奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • あべのハルカス(08/14)
  • あべよはるかす(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)
  • 碧野海子 (08/13)
  • あきんど (08/10)
  • あきんど (08/09)
  • 苹@泥酔 (08/09)
  • 奥様 (08/09)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    長女に捧げます13
    葬儀から一週間後くらいが、
    疲れがどっと出るころなんだそうだ。

    そういえば、なんとなく眠い~

    長女が亡くなってから、
    早朝夜が明ける前に目が覚めるようになった。
    毎日やらなければならないことがあって、
    昼寝も出来ないから、
    余計に眠い。

    その眠気が「疲れ」を実感させる。

    政治が動いているときに、
    だらだらと娘のことを書くのもどうかとは思うけれど、
    最後にもうひとつだけ書いておきたいことがある。
    後でまた書きたいことが出てくるかもしれないけれど、
    とりあえずここで区切りとしたい。

    長女の今回のことで、
    本当に「不思議」としか、言いようのないことが幾つもあった。

    家族でそれをメモしたら、
    レポート用紙に二枚くらいになったくらい、
    多くの「不思議」があった。

    ① 事故当日、娘の高校生の頃からの友人が嫌な予感がし、「いやだわ」と二回口にだした。
    ② その友人が、通常通らないのに娘の事故現場を通り、救急車と併走した。
    ③ 加害者と夫の携帯電話の番号がほとんど同じ。
    ④ 友人が見舞いにくると目に涙がたまり、血圧が上昇する。
    ⑤ 夫が病室から帰ろうとすると血圧が下がりアラームがなり、結局帰らないことになると急上昇し、
      そのあと、通常の数値に戻った。
    ⑥ 息を引き取った日は、三女の誕生日。
    ⑦ 息を引き取った時間は、祖父の誕生日の数字。
      祖父の誕生日の数字が、娘のマンションの暗証番号。
    ⑧ ICUから家に連れて帰る道中、三女の携帯がバイブレーションになり、
      電話も、メールも来ないのに5分以上続いた。どこを押しても止まらなかった。
    ⑨ バイブレーションが収まったあと、待ち受け画面が真っ白になった。
      その後、元に戻った。
    ⑩ 私の妹の家の猫も同じ日に息をひきとった。

    そのほかにも本当にいろいろあって、 
    この不思議をどう受け取っていいかわからないけれど、
    不思議がいくつもあったということは本当の事実。



    心で呼びかければ、ちゃんと通じているような気がする。
    皆で太鼓に寄せ書きをしたとき、私は「またね」と書いた。

    スポンサーサイト

    【2012/12/14 20:41】 娘のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
    この記事に対するコメント
    夢枕
    弟の時に、私の同級生夫婦の所に「夢枕」にでたと
    私の事を慮って、何十年か後にその話しを聞かされたときは
    とてもほっとしました。弟は、納得していたのだと、、
    でも、その話を聞くまでは、、、、
    つい最近は、友人が夢で「心配かけたけれど元の鞘に納まったから」
    友人の奥様にそれを話したら「私の夢枕には立たないで、bunnちゃんのところへは、、」
    亡くなったと聴いて愕きました。
    家族ぐるみで仲良くしていたご夫婦、離婚してしまったので心配していましたが
    元の鞘と聴いて嬉しくて、奥様に話したら、、、

    亡くなる前に声なき声を遺していかれたのかなぁぁとお譲様は。
    【2012/12/16 08:31】 URL | bunn #- [ 編集]


    >bunnさま
    そうですね、夢枕のようなものがいっぱいあります。

    弟さんと同じように娘も納得したのかもしれません。


    【2012/12/16 15:07】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     一昨日の晩、帰国いたしました。
     御母堂様のことは留守宅からの聯絡を通じて伺っていたのですが、まさか御令愛までもとは…。本当に突然なことで、一体どんな言葉を申し上げればよいのかすら思い浮かびませんが、重ねてお悔やみ申し上げます。
     ただ、お悲しみとご繁忙の中にありながら、中断されることなく「日録」やこちらの更新を継続なされておられたという毅然としたご精神には、あらためて感服つかまつりました。
    【2012/12/26 00:17】 URL | キルドンム #m7FpRJaE [ 編集]


    >キルドンムさま
    おかえりなさい~

    いえいえ、娘の件も、終わってからまとめたので、
    やっぱりリアルタイムでの報告は出来ませんでした。
    リアルタイムだと、読む方にも負担だろうとおもったので、
    終わってからになりました。

    あ~~~

    でも、今でも信じられないのが本当のところです。
    【2012/12/26 22:14】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    ご冥福をお祈りいたします
    本日いろいろ読ませていただきました。
    心から娘様のご冥福をお祈りいたします。
    人間の魂は永遠であると私は信じております。
    私は両親もいまだ健在ですが、祖母をずっと以前に亡くしました。
    娘さまが亡くなった後の思議な体験を記載されておりましたので、
    私の祖母が亡くなったとき経験した不思議な体験を書かせていただきます。

    季節はたしか初夏だったでしょうか、仕事場で普通に仕事をしていた、ある日のことでした。
    午前中にいきなり頭痛がはじまりました。普段頭痛などないので変だなと思いながら
    仕事を続けていたのですが、頭がキリキリしめつけられまして、これはただ事ではないと
    「病院にむかいたいので退社させてほしい」と上司に伝えて帰り支度をしていました。
    そして会社を出ようとしたときに、電話がまわされてきて、出てみると母が「おばあさんが
    危篤状態で危ないから早く帰りなさい」とのこと。
    病院行きを我慢して数時間かけて羽田空港にむかい郷里に飛び立ちました。すると
    飛行機が飛び立ったころになぜか急に激しい頭痛がぴたりと止みました。
    家に着くと祖母の顔には白い布がかかっていました。聞くと亡くなったのがちょうど
    私の頭痛が止まった時間帯とのこと。
    祖母の葬式で、親戚から、祖母は最近ずっと私に会いたい、会いたいと話していた
    らしいです。最後に会ったのは高校生くらいで、そのときは涙を流しながら
    うれしいと言ってくれていましたが、私は暖かい言葉をなんらかけてあげれなくて
    すぐにその場をはなれてしまいました。(実は家族に確執があって祖母とは疎遠に
    なっていました)

    私は子供の頃、やんちゃで、幼稚園のとき祖母を階段で叩いて祖母が階段を
    ころげおちてしまいました。祖母の額は割れて血が噴出して、私は自分のした
    ことの恐ろしさに気づき、「ごめんなさい、ごめんなさい」と鏡の前で額の血を
    噴く祖母に謝りました。祖母は一言も怒りませんでした。それどころか入院中に
    私のことを可愛い孫だと言っていたとのこと。

    大人になってほとんど祖母に会わず、会いたい、そして子供のころのお詫びを
    したいと思っていましたが、願いかなわず亡くなってしまいました。
    本当に切ない後悔しても後悔しきれないですが、私の娘が生まれたときに
    この子は祖母の生まれ変わりだと信じることにより少し救われました。
    (実際顔も性格も祖母に似ているのです)

    その後も例の頭痛はいっさいおこらず(念のため祖母の葬式の後に脳外科に
    行ったのですが異常なし)、あのとき祖母は亡くなる直前に私に何か知らせようと
    したのだろうと今も信じています。

    随分時間が経っているのにコメントさせていただいて失礼しました。
    【2013/06/09 21:21】 URL | 池田 #P6Gqje/k [ 編集]


    >池田さま
    コメントありがとうございます。

    そうですか、おばあさまがお亡くなりになる頃に、
    そんな不思議なことがあったのですか。
    うちの娘の今回のことがあってから、人は自分の心に秘めた悲しさを、
    いろいろ打ち明けてくれるようになりました。

    そして、不思議なことも。

    本当に、不思議ですね。
    【2013/06/10 16:30】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1417-1203d7fb