奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 核兵器について(10/18)
  • 昨日の料理(10/18)
  • 定点観測?(10/12)
  • 倉敷(10/08)
  • 祭り2(10/08)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (10/21)
  • 奥様 (10/20)
  • 奥様 (10/20)
  • あきんど (10/20)
  • 苹@泥酔 (10/20)
  • あきんど (10/14)
  • 奥様 (10/12)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (7)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (571)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    遠藤浩一先生ご逝去
    遠藤先生がお亡くなりになったと、
    産経新聞で知り、
    びっくりしました。

    ご冥福をお祈りいたします。

    遠藤先生と言えば、日録黎明期?
    コメントを書いてくださったり、
    いろいろ心配してメールをくださったり、
    江戸のダイナミズムでは司会をしておられ、
    西尾先生はさぞお力を落としのことでしょう。

    若い!
    しかも突然!
    如何にも元気そうでしたのに・・・・・・

    残念で、もったいなくてたまりません。

    中川昭一先生の時も落胆しましたが、
    今回も本当に惜しくて惜しくて・・・・。

    スポンサーサイト

    【2014/01/06 21:14】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(9)
    この記事に対するコメント
    ただ、驚いています。
    昨年の秋、西尾先生が中心になって主催された
    宮崎先生の「出版記念会」でお見掛けしました。
    お元気そうでしたが、、
    西尾先生、宮崎先生、いかばかりかお力落しでいらっしゃるか
    と案じております。
    【2014/01/06 21:30】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    宮崎さんの追悼文は、本当に無念な心情が
    良くわかる内容でしたね。

    【2014/01/07 21:23】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2014/01/07 21:46】 | # [ 編集]


    遠藤先生のご冥福をお祈りいたしますと同時に、これまで数々のご功績に対し、改めて感謝の意を述べさせていただきます。
    本当にありがとうございました。そして、こんなにも若くしてお亡くなりになられたことには、残念でなりません。個人的にも遠藤先生とは、数回ではありますがメールをいただいた記憶があります。私みたいな人間に目を向けていただいて、わざわざメールをいただけたことには、本当に感謝しております。つたない私のコメントを、お忙しいお立場にありながらも、西尾先生の日録からそれを拾い上げ、わざわざ一読者にメールを送るというその熱心さには、頭が下がる思いでした。
    当時私は遠藤先生がなぜ私を選んで意見を引き出そうとされたのか疑問でした。
    他にも課長さん(当時日録に長文を寄せていたネット界の名物課長こと「機械計算課長」さん)にも色々と意見を伺っておられたようですが、遠藤先生がなぜ私と課長さんを選ばれたのか、今思うとなんとなくぼんやりとですが先生の意図がわかるような気がします。
    説明するのはむつかしいのですが、私と課長さんの共通点から推察しますと、様々な意見と等間隔に位置する投稿を無意識に行なっていた点がまず挙げられます。
    私も課長さんも、けして誰かの意見に逆らうことはしなかった。もちろん時には反旗を翻したこともありますが、よっぽどのことがなければそれはなかった。
    しかしそんな中で自分の経験してきた事柄に関しては、絶対譲らない信条があった。
    私たちは時に呑気な旅がらす的そんざいでしたが、実はこれでもバランサーとしての役割を果たしているつもりでした。
    この信条上での認識が私と課長さんとの間には暗黙の了解として存在していました。

    多分遠藤先生はそのへんを鋭く見抜いたのだろうと思います。
    ただ先生の唯一の失敗は、その選択肢として私を選んだことでしょう。
    西尾先生も時々私に対して意見を寄せて欲しいと仰ることがございますが、そういう時は必ず私の方から何らかのアクションがまずあって、それに対して西尾先生は行動されていました。しかし、遠藤先生の場合は突然でした。
    正直戸惑いました。そしてそれが災いして、あまり良いとは言えない意見しか出せなかった記憶があります。
    実はこの時の「突然の行為」が私には本当に驚きだったものですから、先生のその行動性を簡単に私は自分の中で印象づけ、「先生は蘭君に似ている」と安易に書いてしまったのです。蘭君も実は突然私に何かとメールや電話をするタイプの人物でした。
    メールならまだ許せますが、私は電話が大嫌いなタイプなものですから、本当に困った記憶があります。仕事場の電話はかまいませんが、個人的な電話はほとんど自分から掛けたことがないくらい、電話が大嫌いです。
    そんなセンシティブな部分が少しだけ作用したのでしょう。
    つい先生と蘭君をダブらせて見てしまった、苦い思い出があります。

    いずれにせよ、先生とはそれ以来私との距離感が少しだけ近くなったのは間違いありません。ビジュアル的にも先生は雌雄双方から憧れる存在でした。そして、西尾先生の事を、こんな風に仰っていたことが今でも忘れられません。

    「日本には過去色んな偉大な方々がいらっしゃいましたが、私が過去出会った人物の中でも、西尾先生は格別な方です。
    仮に小泉総理の後釜はいたとしても、西尾先生の代わりをこなせる人間は、今日本にはいません。」

    今でもこの言葉が私には重く残っています。
    【2014/01/08 05:49】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    遠藤さんのご逝去、不覚にもある方からの電話で知り、驚愕という以前に、あまりの事実に言葉がありません。

     55歳という年齢は思想家的にいえば、プロ野球的な比喩でいえば若手から主力選手になるくらいの年齢で、まさにこれからというときですよね。遠藤さんは政治評論に文化論の重厚さを重ね合わせることのできる希少な方で、これからどうお仕事が結実されていくか楽しみだったし、自分もいずれ直接いろいろお話伺いたいと思っておりました。お会いする前に逝かれてしまいました。

     「江戸のダイナミズム」のパーティーは、私がはじめて西尾先生や奥様にお会いした思い出深いものですが、あのときの遠藤さんの爽快なお話振りも実によくおぼえております。

     これからご活躍を期待できる才人の急逝ということで、坂本多加雄さんがお亡くなりになったことをついつい連想してしまいます。
    【2014/01/08 09:52】 URL | N.W(うさねこ) #- [ 編集]


    本当に驚きました。直接お見かけしたのはうさねこさんも触れられている、平成十九年のパーティーただ一度きりでしたが(だったと思います)、あの格調高いスピーチは忘れることができません。これからの論壇でもっともっと活躍される方だと思っていましたが、洵に残念でなりません。
    【2014/01/08 18:21】 URL | キルドンム #m7FpRJaE [ 編集]


    >奥様

    どこに貼ろうか迷ったんですが、面白いものがあったのでここに貼らせていただきます。

    >遠藤先生
    皆様からお悔やみのコメントをお寄せいただいているさなか、西尾先生関連の話題を振ってしまうことをお許しください。

    http://www.youtube.com/watch?v=li4F0eE55aY
    【2014/01/09 13:18】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2014/01/09 21:03】 | # [ 編集]


    >あきんどさん
    あのころのこと、思い出しますね。
    あの頃、小泉元首相に刃向うなんて、とんでもないという空気でしたが、
    今はあの人は今どこ?という感じ。
    遠藤さんの言葉を良く覚えています。

    >うさねこさん
    そうですね、あの時の名司会、遠藤先生素晴らしかったです。
    坂本先生も本当に惜しい方で、
    つくる会は大きな痛手です。

    >キルドンムさま
    そうでしたね、あの会のこと、覚えています。
    ネットで先に知り合って、
    現実にお会いするのは後ですが、
    中身を理解しあえているという不思議さがあります。

    【2014/01/12 22:05】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1593-13cd2bca