奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES
  • カープ(09/18)
  • ライン(09/13)
  • NHKってやっぱり・・・・(09/07)
  • えんだんじさんの新刊本!(09/05)
  • 週刊ポスト(08/31)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (09/19)
  • kaykay (09/16)
  • 奥様 (09/15)
  • 苹@泥酔 (09/14)
  • 奥様 (09/13)
  • あきんど (09/12)
  • あきんど (09/12)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年09月 (4)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (562)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    多神教
    新年は神社に初もうでに行き、
    二月にはバレンタインをし、
    お雛祭り、子供の日を祝い、
    葬式はお寺で、
    そしてこの時期、町中がクリスマス。

    都会ではハローウィンも盛んになってきたっていうけど、
    まだ地方にはそれほどの定着はない。

    まぁ、日本人って、そういうすべてを受け入れる国だからなぁ。

    結婚式だけのためのチャペル。
    キリスト教の国の人には理解不能だろうけど、
    結構広島でも、
    結婚式場に併設された教会がとても立派で、
    日曜に礼拝はありません・・・なんて恥ずかしくて言えない。



    明日はクリスマス会を家族でする。

    私の実家でも、私が小学生の頃からずっと毎年やっていて、
    それはイエスキリストとか、キリスト教ってことではなく、
    単にパーティー?
    サンタクロースのプレゼントの日?ということで、
    賑やかに楽しんだものだ。

    5家族くらいが集まって、
    大人も子供もゲームをしたり、
    プレゼント交換をしたりして遊んだので、
    その習慣?がずっと抜けない。
    去年は長女のことがあったので、
    ひっそり?とやり、
    その前と、その前は二女の家でやった。

    今年はまた二女の家でやることになっている。

    百円均一ショップに、
    サンタの洋服が売っていた。
    帽子、上着、ズボンで三点で三百円!!!
    白いバスタオルを縫って袋も作った。

    家族で、
    こういうささやかな喜びを共有することが、
    宗教に関係なく、幸せそのものだと思っている。
    スポンサーサイト

    【2013/12/21 14:46】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    この記事に対するコメント

    「クリスマス」と書いて「苦しみます」と読んだ、どこかの商人がいたとかいなかったとか・・・。

    クリスマスを祝う方々、クリスマスを演出する方々、その協奏曲があるからこそ、この「クリスマス」は成り立っている。
    商人にとってクリスマスは苦しみますそのもの。いや、単純に「苦しむ」のではなく、「大変だ」と言いたいだけです。その大変さも嬉しい大変さであり、とにかく今の商業文化から「クリスマス」は外せないものになっています。
    ただ、懸念されることは、クリスマス商戦に近いイベントが、年中行われている傾向にあって、いわゆるクリスマス商戦のメリハリが薄れてきている傾向にあります。
    もちろんこの季節に画期的な売上を収める企業は少なくありません。
    しかし一方で、一時期より国民感覚で言えば、「クリスマス」を特別扱いしなくなってきた傾向があるんじゃないかと感じています。
    クリスマス文化がはたしてどの世代で受け入れがお盛んだったのか、詳しくはわかりませんが、案外我々50代が一番毒されていたんじゃないかと感じますね。
    なにしろ幼稚園でもサンタさんが現れてくれたのをきっかけに、「そうかこの世にはサンタさんが実在するんだ」と決め込んで、その日の夜親に「幼稚園にサンタさんが来たんだよ。いたんだよ本当に」と言った記憶がありますからね。
    私が通った幼稚園は、実はキリスト教を教える幼稚園で、当時街では人気の幼稚園でした。
    私たちの子供の頃は、商店街が活気がありましたから、そこら辺の商人の子供らが、こぞってこの幼稚園に通うことが一種のステータスになっていたわけです。
    目新しいということもあったんでしょう。なにか今までにない「文化」に接する気分だったんだと思います。

    おそらくこの辺りの時代から「クリスマス」は現気づいたと思うんです。
    そして同時に、「日本らしさ」が失われていく時代を迎えることに・・・。

    今朝報道2001を観ていたら、とある幼稚園で、「日本食」を子供たちに提供するというドキュメントが放送されていた。ここの園長先生はなかなかの肝いりで、本質を見抜いている感じがした。
    子供たちにどうやって「元気」を芽生えさせることができるのか、これは日本全国の幼稚園の課題なのだろうが、ここの園長先生は、それを「日本食」から発動させようと、色々と日本食の持つ文化を子供たちに教えていた。お米を釜で炊いたり、そのお米研ぎの役割は日替わりでちゃんと決まっていたり、おやつにはけしてお菓子を提供せず、毎日おにぎりを食べさせるという。

    日本人なら当たり前だったこんなことが、もう化石化しているということなのか。おそらく漬物ひとつとっても、ご家庭でそれを作る場面を見たことがない日本人が急増しているかもしれない。
    それどころか、漬物をどうやって作るのかさへ知らない日本人だらけなのだろう。
    漬物は日本食にとって本来は「主役」だったはず。いろんなおかずがある中で、漬物はその家の本当の「味」。
    日本人が昔から当たり前のように接してきた文化が、お金を払わないと得られなくなってしまったこの時代。冗談抜きで、今日本の文化を伝える方々が希少動物化していると言える。
    つまり文化が途絶えようとしている。笑えない現実だ。
    奥様が仰るように、日本人はたしかに色々な文化を取り入ることが当たり前のように行われてきた。しかしそれは、しっかりとした文化の伝来があるから受け入れてきたわけで、そこが不安定になってくると、異国文化の占領化が始まります。実際我々のほとんどが、お釜で米を炊くことができない人間に成り下がろうとしています。
    自分に問いかけてみてください。「自分はお釜でご飯を炊けますか」と。
    お釜でご飯を炊くことができない我々が、何を偉そうに日本の文化を語れるというのか。

    私は本気で言いたい。あまりにも現在「批評家」が多すぎると。
    批評するならちゃんとそれをこなせるのかを問いたい。
    全国のお母さんに申したい。
    是非、是非、ぜひぜひぜひ、お米を研ぐ際、お子様にさせてみてください。
    そこから文化が始まります。その子の日本人としての文化が始まります。
    お味噌汁は、せめて日曜日の朝だけでも鰹節からダシをとって、(削った鰹節で大丈夫)、可能なら土曜の夜に昆布を一枚鍋に入れてダシをとり、それを沸かして鰹ダシを作って見て欲しい。

    本当に美味しいですから。できればそのダシはたくさん作ってほしい。味噌汁以外にも茶碗蒸しに活用できますから、もうこれさえあれば鬼に金棒です。
    味噌汁と茶碗蒸し。最高のご馳走です。
    そこに我が家のお漬物が君臨すれば、どうですか、日本食は毎日がクリスマスパーティーみたいなものじゃないですか。
    本当にお腹が空いた時、お腹に収めたいものが何なのか、まずはそれをアンケートしてみるのも有りかなって思いますよ。

    ちなみに私が一番食べたいもの・・・納豆ご飯。
    これ間違いなし。
    【2013/12/22 12:02】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    コブを一日前からつけて、だしを取ったこと・・・・・・ほとんどありません。

    あたりまえの日本はどんどん変わっていきますね。
    でも、舌は覚えている。
    そういえば、武士の台所・・・・だったっけ、そういう映画があるそうです。

    【2013/12/25 22:58】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1585-d445fd93