奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • あべのハルカス(08/14)
  • あべよはるかす(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)
  • 碧野海子 (08/13)
  • あきんど (08/10)
  • あきんど (08/09)
  • 苹@泥酔 (08/09)
  • 奥様 (08/09)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    「新報道2001」見ました。
    番組概要ページより

    ソウル 日本大使館前では毎週水曜、慰安婦問題のデモが行われている。7月30日にはカリフォルニア州にまで従軍慰安婦像が作られた。しかし、ビジネス街で韓国人に日本人の印象を聞くとそこまで嫌いではないと話す。ソウル大学 パク・ジンウは過激な反日感情を否定しながらも、「慰安婦」「靖国」「教科書問題」の

    3つが反日感情を呼ぶスイッチであると反した。

    先日の橋下徹大阪市長の慰安婦問題に関する発言では多くのデモが発生した。5月 朴大統領は歴史について発言し、その後も日本を挑発するかのような行動を繰り返し 9月には福島県からの水産物輸入を全面禁止する特別措置をしたと発表した。パク・ジンウ教授はこれら一連の行動がパフォーマンスであり、韓国の政治家は反日感情を利用していると話す。神戸大学大学院 木村幹教授は朴大統領の「1000年」発言について、国内向けに強いリーダーを演出しようとしている部分があると話した。

    韓国ギャラップの調査では、朴大統領の支持率は就任時の44%から10月5日には56%にまで上昇した。「慰安婦」「靖国」「教科書問題」の3つで反日感情は燃え盛り、自らの求心力に使おうとしている。

    竹田恒泰は日韓関係について、あまり日本人は日韓関係を意識することはなく、中国はなければ国の存続に関わるかもしれないが GDPなどの面からもそこまで韓国のことを伝える必要はないのではないかと提案した。宮家邦彦は情念だけではなく、日本の国益を最大にするために冷徹な判断をする必要がある 東アジアのパワーシフトに生き残る必要があると話した。朴一は朴大統領が水面下で日本との関係修復を狙っているのではないかと指摘した。

    萩生田光一はしっかりしたブリッジを作らなければいけないとは認識しているが、現在の活動はあまりにも常軌を逸していると指摘。しかし2010年以前の教科書では必ずしも事実ではない記述を含め 日本へのマイナスイメージを抱く表記がなされており、そうした人が育ったのであれば仕方がなく、冷静な対応が必要であると話した。朴一は韓国の歴史解釈に行き過ぎた面があると思うと話した。

    西尾幹二は朴大統領の「日本は1000年たっても加害者の立場」だとする発言について、悪いのはこれまで誤魔化し 後退政府であり、ここで戦う外務省にするか政治家自らが強く言って歴史観を直す必要があると話した。宮家邦彦は加害者と言うならば中国のほうが遥かに加害者であろうし、また“スイッチ”をあまり押させないようにすることも大事だと話した。

    西尾幹二は中韓が寄り添う中で最も注意すべきは「中国の軍事力を韓国に使わせるな」であり、国防問題が日本にのしかかっていることを意識してほしいと話した。平井文夫は従軍慰安婦の着地点について、かつて政府は「河野談話」というウソをついてしまっており、河野談話がある限り従軍慰安婦像は立ち続ける 河野談話をどうにかしなければ日韓関係は前には進まないのではないかと話した。


    朴一は慰安婦問題について、安倍政権は3つの“刺”を抜きたいと考えていると思うので、野田政権末期で提案されたような叩き台を用いた着地点を作って欲しいと提案した。世論調査では従軍慰安婦問題に今後さらに謝罪が必要だと思うと答えたひとが67.4%になっており、竹田恒泰はすでに「日韓基本条約」で完全に完結しているのだから謝罪は必要ないと指摘し、朴一は埋もれた問題が出てきたことから発生した問題なので謝罪が必要だと反論した。
    宮家邦彦は「日韓基本条約」を超えられないということはお互いわかっていることであり、仮に解決しても次政権の先は見えていないのが不安だと指摘した。朴一は一端 日本側が問題に区切りをつけることが必要ではないかと話したが、平井文夫は既に過去に行われているから信用できないと反論した。

    舛添要一は歴史には様々な背景があり、現実の資料に基づいて日韓の歴史を謙虚にすりあわせていくべきだと話した。



    韓国の言い分を大阪市立大学教授の朴さん・・・・
    相変わらずがんがんやってましたね。

    でも、彼が賠償をしろ、謝罪をしろと言うたびに、
    また、韓国は日本に対する戦勝国だと言うたびに、
    もう、うんざりって国民は思います。
    だから、いい人選です。

    西尾先生は時間が足りなかった・・・と言われてましたが、
    (直後に電話あり)
    言いたいことは十分言われていたと思います。
    だって、あれだけの出演者なんですから、
    一人の持ち時間は限られています。
    せっかく安倍さんを支持しているんだから、
    もう裏切らないでくれって気持ちなんです。
    痛恨の極みなら、さっさと行けばいい。
    それが、結局中韓を黙らせる一歩になる。
    一歩がなければ、
    この先、ずっとこの問題は燃え続けると思いますよ。

    宮家さんは、安倍さんのブレインだから、
    守りに徹していましたね。

    でも、解説員の平井さんの河野談話への指摘はよかったです。


    「慰安婦」「靖国」「歴史教科書」がスイッチというなら、
    ここを回避していては、日本は永久に日陰者になってしまう。
    やはりこここそ、主戦場なのだ!

    つくる会は大きな荷物を負わされているなぁ。


    スポンサーサイト

    【2013/10/20 16:13】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    この記事に対するコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2013/10/24 07:30】 | # [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1565-ba06e2e8