奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES
  • カープ(09/18)
  • ライン(09/13)
  • NHKってやっぱり・・・・(09/07)
  • えんだんじさんの新刊本!(09/05)
  • 週刊ポスト(08/31)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (09/19)
  • kaykay (09/16)
  • 奥様 (09/15)
  • 苹@泥酔 (09/14)
  • 奥様 (09/13)
  • あきんど (09/12)
  • あきんど (09/12)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年09月 (4)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (562)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    一周忌
    長女の一周忌の法要をした。

    法事だけの出席が48名、
    その後の会食に42名の参加。
    会食場所は「雛の料亭 地御前」という料理屋。

    親戚、友人が集まり、
    彼女のアルバムを見ながら
    彼女の思い出を語り、
    飲み、食べた。

    あっちゃんが最初の頃に涙が止まらなくなっていたこと、
    とても印象的だった。

    もう、一年。
    正確にはあと一週間で一年。

    よく数字の不思議をここと書いたことがある。
    今回の法事でも、その偶然を話したりしたが、
    帰りに駐車場で、
    私の車のすぐ横の車のナンバーが1122・・・・
    長女の誕生日の数字だった。

    やっぱり~

    茶ノ子には、
    長女がデザインした絵柄の、
    特注した金魚の模様のタオルにした。

    関東にいる長男(我が家の末っ子)は、
    法要にちょっと遅れたけどやってきて、
    友人が亡くなったからといって、
    とんぼ返りで帰って行った。

    長いような、短いような一日が終わった。
    スポンサーサイト

    【2013/11/30 23:24】 娘のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
    この記事に対するコメント

     二ヶ月ほど前、JR横浜線の踏切で、老人を助けようとした女性が電車に撥ねられて死亡した事故がありました。

     テレビのニュースでお通夜の模様が放送されているのを見ました。長蛇の列で、親類縁者だけでなく、報道で事故を知った多くの方が弔問に訪れたそうです。

     この女性の顔写真も映されていました。柔和な表情で、何となくですが、この方がどのように生きてこられたのかが見えたような気がしました。

     この世とのお別れのときに、その人の人生の価値が分かるのかも知れません。そのように考えると、参列者が500人以上もいたのですから、長女さんは本当に素晴らしい人生を送られたのだと思います。

     あらためて、ご冥福をお祈り致します。
    【2013/12/01 19:49】 URL | KOGA #- [ 編集]


    あれからもう1年が経つんですね。

    >奥様
    あらためましてご長女のご冥福をお祈り申し上げます。
    昨年の今頃は、奥様にとりましてはあまりにも慌ただしい時期だった記憶が蘇ります。
    ご母堂様のご不幸につづきご長女まで急逝され、どうしてこんなに不幸ばかりが続くのかと、周りの我々でさえも、何かを恨まずにはいられない心境でした。
    今でもそうなんでしょうが、おそらくご長女の急逝は未だに信じられない現実かと思います。
    特にあっちゃんさんの心の内はとても複雑な状態でしょう。

    現実をどう受け止めるべきなのか、そんなご自身の心の動揺を置き去りにするように、現実は着々と事が済み、いったい自分はどの時間帯で彼女のことを思い入れるべきなのか、そんな複雑な心境が、常に自分の横にあるような、そんなこの1年だったのではないでしょうか。
    ご長女との思い出には数々の思い出があるのでしょうが、しかし、もしも彼女がこんな事故に遭わなければ進んでいた架空の現実が彼の心の想像の中に次々に誕生し、いつしかそれは架空ではなくなり、現実よりも現実的な自分の近未来であるはずで、いったい自分はどの時代の中で彼女を受け入れるべきなのか、それさえも新たな悩みと化し、結局自分は自分の人生の一部に彼女の存在がかなり大きく存在していることに、あらためて認識した1年だったのではないかと思います。

    かなり勝手に他人様の心境を探ってしまいましたが、こうした不幸の現実は、他人事ではないということを申し上げたいわけであります。
    近未来の自分の人生のかなり現実化していた一種の「夢」が奪われてしまったこの現実を、人間は恨んではいけないのでしょうか。
    彼女の一周忌において、あっちゃんさんが涙に暮れたその姿から、感じるものは多々あるわけですが、せめて・・・せめて彼に言ってあげられるとしたら、「ようやく泣けることが自然にできるようになれたことは、ちょっとだけ自分らしさを取り戻した証かもしれないね」と慰めるぐらいでしょうか。

    泣ける自分を恥じることはないです。それで自分が少しでも慰みを得られるならば。

    【2013/12/01 21:01】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >KOGAさま
    ありがとうございます。

    彼女の人生が有意義であっただろうと、皆様に言ってもらえることで、
    本当になぐさめられるのです。
    何年経っても、ちゃんと彼女のことを思い出せるのだろうか・・・・などと
    考えています。

    >あきんどさん
    そうです。
    思い切り泣くことも大切なことなんですね。
    あっちゃんは、ずっとずっと我慢してきたと思います。

    寿命は年々伸びていきますが、
    不慮の事故は寿命とは別に、突然訪れます。
    私は自分が死ぬことが全然こわくないですよ。

    【2013/12/01 21:12】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    思い出せますとも
    今日は息子の誕生日
    その日に、皆様のコメントを拝読して心にスーと入ってくるものが有ります。
    そうですね。あっちゃんが自然に泣けることはよかったと思います。
    私も経験がありますが、現実を受け止められなくて悔しくて泣けませんでした。
    私は、悪いこと何もしていないのに、如何してこんな大きな悲しみの渦に私を巻き込むのかと、亡くなった弟の事は45年以上たった今でも思い出します。
    そして、弟がいてくれて良かったと。弟の言葉を思い出すのです。
    優しい弟でしたから、彼は彼の役目を終えてあちらに行ったと今は思えます。
    【2013/12/01 22:37】 URL | bunn #- [ 編集]


    >私は自分が死ぬことが全然こわくないですよ

    この言葉の意味は深いです。
    単純ではない。けして単純ではない。でも受け入れる側が複雑ならばその真意は理解されない、とにかく深い言葉です。
    そんな深い言葉をさらりと言いのける奥様の「自信」が絶対あります。
    むつかしく考えないその決断力に感服します。
    心は単に母親として我が子が先だったその現実から生まれる当たり前な心の成り様を、死をも恐れなくなる心として表しています。

    私は思うのです。死ぬことなんかいずれ訪れるあの世からの最後の快感だろうと。
    だから、どうせ死ぬならその最高の快感を最後までとっておきたいと。
    それがたぶん一番ふさわしい条件なんじゃないかと。

    でもこの希望から外れる人生も実際多くあって、その実態は星の数ほどあって、だからこの条件から考えると、最高ではないけど、死ぬことはいずれ訪れる人間の条件に沿ったまでと、いかに冷静に考えられるか、ただその課題だけが、まだ泣き止むことのできない人間に、神様が課題を課しているという判断なのかなって思うわけです。

    でもですね、泣き止まない子供を神様が本当に泣き止ませることができるのか、どんなに優れた者でも、さすがに泣き止まない赤ん坊には手が追えないのと同様、心が純真な涙の前では、神でさえ頭を垂れるほどの何か重たいものを感じるのではないかと思うわけです。

    あっちゃんさんの涙は、多くの方々の心の涙の象徴なんだと思います。その涙はけして単純ではないけど、けして濁ってはいない・・・。
    【2013/12/01 23:30】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >bunnさま
    45年経っても、忘れないでいられるのですね。
    私は、娘のことを忘れてしまうんじゃないかと不安になりますが、
    大丈夫なんですね。よかった~

    >あきんどさん
    みんな死は必ず訪れるんですよね。
    難しく考えないタイプですから・・・・たは。
    【2013/12/02 21:46】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    忘れるどころか、未だに、、、
    奥様
    お譲様や、私の弟、この世で精一杯生きていたのですから
    その影響力は強かったのです
    私は、この年になって、弟がこう言っていたなぁぁと
    その言葉を思い出して、心が軽くなることもあります。
    45年前には気がつかなかったことです。
    弟には今でも、感謝することが多いですよ。
    因みに、次男は、姿形も弟ソックリで、弟を知る人に驚かれます。
    【2013/12/03 06:46】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    本当にそうですね。
    短いけれど、精いっぱい生きたのですよね。

    今朝は娘が迎えに来た夢を見ました。
    すごくはっきりしていて、髪形も、笑顔も・・・・・。
    あの世に迎えに来たのか、
    夢の中での迎えなのか分かりませんが、
    とにかく迎えに来てくれたのです。

    一周忌が終わるとなんだか急にいないことが実感されます。
    【2013/12/03 20:50】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1579-7aeeb188