奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • あべのハルカス(08/14)
  • あべよはるかす(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)
  • 碧野海子 (08/13)
  • あきんど (08/10)
  • あきんど (08/09)
  • 苹@泥酔 (08/09)
  • 奥様 (08/09)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    宿敵?韓国
    毎晩ちょこっと寝て、起きて、
    オリンピックの競技を応援して、またちょっと寝る・・・・。

    韓国の大統領が竹島に行ったという。

    まったく!!!

    あの国の大統領って、本当に信用できない。

    自分の立場が危うくなれば、
    反日のカードを切りまくる。
    そうしている間は国民は大統領批判を忘れ、
    日本への憎しみに燃え上がるから・・・・。

    このオリンピックの対戦も利用するのだろう。

    やっかいな国を隣に持ったもんだ。

    どうか解説者たちが、
    自虐的な喋りをしませんように~
    スポンサーサイト

    【2012/08/10 20:32】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(12)
    この記事に対するコメント

    私は冗談とかではなくて、自衛権の発動すなわち交戦を考えてよいと思いますよ。だいたい韓国大統領の行動は不法入国にあたる行為ではないでしょうか?

     SF作家でつくる会賛同者でもある豊田有恒さんが書かれていましたけど、韓国はかつてはこんなケチな行動すなわち国民に媚を売るために反日を売り物にする国ではなくて、正々堂々、日本と経済や文化で競争しようとする気概に満ちた国だったんですね。私はそういう「ケチじゃない反日」なら、それはそれで現実論で認めようと思います。でも1970年代以降、急速に民度や政府の気概が低迷していった。日本の国民性はきわめて反ロシア的ですけど、日本の政府や政党は別に反ロシアで自国民に媚を売ろうとはしませんよね。今の韓国には怒りというより、情けなさを感じます。
    【2012/08/11 10:39】 URL | N.W(うさねこ) #- [ 編集]


    >うさねこさん
    今日はバレーボールで勝ちましたね。

    負けた韓国の選手はすごくクールな表情でした。
    帰ったらさんざん言われるのでしょうか。

    まったく、韓国の大統領でまともな人が全然いませんね。
    どこでどうまちがったのでしょう。
    【2012/08/11 23:09】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     先年、こんなのを書きました…(「2010/05/18 21:12」稿↓)。
    http://celebokusama.blog17.fc2.com/blog-entry-924.html#comment
     竹島を失った韓国は、もはや韓国ではない(朝鮮「以前」へと出戻る)。とどのつまりは竹島が韓国の、ソウルよりも韓国各地の何処よりも重要な「アイデンティティの在処」だと云わざるを得ない。もし竹島が日本領土だと国際的に認知されたら、それは即座に韓国という国家自体の存在理由を根こそぎ消滅させる理由となってしまう(対面には北朝鮮との同一性を促す存在理由あり?)。だから韓国は李承晩ラインを金科玉条とせざるを得ないし、それが「日本からの独立」の初期設定として国民の合意を取り付けるための「国家存立」意志表示それ自体だったと考えざるを得ない。こればかりは致し方ない。もし韓国が竹島問題を日本との間で最終解決するとしたら、その方法は三つしか今のところ苹には考えられない。一つは再度の日韓併合。一つは南北朝鮮統一による日本との本格的訣別(敵対)。そしてもう一つは、日本と韓国の米国併合(=両国の国体喪失)。その辺を日本は凡そ八十年ぶりに覚悟すべきなのかも知れない。
     しかしながら、それら総てをアメリカは恐れているのではないか。中国と事を構える前に、韓国が日本との間に「対立関係という防波堤」を築く。韓国は北朝鮮と同様、所詮は中国に与する大陸性を優先するのであったのだと。そこに仲間入りさせてくれと申し出たところで、受け容れるに値する忍耐限度を日本は既にあらゆる面で逆放棄している。もう日本は(韓国や中国の一部階層と同様)、今や東洋では居られない。韓国や中国の一般的共通認識と足並みを揃えて、日本が英語の国語化に踏み切るなら話は別とも云えようが、そうした「痛み分け」の効果は却って日本自身を滅ぼすくらい絶大である。…顧みると中国には華僑のノウハウがあり、韓国には歴史がない。ところが日本は歴史が邪魔になるのみならず、華僑模倣のノウハウ蓄積機会自体をアメリカ自身に阻止された(ハワイ併合の少し前から敗戦まで)。その後の歴史が厄介。韓国は本格的にキリスト教を導入した上で、いっそう過激な反日国家となった。他方、穏便かつ狡猾な中国は(本能的に?)共産主義で壁を築いた。
     無防備の典型は日本。メトロポリタン的な進歩幻想では飽き足らず、コスモポリタン的な調和幻想をも夢想し、国家崩壊を国是とするシステムが無自覚に構築されつつある。
     …と昨夜、泥酔中に書きますた。(本日、若干の推敲。)
    【2012/08/12 18:45】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


     お盆なのに、こんなの追記していいのかなあ(汗)。
     感じた事を感じた通りに書くと、何を書いているのか自分でも分からなくなる事がある。有り体にそう感じたからには、感じるに値するだけの根拠がある筈なのに、或いはそれが分かっているにもかかわらず、時には感じた結果をありのまま認めたくない。すると別の理屈を拵えたくなる。理屈を信じる様になる。理屈が理屈である事の、閉じた完璧さにいつしか陶酔する様になる。しかしそれを簡単に思考停止と片付けてよいものだろうか。現象学で云うところのエポケーに接近する危うさを、却って別の危うさで隠蔽する事にならないか。単に言葉が足らないだけなのかも知れない。「おお、言葉よ、言葉よ、我に欠けたるは汝なり!」(O Wort, du Wort, das mir fehlt! …とモーゼがシェーンベルクのオペラ第二幕の最後で唸っとりますなあ↓)。
    http://www.youtube.com/watch?v=_kLFz5b13RU
     竹島の石板に「独島は我が領土」と記す神が存在すると仮定して、その「生き神」様は下々から大統領に至るまで、あらゆる鮮人達に憑依しているのだろう。それでも言葉が足りない。なぜなら肝腎の言葉を唱えるべきは、異教徒たる日本人であるからだ。一時は日本人だったのが再び鮮人に戻されて、ユダヤの民の様に「国土がない」。いや、実際はあるのだが、それは分断された国土であって、理想の国土ではない。なればこそ信者達(=国民)は満足できない。アメリカの狂気をまともに学習したのが韓国だと見るならば、そうでないのが北朝鮮。ここで「あらゆる鮮人」が共に「分かたれた民」となる。だからソウルも平壌も、本来さほど重要ではない。問題は「誰が神なのか」。天皇ではない。或る人には金ちゃん達(日成、正日、正恩…)。また或る人には…でも、それって誰?
     中国という新天地が今、絶望的に開かれている。孔子は朝鮮人。漢字の起源は朝鮮。どう見ても至極危険な妄想であるが、それも一つの「マニフェスト・ディスティニー(明白なる宿命)」であると見るなら納得できぬでもない。こんな事を書くと嗤われるかも知れないが、もしかしたら北朝鮮は韓国より安全な国なのかも知れない。アメリカに染まっていない。勿論、それでいいと私は思っていない。だから、ややこしい。
     私は今、何を書いているのだろう。感じた事を、感じた通りに書いているだけなのに。むしろ中国の方がアメリカを模倣していると見れば、どんなに分かりやすく見える事か。
    【2012/08/14 17:10】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]

    本日は大和民国の光復節となるか否か
    研究の甲斐ありて(?)、ただいま「無線LAN」なるものを初めて使い家内の実家より網絡につなぐことに成功。とりあえず記念カキコ 。
    豊田有恒氏は、小・中学生の時の小生にとって精神形成上、最大の影響をあたえた人物といっても過言ではありません。今でもその名残は多少は残っている…去年まで原発の安全性についてほとんど疑いを抱いていなかったことなどもその一つですが、それ以上に今の稼業をするようになったそもそもの由来をたずねてみると、氏の著作が多分に関わっていないとはいえませんし。
     つい近年まで、文壇きっての「親韓派」として鳴らしていた氏ですら/だからこそ彼等の法外な主張に対する正当な批判ができるのでしょうが、ただ一昔前の韓国に対する評価、というより朴正煕大統領というすぐれた指導者に対するものが大きかったかも知れません。当時、日本のマスゴミでの南韓の描かれ方にもひどいものがありましたからね…。維新体制の暗黒面にも決して眼を背けてはいなかった氏ですが、北の脅威に対する「必要悪」だったというスタンスは崩していなかったと思います(その点、台湾の蔣介石政権も似たものかも知れませんが、こちらはその闇の部分が少々深すぎて…)。どこかに「マスゴミは朴政権を《軍事政権》だとさんざけなしていたが、ほら見たことか政権崩壊後、とうとう本物の軍事政権ができてしまったではないか」という意味のことを書いていたと記憶しています。
     実際、全斗煥時代から「反日」が変質していったのですね。将来への「反日」から政権維持、世論対策としての「反日」へと。その究極の姿が李現大統領の島根県不法入国(あっ、そういえば豊田先生の今のお住まいは…)となったわけです。これを「業績」として評価するようになれば大韓民国もおしまいでしょうね(でも総合的には前二代よりまだマシだとは思っています)。もっとも、そもそも「光復節」たる今日が何の日かということですら、いまだに定まった意見を持てていないようでは「終わり」どころか「始ま」ってすらいないのかも知れませんが(笑)。
     とにかく、豊田先生にはヤマトタケル・シリーズを中絶させず、続篇を書いていただけることを強く要望いたします^^;


    >苹@泥酔さん
    複雑な国を隣に持ったものですねぇ。

    っていうか、日本があるから、あの国も複雑にならざるを得なかったのかも。

    >キルドンムさん
    奥様のご実家からの接続成功おめでとうございます。

    豊田有恒さんの本、そういえば昔読んだことがあるかも・・・・・
    本棚探してみよっと。
    【2012/08/16 21:35】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     奥様の読まれた豊田本って何でしょうかね?興味あるなあ…。
     うさねこさんならよくご存知でしょうが、豊田先生も起源論では相当悪質なことに加担した一人ではあるのですね。『倭王の末裔』に惑わされていた時期も長かった…(汗)。たとえ『全集』第3巻にも名前の出てきた鈴木某などよりははるかに真っ当だとしても。
    【2012/08/17 11:50】 URL | キルドンム #m7FpRJaE [ 編集]


     余談。~考え事と悩み事を両方する夢を見た。たぶん前掲シェーンベルク《モーゼとアロン》抜粋動画の、冒頭いきなり出てきた場面の影響だろう。妄想上の従軍慰安婦とも重なる。かてて加えて苦悩するモーゼ。~その辺を夢の中で考えていたのだろう。起床後に検索すると、李明博大統領は信者だそうだし、閣僚にも信者が多いとな。またソウル市長時代は「ソウル市を神に捧げる」と発言(↓)。さほど関係なさそうだが、気にはなる。
    http://solidarity.blog.shinobi.jp/Entry/318/
     思い出した。そう云や昔、韓国での合同結婚式がマスコミを賑わせてたっけ。芸能人や元スポーツ選手を含む日本人も少なくなかったと記憶。教祖は文鮮明とか云ったっけ。あれはキリスト教と云えるのかしら?…と思って検索したら、こんな記事が出てたのね(↓)。
    http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/41c5689ceb87c9440540630aa2551372
    【2012/08/18 00:57】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


     よくもまあ、くだらぬ与太話が思い付くものだと自分で自分を褒めてあげたい(脳味噌プッツン)。
     ~日本には、霊峰富士がある。山岳信仰は何処もそれなりにあるだろう(こちら青森では岩木山が津軽富士と呼ばれる)。大陸にもあるのは無論の事。…例えば白頭山。朝鮮民族の来歴(転じて誇り?)みたいなものらしいが、しかし今、それは何処にあるのやら。…北朝鮮側ではないか。中朝国境にあり、検索すると韓国側でも一部の人々は今なお「ご執心」らしい。
     ピンと来るだろぉ?(マイルドだぜぇ~)。北朝鮮では国境に山がある。しかし韓国には、ない。あるとすれば何処か…。云わずと知れた、日韓国境の「独島」である。あんなに屹立して見えるのに、事実は圧倒的ミニサイズ。それでも欲しくて欲しくて仕方がない。そこが謎めいていた。サイズなど問題にしている場合ではないくらい、民族の体が疼くのではないか。信仰の対象になる「お山が欲しい」のではないか。ならば「東海に屹立する独島」こそが、そうした欲情を満たすに相応しい。
     …でもねぇ、日本側の感覚で言い換えてみる。こうならないか。「日本海に孤立する韓国富士」ってネ。どう見ても、圧倒的に、ちっちゃいの。すると差し詰め、白頭山は「北鮮富士」って事になるのかな。とは云え、両者を比較すれば角が立つ。だから勿論、敢えて富士山マターで考える必要はないのだが。
    http://www.youtube.com/watch?v=wQ2zeulYjnI
    「歴史もネェ♪ 山コもネェ♪ 政治もそんなに目立ってネェ♪」
     今、この時代、そんな吉幾三の歌みたいな心境で「おら、こんな国、嫌だ~♪」と移民する国民ばかりではなかろうが、大阪から逆移民(帰国)してきた大統領にしてみれば、在日だった親を見て育ってきた立場ならではの感慨ならあるだろう。そんな時代の「隠された体験」を割り引いて考えてもよさそうではある。…ちと余計な事を考え過ぎだろうか。
    【2012/08/18 19:13】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2012/08/20 19:24】 | # [ 編集]


    >キルドンムさま
    断捨離にはまったとき、本をかなり整理しました。
    ・・・・・・・豊田本、見つかりませんでした。
    何を読んだんだったかなぁ~

    >苹@泥酔さん
    山のてっぺんちかくに、建物を建てていますねぇ。竹島・・・・・

    支持率が上がったそうですね、大統領。
    【2012/08/21 22:16】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     傍迷惑を顧みず、ここ暫くはキルドンム様とマニアックな話題を楽しんでいる(↓)。
    http://celebokusama.blog17.fc2.com/blog-entry-1341.html
     願わくば~敵方を含む閲覧者諸氏には、西尾幹二の読者が支那や朝鮮を一方的に蔑視している訳ではない事、相応の知識を前提している事に思いを致していただけたら有難い。そうあってこそ、先生の書物は真っ当に評価されていくものと信じる。~西尾幹二は狂信的右翼の教祖ではない。さりとて、十年ほど前あれこれ取り沙汰された懸念や誤解を払拭できるか否かは読者側の心象次第でもあろう。祭り上げるのでも敵視するのでもない、平淡天真な読み方を心懸けたい。
     そんな折、産経に面白い記事を見つけた(↓)。
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/120901/kor12090118010005-n1.htm
    --------------------------------------------------------------------------------
    > 「白頭山」は中朝国境にまたがり、朝鮮民族の間で聖なる山とされる存在。中国側では「長白山」と呼び、歴史的背景や“領有権”をめぐって中朝韓で論争が続いている。
    > そのため、竹島問題と関連付けて「竹島は古代から韓国の領土だというロジックに照らせば、長白山も古代から韓国領土になってしまう」と自国の領土紛争への波及を危惧する書き込みも見られた。
    > つまり、中国のネットユーザーにしてみれば、韓国人との間にさらに熾烈(しれつ)な衝突があり、「韓国人憎し」の感情から日本支持になびいているのだ。
    --------------------------------------------------------------------------------
     すると思わず悪戯心が。ちょいとばかり2chに書き込みたくなった(↓)。
    「【領土問題】韓国が国際社会に「実効支配しているから竹島は韓国領」と言えない理由…朝鮮半島北部を北朝鮮の領土だと認めてしまう事に」
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1346145381/
    --------------------------------------------------------------------------------
    445 :名無しさん@13周年:2012/09/02(日) 03:26:42.64 ID:xKSKPvHa0
    日本でも、国境(くにざかい)には富士のお山があるけれど、
    白頭山を北鮮富士、独島を南鮮富士に見立てるのはいかがなものか。
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/120901/kor12090118010005-n3.htm
    http://celebokusama.blog17.fc2.com/blog-entry-1356.html
    国は不二 支那の高嶺は 遠けれど 信濃富士にも 島は及ばじ
    --------------------------------------------------------------------------------
     物足りなさを覚えて更に悪乗り(↓)。…間もなく期限切れになったらしい。スレは落ちた。
    --------------------------------------------------------------------------------
    482 :名無しさん@13周年:2012/09/02(日) 16:21:45.03 ID:xKSKPvHa0
    国は不二 支那の高嶺は 遠けれど 信濃富士にも 島は及ばじ
    君が代の 高嶺の花は 島に咲く 大山鳴動 鼠一匹
    島影や 不治の病の 韓国の 思ひを洗ふ 大和白波
    --------------------------------------------------------------------------------
    【2012/09/02 20:27】 URL | 苹 #SFo5/nok [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1356-af7acc36