています。
    【2014/05/12 02:25】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]

    子供だって、、
    息子たち、三人三様の子育てを見ていると、夫々がその連れ合いの意見を大いに取り入れて頑張っているなぁぁと
    私に出来なかった、子育てをしていてある時は羨ましかったり、またある時は、こんなので良いのかしらと心配になったり、奥様のように、私は子育てはしましたが、自分が育たなかったので、子供達には「良くそれで○○年生きてきたねぇぇ」と笑われています。
    が、嫁たちとも、嫁の親とも仲良く出来て、孫達に友達のように思われて、駄目ですねぇぇ
    こうして自己肯定しちゃうから、成長しないのですね。
    奥様は、子育てして、しっかりご自分も成長していらして羨ましいですよ
    息子たち夫婦に「bunnちゃんは、何時までも子供だねぇぇ」って。
    困ったものです。
    【2014/05/12 04:49】 URL | bunn #- [ 編集]


    >あきんどさん
    16人産むって、それはそれは健康体だったのですね。
    すごすぎます。
    7人、8人っていうのは良く聞きますが・・・・。

    偶然か、必然か・・・・・
    神の采配か・・・・・
    いい出会いを、掴み取ることが大切ですね。
    であっても、すれ違ってしまうこともいっぱいあるから。

    >bunnさま
    息子さんたちが、頼もしく思えますね。
    たぶん、全部息子だったから、
    bunnさんはお姫様の部分を十分に残すことが出来たんじゃないかな。

    娘がいると、痛烈な皮肉とか、
    ライバル心もあったりして、
    男性の中の一人だけの女性としての特権がなくなりますから、
    今のままのbunnさんではなかったでしょうね。

    ある意味、甘えられる環境だったのかしら。
    【2014/05/12 21:32】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    鋭いですねぇぇ
    奥様
    ずばりそのままですね。
    ずーと甘えっぱなしです。家族に。
    母の介護の事でも、息子夫婦が、三家族そろって見舞いに出向いてくれて
    長男が施設に出向いてケアマネージャーの方に色々話をしてくれたり。
    奥様は、私から見たら足元にも及ばない人格者
    やはり家庭環境なんですね。
    男の子は、母親には優しいですよね。娘を持たないから判らないけれど、母と妹を見ていると、何となくギクシャクしていて、、、うーん、仰るとおりだなぁぁと。
    【2014/05/13 06:39】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    いえいえ、人格者だなんて・・・・・・・

    ご家族の皆さまも、bunnさまという太陽のような存在に、
    きっといつも暖められて、幸せを感じておられるでしょうね。
    【2014/05/14 20:11】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1640-16f657f0