奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES
  • ドナーの会(11/20)
  • 今日このごろ(11/08)
  • 大銀杏(11/05)
  • 劇「めぐみへの誓い―奪還―」(10/31)
  • 自動車の品質管理(10/30)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (11/18)
  • あきんど (11/16)
  • あきんど (11/16)
  • あきんど (11/16)
  • 奥様 (11/15)
  • あきんど (11/15)
  • あきんど (11/14)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (578)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    アフォリズム
    西尾先生の本から、
    短文を選んだアフォリズムの特集?をやった。

    これが意外にやっかいで、
    私としては出所場所をきちんとしたいし、
    一字一句正確にしたかったので、
    文字を照らし合わせる日々が続いた。

    今回のアフォリズムを選んだ村山さんは
    結構自分流に解釈されたりしているようで、
    大幅な略があったり、
    主語が添えてあったりして、
    これを直すのが大変だった。

    そりゃあ、そのまま載せれば楽ちんなんだけれど、
    西尾先生の文章は「て、に、を、は」まで、
    考え抜いて書かれているので、
    ちょっとでも変えるのは嫌だったので、
    こだわった。

    別に仕事でもなく、
    義務でもないのに、
    でもこれが私の役割だと思って・・・・・・

    西尾先生の文章は、
    こんな風な抜き書きした文章だけでも、
    きらきら光っている。
    それが一篇の随筆となり、
    論文となり、全集となっているのだから、
    本当にすごいことだと思う。
    スポンサーサイト

    【2014/05/01 18:00】 日録裏話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
    この記事に対するコメント

    >奥様
    >別に仕事でもなく、
    義務でもないのに、
    でもこれが私の役割だと思って・・・・・・

    人生って何だろうと思うことは多々ありますよ。
    いや、別に奥様のこの文章だけを切り取って、何かを語ろうとは思っていません。
    私は思うんです。
    西尾先生はネット社会に進出した時から、「奥様」抜きでこの世界を渡り歩く事は、不可能ではないかと、おそらくご決断されたと思います。
    ですから、私みたいな人間にも、以前こんなことを電話で語っていらっしゃいましたよ。

    私;先生ネットの活動は大変ではないですか?
    先生:大変だけどとても面白いと思っています。
    つづいて・・・みんな話が硬すぎるんですよ。あきんどさんみたいに語ってくれれば、もっと色んな意見が拝見できるはずなんですが・・・という、とりあえずはお褒めの言葉をいただいて、実はこの時ジョーイくんの事も話題に上がったんですよ。
    蘭ちゃんの事も出ましたし、あと・・・名前は忘れましたが、ギター大好きな道産子少年の事も話題にありました。

    これが私と西尾先生の初めての会話でした。
    どうしてこんなシツエーションがなされたかといいますと、私が先生に地元の林檎を送ったんです。そのお礼の話だったんです。
    はたしてかつて先生が語っていたロシアの美味しい林檎と比べて、味の方はどうだったかはわかりませんが、そんな問題よりも、先生が電話で熱心に語っておられたのは、ネットの面白さでした。
    そして同時にネットの脆弱性というんでしょうか、当時の管理人の方々へのご意見も伺いました。私はそれに関しては一切意見しませんでした。

    色んな話を伺って、その時の話を時々思い出すこともあるのですが、いったい奥様が西尾先生の管理人を貫くその意思は何なのかという、単純な疑問が浮かび上がってきました。

    でも今はその疑問は自分の中にしまうことができるようになりました。
    そんなことはどうでも良いことだからです。それが時間とともになんとなくですが、奥様の心中がわかるようになりました。

    個人の思いはとても重要であり、それは奮い立つ己の基礎であり、何人とも理解不能な世界があり、それは結局「行動」という手段によって、個人と大衆の相互の高揚が可能になる可能性を生むと理解すれば、どうにか色んな苦労が癒されるのではないでしょうか。
    理由なんかどうでもいい。これが自分の人生なんだ、そう思えることが今の自分を生かせる。
    そういうことなんじゃないかと・・・。

    そんな話題を振りまいているうちに、北国の桜が大手を振って咲き誇ろうとしています。
    桜が大好きな方々、もしくは北海道が大好きな方々、ぜひぜひこの連休北海道に・・・
    「来たらいいべさぁ~」
    こころが和みますよ・・・。
    【2014/05/02 08:12】 URL | あきんど #B.UU9i2A [ 編集]


    >あきんどさん
    北海道は三度ほど行きました。

    やはり、なんといってもあの空間の広がりは、
    日本的ではないですね。
    野山も、伸びやかさが全然違う。

    北海道では移民を受け入れる方向を考えているとか。
    大丈夫ですか?
    3Kを移民に任せるようになると、
    困りますね。
    日本人がどんどん怠惰になっていくし、
    職業による差別をするようになりますから・・・・。
    【2014/05/03 21:45】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    日録での西尾先生のアフォリズムの連載、毎回興味深く拝見しております。奥様のチェックも本当にご苦労様です。私にとっては、『ヨーロッパ像の転換』『ヨーロッパの個人主義』は西尾先生の世界との出会いの本でもあり、引用されている文章が「あ、これだ」というのもあれば、「こう思いこんでいた文章が実はこうだった」というのもかなりあって、自分の記憶力の不確かさを再確認しています(笑)

     西尾先生は全集の仕事にたいへんな熱意を注いでおられます。それはご自身の原点を今一度、世界に提示できるということに拠ると思うのですが、本当だったら、文学関係の雑誌や出版社が西尾先生のアフォリズムや文学論の再評価をどんどんしていかないといけないんですよね。現実的には文学・文壇の力は著しく弱まっており、しかもその弱体化した文壇がかつてよりさらに政治化してしまっていて、一部の文学者に支配されてしまっています。なかなか西尾先生のこの方面での力を出せないのですが、そんな時代の中で、国書刊行会は本当によくやってくださっていると思います。伝統的老舗の出版社は大概、不振にあえいでいてこんな本格的全集計画に踏み出せないのに、国書刊行会の善意とパワーはたいしたものですね。
    【2014/05/04 10:09】 URL | N.W(うさねこ) #- [ 編集]


    旅先からです。本当に全集は、儲けを度外視していますね。ありがたことです。
    【2014/05/05 17:53】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >奥様
    >やはり、なんといってもあの空間の広がりは、
    日本的ではないですね。
    野山も、伸びやかさが全然違う。

    いや、本当にそうです。
    以前広島にお邪魔したあとに、北海道に戻った際町内の観光旅行というのがあって、旭山動物園に行ったんですが、瀬戸内の細道を巡った後でしたから、旭川までのその道中の空間には、道産子でさへ驚きを感じずにはいられませんでした。その話題を当時寝るケーのさんのところでも書いた記憶があります。寝るケーのさんは「広島みたいな狭い土地からいきなり北海道のような空間に移動してしまうと、そりゃぁ感覚が全然違っちゃうでしょう」とレスされていた記憶があります。
    私が住んでいる伊達市は「北の湘南」がキャッチフレーズでして、北海道にありながら北海道らしくない気候と環境が備わっているんです。
    つまり一年を通して暖かい地域なんです。
    ですのでわが町伊達市にお越しになられた内地の方々は、伊達市に来られても「北海道らしくない場所ですね」と思われるに違いありません。
    おそらく内地の方々がイメージされる北海道は、帯広あたりの広々とした空と大地でしょう。
    簡単に言えば松山千春の世界ですね。
    そんな帯広的空間に、我々伊達市民が入り込みますとね、実は内地の方々よりもその土地の広さに感動してしまうんです。
    まさか地続きでこんな空間が存在していたんだという驚きがあるんですよ。
    私も大学三年の時に、初めて道東方面に出かけたんですが、マァマァ広いこと広いこと。
    まるでアメリカ大陸にでも迷い込んだ気分でしたよ。
    東京の知り合いがよく言っていたんですが、「なんせ信じられないのは、行き先まで例えば60キロだったとしたら、その時速で本当に一時間で到着しちゃう現実なんだよ。何百キロもある旅の計画が、淡々と済まされていくこと自体が、アンビリーバボーなんだと。

    この単純な感覚って、こじつけるわけではありませんが、案外北海道人の盲点と結びつくところがあるんですよ。
    内地の方々はとにかく空間を利用することが上手で、この感覚は絶対値だと思っています。
    一方道産子は、空間利用が本当に下手です。
    その現象の理由は、やっぱり環境だろうと思います。
    例えばですね、香港でビルとビルの間で食堂を経営しているお店って、当たり前にあるじゃないですか。観光客は利用しなくても、現地の方々はそれを有効に利用されていますよね。
    でもそれを日本人観光客が見たら、最初はたぶん引きますよ。
    こんな空間が北海道の人間には内地とダブらせる部分がまずあるんです。
    言葉に表せば「おいおいこんなところで何やってんだ」という感じですかね。
    ところがその箍(たが)がいま失われつつありまして、かえって都会の狭い空間の方が落ち着くようなんです。つまり「空間」が必要なくなっているというのが、徐々になんでしょうか浸透しているのかもしれません。
    その空間の「存在の仕方」が問われているのでしょうかね。よくわからないのですが、身近な人間は、都会への感覚が私たちとは少し違って見えてしまうのは、私の錯覚でしょうか。

    まぁこれくらいにしておきましょう。
    【2014/05/07 00:30】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    タイに行った時、道路の三角地帯?で、
    ワゴンで営業している食堂?がありましたよ。
    びっくり~~~

    同じ北海道に居ながら、やはり広大な風景には感動するんですねぇ。
    【2014/05/08 21:45】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >奥様

    話をアフォリズムに戻しましょうか。
    私の余計な話題から、このスレッドの趣旨が乱れ出してしまっております。
    いま全集の第一巻の100ページ目にたどり着きました。
    そこに至るまでにも、とにかく内容の濃い先生の思想が展開しております。

    その内容を細かく追い求めることはいたしませんが、おそらく先生は、ヨーロッパを知ることを前提として、実は我々が日本というものがどんな国なのかを知るべきなんだ、というテーマのもと、この第一巻は始まっているんじゃないかと考えます。
    こうした論文が昭和30年代に表されていたというその事実を、将来の若者にどうにか伝えていきたい思いで一杯です。
    少なからず、我々西尾ファンはその使命を負わされているんだと、ごく単純に思い込むべきなんじゃないかと思うんですよ。
    全集のパワーというものがこれほどすごいものなんだと、読みながらあらためて知ったしだいです。
    【2014/05/10 04:38】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    全集のパワー・・・・・すごすぎますよね。

    でも、こんな全集が刊行できて本当によかったです。
    【2014/05/12 21:25】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1635-e215e6fd