奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES
  • 今日このごろ(11/08)
  • 大銀杏(11/05)
  • 劇「めぐみへの誓い―奪還―」(10/31)
  • 自動車の品質管理(10/30)
  • 地域の文化祭(10/29)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (11/18)
  • あきんど (11/16)
  • あきんど (11/16)
  • あきんど (11/16)
  • 奥様 (11/15)
  • あきんど (11/15)
  • あきんど (11/14)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (577)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    日曜日の映画
    ぽっかりと一人の時間が出来たので、
    こういうことは本当に滅多にないことなので、
    映画のハシゴをしてきた。

    実はお涙頂戴の映画を観て、
    思う存分泣こうと思ってタオルハンカチまで持って行ったのに、
    全然思った内容と違っていて、
    泣けなかった。

    若い息子が死ぬって内容だったはずなんだけど・・・・・

    次に観たのは、虎と漂流する映画。

    海が綺麗だった。
    映像的に綺麗だった。
    最後に日本人を登場させたのは興ざめだったけど。

    読書も面白いけれど、
    やっぱり映画は楽だなと思ったりする。
    スポンサーサイト

    【2013/02/24 23:20】 映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
    この記事に対するコメント

    私もたまーにあるんですが、テレビでバカバカしい番組に浸りたい時があったりします。
    そんな番組を見ている自分は、ある種の「無」の状態なんだろうと思うんです。
    テレビを見ているのではなくて、テレビを見ている自分の「状態」を受け入れようとしているんだと思うんです。毎日バカみたいに働いていて、休みの日が唯一自分を取り戻せる暮らしの中で、なんとなく自分の好み以外の触りのいい番組を見たい瞬間は、少ない休みの日の私を癒してくれたりします。
    よく、目的のない、あてのない旅に出かけたいという心境に駆られることがありますよね。
    はたしてそれは、自分探しなのか、それとも自分忘れなのか・・・真実は解明できませんが、とにかくそんな心境に駆られるのは事実です。
    本来人間は孤独が好きな生き物なんだろうと思います。
    みんなとワイワイガヤガヤやるのが好きだと言い張る方も、実際は案外孤独を切望しているんじゃないかと思いますよ。なぜなら、そのワイワイガヤガヤやっている最中に、ある方は集団を離れてタバコをふかしたり、ある方は盛り上がって完全に孤立するくらい自分だけの満足に浸ったり、ある方は、最初っから場に馴染めず、一人隅っこの方でその集団と離れず近寄らずの位置をキープしたり、ある方は本来そういう場が苦手で、いやいや付き合わされているんだけど、あからさまに嫌悪をかざすと、本当に孤立しちゃうかもしれないから、適当に周りに合わせている自分だったり・・・・などなど、とにかく案外人間は孤独が好きなんだと思いますよ。
    あきんど的に申しますと、商売人というのは、まずほとんどの方が孤独を愛してますね。誰かとつるんで何かをする・・・みたいなことが実は一番苦手で、商人が政治家になれないと言われる所以はそこにあります。
    ですから、自分のわがままを聞き入れてくれる人間が、はたしているんだろうかと思えるほど、商人は孤独です。お願いに上がるときは常に商売が関連していて、まさか個人的な要求を他人様にできるはずがありません。
    商人は普段から頭を下げっぱなしですから、個人的なそれをしたいなんて絶対思わないわけですよ。
    ところが、このネット社会というのは、そんな前提がちょっとだけ違うような気がします。
    もともとネット社会には助け合いみたいなものがあって、パソコン操作の仕方や、悩み事相談なんかも、この世界では何故か抵抗感が少なくなるように感じます。
    私が奥様と初めて会話したのは、「あきんど様、どんな経路でここにいらっしゃったのかお聞かせください」だったように思います。
    あれからもう12年近くになるんですね。
    【2013/02/25 01:02】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]

    映画は心の栄養素
    映画大好きです。
    神保町シアター、三月一日に4本見に行くつもりです。
    市川雷蔵にはまっています。
    今見ると、当時の映画内容が幼いなぁぁと、、
    でも、日本もつい何十年前はこんな世界だったのだと
    へんに気持が落ち着きます。
    そして、読書、日本舞踊鑑賞、オペレッタ、好きなことが出来る毎日が日曜日の私
    人生の休暇日々?も、孫が小学校に入学したら、こうも行かないだろうから今のうちに、、、
    【2013/02/25 09:57】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    私はあまり映画を観ることがなくて、正直申しますとほとんどこの業界のことを存じていないわけですが、そんな中で唯一面白かった映画は「スティング」でした。
    未だに私の中でこれを超える映画は存在していません。ただし、少ない情報の中でのランキングであるわけですが。
    昔はまだドラマとか観ていたんですが、結婚してからはほとんど観なくなりました。
    そんな私が大学時代にハマって見ていたのが、金曜の妻たちシリーズでした。
    特に大好きだったドラマのタイトルは「沿線地図」でした。このドラマご存知の方がいらっしゃったら、相当コアな方だと思います。この「金妻シリーズ」の中に、かの有名な「不揃いのリンゴたち」があるんです。このドラマも、まさしく我々世代のドラマでしたから、当然観ていましたね。「沿線地図」が終わって、次はどんなドラマが始まるのかなと思っていたら、太宰治の半生を描いたドラマでした。残念ながらタイトルは忘れましたが、このドラマには檀ふみさんが出演していて、ちょっとだけ好きだった檀さんが出ているドラマだったので、これもやっぱり観ちゃいました。間違いでなければたしかタイトル名は「冬の花」じゃなかったかなぁ。ですから昔はけっこう小説がすきだったんですが、今は全く読まなくなりました。
    西尾先生の本と出会ってからは、読書の概念が完全に変わってしまいました。

    実はマイワイフはその檀さんにちょっとだけ似ています。今はもう面影もなくなりましたが・・・。
    【2013/02/25 15:49】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    そうですね、確かに人間は孤独が案外好きなのかもしれません。
    大勢でうまくやっているように見えるひとも、案外心のうちは合わせているだけだったりするのかもしれませんね。

    いやぁ~~~12年ですかぁ~~~人生のかなりの部分ですね。

    >bunnさま
    人間は完全に自由だと、好き勝手動き回れることがさほど嬉しくないけれど、
    束縛されることがあるからこそ、ひとときの楽しみが倍増するのかもしれませんね。

    確かに古い映画もいいですね。
    市川雷蔵ですか・・・・・。四本って、すごいです!!!
    【2013/02/25 20:39】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    あきんどさま

    奥様、そうですか
    知的な女優さんですよね。あきんどさんがご覧になられた作品は観てなくて、多分あきんどさんのほうがお若いようで、、

    奥様
    雷蔵さんは「炎上」の演技で惚れ惚れして
    破戒、白鷺、、、切られ与三郎、、大菩薩峠、、等など

    かつて三島由紀夫が 「目の美しい、清らかな顔に淋しさの漂ふ、さういふ貴公子を演じたら君の右に出る人はいない、」と。
    「君の演技に、今まで映画でしか接することのなかった私であるが、「炎上」の君には全く感心した。市川崑監督としても、すばらしい仕事であったが、君の主役も、リアルな意味で、他の人のこの役は考えられぬところまで行っていた。ああいう孤独感は、なかなか出せないものだが、君はあの役に、君の人生から汲み上げたあらゆるものを注ぎ込んだのであろう。私もあの原作「金閣寺」の主人公に、やはり自分の人生から汲み上げたあらゆるものを注ぎ込んだ。」とも。
    余談ですが、藤井浩明プロジューサーから直に伺ったのですが、雷蔵さんは「春の雪」をおやりになりたいと
    仰っていたそうなんですが、病を得て、お亡くなりになられたそうです
    三島は「炎上」、水上勉の「五番町夕霧楼」
    同じ、金閣寺の事件でも作家によってこうも違う作品が、、
    1963年に佐久間良子、河原崎長一郎主演の映画も見ました。。
    此方も良かったです
    因みに佐久間良子は「春の雪」日生劇場で主演を演じています。母と一緒に観にいきました。




    【2013/02/26 10:14】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    今度ビデオショップに行って、借りてきてみようと思います。

    東京では演劇も数多く、
    講演会も・・・・・退屈しませんね。
    水島さんのお話も面白かったそうで、よかったですね。
    【2013/02/27 21:05】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    食品博とか
    奥様
    日録の方もおよみくださったのですか
    水島さんが、坦々塾で講演なすった時、伺いたかったのですが、、
    そうそう、日録我が故郷の温泉旅行の事があって、この方達を「箱根仙石原」近くの定宿へ
    ご案内したくなりました。カラオケ三昧できるので、西尾先生の「愛の終着駅」も聞けるでしょうし
    愉しいだろうなぁぁなんて想像しています。
    保養所ですが、ゆっくり過ごせて、好きなだけカラオケ、温泉につかって、、
    ガラスの森の近くですから、時にはカントーネを聴きながら美味しいイタリアンを、、
    そんな事を思ったりしてしまいました。

    4月末には広島に、、知人の全国大会に招かれて、、食品博とかで、広島は宿を取るのに苦労したと、秘書の方が。広島も賑やかになりますねぇぇ。
    【2013/03/02 11:04】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    お菓子の博覧会ですね。

    今準備が急ピッチで行われているようです。
    お会いできるといいですね。
    【2013/03/03 17:03】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1445-1aa22aa1